2013年度
● 第69回 日本物理学会年次大会 @東海大学で、企画講演 (2014/03/29)
「 格子ゲージ理論による新物理模型の非摂動論的研究」

● 第69回 日本物理学会年次大会 @東海大学で、口頭発表 (2014/03/28)
「gradient flow を用いたSU(3)ゲージ理論の熱力学量の測定 」

● 九州大学 素粒子論研究室でセミナー発表 (2013/10/18)
「 格子シミュレーションを使ったConformal windowに関する最近の研究について」

● Workshop "「離散的手法による場と時空のダイナミクス」"で招待講演 (2013/9/27)
「 Conformal window on the lattice」

● 日本物理学会2013年秋季大会@高知大学(2013/9/22)
「 SU(3) Nf=12 ゲージ理論の赤外固定点における擬スカラー演算子の異常次元について」

● 日本物理学会2013年秋季大会@高知大学(2013/9/20)
「 中心対称性を保ったNf=1+1+1 SU(3)ゲージ理論の有限温度相転移について」

● Lattice 2013で全体講演 (2013/8/3)
「 The Twisted Polyakov Loop Coupling and the Search for an IR Fixed Point」

● Lattice 2013でポスター講演 (2013/7/30)
「 The anomalous dimension at the infrared fixed point of Nf=12 SU(3) theory」

● 筑波大学でセミナー発表 (2013/7/5)
「 細谷機構の非摂動論的解明」

● 理化学研究所 橋本研究室でセミナー発表 (2013/6/10)
「 Recent study on the conformal fixed point in the SU(3) gauge theory」

● 金沢大学でセミナー発表 (2013/4/18)
「 細谷機構の非摂動論的解明」


2012年度
●Workshop "Toward extra-dimensions on the lattice" で口頭発表 (2013/3/13)
「 Lattice study on the Hosotani mechanism -adjoint fermion-」 (世話人。Opening talk, discussion session)

●HPCI戦略分野5全体シンポジウム@秋葉原で口頭発表 (2013/3/7)
「 格子シミュレーションを用いたQCDを超えるゲージ理論に対する最近の研究」

●Brookhaven National Laboratory でセミナー発表 (2013/2/7)
「 Recent study on the conformal fixed point in the SU(3) gauge theory」


2011年度
●日本物理学会 第67回年次大会@関西学院大学で口頭発表 (2012/3/25)
「 SU(3) Nf=12理論の赤外固定点における臨界指数について」

●大阪市立大学でセミナー発表 (2012/1/31)
「 SU(3) 12フレーバー理論におけるconformal fixed pointについて」

●大阪大学で3回生向け談話会で発表 (2012/1/27)
「 くりこみ群と格子シミュレーション」

●HPCI戦略プログラム分野5研究会 「計算的手法による素粒子論研究の広がり」@KEKで口頭発表 (招待講演) (2011/12/21)
「 Study on the conformal window using the lattice simulation」

●大阪大学で赤井研究室でセミナー発表 (2011/12/6)
「 Conformal fixed point in the SU(3) gauge theory」

●Regensburg大学でセミナー発表 (2011/11/18)
「 Conformal fixed point of SU(3) gauge theory with 12 fundamental massless fermions」

●CERNでセミナー発表 (2011/11/11)
「 Conformal fixed point of SU(3) gauge theory with 12 fundamental massless fermions」

●Workshop on Lattice Meets Experiment 2011: Beyond the Standard Modelで口頭発表 (招待)@FermiLab (2011/10/15)
「 Conformal fixed point of SU(3) gauge theory with 12 fundamental massless fermions」

●日本物理学会2011年秋季大会で口頭発表 @弘前大学 (2011/9/17)
「Large flavor QCDにおける赤外固定点の存在と擬スカラー粒子の異常次元の計算」

●Renormalization Group Approach from Ultra Cold Atoms to the Hot QGPで口頭発表@基礎物理学研究所 (2011/8/25)
「Infrared fixed point for many flavor SU(N) gauge theory」

●基研研究会「量子場理論と弦理論の発展」で口頭発表 (2011/7/27)
「SU(3)ゲージ理論における赤外固定点の存在と擬スカラー演算師の以上次元の計算」


2010年度
●日本物理学会 第66回年次大会で口頭発表予定(学会中止)@新潟大学 (2011/3/26)
「Large flavor QCDにおける擬スカラー演算子の以上次元の計算」

