無限可積分系通信 (Infinite Analysis News Letters)

Documents of past years :
2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 |
1997 | 1996

========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1070 December 25, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== 無限可積分系メーリングリストのみなさま 以下の公募情報を転送いたします。(HPにも掲載されております: http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=1&id=D108120956&ln_jor=0 http://www.hirosaki-u.ac.jp/saiyo/sci/14.pdf ) それではよいお年を。 はま中 ------------------------------------------------------------------ 名古屋大学 大学院多元数理科学研究科 浜中 真志 (はまなか まさし) ------------------------------------------------------------------ 平成20年12月22日 関係各位 教員公募について(依頼) 弘前大学大学院理工学研究科長 稲村隆夫    (公印省略)   このたび本研究科では、下記の公募を行うことになりましたのでお知らせします。 公募人員:准教授1名 所属:弘前大学大学院理工学研究科(理工学部数理科学科併任) 専門分野:応用数学およびその関連分野(ただし数学が専門であること) 担当科目:線形代数学、微分積分学、計算数学序論I, II, 数値解析I, II、大 学院博士前期・後期課程の科目並びに研究指導 応募資格:(1)博士の学位を有し、応用数学やその関連分野を専門とする方 (2)大学院博士前期・後期課程の教育・研究指導ができる方 (3)コンピュータを使った研究・教育が出来る方が望ましい 採用予定日:決定次第できるだけ早い時期 提出書類:(1)履歴書(写真貼付)      (2)教育研究業績書 (3)主要論文5編の別刷りまたはコピー (4)研究概要と研究計画(2000字以内)      (5)教育経験(管理運営も含む)と今後の抱負(1000字以内)      (6)外部資金獲得状況、その他特記すべき事項 (7)応募者の業績人柄等について照会できる方2名の氏名と連絡先 応募期限:平成21年2月2日(月)必着 応募書類提出先並びに問い合わせ先 036-8561 青森県弘前市文京町3番地 弘前大学大学院理工学研究科      数理システム科学専攻 専攻長 小松 尚夫      電話(ファックス): 0172-39-3534 E-mail:komatsu @ cc.hirosaki−u.ac.jp 備考:(1)封筒に「准教授応募」と朱書の上、お送り下さい (2)書類審査の上、候補者には研究科選考委員会による面接を行いますが、 その際の旅費は応募者の負担とします (3)教育研究業績書は、以下の分類でまとめ、発行または発表の年代の古い ものから順に記載して下さい。各分類では、題名、単著・共著の別、発行年 (発表年)、発行所・発表雑誌または発表会議の名称、著者名(本人を含む全 員の記載順)を記載すること。分類は [1] 査読付学術論文 [2] 査読なし学術 論文 [3] 著書 [4] 総説または解説 [5] 招待講演(国内外) [6] 国際会議講 演リスト [7] 受賞、とします。 ==============================================================
=========================================================== INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1069.1 December 19, 2008 =========================================================== =========================================================== SEMINAR INFORMATION =========================================================== 皆様 昨日アナウンスしたLauda氏の講演ですが、講演の順序を入れ替えた ので再送します。また講演要旨もつけました。多くの方のご来聴を お待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 Date: January 13 (Tue), 10:30-12:00, January 16 (Fri), 16:30-18:00 Location: RIMS room 102 (Tue) and RIMS room 202 (Fri) Speaker: Aaron Lauda 氏(Columbia) Title: These are the first two of the following 4 talks. (1) Categorification of quantum sl(2) (2) Introduction to rings R(v) (3) Rings R(v) and a categorification of quantum sl(n) (4) Cyclotomic quotients of rings R(v) Abstract: Crane and Frenkel proposed that 4-dimensional TQFTs could be obtained by categorifying quantum groups at root of unity using their canonical bases. In my lectures I will explain joint work with Mikhail Khovanov which makes some steps towards this goal. We will see how various diagrammatically defined algebraic structures produce categorifications of quantum groups. In my first lecture I will begin with the graphical calculus that categorifies the quantum enveloping algebra of sl(2) at generic q. We will see how the definition arises naturally by considering a semilinear form on the quantum enveloping algebra. The second lecture introduces the diagrammatically defined graded algebra R(v) that categorifies the positive part of the quantum enveloping algebra for any Kac-Moody algebra. In the third lecture we combine these two ideas to obtain a conjectural categegorification of the whole quantum enveloping algebra for any Kac-Moody algebra. We can prove this conjecture for sl(n). In the final lecture I will discuss cyclotomic quotients of the rings R(v). These are quotients of R(v) that are conjectured to categorify irreducible highest weight representations of quantum Kac-Moody algebras. We will also discuss recent work of Brundan and Kleshchev that proves this conjecture for type A. This work can be used to introduce a new Z-grading on blocks of the symmetric group and the associated Hecke algebra. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1069 December 18, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 Columbia大学Aaron Lauda氏にKhovanov-Lauda代数 (参考文献:arXiv:0803.4121他)について2週に 渡り計4回講演していただきます。 (1) Introduction to rings R(v) Part I, (2) Introduction to rings R(v) Part II, (3) Cyclotomic quotients of rings R(v), (4) Categorification of quantum sl(2) and sl(n). 時間が確定している最初の週の2回分だけまずは ご案内申し上げます。大島60とあまりかぶらない よう日時が設定してありますので、できるだけ多く の方のご来聴をお待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 Date:January 13 (Tue), 10:30-12:00 Location:数理解析研究所102号室 Date:January 16 (Fri), 16:30-18:00 Location:数理解析研究所202号室 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1067 December 12, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== 無限可積分系メーリングリストの皆様 フランスの Cergy-Pontoise 大学から 1)英語による修士課程の学生の募集 2)CNRSのポジションの公募(数理物理関係) の案内が来ました。詳細は添付ファイルおよび下記の英訳にあります。 関心のありそうな方にお知らせ下さるようお願いします。 神保道夫 -------------------------------------------------------------- dear Michio Please find herewith joined: -Two joint pdf files with the programme of the Master in English and the application form. -The official announcement in French for the CNRS position: http://gestionoffres.dsi.cnrs.fr/fo/offres/detail-fr.php?