私について

個人データ 姓名:津村 浩二
生年月日:1980年2月23日
出身地:鳥取県
連絡先 所属:九州大学 理学研究院 物理学部門 素粒子理論研究室
居室:伊都キャンパス ウエスト1号館
住所:〒819-0395 福岡県福岡市西区元岡744
学歴 2007年3月 博士(理学), 大阪大学
2004年3月 修士(理学), 大阪大学
2002年3月 学士(理学), 広島大学
研究歴 2020年4月 客員准教授(兼任), 東京大学素粒子物理国際研究センター
2020年4月 准教授(複担), 九州大学先端素粒子物理研究センター
2019年11月 准教授, 九州大学理学研究院
2013年12月 助教, 京都大学理学研究科
2012年4月 特任助教, 名古屋大学理学研究科
2010年10月 ポスドク研究員, 國立臺灣大學 (台湾, 台北市)
2007年10月 ポスドク研究員, 国際理論物理学センター (イタリア, トリエステ)
2007年4月 研究員(科学研究), 高エネルギー加速器研究機構
[ 2006年8月-10月 研究留学, 先端研究国際高等学院 (イタリア, トリエステ)]
2005年6月 リサーチアシスタント, 大阪大学
教育歴 2021年度 物理学総合演習, 物理学特別研究I-II, 特殊相対論・電気力学, 解析力学
2020年度 最先端物理学, 物理学総合演習, 物理学特別研究I-II, 物理学ゼミナール, 特殊相対論・電気力学, 物理学入門II
2019年度 身の回りの物理学B, 物理学ゼミナール
2019年度 電磁気学2演習, 物理科学課題演習A1・A2, 素粒子論ゼミナール IIB (京都大学)
2018年度 電磁気学2演習, 物理科学課題演習A1・A2, 素粒子論ゼミナール IIB (京都大学)
2017年度 電磁気学2演習, 物理科学課題演習A1・A2, 素粒子論ゼミナール IIB (京都大学)
2016年度 電磁気学B演習, 物理科学課題演習A1・A2, 素粒子論ゼミナール IIB (京都大学)
2015年度 電磁気学B演習, 物理科学課題演習A1・A2, 素粒子論ゼミナール IIB, ポケゼミ (京都大学)
2014年度 電磁気学B演習, 物理科学課題演習A1・A2, 素粒子論ゼミナール IIB (京都大学)
2013年度 素粒子論ゼミナール IIB (京都大学)
2013年度 物理学演習 II (特任助教, 名古屋大学)
2010年度 場の量子論 (ボランティア, 國立臺灣大學)
2009年度 素粒子標準模型入門 (講師, 国際理論物理学センター)
2007年度 素粒子標準模型入門 (講師, 国際理論物理学センター)
2002年度-2006年度 場の量子論, 量子力学演義, 電磁気学, 知性への誘い (TA, 大阪大学)
受賞歴
  • 第11回(2016年度)素粒子メダル奨励賞
     [ 濱田雄太氏, 川名清晴氏(京都大学)との共同受賞 ]
  • 第8回(2013年度)素粒子メダル奨励賞
     [ 杉山弘晃氏(京都産業大学益川塾), 横谷洋氏(富山大学)との共同受賞 ]
  • 競争的資金
  • 国際研究集会発表助成 (公益財団法人 京都大学教育研究振興財団, 2019年)
     "第8回フレーバー対称性と加速器実験・宇宙観測の帰結(FLASY2019・中国)"
  • 科学研究費補助金 新学術領域研究 計画研究 (文部科学省, 2018-2022年度)
     "標準理論を超えた新現象とニュートリノで探る新しい素粒子像", 研究代表者
      研究分担者:安田修(首都大), 佐藤丈(埼玉大), 下村崇(宮崎大), 杉山弘晃(富山県大)
  • 科学研究費補助金 新学術領域研究 総括班 (文部科学省, 2018-2022年度)
     "ニュートリノで拓く素粒子と宇宙", 研究分担者 [ 研究代表者:中家剛(京都大) ]
  • 学術研究助成基金助成金 若手研究(B) (日本学術振興会, 2016-2018年度)
      "コライダー実験によるヒッグス自己結合の検証", 研究代表者
  • 科学研究費補助金 新学術領域研究 公募研究 (文部科学省, 2016-2017年度)
     "ニュートリノ質量起源と新型暗黒物質", 研究代表者
  • 平成28年度融合チーム研究プログラム SPIRITS (京都大学, 2016-2017年度)
     "革新的量子状態計算により迫る素粒子・宇宙の謎", 研究代表者
      研究分担者:瀬波大土(工学研究科)
  • 科学研究費補助金 新学術領域研究 公募研究 (文部科学省, 2014-2015年度)
     "標準ヒッグス結合のズレからテラスケールへ", 研究代表者
  • 第一回学生海外短期研究留学助成 (大阪大学, 2006年)
     "CP の破れの起源と質量生成のメカニズム"
  • 世話人等 2021年9月 ILC夏の合宿2021 (オンライン):世話人
    2021年3月 Higgs as a Probe of New Physics 2021 (オンライン):開催組織委員
    2020年8-9月 素粒子物理学の進展 2020 (オンライン) (基礎物理学研究所):世話人
    2020年8月 Summer Institute 2020 (中止) (台湾, 宜蘭県):国際組織委員
    2020年3月 New Physics at Low Scale 2020 (中止) (宮崎大学):開催組織委員
    2019年8月 Summer Institute 2019(韓国, 江陵市):国際組織委員
    2019年7-8月 素粒子物理学の進展 2019 (基礎物理学研究所):世話人