●Workshop on lattice simulation for physics beyond the Standard Modelで口頭発表@NCTS, Taiwan(2010/11/12)
「The IR behavior of a large flavor gauge theory」

●次世代格子ゲージシミュレーション研究会で口頭発表@理化学研究所 (2010/9/25)
「The IR behavior of a large flavor SU(3) gauge theory」

●The XXVIII International Symposium on Lattice Field Theoryで口頭発表(Lattice2010) @Tanka Village, Italy (2010/6/15)
「Search for the IR fixed point in the Twisted Polyakov Loop scheme (II)」

●大阪大学にてセミナー(2010/4/27)
「Search for the IR fixed point using lattice simulations」


2009年度
●日本物理学会 第65回年次大会 岡山大学にて口頭発表(2010/3/20)
「large flavor SU(3)理論における赤外固定点の探索」

●第二回 A01班研究会@KEKで口頭発表(2010/2/15)
「Nf=12 QCDの非摂動的running coupling」

●阪大素粒子論研究室合宿@淡路島で口頭発表(2009/12/11)
「格子シミュレーションによる赤外固定点の探索」

●東京工業大学でセミナー(2009/11/13)
「Search for the IR fixed point using lattice simulations」
トラぺ

●日本物理学会 2009年秋季大会 甲南大学で口頭発表 (2009/9/10)
「格子シミュレーションによるlarge flavor QCDの固定点の探索」

●The XXVII International Symposium on Lattice Field Theoryでポスター発表(Lattice2009) @北京大学(2009/7/27)

「Search for the IR fixed point in the Twisted Polyakov Loop scheme」
●基研研究会「量子場理論と弦理論の発展」で口頭発表 (2009/7/10)
「格子シミュレーションによる共形場の理論の探索」
トラぺ

●筑波大学でセミナー (2009/6/19)
「Search for the IR fixed point using Twisted Polyakov loop scheme」

●立教大学でセミナー (2009/6/15)
「Search for the IR fixed point using Twisted Polyakov loop scheme」

トラぺ

●台湾国家理論研究中心(NCTU 新竹市)でセミナー (2009/6/2)
「Search for the IR fixed point using Twisted Polyakov loop scheme」

●中央大学でセミナー (2009/5/18)
「格子シミュレーションによる固定点の探索」


2008年度
●日本物理学会 第64回年次大会 立教大学にて口頭発表(2009/3/28)
「格子シミュレーションによる共形場の理論の探索」

●京都大学基礎物理学研究所でインフォーマルセミナー(YKIS 2009参加)

●名古屋大学でセミナー(2009/2/24)
「Wilson Loop Renormalization: a new scheme for the running coupling constant in gauge theories」

●大阪大学でセミナー(2009/1/27)
「格子シミュレーションによる共形場の理論の探索」

●理研シンポジウム「場と弦の理論の新展開に向けて」にて口頭発表(2008/12/20)

●阪大素粒子論研究会@伊勢市で口頭発表(2008/12/6)
「格子シミュレーションによる非自明固定点の探索」

●基研研究会「量子場理論と弦理論の発展」でポスター発表(2008/7/30)
「A new method of calculating the running coupling constant --- quenched QCD test ---」

ポスター
●大阪市立大学でセミナー(2008/7/23)
「The BV Master Equation for the Wilson Action in general Yang-Mills Gauge Theory」
「A new method of calculating the running coupling constant --- quenched QCD test ---」

●The XXVI International Symposium on Lattice Field Theory (Lattice2008)@ VA, USA で口頭発表(2008/7/17)
「A new method of calculating the running coupling constant --- numerical results ---」

トラペ
● 4th International Conference on the Exact Renormalization Group (ERG 2008) @Heideberg, Germanyで口頭発表(2008/7/4)
「The BV Master Equation for the Gauge Wilson Action」

●新潟大学でセミナー(2008/6/19)
「The BV Master Equation for the Wilson Action in general Yang-Mills Gauge Theory」

●基研Lunchtime seminarで発表(2008/4/23)
「Wilsonian renormalization group study for quantum field theory」


2007年度
●第63回日本物理学会年次大会で発表 (近畿大学)(2008/3/26)
「The BV Master Equation for the Wilson Action in general Yang-Mills Gauge Theory」 トラペ