&offre_id=5 Translation: Position from the Mathematics Section (Section 01) of CNRS; for Charge de Recherches 2eme classe (Junior Tenured Researcher, age limit 33; ): Mathematics for Theoretical Physics, to be attributed to a laboratory from Section 02 (Theoretical Physics) Description: New ideas in theoretical Physics often require the use of new methods in Mathematics. Likewise competence in Mathematics allow to improve or optimize models, and may make it easy to understand fundamental questions. In order to favorize this interface, a position of CR2 is proposed. The applicant must exhibit strong competences in Theoretical Physics, possess solid mathematical basis and a pronounced test for interfacial problematics. The applicant may indicate one or two wishes for his laboratory. (the translation is mine...) - The online application form to be used before Jan. 6th: (most unfortunately in French only!) https://concourschercheurs2009.dsi.cnrs.fr/accueil_1.php?session= fc64a0a1011a8f3f06a88d40b7b0c696&langue=fr Thanks so much for your help Very best regards from all of us, hope to see you soon. Jean. --------------------------------------------------------------
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1066 December 10, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== RAQ (Representations of Algebraic Groups and Quantum Groups) Seminar のお知らせ 皆様、下記のようにセミナーを開催いたしますので ご案内いたします。 記 日時:2008年12月12日(金)、17:00-18:30 場所:上智大学3号館 571B教室 講師:荒川 知幸 氏 (奈良女子大学) 講演題名: Chiral differential operators and affine localization of g-modules 要旨: 代数多様体X上のカイラル微分作用素の層$D_X^{ch}$は 局所的にはbeta-gamma systemに同型な層であり、従って微分 作用素の層$D_X$のアフィン化と見なすことができる。この講 演では、旗多様体上の捻れたカイラル微分作用素の層を考える事に より大域切断として臨界レベルのKac-Moody 代数$?widehat{g} $の$g[[t]]$可積分な既約表現が全て得られることをお話する。 (D. ChebotarovとF. Malikovとの共同研究: arXiv:0810.4964v3) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1065 December 9, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 細胞生物学への応用数理のご案内 「離散力学系の分子細胞生物学への応用数理」というテーマで、数理研短期共同 研究集会を行なうことを企画しています。 日程は、2009年 1月5日(月)から9日(金)までです。 今回のプログラムでは、通常の生命科学や数学の研究会のスタイルとは違った 方式をとる予定です。 まずテーマを大きく6つにしぼり、以下のものにする予定です。 1:差異・パターン形成と拡散方程式の現在 2:シグナル伝達と符号暗号 3:神経システムと代数幾何 4:生物学的時間とスケール変換 5:タンパク質構造と情報幾何 6:進化とネットワーク 各テーマごとに、研究会期間中の午前または午後を使い、 生物サイド1名 40分 数理サイド1名 40分 ディスカッション 1時間以上 の構成で行なう予定です。以下にその詳細を書きます。 まず、生命科学サイドから、そのテーマに関して、実験的には非常に 難しいけれども生命科学として将来チャレンジすべき(可能であれば 数理的な方をもひきつけうる)問題を提起をして頂き、次に数理サイドから、 その提起に関係して考えられる手法や今後発展させうる数理の方向性などに ついて講演をして頂く予定でいます。 そして、その二つの講演をふまえて、ディスカッションにおいて、Chairを別に 決めて、その二つの講演者と、他のパネラーを交えて、パネルディスカッションを 行ない、問題集を各テーマごとに完成させる、という内容です。 研究会の滞在方式ですが、今回は生物、情報、物理、数学の異なる分野の 人たちが集まって議論をおこなうことが主な目的です。 夜はホテルCoop Innの会議室で議論の続きを行なう予定です。 興味を持ってくださった方、または参加を希望される方は、 加藤までご連絡ください。 なお旅費の援助は閉め切らせて頂きました。 この情報を、メーリングリストで流して宣伝をして頂ければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。                      上田泰己(理研CDB) 加藤毅(京大理学部) ----------------------------------------------------------------------       RIMS共同研究  離散力学系の分子細胞生物学への応用数理  場所: 京都大学理学部3号館110号講義室 プログラム 1月5日(月曜日)  「はじめに」 13:00〜13:40 数学サイドからはじめに 加藤 毅(京大理) 14:00〜14:40 生命サイドからはじめに 上田泰己(理研CDB) 15:00〜15:40 基調講演:       これからの生命科学、数学に求めること 藤吉好則(京大理) 16:00〜16:40 話題提供:             数学と他分野との相互作用 西成活裕(東大工) 19:00〜21:00 Welcome address(Coop Inn) 1月6日 (火曜日) 「差異・パターン形成と拡散方程式の現在」 9:30〜10:10 (生物)近藤滋(名大理) 10:30〜11:10 (数学)西川貴雄(日大理工) 11:30〜12:30 パネルディスカッション 佐野雅己(東大理) 「生物学的時間とスケール変換」 14:00〜14:40 (生物)石川冬木(京大生命科学) 15:00〜15:40 (数学)辻本諭(京大情報) 16:00〜17:00 パネルディスカッション                 小林徹也(東大生産技術研究所) 19:00〜21:00 パネルディスカッション(Coop Inn) 小林徹也 1月7日(水曜日) 「シグナル伝達と符号?暗号」 9:30〜10:10 (生物)黒田真也(東大理) 10:30〜11:10 (数学)樺島祥介(東工大理工) 11:30〜12:30 パネルディスカッション 柴田達夫(広島大学理) 「進化とネットワーク」 14:00〜14:40 (生物)吉田丈人(東大総合文化) 15:00〜15:40 (数学)増田直紀(東大情報) 16:00〜17:00 パネルディスカッション            時田恵一郎(大阪大学サイバーメディアセンター) 19:00〜21:00 パネルディスカッション(Coop Inn)時田恵一郎 1月8日(木曜日) 「神経システムと代数幾何」 9:30〜10:10 (生物)入来篤史(理研BSI) 10:30〜11:10 (数学)小林正典(首都大学東京理工) 11:30〜12:30 パネルディスカッション 福水健次(統数研) 「タンパク質構造と進化と情報幾何」 14:00〜14:40 (生物)小山洋平(理研CDB) 15:00〜15:40 (数学)江口真透(統数研) 16:00〜17:00 パネルディスカッション 泰地真弘人(理研ASI) 19:00〜21:00 パネルディスカッション(Coop Inn)泰地真弘人 1月9日(金曜日)「おわりに」 9:30〜12;00 問題集の校正             司会:上田泰己、加藤毅、            書記:二階堂愛(理研CDB) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1064 December 3, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 Dete:December 9 (Tue), 11:00-12:00, 13:00-14:00, Location:京都大学数理解析研究所102号室 Speaker: 並河良典氏 (京大) Title:Induced nilpotent orbits and birational geometry Abstract:複素単純リー環のべき零軌道の閉包(の正規化)は 複素シンプレクティック特異点になる。べき零軌道に関して、誘導軌道と いう概念がある。この概念は、双有理幾何のほうでは、複素シンプレクティック特異 点の Q-factorial terminalization と呼ばれる良い(部分的)特異点解消 に対応する。このことを説明するのが本講演の目的である。 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1063 December 2, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ==========================================================      平成20年11月21日 関係各位 グローバルCOEプログラム 「マス・フォア・インダストリ教育研究拠点」 拠点リーダー  九州大学大学院数理学研究院 若山正人 九州大学大学院数理学研究院における助教の公募について 拝啓  時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます.さて、 本研究院では下記の公募を行うこととなりました.