    2019年6月 Exploration of Particle Physics and Cosmology with Neutrinos Workshop2019:開催組織委員
    2019年2月 Higgs as a Probe of New Physics 2019 (大阪大学):開催組織委員
    2018年12月 Physics of muonium and related topics (大阪大学):開催組織委員
    2018年12月 KEK Theory Meeting on Particle Physics Phenomenology (KEK-PH2018 winter) and 3rd KIAS-NCTS-KEK workshop on Particle Physics Phenomenology (KEK):外部組織委員
    2018年10月 新学術領域「 ニュートリノで拓く素粒子と宇宙」研究会 (東大宇宙線研):世話人
    2018年8月 Summer Institute 2018(中国, 天津市):国際組織委員
    2018年8月 素粒子物理学の進展 2018 (基礎物理学研究所):連絡責任者
    2018年7月 XXXIX-th International Conference on High Energy Physics (ICHEP) 2018:領域世話人 (ヒッグス物理)
    2017年12月 Axion physics and dark matter cosmology (大阪大学):開催組織委員
    2017年7-8月 素粒子物理学の進展 2017 (基礎物理学研究所):連絡責任者
    2017年4月 The 3rd Computational Chemistry Symposium -The main symposium of ICCMSE 2017- (The Met Hotel, Thessaloniki, Greece):領域世話人
    2017年3月 Higgs as a Probe of New Physics 2017 (富山大学):開催組織委員
    2016年9月 素粒子物理学の進展 2016 (基礎物理学研究所):連絡責任者
    2016年5月~ 関西現象論勉強会:世話人
    2016年3月 Symposium: New Generation Quantum Theory -Particle Physics, Cosmology, and Chemistry- (京都大学工学研究科):世話人
    2015年9月 素粒子物理学の進展 2015 (基礎物理学研究所):世話人
    2015年9月 超弦理論と場の量子論の進展 (基礎物理学研究所):世話人
    2015年8月 Mathematical Perspectives in String Theory (京都大学理学研究科):世話人
    2015年2月 Higgs as a Probe of New Physics 2015 (富山大学):開催組織委員
    2014年9月 SPIRITS Kick-off Workshop (京都大学理学研究科):世話人
    2014年7-8月 素粒子物理学の進展 2014 (基礎物理学研究所):世話人
    2012年6月~ 新ヒッグス勉強会 (富山大学, 大阪大学):世話人
    2009年6月 LHC時代の素粒子物理 夏の学校 (国際理論物理学センター):科学秘書
    2007年7月 夏のLHCの会 (高エネルギー加速器研究機構):世話人
    2005年8月 原子核素粒子三者 若手 夏の学校:準備校代表
    2004年5月 関西地域セミナー:世話人代表
    アウトリーチ
  • グローバルサイエンスキャンプ 科学体系と創造性がクロスする知的卓越人材育成プログラム
    2016年2月20日, 京都大学, "基盤コース後期 第8回 ~全体のまとめと受講生の発表の会~"
  • サイエンスレクチャー2015
    2015年9月24日, 伊丹北高校, "素粒子の世界"
  • グローバルサイエンスキャンプ 科学体系と創造性がクロスする知的卓越人材育成プログラム
    2014年12月6日, 京都大学, "基盤コース後期 第1回 ~量子論への誘い~"
  • 電子情報通信学会東京支部シンポジウム「世紀の発見ヒッグス粒子に見る最先端の素粒子物理学と技術」
    2013年8月21日, 機械振興会館, 港区, "素粒子物理学の発展~ヒッグス粒子の発見と質量の謎~"
  • その他 日本物理学会員
    日本物理学九州支部幹事:2020年度
    日本物理学会 若手奨励賞選考委員 素粒子論領域:2021年度-2022年度
    素粒子論グループメンバー
    素粒子論グループ 素粒子論委員会 委員:2014年度-2015年度, 2021年度(幹事)-2022年度
    素粒子論グループ 事務局連絡責任者:2017-2018年, 2020-2021年
    京都大学 基礎物理学研究所 共同利用委員会 委員:2021年度-2022年度
    東京大学 宇宙線研究所 特任研究員人事選考委員会 委員:2020年度
    Physcal Review Letters:査読委員
    Physical Review D:査読委員
    Physics Letters B:査読委員
    Froniers in Physics:査読委員
    Journal of High Energy Physics :査読委員
    International Journal of Modern Physics A:査読委員
    中村誠太郎賞:査読委員