Featured

素粒子論研究・電子版

                                                                                                                          ※受理済で未完結巻の論文はこのページの下部に掲載してあります。
   素粒子論研究 (冊子版)      
  Vol. 66 〜 Vol. 119 (1982年10月〜2012年2月)   [ 号別 ]  [ 著者別 ]  [ 内容別 ]
  Vol. 46 〜 Vol. 65 (1972年9月〜1982年9月)   [ 号別 ]  [ 著者別 ]  [ 内容別 ]
  Vol. 21 〜 Vol. 45 (1960年3月〜1972年8月)   [ 号別 ]  [ 著者別 ]  [ 内容別 ]
編集長  森田 健 (静岡大)

編集委員    小沼 通二 (慶應大)
     酒谷 雄峰 (京都府立医科大学)
     橋本 幸士 (京都大)
     浜中 真志 (名古屋大)
     高橋 智彦 (奈良女子大、素粒子論委員会より)
     中田 仁 (千葉大、核理論委員会より)


お知らせ
  • 2020年3月17日【new!】     Volume 19(2015) No.3 "湯川秀樹先生の初めての一般講演"を更新しました。

  • 2020年3月17日【new!】     Volume 12(2012) No.4 "原子核発見100年をむかえて"を更新しました。

  • 2020年3月3日     Volume 31(2020) No.1 "有限密度格子QCDと符号問題研究の現状と課題"を更新しました。

  • 2020年1月6日     Volume 28(2019) No.4 "湯川秀樹先生のはじめての胸像は何故高知に建てられたか"を更新しました。

  • 2019年8月24日     Volume 25(2017) No.1 "武谷三男博士の業績 リスト(第4版)"を更新しました。

  • 2018年10月31日     Volume 28(2019) No.1 "日大理工・益川塾素粒子物理学シンポジウム"を更新しました。

  • 2018年4月20日      素粒子論研究@CiNiiから素粒子論研究@J-STAGEに移行しました。
                                                     素粒子論研究冊子版をご覧になりたい方は素粒子論研究@J-STAGEをクリックしてください。

  • 2017年8月16日     Volume 25(2017) No.1 "武谷三男博 士の業績リスト(第4版)"を更新しました。

  • 2017年8月16日     Volume 24(2016) No.2 "武谷三男著 作目録(第5版)"を更新しました。

  • 2017年7月27日     Volume 25(2017) No.1 "武谷三男博士の業績リスト(第4版)"を更新しました。

  • 2017年7月27日     Volume 24(2016) No.2 "武谷三男著作目録(第5版)"を更新しました。

  • 2017年1月26日     Volume 25(2017) No.3 "京都大学基礎物理学研究所の"組織助手”
                                      ーリサーチ・アドミニストレーション専門職としての定着ー"
    を更新しました。