ご多忙のところ 誠に恐縮ですが、貴関係者にお知らせ下さるとともに、適任者をご 存じの場合は、応募するようにお勧めくださいますようお願い申し 上げます.  なお、文部科学省グローバルCOEプログラム「マス・フォア・イ ンダストリ教育研究拠点」については、ホームページ http://www.jsps.go.jp/j-globalcoe/05_kyoten_g.html をご参照 ください. 敬具 1. 公募対象: 助教(もしくは准教授) 1名(文部科学省グローバ ルCOEプログラムによる特定有期教員) 2. 採用予定日: 2009年4月1日以降のなるべく早い時期. 3. 任期: 2013年3月31日まで. 再任なし. 4. 研究分野: 広い意味での数学および数理科学. 5. 待遇: 国立大学法人九州大学(以下「本学」という.)が定 める規則による. (1) 給与は月払いにより支払うものとし、本学が定める規程に 基づく額を支給する.退職手当は支給しない.ただし、年度一 時金を支給する. (2) 文部科学省共済組合への加入可、職員宿舎への入居可. 6. 職務: (1a) 助教として採用した場合:理学部数学科の講義(数理統計、 計算数学を含む)の演習.希望すれば大学院の講義も担当可能. (1b) 准教授として採用した場合:学部,大学院の数学の講義. (2) その他通常の助教/准教授と同じ職務. 7. 提出書類: (1)履歴書(所定の様式に記入.様式は http://www.math.kyushu-u.ac.jp//files/GCOE/profile.doc からダウンロードして下さい.pdfファイルもあります.末尾の ?doc"を?pdf"に換えてください)  (2)研究業績リスト(論文リスト、研究集会等の発表リスト)  (3)研究業績の説明(A4 で原則2枚程度)  (4)論文別刷、プレプリントなど (5)将来の研究計画(A4 2枚程度):その中に自らの研究に即し て「マス・フォア・インダストリ」への関心を1000字程度で盛 り込むこと. (6)応募者について問い合わせることができる方3名の氏名と連絡 先.その内1名の方に推薦状を、応募期限内に、別便にて、下記 提出先までお送り下さるようご依頼下さい.   なお、推薦状は電子メールでも受け付けます.subject を “MI-Recommend”として gcoe-jyokyo (a) math. kyushu-u. ac. jp あてに送信して下さい.  8. 応募期限: 2009年1月26日(月)必着. 9. 書類提出先:    〒812-8581福岡市東区箱崎6-10-1   九州大学大学院数理学研究院 助教人事選考委員会 宛  応募書類は、封筒に「助教応募資料」と朱書の上、簡易書留で 郵送して下さい.  問い合わせ先:谷口説男           Tel: 092-642-2762、Fax: 092-642-2779(事務室) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1062 December 2, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 超幾何方程式研究会 2009 会場: 神戸大学 理学部B棟 428教室 日時: 1/5, 6, 7 (2009). 問い合わせ先: 高山信毅 下記の予定は変更の可能性があります. 最新情報は http://www.math.kobe-u.ac.jp/cm をご覧下さい。 なお, 1/8, 9 は計算による数理科学の展開2009が開催されます. 詳しくは上のサイトをご覧下さい. -------------------------------------------------------- ☆ 1月5日 (月曜日) 13:20--14:20 竹内 潔 (筑波大学) A-discriminants, monodromy at infinity and GKZ-hypergeometric functions (joint work with Y. Matsui) 14:40--15:40 石毛利昌 (千葉大学) A case study of a Fano polytope - Hilbert modular group - GKZ equation 16:00--17:00 鈴木良雄 (千葉大学) Arithmetic property of Schawarz maps for a contiguous family of HGDE 17:20--18:20 山崎伸也 (北海道大学) 楕円曲線 Hesse 標準形に関する Jocobi の公式 ------------------------------------------ ☆ 1月6日 (火曜日) 9:30--10:30 林田敬祐 (熊本大学), 源島正太 (熊本大学) Appell F_4 の Pfaff系の rigidity について 10:50--11:50 金子譲一 (琉球大学) Constrained extremal problems of difference product 13:00--13:50 金子和雄(京都大学) 2次元 Garnier系における特殊解と線型モノドロミ 14:00--15:00 梶原健司 (九州大学), 中園信孝(九州大学), 津田照久(九州大学) q-パンルヴェ方程式の対称化とその超幾何解 15:20--16:20 田原伸彦 (神戸大学) 齋藤政彦 (神戸大学) パンルヴェ系のヒッチン系への退化について 16:30--17:30 津田照久 (九州大学) KP/UC階層とパンルベ/ガルニエ系 18:30-- 懇親会 ---------------------------------------- ☆ 1月7日 (水曜日) 9:30--10:30 渋田 敬史 (九州大学) An algorithm for computing multiplier ideals 10:40--11:40 齋藤 睦 (北海道大学) A-hypergeometric irreducible modules 11:50--12:20 古賀渉 (九州大学) Airy関数の無限遠点での漸近展開と原点での冪級数展開の比較 13:30--14:30 小池達也 (神戸大学) On the explicit forms of the Voros coefficients of the Coulomb potential in exact WKB analysis 14:40--15:40 高野恭一 (青山学院大学) 一般超幾何方程式の接続係数について 15:50--16:50 梶原康史 (神戸大学) 超幾何級数に関する双線形変換公式とその多変数化について ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1061 December 2, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== RAQ (Representations of Algebraic Groups and Quantum Groups) Seminar のお知らせ 皆様、下記のようにセミナーを開催いたしますので ご案内いたします。 記 日時:2008年12月12日(金)、17:00-18:30 場所:上智大学3号館 571B教室 講師:荒川 知幸 氏 (奈良女子大学) 講演題名: Chiral differential operators and affine localization of g-modules 要旨: 代数多様体X上のカイラル微分作用素の層$D_X^{ch}$は 局所的にはbeta-gamma systemに同型な層であり、従って微分 作用素の層$D_X$のアフィン化と見なすことができる。この講 演では、旗多様体上の捻れたカイラル微分作用素の層を考える事に より大域切断として臨界レベルのKac-Moody 代数$?widehat{g} $の$g[[t]]$可積分な既約表現が全て得られることをお話する。 (D. ChebotarovとF. Malikovとの共同研究: arXiv:0810.4964v3) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1060 December 1, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== IPMU Workshop: Supersymmetry in Complex Geometry Kaehler structures are essential for the study of complex manifolds. Since the advent of supersymmetry, many new kinds of special metrics on complex manifolds were discovered. The Kaehler torsion metrics, hyperkaehler torsion structures and generalized Kaehler structures retain many properties of Kaehler structures, and became a focus of much collaboration between physicists and mathematicians. These special structures, originally invented by physicists, turned out to be very useful in the study of complex manifolds. We aim to bring together physicists and mathematicians working in Hermitian geometry, generalized complex geometry, and supersymmetry, to discuss the advances and perspectives of generalized complex geometry and related structures. Dates : January 5 (Monday) 9:30 -- January 8 (Friday) 17:00, 2009 arrival: January 4, departure: January 9 Venue : IPMU seminar room at Prefab B, Kashiwa Campus, The University of Tokyo Host institution : Institute for the Physics and Mathematics of the Universe (IPMU) Organizers: Toshitake Kohno (Tokyo/IPMU), Alessandro Tomasiello (Harvard), Misha Verbitsky (ITEP, Moscow) A list of speakers will include : Gil Cavalcanti (Utrecht), Akira Fujiki (Osaka), Ryushi Goto (Osaka), Geo Grantcharov (Florida), Dmitry Kaledin (Moscow), Ulf Lindstrom (Uppsala), Luca Martucci (Munich), Liviu Ornea (Bucharest), Martin Rocek (Stony Brook), Dan Waldram* (Imperial College) (*) - to be confirmed http://member.ipmu.jp/misha.verbitsky/GK/
