原子核パートセンター校の仕事



8月
  • 夏の学校パート総会の議長。次年度校への仕事の引き継ぎ。
    (その年の夏の学校のパート総会の議事録は旧年度のセンター校が作成する。)

  • 秋のパート総会の準備。 (約1ヵ月前から、パート総会の議案をyonupa-mlで募集する。 ここでもしかるべき議案(予算案や活動報告など以外)がなければ、 その議案はyonupa-mlでもって議案の承認を得るという形とする。 もし開催するのであれは約1〜2週間前には、パート総会の 日時・場所をyonupaで告知する。)
    ※※ 例年は、新年度予算案が議題になっています。また旧年度の決算報告も場合に よってはここでしてもらうことになります(例えば、追加予算があった場合)。

  • なお、インフォーマルミーティング(パート総会)の場所の予約は旧年度の センター校がします。
  • 9月
  • 秋のパート総会とその議事録の作成。

  • ※※ パート総会が開催されなかったときも、yonupa-mlで承認された議題を まとめ議事録を作成し、それをyonupa-mlでながし、またホームページに掲載します。
    10〜1月
  • 春のパート総会のためのインフォーマルミーティングの 申し込み。
    (物理学会誌の9〜11月号あたりに春の学会中のインフォーマルミーティングの 申し込みのアナウンスがあります。または2ヵ月前あたりから物理学会のHPからWEB上 からも申し込みできます。開催するかしないかはこの段階ではまだ未定なので、 とりあえず場所は確保しておくようにします。)
  • 2月
  • 春のパート総会の議案書の作成の準備。
    ※※ 例年、議題は夏の学校の講師の選定について準備校からのアナウンスに なっています。開催するかどうかの決定および流れは、秋のパート総会と全く同じです。
  • 3月
  • 春のパート総会とその議事録の作成。

  • これも秋とまったく同じです。
    4〜6月
  • 次年度パート準備校を決定するために次年度の院生の数などを調査する。

  • ローテーションルールを適用する。 ローテーションルールにより、準備校候補校上位3校が決まるハズ。 その結果をアナウンスし、候補校に話し合いをしてもらう。 またセンター校の候補校もローテーションルールをもとに決定し、 その候補校に次年度の役職を承諾してもらうように話し合う。

  • 秋のパート総会のためのインフォーマルミーティングの申し込み。
    (春と同様の方法で申し込みができます。)
  • 7月
  • 夏のパート総会の議案書の作成。夏の学校の準備

  • ※ あと、原子核パートのホームページの管理もパートセンター校の仕事です。
    パート総会や研究会、夏の学校の日時やプログラムを掲載します。

    ※※ 準備校や世話人の方々と連絡をとりあい話し合いながら、仕事をしていくこと が大切だと思います。



    もどる