  • 2016年11月15日     Volume 9(2011) No.5 "米澤穰博士の業績リスト"を更新しました。

  • 2016年1月12日     Volume 1(2009) No.5 "超対称Chern-Simons理論とM2-ブレーン"を更新しました。


    最新号

    Volume 34

    2021年4月9日発行
      1 - 基研研究会報告「YITP Workshop Strings and Fields 2020」国友 浩(基礎物理学研究所)、酒井 忠勝(名古屋大学)、坂本 眞人(神戸大学 )、杉本 茂樹(基礎物理学研究所)、高柳 匡(基礎物理学研究所)、立川 裕二(東京大学)、新居 慶太(基礎物理学研究所)、野海 俊文(神戸大学)、橋本 幸士(大阪大学)、浜中 真志(名古屋大学)、疋田 泰章(基>礎物理学研究所)、細道 和夫(防衛大学校)、本多 正純(基礎物理学研究所)、丸吉 一暢(成蹊大学)、森田 健(静岡大学)、山口 哲(大阪大学)、吉田 健太郎(京都大学)
    1. 1 - 基研研究会報告「YITP Workshop Strings and Fields 2020」
      素粒子論研究・電子版 Vol 34 (2020) No. 1
      HTML
      研究会報告書
    2. 2 - Anomaly Inflow In Curved Space青木 匠門(大阪大学)
    3. 修士論文
      2 - Anomaly Inflow In Curved Space
      素粒子論研究・電子版 Vol 34 (2021) No. 2
      PDF
      対称性は物理学において重要な概念の一つである.しかし,経路積分による場 の量子論の定式化では,古典的には期待できる対称性が存在しない場合がある.これは古典 的な対称性が量子効果で>破れることを意味し,アノマリーと呼ばれる.アノマリーは有限自 由度と無限自由度の差から生じる. 空間にドメインウォールが存在する場合,高次元時空におけるアノマリーがドメイン ウォール上のアノマリーを補 正し,全体としてアノマリーのない理論を構成できる.これは アノマリー流入と呼ばれ,Callan-Harvey 機構やドメインウォールに局在する状態で説明さ れる.そこで,曲がった空間を高次元の空間にドメインウォー>ルとして埋め込むことを考え る.重力はこれによって再現されるため,曲がったドメインウォールに局在したフェルミオ ンによってアノマリーへの重力の寄与を計算できると期待できる. 本研究では最初に,ドメイン ウォールで重力アノマリーを再現することを念頭において, 重力アノマリーの構成をレビューする.重力アノマリーは,古典的に期待できる局所 Lorentz 変換や一般座標変換が量子効果で破れることを表す量である.>そして,この 2 つから生じる アノマリーが局所 counter term で移り合い,本質的に同じであることを確認する. 次に Euclid 空間に曲がったドメインウォールを設置して,フェルミオンの振る舞いを調 べる.ドメ>インウォールとして球面や円筒を用いて,ドメインウォールに局在する状態の固 有値や相関関数を解析的に求める.
      アブストラクト
    4. 3 - Finite N Corrections to the Superconformal Index in AdS/CFT Correspondence荒井 玲於奈(東京工業大学)
    5. 博士論文
      3 - Finite N Corrections to the Superconformal Index in AdS/CFT Correspondence
      素粒子論研究・電子版 Vol 34 (2021) No. 3
      PDF
      In this thesis, I study the finite N corrections to the superconformal index in AdS/CFT correspondence. AdS/CFT is a conjecture of a duality between 4d conformal field theories and type IIB superstring theory on AdS spacetime . The superconformal index has information of the operator spectrum of the theory and should be the same on both sides of the correspondence. In the large N limit, the agreement was already confirmed but in the finite N region, no methods to calculate the index on the AdS side were known. In this thesis, I propose a calculation method of the index on the AdS side in the finite N region. And I apply this method to S-fold theories to find the index of the S-fold theories through AdS/CFT.
      アブストラクト
      Finite N correction, superconformal index, AdS/CFT
      キーワード

    新着記事(Volume 35予定)

      1 - 超弦理論のトーラスコンパクト化モデルによる素粒子標準模型のフレーバー構造の再現菊地 渉太(北海道大学 理学院宇宙理学専攻)
    1. 修士論文
      1 - 超弦理論のトーラスコンパクト化モデルによる素粒子標準模型のフレーバー構造の再現
      素粒子論研究・電子版 Vol 35 (2021) No. 1
      PDF
      flux compactification, torus compactification, flavor structure, modular symmetry
      キーワード
    2. 2 - 数学科の M1 向けに学部の古典物理を書き直し特殊相対論を導入する尾田 欣也(東京女子大学)
    3. 2 - 数学科の M1 向けに学部の古典物理を書き直し特殊相対論を導入する
      素粒子論研究・電子版 Vol 35 (2021) No. 2
      PDF
      数学科のM1むけに3コマなんか物理の話をせよ、という講義のノート。数学科の学生が学部1、2年生で習う初歩的な力学と電磁気学の知識を前提とし、数学科の学生に馴染みのあるLie群の言葉を用いて、ガリレイ対称性からローレンツ対称性、ポワンカレ対称性を議論し、特殊相対論の導入まで行きます。付録に電磁気を微分形式の言葉で書く、というのも載せました。
      アブストラクト
  • Back to top