English Page

國見昌哉

京都大学
基礎物理学研究所
物性基礎論 凝縮系物理研究室
日本学術振興会特別研究員(PD)

連絡先



〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町 京都大学基礎物理学研究所 K504室
更新履歴

2018年 1月24日:論文を更新

略歴

2005年(平成17年)3月 北海道札幌開成高等学校卒業
2009年(平成21年)3月 北海道大学 理学部 物理学科卒業
2011年(平成23年)3月 東京大学総合文化研究科 広域科学専攻 相関基礎科学系 修士課程修了 (指導教員:加藤雄介准教授)
2014年(平成26年)3月 東京大学総合文化研究科 広域科学専攻 相関基礎科学系 博士課程修了 (指導教員:加藤雄介准教授)
2014年(平成26年)4月 電気通信大学 情報理工学研究科 先進理工学専攻 研究員 (斎藤弘樹研究室)
2016年(平成28年)4月〜京都大学 基礎物理学研究所 日本学術振興会特別研究員(PD) (受け入れ教員:段下一平助教)

学位:博士(学術) (2014年(平成26年)3月24日取得)

職歴

2011年(平成23年)4月〜2014年(平成26年)3月 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2014年(平成26年)4月〜2016年(平成28年)3月 電気通信大学 情報理工学研究科 先進理工学専攻 研究員
2016年(平成28年)4月〜京都大学 基礎物理学研究所 日本学術振興会特別研究員

その他

第55回物性若手夏の学校講義世話人
興味

超流動、Bose-Einstein凝縮、冷却原子気体、超流動固体、量子渦、臨界速度、Spinor Bose Gas等。
論文 (投稿順) [ Google Scholarのページ ]

1. Masaya Kunimi, Yuki Nagai, and Yusuke Kato, Josephson effects in one-dimensional supersolids, Phys. Rev. B 84, 094521 (2011). [ Link ] arXiv:1005.3936

2. Masaya Kunimi, Michikazu Kobayashi, and Yusuke Kato, Dynamics of one-dimensional supersolids, J. Phys.: Conf. Ser. 400, 012037 (2012). (LT26 proceedings) [ Link ]

3. Masaya Kunimi and Yusuke Kato, Mean-field and stability analyses of two-dimensional flowing soft-core bosons modeling a supersolid, Phys. Rev. B 86, 060510(R) (2012). [ Link ] arXiv:1205.2126

4. Masaya Kunimi and Yusuke Kato, Precursor Phenomena of Nucleations of Quantized Vortices in the Presence of a Uniformly Moving Obstacle in Bose-Einstein Condensates J. Low Temp. Phys. 175, 201 (2014). (Proceedings of QFS2013) [ Link ] arXiv:1305.3995

5. Masaya Kunimi and Yusuke Kato, Metastability, excitations, fluctuations, and multiple-swallowtail structures of a superfluid in a Bose-Einstein condensate in the presence of a uniformly moving defect, Phys. Rev. A 91, 053608 (2015). [ Link ] arXiv:1407.7915

6. Masaya Kunimi, Metastable spin textures and Nambu-Goldstone modes of a ferromagnetic spin-1 Bose-Einstein condensate confined in a ring trap, Phys. Rev. A 90, 063632 (2014). [ Link ] arXiv:1408.4129

7. Hiroki Saito and Masaya Kunimi, Energy shift of magnons in a ferromagnetic spinor-dipolar Bose-Einstein condensate, Phys. Rev. A 91, 041603(R) (2015). [ Link ] arXiv:1502.04161

8. Masaya Kunimi and Hiroki Saito, Upper bound of one-magnon excitation and lower bound of effective mass for ferromagnetic spinor Bose and Fermi gases, Phys. Rev. A 91, 043624 (2015). [ Link ] arXiv:1503.03951

9. Yujiro Eto, Masaya Kunimi, Hidekatsu Tokita, Hiroki Saito, and Takuya Hirano, Suppression of relative flow by multiple domains in two-component Bose-Einstein condensates, Phys. Rev. A 92, 013611 (2015). [ Link ] arXiv:1505.04882

10. Yujiro Eto, Masahiro Takahashi, Keita Nabeta, Ryotaro Okada, Masaya Kunimi, Hiroki Saito, and Takuya Hirano, Bouncing motion and penetration dynamics in multicomponent Bose-Einstein condensates, Phys. Rev. A 93, 033615 (2016). [ Link ] [ Erratum ] arXiv:1511.01624 See also here.

11. Yujiro Eto, Masahiro Takahashi, Masaya Kunimi, Hiroki Saito, and Takuya Hirano, Non-equilibrium dynamics induced by miscible-immiscible transition in binary Bose-Einstein condensates, New J. Phys. 18, 073029 (2016). [ Link ] [ Erratum ] arXiv:1512.01331.

12. Masaya Kunimi and Ippei Danshita, Thermally activated phase slips of one-dimensional Bose gases in shallow optical lattices, Phys. Rev. A 95, 033637 (2017). [ Link ] arXiv:1610.08982 [cond-mat.quant-gas]

13. Masaya Kunimi and Ippei Danshita, Decay mechanisms of superflow of Bose-Einstein condensates in ring traps, arXiv:1712.09493 [cond-mat.quant-gas]


博士論文

空間的に不均一な系の超流動流の安定性の研究 [ここで公開中]


発表 (特に記述がない場合発表者は國見。国内会議は著者欄が日本語、国際会議は著者欄が英語。)










セミナー

1. 障害物存在下の1次元超流動固体の解析, 京都大学, 基礎物理学研究所, 2011年7月5日 

2. Analysis of one-dimensional supersolid in the presence of an obstacle, 京都大学, 理学研究科, 凝縮系理論グループ, 2011年7月13日

3. 空間的に不均一なBose凝縮体の励起状態、超流動安定性の解析, 理研, 柚木計算物性物理研究室, 2013年5月9日

4. 空間的に不均一なBose凝縮体の励起状態、超流動安定性の解析, 京都大学, 基礎物理学研究所, 2013年8月29日

5. 空間的に不均一な系の超流動流の安定性の研究, 学習院大学, 平野研究室, 2014年2月3日

6. Magnon excitations in ferromagnetic Bose gas, 京都大学, 基礎物理学研究所, 2016年4月19日

7. 浅い光格子中1次元ボース気体の熱的活性化による位相すべり, 東京大学, 加藤雄介研究室, 2016年11月8日


受賞等

1. 北海道大学新渡戸賞 2006年(平成18年)6月13日

2. クラーク賞 2009年(平成21年)3月25日


その他

計算ノートとか


Links