賞の概要


  1. 賞創設の経緯
    旧広島大学理論物理学研究所教授であった故木村利栄先生は、 平成17年(2005年)12月17日に旅先で急逝されました。その後、 遺産の一部を浩子夫人より財団法人湯川記念財団へ寄付して頂きました。 これを木村基金として、木村先生が大きな功績をあげられた重力・時空理論,場の理論と、 その周辺の基礎的な理論研究において顕著な業績を上げた研究者を顕彰するために平成19年度より「湯川財団・木村利栄理論物理学賞」を設けました。 その候補者の選考や木村基金の運用を旧広島大学理論物理学研究所と深い関わりを持つ京都大学基礎物理学研究所に委託されています。
  2. 対象
    重力・時空理論、場の理論と、その周辺の基礎的な理論研究において顕著な業績を上げており、かつ、受賞以降も対象分野で中心的な役割を果たしていくことが期待される研究者。
  3. 候補者の推薦
    他薦に限る。
  4. 選考
    選考は、基礎物理学研究所運営協議会の下に組織された選考委員会が行い、 年1件を運営協議会に推薦。それを受けて運営協議会が受賞者を決定。
  5. 正賞及び副賞
    賞状及メダルを授与。副賞として賞金60万円。