原子核パート人数調査結果

ローテーションルール適用のための人数調査の結果です。
ローテーションルールを適用する上で必要な調査ですので
これからもこの人数調査に御協力おねがい致します!!

2005年度

新潟大.....4人
奈良女子大......1人
千葉大.....1人
東北大.....6人(うち実験研究室2つ)
九州大.....8人(うち実験研究室1つ)
京都大.....6人(うち実験研究室1つ)
大阪市立大.....0人
大阪大.....18人(うち実験研究室6つ)
北海道大......4人
東京大.....8人
東工大、筑波大.....??人

※ 東京都立大さんは僕達のミスで調査しわすれてしまいました。
ほんとうにすみません。

※※ 今年度までは、準備校のローテーションルールしかなかったので、
人数調査は「現在D1の方 + DにのこるであろうMの人数 + 実験系の研究室
1つあたり2人と換算」で定義される実働稼働人数を調査しましたが、
来年度以降(2006年度)からは、センター校にもローテーションルールを適用する
こととなり、センター校の実働稼働人数の定義は、「準備校の定義人数 + 現在
M1の人数」となっていますので、したがって人数調査は、
「現在D1の方の人数 と 来年ドクターに進学するM2の人数 と 現在のM1の人数」
を調査する必要があります。