●国立台湾大学(NTU)でセミナー(2008/2/29)


●国立台湾師範大学(NTNU)でセミナー(2008/2/27)
「Wilsonian approach to Non-linear sigma models」

●台湾国家理論研究中心(NCTU 新竹市)で集中講義(2008/2/19-21)
「Lectures on Exact Renormalization Group」

●理研シンポジウム「量子場の理論と対称性」でポスター発表 (2007/12/22)
「The BV Master Equation for the Wilson Action in general Yang-Mills Gauge Theory」

●九州大学でセミナー発表(2007/12/14)
「The BV Master Equation for the Wilson Action in general Yang-Mills Gauge Theory」

●国際研究集会``Progress of String Theory and Quantum Field Theory" (紐理論と場の量子論の進歩) 大阪市立大学 でポスター発表 (2007/12/9)
「The BV Master Equation for the Wilson Action in general Yang-Mills Gauge Theory」

●理化学研究所でセミナー発表(2007/11/9)
「The BV Master Equation for the Wilson Action in general Yang-Mills Gauge Theory」

●富山大学理学部でセミナー発表(2007/11/2)
「The BV Master Equation for the Wilson Action in general Yang-Mills Gauge Theory」

●東京大学駒場キャンパスでセミナー発表(2007/10/17)
「The BV Master Equation for the Wilson Action in general Yang-Mills Gauge Theory」

●COEシンポジウム「物理学の多様性と普遍性」 京都大学でポスター発表(2007/10/1)
「The BV Master Equation for the Wilson Action in general Yang-Mills Gauge Theory」

●基研研究会「弦理論と場の理論 --- 量子と時空の最前線」 近畿大学 で口頭発表 (2007/8/10)
「Three dimensional conformal sigma models」

●The 15th International Conference on Supersymmetry and the Unification of Fundamental Interactions Karlsruhe, Germanyで口頭発表 (2007/7/26)
「Supersymmetric three dimensional conformal sigma models」

●基礎物理学研究所でセミナー(2007/06/08)
「Three dimensional conformal sigma models」


2006年度
●日本物理学会2007年春季大会で口頭発表, 首都大学東京南大沢キャンパス (2007/3/28)
「3次元非線型シグマ模型の非摂動論的解析 1」

●The Joint Meeting of Pacific Region Particle Physics Communitiesでポスター発表(2006/11/1)@ハワイ

Three dimensional conformal sigma models

●3rd International Conference on the EXACT RENORMALIZATION GROUPにて口頭発表(2006/9/18)@Lefkada, Greece

Wilsonian RG approach to lower-dimensional quantum field theories トラペ(PDFファイル)

●大阪大学COE夏の学校でポスター発表(2006/9/7)

場の理論における厳密くりこみ群について トラペ(PowerPointファイル かなり大きいです)

●金沢大学でセミナー発表(2006/7/24)

ゲージ不変な繰りこみ群について


2005年度
●ワークショップ --- 厳密繰り込み群・密度行列繰り込み群(2005/12/3)@神戸大学

摂動論的繰り込み不可能な理論の繰り込みについて トラペ(PowerPointファイル)

●6th International conference Renormalization Group 2005 at Helsinki University で発表(2005/8/30)
Wilsonian renormalization group approach to the lower dimensional nonlinear sigma models
トラペ(PowerPointファイル)

●Les Houches Summer Schoolに参加。(2005/8/1〜8/26)


●広島大学でセミナー(2005/7/8)
下とほぼ同じ

●九州大学でセミナー(2005/5/27)
The nonperturbative analyses for lower dimensional non-linear sigma models
トラペ(PowerPointファイル)

●北陸地域合宿でセミナー(2005/5/21)
The nonperturbative analyses for lower dimensional non-linear sigma models
トラペ(PowerPointファイル)

●名古屋大学(E研)でセミナー(2005/5/10)
The nonperturbative analyses for lower dimensional non-linear sigma models
トラペ(PowerPointファイル)


2004年度(D3)
●博士論文公聴会(2005/2/8)
The nonperturbative analyses for lower dimensional non-linear sigma models
トラペ(PowerPointファイル)

●繰り込み群ミニワークショップで発表(2004/11/4)
The RG equation for non-linear sigma models
トラペ(PDFファイル)

●場の理論2004でポスター発表(2004/7/14)
The renormalizability of 3-dimensional non-linear sigma models
中央大のトラペと同じ