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1059 December 1, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 宇治野@群馬高専です.このたび,群馬高専にて数学・応用数学担当の教員を1 名公募することになりました.関係される皆様にご周知いただければ幸いです. なお正式な情報は http://www.gunma-ct.ac.jp/Shomu/koubo/ のpdfファイルを ご覧下さい.どうぞよろしくお願いいたします. 宇治野 秀晃 群馬工業高等専門学校 自然科学 --- 群馬工業高等専門学校 一般教科(自然科学) 准教授または講師 1. 職名及び人員 准教授または講師 1名 2. 所属 一般教科(自然科学) 3. 専門分野 数学,応用数学 4. 担当科目 数学,応用数学,卒業研究,専攻科科目 5. 採用予定年月日 平成21年4月1日(予定) 6. 応募資格 下記のいずれにも該当する方 1) 博士の学位を有すること(採用予定日までに取得確実な方を含む.) 2) 高専における教育と学生指導に熱意を持ち,研究と両立できる心身ともに健 康である方 3) 出前授業等を通じて,地域貢献に熱意のある方 4) 科研費など,外部資金獲得に意欲のある方 7. 公募締切日 平成21年1月9日(金) 必着 8. 選考方法 第一次選考: (書類審査) 第二次選考: (一次選考合格者に対して面接審査実施(実施日時は,後日一次選考 合格者に直接お知らせします)) 9. 必要提出書類 1) 履歴書(市販の書式を用い写真を貼付,連絡先にEメールアドレスも記入) 2) 研究業績リスト及び研究履歴 3) 主要著書・論文の概要(3編以内(論文は別刷も),各1,000字以内) 4) 高専教育に関する抱負(A4用紙 1,500字程度) 5) 今後の研究展開と抱負(A4用紙 1,500字程度) 6) 推薦書1通(推薦書がない場合には,応募者に関しての意見を求めることがで きる方の氏名,所属,連絡先及び応募者との関係を記すこと.) 10. 書類提出先 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町580 群馬工業高等専門学校総務課人事・労務係 Tel 027-254-9010(ダイヤルイン) Fax 027-254-9022 e-mail jinji (a) jim. gunma-ct. ac. jp ホームページ http://www.gunma-ct.ac.jp/ (応募書類は,封筒に「一般教科(自然科学)教員応募書類」と朱書のうえ簡易書 留で郵送して下さい.なお,応募書類は原則として返却いたしません.) 11. 問い合わせ先 一般教科長(自然科学) 齋藤 斉 Tel 027-254-9120(ダイヤルイン) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1058 November 27, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様、 来年大学院へ入学予定の学部生を対象に下記の要領で 第6回けいはんなセミナーを行います。該当する方が 回りにおられたら、お知らせ、推薦をよろしくお願い いたします。 京都大学理学研究科数学教室・上野健爾 ------------------------------------------------------------------------------------ 第6回けいはんなセミナー 2009年2月6日(金)〜9日(月) GCOEプログラム(京都大学)の一環として、2009年4月に全国の数学関係の大学院へ入学予定の 学部学生の方を中心に下記の要領で「けいはんなセミナー」を行いますので、奮ってご応募下さい。 この「けいはんなセミナー」は、講演とセミナーを通して修士・博士課程の大学院生をはじめとする 若手数学者との交流をはかり、大学院で有意義な数学の勉学・研究を始めることができるように 支援するものです。参加者は、下記のセミナーのいずれかに参加する必要があります。専門外の セミナーへの参加を歓迎します。参加者全員に旅費・滞在費を全額支給できる予定です。            京都大学理学研究科数学教室                                  けいはんなセミナー係                                 (連絡先:075-753-3707)            記 日時 2009年2月6日(金)12時30分〜2月9日(月)(昼食後解散) 場所 関西学研都市 けいはんなプラザ http://www.keihanna-plaza.co.jp/ プログラム 2月6日(金) 12時半〜   受付 14時〜17時  講演        20時〜22時  セミナー 2月7日(土) 9時〜12時  講演        14時〜17時  セミナー        20時〜22時  セミナー 2月8日(日) 9時〜12時  セミナー        14時〜17時  セミナー        20時〜22時  セミナー発表会 2月9日(月) 9時〜12時  セミナー発表会 セミナーは6班に分かれ、次のテキストを使います 1. Koblitz "Introduction to Elliptic Curves and Modular Forms", Springer (日本語訳あり) Chap.1とChap.2の一部 2. 小林昭七著「ユークリッド幾何から現代幾何へ」日本評論社 3. David M. Goldschmidt"Group Characters, Symmetric functions, and the Hecke algebra", University Lecture Series, vol. 4, AMS, 1993, 73pp 4. Riemann著「ガウスの級数F(\alpha, \beta, \gamma,x)で表示できる函数の理論への貢献」、 足立恒雄他編訳「リーマン論文集」朝倉書店、p.45--70 5. 藪田他著 「古典調和解析」解析学百科1、朝倉書店 第2章 6. 安島直円(あじま なおのぶ)著「不朽算法」下巻、円理二次綴術 (テキストはコピーをお渡しします。) 募集予定人員 各セミナー4〜5名、25名前後を予定しています。 参加資格 2009年4月に数学関係の大学院へ入学予定の学部学生および修士1年生、 修士2年生以上の方はチューターとして参加可能です。 応募方法 a. 現在の所属 b. 連絡先(書類の郵送先住所、eメール・アドレス、(携帯)電話番号) c. 大学院で研究したいことをできるだけ詳細にA4一枚にまとめてもの d. 参加希望のセミナー番号を第一希望、第二希望、第三希望まで記したもの を下記まで郵送(〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学理学研究科数学教室、 けいはんなセミナー係)、もしくはFax(075-753-3711)にて申し込んで下さい (2009年1月10日必着)。 希望者が多数の場合は、提出の書類に基づいて選考します。学部学生を優先します。 また、セミナーのテキストは後日郵送します。 けいはんなセミナーの数学的内容に関する問い合わせ先  京都大学理学研究科数学教室 上野健爾(075-753-3737) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1057 November 27, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== みなさま 研究集会のお知らせ 2009年 7月 27日から 31日の期間に、京都大学におきまして 研究集会「量子可積分系の新潮流」を開催する予定です。 詳しい内容や、予定されている講演者の情報などについては、 下記ウェブサイトをご覧下さい。 http://www.math.tsukuba.ac.jp/~takeyama/IA09/ 集会 3日目の 29日にはポスターセッションを企画しております。 周辺の(特に若手の)研究者の方にお知らせ頂けると幸いです。 また、ポスターセッション終了後、 三輪哲二先生の還暦のお祝いも兼ねたパーティーを開催する予定です。 参加方法など、詳しいことが定まり次第、随時お知らせします。 何かありましたら、この研究集会専用のメールアドレス InfiniteAnalysis09 (a) gmail. com まで、お問い合わせ下さい。 文責:竹山美宏 (筑波大数学) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1056 November 26, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 神戸可積分系セミナー 日時:2008年12月11日(木) 午後4時00分〜5時00分 場所:神戸大学自然科学研究科3号館620号室 講演者:中西 知樹 氏(名大多元) タイトル:Periodicity of T-systems アブストラクト: The (unrestricted) T-system is a family of relations in the Grothendieck ring of the category of the finite-dimensional representations of the Yangian or the quantum affine algebra associated with a complex simple Lie algebra. The T-system was initially introduced as the relations in the ring of the `transfer matrices' of the fusion vertex models hierarchy. (This is why it is called so.) The T-system is also considered to be a difference analogue of 2D Toda lattice as a discrete dynamical system. The T- system admits a reduction called the restricted T-system. In this talk I present the periodicity conjecture for the restricted T-systems, which is the counterpart of the known and partially proved periodicity conjecture for the Y-systems by Zamolodchikov, Ravanini-Tateo-Valleriani, Kuniba-Nakanishi in 90's. There are various methods to study this periodicity such as the cluster algebra/category