Kyoto Transdisciplinary & Transnational Forum 2018

無と全体の輪廻 “Circle of Emptiness and Wholeness”

  • 日  時:2018年6月3日(日)13:00-18:30
  • 会  場:京都大学基礎物理学研究所 パナソニック国際交流ホール
  • 参加方法:参加無料・事前登録不要
  • 主  催:京都大学未来創成学国際研究ユニット、京都大学基礎物理学研究所
  • 共  催:同志社大学ライフリスク研究センター、同志社大学創造経済研究センター、総合地球環境学研究所
  • 協  力:文化庁 地域文化創生本部
  • 後  援:京都市、京都府

  • 概要:

グローバル化時代を迎え、世界は1つの巨大システムと化した。ところが、従来型の物質資源中心・貨幣価値経済中心の考え方に、人類が固執してきた結果、人口問題・食糧問題・資源問題といった既成問題を解決するどころか、逆に新たな問題を次々と生み出すに至った。実際、世界中がテロや貧困、創造性の欠落、希少資源の枯渇、イデオロギーや歴史認識の違いによる国内外の人種対立などに翻弄され続けている。こうした混沌とした時代にこそ、世界に感動を与え、欧米から尊敬されながらも、多くの現代日本人から忘れられてきた「日本的霊性」を、世界に誇れる社会・文化価値として再構築することが必要かつ急務である。
本フォーラムでは、多くの現代日本人から忘れられてきた「日本的霊性」に基づく「叡智」を再発見し、「自然」との共創を目指した対話を理論と実践の両面から試みることによって、日本的霊性や自然観を学術的かつ実践的に探究し、それらを踏まえ未来に向けた新たな社会・文化価値の創出を目指す。

プログラム

第1部:無と宇宙(日本語)

13:00-14:30 司会:八木 匡(同志社大学 経済学研究科)
◆挨拶:青木愼也(京都大学 基礎物理学研究所 所長)
◆パネル討論:
柴田一成(京都大学 宇宙物理学)
青木愼也(京都大学 素粒子物理学)
西平 直(京都大学 教育人間学)
村瀬雅俊(京都大学 未来創成学)
◆DVD「古事記と宇宙」 上映
喜多郎(音楽家)、柴田一成(京都大学)

第2部:虚と実(日本語)

14:45-16:15 司会:村瀬雅俊(京都大学 基礎物理学研究所)
◆座談会「未知への挑戦-人類進化の視点から」
山極壽一(京都大学 総長)
黒川 清(政策研究大学院大学・東京大学 名誉教授)
◆DVD「虚と実」 上映
ツトム・ヤマシタ(音楽家)
◆パネル討論:
八木 匡(同志社大学 経済学)
吉村一良(京都大学 化学)
阿部健一(総合地球環境学研究所 環境人類学)

第3部:自然と霊性(英語)

16:30-18:30 司会:八木 匡(同志社大学)
◆パネル討論
“Listening to the Humanity behind Economic Life”
Stephen Hill (University of Wollongong, Australia)
“Transnational and Human Relationship”
Hirotaka Watanabe (Tokyo University of Foreign Studies)
“The Evolution of Life in Cities”
Marc T. J. Johnson (University of Toronto, Canada)
“The Challenge of Deep Transdisciplinarity”
Daniel Niles (Research Institute for Humanity and Nature)
◆ファシリテーター
Naohide Tomita (Kyoto University)
Takayuki Ohgushi (Kyoto University)
Eiichi Yamaguchi (Kyoto University)
Masatoshi Murase (Kyoto University)