●SUSY2004で発表(2004/6/21)
A New Class of Conformal Field Theories with Anomalous Dimensions
トラペ(PowerPointファイル)

●中央大学でセミナー(2004/6/15)
The renormalizability of 3-dimensional non-linear sigma models
トラペ(PowerPointファイル)

●大阪大学でランチセミナー(2004/6/10)
The renormalizability of 3-dimensional non-linear sigma models
トラペ(PDFファイル)

●KEKでセミナー(2004/6/1)
3次元超対称非線形シグマ模型の繰り込み可能性について
トラペ(PDFファイル)


2003年度(D2)
●日本物理学会第59回年次大会で発表(2004/3/28)
3次元超対称シグマ模型のlarge-N展開による解析
トラペ(PDFファイル)

●神戸大学繰り込み群セミナーで発表(2004/3/4)
超対称性と繰り込み
トラペ(PDFファイル)

●COE冬の学校「幾何学と素粒子論」で発表(2004/2/19)
繰り込み群による多様体の変形
トラペ(PDFファイル)

●京都大学でセミナー(2004/1/28)
Three Dimensional Nonlinear Sigma Models in the Wilsonian Renormalization Method
トラペ(PDFファイル)

●筑波大学でセミナー(2003/10/10)
Three Dimensional Nonlinear Sigma Models in the Wilsonian Renormalization Method
トラペ(PDFファイル)

●2003年度 日本物理学会秋季大会で発表(2003/9/12)
Three Dimensional Nonlinear Sigma Models in the Wilsonian Renormalization Method
実際に使ったのはこの中の11枚くらい。 トラペ(PDFファイル)

●2003年原子核三者若手夏の学校でポスター発表(2003/8/22)
Three Dimensional Nonlinear Sigma Models in the Wilsonian Renormalization Method
中央大でのトラペの縮小版 トラペ(PDFファイル)

●場の理論2003ポスター発表(2003/8/7)
A New Class of Conformal Field Theories with Anomalous Dimensions
下と同じ。

●Purdue大学でセミナー(2003/6/30)
A New Class of Conformal Field Theories with Anomalous Dimensions
奈良女などと同じ。(トラペも下とほとんど同じ。) トラペ(PDFファイル)

●中央大学でセミナー(2003/6/17)
Three Dimensional Nonlinear Sigma Models in the Wilsonian Renormalization Method
主にOU-HET-439,April 2003.16pp
Progress of Theoretical Physics 109 (2003)に投稿中。 e-Print Archive: hep-th/0304194
トラペ(PDFファイル)

●奈良女子大学でセミナー(2003/6/14)
A New Class of Conformal Field Theories with Anomalous Dimensions
下と同じ。(トラペも下とほとんど同じ。雰囲気が少し爽やか?) トラペ(PDFファイル)

●基礎物理学研究所でセミナー(2003/5/22)
A New Class of Conformal Field Theories with Anomalous Dimensions
下と同じ。(トラペも下と同じ)

●神戸大学でセミナー(2003/5/14)
A New Class of Conformal Field Theories with Anomalous Dimensions
下と同じ。(トラペもほとんど下と同じ) トラペ(PDFファイル)

●大阪大学でランチセミナー(2003/5/9)
A New Class of Conformal Field Theories with Anomalous Dimensions
主にOU-HET-430,Feb 2003.14pp
Progress of Theoretical Physics 109 (2003)に掲載決定。 e-Print Archive: hep-th/0302090
トラペ(PDFファイル)


2002年度(D1)
●金沢大学でセミナー(2003/1/17)
Wilsonian Renormalization Group Approach to N=2 Supersymmetric Sigma Models
下と同じ。
トラペ(PDFファイル)

●2002年度 日本物理学会秋季大会で発表(2002/9/14)
Wilsonian Renormalization Group Approach to N=2 Supersymmetric Sigma Models
下と同じ。

●2002年度 三者若手夏の学校ポスター発表(2002/8/04)
Wilsonian Renormalization Group Approach to N=2 Supersymmetric Sigma Models
下と同じ。

●場の理論2002ポスター発表(2002/7/24)
Wilsonian Renormalization Group Approach to N=2 Supersymmetric Sigma Models
OU-HET-410,May 2002.20pp
e-Print Archive: hep-th/0205036
について。

トップページへ