method, the determinant method, and the direct method. In the simply laced case, one can make a direct connection of the restricted T-system, or its associated ring more precisely, to the cluster algebra of finite type (for level 2) and the one considered by Keller and Hernandez-Leclerc recently (for higher level). Then the cluster categorical proof of the periodicity of the Y-system by Keller can be applied. A formal correspondence between the periodicity of the restricted T-system and the q- character of quantum affine algebra at root of unity will be also remarked. This talk is based on the recent joint work with R. Inoue, O. Iyama, A. Kuniba, and J. Suzuki. -------------------------------------------------------- For further information: http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ contact: Yasuhiro Ohta ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1055 November 25, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 時 : 2008 年 12 月 20 日 (土)ー12 月 22 日 (月) 会 場 : 九州大学六本松地区 4 号館 431 教室 住 所 : 福岡市 中央区 六本松 4-2-1 プログラム : 下記の通り: 12 月 20 日 (土) 10:00-11:00 Yasuhiko Yamada (Kobe University) "楕円Painleve方程式の幾何学的Lax形式 11:10-12:10 Yoshihiro Onishi (Iwate University): "Two topics in concrete theory of Abelian functions" 14:00-15:00 Kanehisa Takasaki (Kyoto University): "Hurwitz numbers and tau functions" 15:30-16:30 Takahiro Shiota (Kyoto University): "On recent progress on Schottky problem (1)" 12 月 21 日 (日) 10:00-11:00 Keiji Matsumoto (Hokkaido University): "Formulas of Thomae type and mean iteration" 11:10-12:10 Tomohide Terasoma (University of Tokyo): "Thomaeの公式にあらわれる定数とbinary graph" 14:00-15:00 Atsushi Nakayashiki (Kyushu University): "Modular invariant tau functions of the KP hierarchy" 15:30-16:30 Takahiro Shiota (Kyoto University): "On recent progress on Schottky problem (2)" 12 月 22 日 (月) 10:00-11:00 Ryohei Hattori (Hokkaido University): "On periods of cyclic triple covering of the complex projective line" 11:10-12:10 Andrey Mironov (Sobolev Institute, Novosibirsk): "Baker-Akhiezer modules on rational varieties" 問合せ: 中屋敷 厚(九州大学大学院数理学研究院) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1049 November 20, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ---- Change of date ========================================================== 渋川陽一氏(北海道大学大学院理学研究科)による連続講演のお知らせ 早稲田大学代数解析セミナー 日時:08年12月5日(金) 午後 3:00〜5:00          ~~~~ 場所:早稲田大学理工学術院(大久保キャンパス)    51号館17階06教室 題目:Dynamical Yang-Baxter maps and tensor categories (I): construction of dynamical Yang-Baxter maps アブストラクト:量子ヤン・バクスター方程式の写像解であるYang-Baxter map (set-theoretical solutionとも呼ばれる)は,Drinfeldによりその研究の重要性 が指摘され,現在では,bijective 1-cocycles,geometric crystals,離散可積 分系などとの関係が明らかにされている. 連続講演の第1回目にあたる本講演では,Yang-Baxter mapの一般化である dynamical Yang-Baxter mapを紹介する.特に,群やその一般化を用いた dynamical Yang-Baxter mapの代数的構成に焦点を当てる.Weinstein,Xuによる Yang-Baxter mapを例にとり,その構造を明らかにしながら,どのように dynamical Yang-Baxter mapの概念に至るのか説明したい. 日時:08年12月6日(土) 午後 1:00〜3:00 題目:Dynamical Yang-Baxter maps and tensor categories (II): tensor categories from (H, X)-bialgebroids アブストラクト:連続講演の第2回目にあたる本講演では,第1回目の講演で紹介 したdynamical Yang-Baxter mapの応用として,dynamical Yang-Baxter mapから 代数を定義し,この代数からテンソル圏を構成する. Faddeev,Reshetikhin,Takhtajanは,量子ヤン・バクスター方程式の解である (constant) R-matrixから双代数(bialgebra)を構成する方法を確立した.双代数 の表現にはテンソル積の構造が自然に導入される(すなわち,表現全体がテンソ ル圏をなす)ので,R-matrixからテンソル圏を作ることができる訳である. これをdynamical Yang-Baxter mapに適用することが本講演の主題である.得ら れる代数はもはや双代数ではないが,やはりテンソル圏を生み出す能力を持つ (H, X)-bialgebroidという代数になる.この(H, X)-bialgebroidがテンソル圏を 生み出す機構についても説明する予定である.もし時間が許すならば,この機構 で重要な役割を果たす圏論的な諸概念についても紹介したい. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1054 November 25, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 Dete:December 2 (Tue), 11:00-12:00, 13:00-14:00, Location:京都大学数理解析研究所102号室 Speaker: 山根宏之氏 (阪大) Title: Heckenberger's Lusztig-type isomorphisms and a factorization formula of Shapovalov determinants of finite dimensional (or finite type) quantum doubles Abstract: In Lusztig's way, for each additive group `bi-homomorphism' $\chi:\mathbb{Z}^\ell\times\mathbb{Z}^\ell\to\Bbbk ^\times$, a `generalized quantum group' $U(\chi)$ over a field $\Bbbk$ is defined. This can be Lusztig's finite dimensional quantum group $u_\zeta $ at a root $\zeta $ of unity, or a (ordinary or super) quantum group, for some $\chi$. Heckenberger classified all the $\chi$ with $\Bbbk=\mathbb{C}$ for which $U(\chi)$ are finite dimensional (or finite type). He and the speaker got a factorization formula of the Shapovalov determinants of `almost all' finite dimensional (or finite type) $U(\chi)$ (arXiv:0810.1621). As for $u_\zeta $, this result properly extends a formula given by Kumar-Letzterto the one for any $\zeta $. The speaker will also explainKharchenko's PBW theory, Lyndon words, a categorical definition and Matsumoto-type theorem of Weyl groupoids by Cuntz-Heckenberger and Heckenberger-the-speaker, and Heckenberger's Lusztig-type isomorphisms. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1053 November 21, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 平成21年度特定研究員(グローバルCOE)の募集について  京都大学大学院理学研究科数学・数理解析専攻と数理解析研究所は「数学の トップリーダーの育成」プログラムでグローバルCOE拠点に採択されていま す。