Featured

素粒子論研究・電子版

                                                                                                                          ※受理済で未完結巻の論文はこのページの下部に掲載してあります。
   素粒子論研究 (冊子版)      
  Vol. 66 〜 Vol. 119 (1982年10月〜2012年2月)   [ 号別 ]  [ 著者別 ]  [ 内容別 ]
  Vol. 46 〜 Vol. 65 (1972年9月〜1982年9月)   [ 号別 ]  [ 著者別 ]  [ 内容別 ]
  Vol. 21 〜 Vol. 45 (1960年3月〜1972年8月)   [ 号別 ]  [ 著者別 ]  [ 内容別 ]
編集長  橋本 幸士 (大阪大)

編集委員    森田 健 (静岡大)
     浜中 真志 (名古屋大)
     尾田 欣也 (大阪大)
     杉本 茂樹 (京都大)
     小沼 通二 (慶應大)
     高橋 智彦 (奈良女子大、素粒子論委員会より)
     中田 仁 (千葉大、核理論委員会より)


お知らせ
  • 2020年3月17日【new!】     Volume 19(2015) No.3 "湯川秀樹先生の初めての一般講演"を更新しました。

  • 2020年3月17日【new!】     Volume 12(2012) No.4 "原子核発見100年をむかえて"を更新しました。

  • 2020年3月3日     Volume 31(2020) No.1 "有限密度格子QCDと符号問題研究の現状と課題"を更新しました。

  • 2020年1月6日     Volume 28(2019) No.4 "湯川秀樹先生のはじめての胸像は何故高知に建てられたか"を更新しました。

  • 2019年8月24日     Volume 25(2017) No.1 "武谷三男博士の業績 リスト(第4版)"を更新しました。

  • 2018年10月31日     Volume 28(2019) No.1 "日大理工・益川塾素粒子物理学シンポジウム"を更新しました。

  • 2018年4月20日      素粒子論研究@CiNiiから素粒子論研究@J-STAGEに移行しました。
                                                     素粒子論研究冊子版をご覧になりたい方は素粒子論研究@J-STAGEをクリックしてください。

  • 2017年8月16日     Volume 25(2017) No.1 "武谷三男博 士の業績リスト(第4版)"を更新しました。

  • 2017年8月16日     Volume 24(2016) No.2 "武谷三男著 作目録(第5版)"を更新しました。

  • 2017年7月27日     Volume 25(2017) No.1 "武谷三男博士の業績リスト(第4版)"を更新しました。

  • 2017年7月27日     Volume 24(2016) No.2 "武谷三男著作目録(第5版)"を更新しました。

  • 2017年1月26日     Volume 25(2017) No.3 "京都大学基礎物理学研究所の"組織助手”
                                      ーリサーチ・アドミニストレーション専門職としての定着ー"
    を更新しました。

  • 2016年11月15日     Volume 9(2011) No.5 "米澤穰博士の業績リスト"を更新しました。

  • 2016年1月12日     Volume 1(2009) No.5 "超対称Chern-Simons理論とM2-ブレーン"を更新しました。


    最新号

    Volume 31

    2020年3月17日発行
      1 - 有限密度格子QCDと符号問題研究の現状と課題永田 桂太郎(高知大学)
    1. レビュー論文
      1 - 有限密度格子QCDと符号問題研究の現状と課題
      素粒子論研究・電子版 Vol 31 (2020) No. 1
      PDF[序論 青木 慎也(京都大学 基礎物理学研究所)]
      PDF[本論 永田 桂太郎(高知大学)]
      P.33・・・・文献[8]に出版社等の情報を追記
      P.121・・・・式(4.65)の2行下に「(この引用で正しいか確認すること.)」というメモ書きが
                              残っていたのを削除
      変更点
    2. 2 - Proceedings of the 2nd Workshop on Phenomenology for Particle and Anti-Particle 2019 (PPAP2019)両角 卓也(広島大学大学院理学研究科)
    3. 研究会報告
      2 - Proceedings of the 2nd Workshop on Phenomenology for Particle and Anti-Particle 2019 (PPAP2019)
      素粒子論研究・電子版 Vol 31 (2020) No. 2
      PDF
      This is a proceedings for PPAP 2019. Thanks to speakers and participants, the workshop was timely and lively. The topics cover the uniqueness of the standard model and beyond, flavor and modular symmetries from string compactification, D meson mixing, Dark matter and Dark energy, Lorentz invariant and CPT breaking effect, modular symmetry and flavor mixing and masses, relation between CP violation of quark and lepton, and Higgs mass formulas in the left-right model.
      アブストラクト
    4. 3 - 信念と美の科学者高塚龍之博士を悼む大久保 茂男(大阪大学核物理研究センター)
    5. 3 - 信念と美の科学者高塚龍之博士を悼む
      素粒子論研究・電子版 Vol 31 (2020) No. 3
      PDF
      中性子星研究の先覚者、高塚龍之博士との50年の思い出・追悼
      アブストラクト
      高塚龍之追悼、中性子星研究
      キーワード

    Volume 32

    2020 年5月16日発行
      1 - 局所ローレンツ対称性に基づく一般相対性理論の拡張宮脇 渉太(大阪大学)
    1. 修士論文
      1 - 局所ローレンツ対称性に基づく一般相対性理論の拡張
      素粒子論研究・電子版 Vol 32 (2020) No. 1
      PDF
      局所ローレンツ対称性
      キーワード
    2. 2 - Double Field Theoryにおけるゲージ対称性と Lie亜代数対によるVaisman亜代数の構成森 遥(北里大学大学院理学研究科)
    3. 修士論文
      2 - Double Field Theoryにおけるゲージ対称性と Lie亜代数対によるVaisman亜代数の構成
      素粒子論研究・電子版 Vol 32 (2020) No. 2
      PDF
      Double Field Theory (DFT)は,T双対性を明白な対称性として持つ重力理論であり,その背景には倍化幾何学(doubled geometry)の存在が考えられている.また,DFTのゲージ対称性は Vaismanおよび Courant亜代数 (algebroid)によって記述される.本修士論文では,Lie代数の Drinfel’d doubleを出発点として,Vaisman亜代数がふたつの Lie亜代数の組から得られることを示す.さらに,倍化幾何学の具現化としてパラエルミート多様体を導入し,この多様体上に Vaisman亜代数を構築する.
      アブストラクト
      超弦理論、超重力理論、T双対性、微分幾何学
      キーワード
    4. 3 - 背景磁場を含む 6 次元理論における スカラー場の質量補正の相殺機構廣瀬 拓哉(大阪市立大学)
    5. 修士論文
      3 - 背景磁場を含む 6 次元理論における スカラー場の質量補正の相殺機構
      素粒子論研究・電子版 Vol 32 (2020) No. 3
      PDF
      階層性問題、flux compactification
      キーワード
  • Back to top