素粒子奨学会

 

第16回中村誠太郎賞 選考結果発表

2021年度(第16回)中村誠太郎賞の受賞論文は以下の3編(順不同)に決定いたしました。 (2021年9月1日)[ 選考結果報告 ]
  • 小幡一平氏(Max-Planck-Institute for Astrophysics 学振海外特別研究員)
    "New Search Method for Axion Dark Matter Using Birefringence"(Phys.Rev.Lett. 121 (2018) 16, 161301 に基づく書き下ろし)
  • 鈴木良拓氏(バルセロナ大学 博士研究員)
    "Topology-changing horizons at large D as Ricci flows"(JHEP 07 (2019) 094 に基づく書き下ろし)
  • 吉田 豊氏(東京工業大学 特別研究員)
    "'t Hooft surface operators in five dimensions and elliptic Ruijsenaars operators"(未発表)
授賞式は、日本物理学会 第77回年次大会(2022年3月15-18日 岡山大学・岡山理科大学)にて執り行なう予定です。なお、次回の候補論文募集は、2022年春を予定しています。


第16回(2021年度)中村誠太郎賞
 

中村誠太郎賞

素粒子奨学会

協賛:  湯川記念財団

Copyright (C)2006-2021 Soryushi Shogakukai