本拠点では、国際拠点形成の一環として平成21年度特定研究員(グローバ ルCOE)の公募を下記の要領で行います。 将来性のある研究者の応募を歓 迎します。 記 1. 公募人員: 若干名 2. 研究(職務)内容:数学の研究、および大学院教育の補助 3. 応募資格: 次の2条件を満たしている者 (1) 原則として、平成21年4月1日に博士の学位を有していること。 (2) 着任予定時に他の職を有していないこと。 4. 採用予定日: 平成21年4月1日。 5. 採用予定期間: 原則として採用日より平成23年3月末日まで。その後、 業績によっては更新もある。ただし、最長当該プログラムの期間内。 6. 待遇: 特定研究員(グローバルCOE)として月額30万円以上を京都大学 の規定に従って支給する。COE運営委員会が認める場合には海外出張も 可能。 7. 所属: 採用後は、数理解析研究所もしくは理学研究科のいずれかに所属する。 8. 応募締切: 平成20年12月19日(金曜日) 必着。 9. 選考方法: 原則として書類選考とし、場合によっては面接を行う。 10. 提出書類: 封書に「研究員応募書類在中」と朱書し、以下の書類を簡易 書留等(宅配便可)で送付するか、または直接持参すること。 (1)履歴書、これまでの研究経過、今後の研究計画、論文リスト(発表予定の ものを含む)。…本グローバルCOEのウェブページ(注1)から所定の様 式をダウンロードし、正確に書き込むこと(英文による場合は様式自由)。 その中には申請者の研究をよく理解している人(推薦者を含む)3名のリ ストと、メールアドレスを忘れずに記入せよ。 (2)推薦書(1通以上)… 推薦者自身が厳封した封書の形で、原則として同封 して提出のこと(簡易書留等にて別送も可。締切日厳守のこと) (3)博士号未取得者の場合には、指導教員もしくはそれに代わる者の学位取得 予定日を明記した文書。提出方法は(2)に準ずる。 (4)論文別刷、プレプリント… 主要なもの(コピーも可)。 上記書類(1)(2)(3)は、それぞれに氏名を記入すること。なお、A4サイズの用 紙を使用すること。また、提出書類は返却しない。研究員(研究機関)にも応 募する場合には応募書類は両者兼用としてよい。 11. 選考結果通知時期: 平成21年2月の予定 12. 書類送付先及び問い合わせ先: 〒606-8502  京都市左京区北白川追分町 京都大学 数理解析研究所総務掛 (電話:075-753-7202) (注1)ホームページアドレスhttp://www.math.kyoto-u.ac.jp/gcoe/application.ja.php ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1052 November 21, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== IPMU Komaba Seminar Date : December 1 Place : Room 002, Mathematical Sciences Building, Komaba Campus, The University of Tokyo Time : 17:00 -- 18:30 Speaker : Kentaro Hori (University of Toronto / IPMU) Title : A pair of non-birational but derived equivalent Calabi-Yau manifolds from non-Abelian gauge theories Abstract: We construct a family of (2,2) supersymmetric gauge theories in 2-dimensions that flows to a family of (2,2) superconformal fields theories with \hat{c}=3. The family has two limits and three singular points. The two limits correspond to two Calabi-Yau manifolds which are not birationally equivalent. The two are, however, derived equivalent by general principle of supersymmetric quantum field theory. Infomation: Toshitake Kohno ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1051 November 21, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== IPMU Mini Workshop A New Recursion from Random Matrices and Topological String Theory 【Date】 December 11(Thu) 〜 13(Sat), 2008 【Place】 Seminar Room @IPMU Prefab.B, Kashiwa Campus (Access: http://www.ipmu.jp/access/index.html) 【Organizers】 Akihiro Tsuchiya (IPMU) Motohico Mulase (Davis) 【Speakers】 Bertrand Eynard (Saclay) Motohico Mulase (Davis) Kyoji Saito (IPMU) Akihiro Tsuchiya (IPMU) 【Schedule】 11 (Thursday) 9:00 - 10:30 Eynard 1 11:00 - 12:00 Mulase 13:30 - 15:00 Eynard 2 12 (Friday) 9:00 - 10:30 Eynard 3 11:00 - 12:00 Tsuchiya 14:00 - 15:00 Saito 13 (Saturday) 10:00 - 11:30 Eynard 4 【Titles】 Bertrand Eynard (Saclay) 1. Topological recursion in Random Matrix Theory 2. Topological string theory and the recursion 3. Mathematical implications of the topological recursion 4. Most recent developments Motohico Mulase (Davis) Deformation of tau functions and the Eynard-Orantin topological recursion Kyoji Saito (IPMU) Primitive forms of types A_{¥frac{1}{2}¥infty} and D_{¥frac{1}{2}¥infty} Akihiro Tsuchiya (IPMU) Triplet Vertex Operator Algebras W(p) and Quantum group at root of unity 【Synopsis of the Workshop】 This mini workshop is devoted to the search for a mathematical foundation of a newly discovered topological recursion by Eynard and Orantin, which was further generalized by Bouchard, Klemm, Marino and Pasquetti, in the context of topological string theory. The recursion is originated in Random Matrix Theory as an effective tool to calculate free energies and n-point correlation functions of the resolvent of Hermitian matrix models. Here the technique involved is a simple complex analysis on a hyperelliptic curve that appears as the resolvent set of Hermitian random matrices. When applied as an axiom to an arbitrary plane analytic curve, the topological recursion calculates an infinite sequence of differentials and symplectic invariants of the curve. A natural question arises: What are these quantities calculating? Miraculously, a particular choice of the curve, the spectral curve of the theory, re-constructs the Witten-Kontsevich theory. Moreover, by deforming this spectral curve, the recursion reproduces the generalizations of the Witten-Kontsevich theory due to Mulase-Safnuk and Liu-Xu. Amazingly, a particular specialization of the deformation also gives the Mirzakhani recursion formula for the Weil-Petersson volume of the moduli spaces of bordered hyperbolic surfaces. BKMP further show that when the curve is defined by the Lambert W-function, the recursion provides an effective formula to compute linear Hodge integrals and Hurwitz numbers. This formula has been unknown to the mathematics community. Even more miraculous is the claim of BKMP that the Eynard-Orantin recursion computes the Gromov-Witten invariants of toric Calabi-Yau 3-folds through mirror symmetry. An attempt of understanding the BCOV anomaly equation is also proposed by Dijkgraaf-Vafa. In this mini workshop we provide an ample time to learn the origin of the topological recursion from its discoverer, Bertrand Eynard. He will also talk about the new derivation of Witten-Kontsevich theory and its various generalizations, as well as his most recent results. Mulase will talk about an integrable system approach to the topological recursion using a deformation theory of tau-functions (joint work with Safnuk, in preparation). ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1050 November 21, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 Dete:November 25 (Tue), 11:00-12:00, 13:00-14:00 Location:数理解析研究所102号室 Speaker: 山川大亮氏 (京大) Title:Geometry of multiplicative preprojective algebra Abstract: Multiplicative preprojective algebraとは,Crawley-Boevey--Shawが Deligne-Simpson問題へのquiverの表現論からのアプローチとして 導入した(deformed) preprojective algebraの類似物です. 本講演ではこの代数の表現のモジュライ空間, すなわち乗法的箙多様体についての講演者の結果を紹介します. 講演の前半では乗法的箙多様体の定義や基本的性質, また背景となっているDeligne-Simpson問題について, 後半では箙多様体と比較してどういう事が分かるか, といった事について話をする予定です. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1049 November 20, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 渋川陽一氏(北海道大学大学院理学研究科)による連続講演のお知らせ 早稲田大学代数解析セミナー 日時:08年12月5日(土) 午後 3:00〜5:00 場所:早稲田大学理工学術院(大久保キャンパス)    51号館17階06教室 題目:Dynamical Yang-Baxter maps and tensor categories (I): construction of dynamical Yang-Baxter maps アブストラクト:量子ヤン・バクスター方程式の写像解であるYang-Baxter map (set-theoretical solutionとも呼ばれる)は,Drinfeldによりその研究の重要性 が指摘され,現在では,bijective 1-cocycles,geometric crystals,離散可積 分系などとの関係が明らかにされている. 連続講演の第1回目にあたる本講演では,Yang-Baxter mapの一般化である dynamical Yang-Baxter mapを紹介する.特に,群やその一般化を用いた dynamical Yang-Baxter mapの代数的構成に焦点を当てる.Weinstein,Xuによる Yang-Baxter mapを例にとり,その構造を明らかにしながら,どのように dynamical Yang-Baxter mapの概念に至るのか説明したい. 日時:08年12月6日(土) 午後 1:00〜3:00 題目:Dynamical Yang-Baxter maps and tensor categories (II): tensor categories from (H, X)-bialgebroids アブストラクト:連続講演の第2回目にあたる本講演では,第1回目の講演で紹介 したdynamical Yang-Baxter mapの応用として,dynamical Yang-Baxter mapから 代数を定義し,この代数からテンソル圏を構成する. Faddeev,Reshetikhin,Takhtajanは,量子ヤン・バクスター方程式の解である (constant) R-matrixから双代数(bialgebra)を構成する方法を確立した.双代数 の表現にはテンソル積の構造が自然に導入される(すなわち,表現全体がテンソ ル圏をなす)ので,R-matrixからテンソル圏を作ることができる訳である. これをdynamical Yang-Baxter mapに適用することが本講演の主題である.得ら れる代数はもはや双代数ではないが,やはりテンソル圏を生み出す能力を持つ (H, X)-bialgebroidという代数になる.この(H, X)-bialgebroidがテンソル圏を 生み出す機構についても説明する予定である.もし時間が許すならば,この機構 で重要な役割を果たす圏論的な諸概念についても紹介したい. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1048 November 19, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 古典解析セミナー(大阪大学)の案内 11月26日(水) 若林徳子(近畿大学) 12月03日(水) 西岡斉治(東京大学) *** 日時:11月26日(水)15:30〜 講演者: 若林徳子(近畿大学) タイトル:等号つき多重ゼータ値と一般超幾何関数について 場所: 大阪大学理学部 B313/315/317 アブストラクト:  多重ゼータ値とは,リーマンゼータ関数のディリクレ級数表示を多変数化 した関数の正の整数点での特殊値である.最初に研究を始めたのはオイラー であり,多重ゼータ値がどのような値をとるかや多重ゼータ値間の関係,多重 ゼータ値のなすQ‐代数の構造などが様々な分野で興味を持たれている.  多重ゼータ値間の関係式族を見つける方法の一つに,多重ゼータ値の和を 係数に持つ母関数を考えるという手法がある.大野とザギエの研究により, 多重ゼータ値の母関数がガウスの超幾何関数,青木,昆布,大野や李により 一般超幾何関数を用いて表記されることがわかっている.  本講演ではこれらの研究の拡張である最近の結果および証明の概略を述べ, さらにこの結果の特殊化で得られる関係式を紹介する. *** 日時:12月03日(水)15:30〜 講演者: 西岡斉治(東京大学) タイトル:q-Painlev\'e II の irreducibility 場所: 大阪大学理学部 B313/315/317 アブストラクト:次の結果を得た。特別な非線形q-差分方程式の一つであるq- Painlev\'e IIの解で係数拡大と1階方程式の解の積み上げで得られる超越関数解 は既知のRiccati方程式の解に帰着される。 *** 阪大へのアクセスは http://www.sci.osaka-u.ac.jp/location/building-jp.html をご覧ください。地図の右下、地図の右下、太文字で「B」とかかれたビルの 3階です。モノレール柴原駅から徒歩数分です。 古典解析セミナー Web サイト 連絡先: 大阪大学大学院情報科学研究科 大山 陽介 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1047 November 18, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, I should be pleased to announce the following seminar at IPMU (the Institute for the Physics and Mathematics of the Universe). Regards, Satoshi Kondo(IPMU) =============================================================== Date: November 20, 2008, 15:30 - 17:00 Place: Seminar Room at IPMU Prefab. B, Kashiwa Campus of the University of Tokyo Speaker: Nicolai Reshetikhin (UC Berkeley & Amsterdam) Title: Quantum groups at roots of unity and invariants of links Abstract: Quantized universal enveloping algebras specialized at a primitive $\ell$-th root of unity has a large central Hopf subalgebra generated by $\ell$-th powers of Cartan subalgebra and of root elements. This talk will start with an overview of some basic facts about quantized $sl_2$ at roots of unity and its braiding properties. Then it will be used to construct invariants of links with the gauge class of generic $sl_2(C)$ flat connection in the complement. At the end the limit $\ell\to \infty$ will be discussed. =============================================================== Please notice that the seminar will be held at the "Prefab" of IPMU. It is located at the next of the prefab of "Frontier Sciences, Computational Biology" (情報生命科学実験棟). You can check the location from http://www.ipmu.jp/access/img/KashiwaCampusMap.png The schedule of the seminar can be checked from http://www.ipmu.jp/seminars/ ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1046 November 18, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 無限可積分系メーリングリストの皆様 愛知教育大学の山内です。 #重複して受けとられた方はご容赦ください. 下記の通り、研究集会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。 皆様のご参加、お待ちしております。 # プログラムの最新版は # (日本語) http://auemath.aichi-edu.ac.jp/~yamauchi/temp/AGG2008/program_ja.txt # (英語) http://auemath.aichi-edu.ac.jp/~yamauchi/temp/AGG2008/program_en.txt # にもあります。 ======================== プログラム ======================== 研究集会「Algebras, Groups and Geometries 2008」 下記の様に研究集会を催しますので、ご案内いたします。 主催者 松尾 厚 (東京大学) 山内 博 (愛知教育大学) 日時: 平成 20 年 12 月 10 日(水) 10:00 -- 12 月 11 日(木) 15:00 場所: 東京大学大学院数理科学研究科 一階 大講義室 (最寄駅:京王井の頭線「駒場東大前」【各停のみ停車】) プログラム 12 月 10 日 10:00 -- 10:10 オープニング 10:10 -- 11:00 Michael Tuite (National University of Ireland, Galway) TBA 11:10 -- 12:00 古閑 義之 (福井大学) Fusion algebras for N=1 super Virasoro algebras (昼食時間) 14:00 -- 14:50 三枝崎 剛 (九州大学) On the zeros of certain polynomials related to the extremal vertex operator algebras 15:00 -- 15:50 土岡 俊介 (京都大学数理解析研究所) A connection between Lie theory and Hecke algebra 15:50 -- 16:20 コーヒータイム 16:20 -- 17:10 脇本 実 On modular properties of representations of W-algebras 18:30 -- 21:00 懇親会 12 月 11 日 10:00 -- 10:50 安部 利之 (愛媛大学) TBA 11:00 -- 11:50 吉川 謙一 (東京大学) Elliptic J-function and Borcherds Phi-function (昼食時間) 14:00 -- 14:50 Geoffrey Mason (University of California, Santa Cruz) TBA ################### 懇親会のお知らせ ##################### 12月10日 18:30 より居酒屋 日本海庄や渋谷文化村通り店 (tel: 03-3462-5341) にて懇親会を行います。 お店は東大数理から渋谷駅方面へ徒歩 10-15 分程です。 費用は大体お一人様 4,000 円前後の予定です。 参加ご希望の方は山内までご連絡ください。 多くの方々の参加をお待ち申し上げております。 世話人: 山内 博 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1045.1 November 17, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION -- CHANGE OF DATE ========================================================== 九州可積分系セミナー 日時・場所 2008年12月8日(月)15時00分〜17時50分 ~~~ 理学部3号館1F 3109 号室 (1) 15:00 - 16:20 講演者: 上野 祐一 氏(神戸大理) タイトル: Polynomial Hamiltonians for Quantum Painleve Equations 概要:量子Painleve方程式のある正則性による特徴付けを行う.すなわ ち,量子Painleve方程式のハミルトニアン系がまた,多項式ハミルトニアン系 に変換されるような正準変換を導入し,逆に,この正則性により,ハミルトニ アンがただ1つに特徴付けられることを示す.また,H.Nagoyaにより与えられ たハミルトニアンとの関係も述べる. (2) 16:30-17:50 講演者:鈴木 貴雄 氏 (神戸大理) タイトル: A型ドリンフェルト・ソコロフ階層に由来する結合型パンルヴェVI系 概要:パンルヴェVI方程式はある種の極限操作によってパンルヴェV方程式に 帰着することが知られている. 本講演では,A型ドリンフェルト・ソコロフ階層を系統的に調べることで, 極限操作で $A_5^{(1)}$型野海・山田系に帰着するような結合型パンルヴェVI 方程式を新たに導入する. またそれと併せて,$A_4^{(1)}$, $A_5^{(1)}$ 型野海・山田系の新しいラックス 形式も導入する. 問い合わせ先: 岩崎克則(九大数理) 梶原健司(九大数理) 津田照久(九大数理) web page: http://gandalf.math.kyushu-u.ac.jp/QIS/index.html ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1045 November 17, 2008 ========================================================= ========================================================== INFORMATION ========================================================== 九州可積分系セミナー 日時・場所 2008年12月8日(金)15時00分〜17時50分 理学部3号館1F 3109 号室 (1) 15:00 - 16:20 講演者: 上野 祐一 氏(神戸大理) タイトル: Polynomial Hamiltonians for Quantum Painleve Equations 概要:量子Painleve方程式のある正則性による特徴付けを行う.すなわ ち,量子Painleve方程式のハミルトニアン系がまた,多項式ハミルトニアン系 に変換されるような正準変換を導入し,逆に,この正則性により,ハミルトニ アンがただ1つに特徴付けられることを示す.また,H.Nagoyaにより与えられ たハミルトニアンとの関係も述べる. (2) 16:30-17:50 講演者:鈴木 貴雄 氏 (神戸大理) タイトル: A型ドリンフェルト・ソコロフ階層に由来する結合型パンルヴェVI系 概要:パンルヴェVI方程式はある種の極限操作によってパンルヴェV方程式に 帰着することが知られている. 本講演では,A型ドリンフェルト・ソコロフ階層を系統的に調べることで, 極限操作で $A_5^{(1)}$型野海・山田系に帰着するような結合型パンルヴェVI 方程式を新たに導入する. またそれと併せて,$A_4^{(1)}$, $A_5^{(1)}$ 型野海・山田系の新しいラックス 形式も導入する. 問い合わせ先: 岩崎克則(九大数理) 梶原健司(九大数理) 津田照久(九大数理) web page: http://gandalf.math.kyushu-u.ac.jp/QIS/index.html ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1044 November 14, 2008 ========================================================= ========================================================== INFORMATION ========================================================== 皆様: 無限可積分系セッション責任者の梶原です. 「数学通信」第3号がそろそろお手元に届いていらっしゃると思いますが, 来年3月の数学会年会は 2009年3月26日(木)ー3月29日(日) 東京大学大学院数理科学研究科 にて開催されます.講演申し込み〆切は 12 月 2 日 (火) 必着 です.今回は数学会のアナウンスから〆切まで日程的にあまり余裕がありませ んが,若手の皆様はもちろん,中堅・ベテランの先生方も是非数学会でご講演 をお願い致します. 多数の申し込みをお待ちしております.皆様のご協力をどうぞよろしくお願い いたします. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1043 November 14, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 Dete:November 18 (The), 11:00-12:00, 13:00-14:00 Location:京都大学数理解析研究所102号室 Speaker: 松本詔氏 (名古屋大) Title: ジャック測度とランダム置換の最長増加部分列 Abstract:1999年、Baik-Deift-Johansson により対称群のプランシェレル測度に対 するある極限定理が得られた。 それによると、プランシェレル測度に従うランダム分割の、最大成分の分布は、分割 の重さが大きくなるときにある極限分布$F$を持つ。またRSK対応を通じて見ると、 それはランダム置換の最長増加部分列の極限分布も同時に与えている。一方でその 極限分布$F$は、GUEランダム行列の最大固有値の極限分布(Tracy-Widom分布)でもあった。 今回の講演では、プランシェレル測度の拡張であるジャック測度に従うランダム分割 を取り扱う。 長さに制限の入ったランダム分割に対する極限定理を与える。またその系として、 ある条件をもつランダム置換の最長増加部分列の長さの極限分布が、トレースが0の GSEランダム行列の最大固有値の分布に一致することを示す。 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1042 November 10, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== セミナーのお知らせ 日時:2008年 11月22日(土)13:30--14:30 場所:駒場 東大数理科学研究科117号室 講演者:桂 法称(理化学研究所) title: Quantum Entanglement in Exactly Solvable Models 概要: 近年、量子情報論的な観点からの量子多体問題の研究が盛んに行われている。 特に基底状態におけるentanglementのvon Neumann(entanglement) entropyなどの 指標を用いた特徴づけが盛んに議論されている。これらの研究において可解模型 は、この新しく導入された指標が量子多体系の基本性質を正しく反映しているか をテストする一種の実験室として重要な役割を果たしてきた。セミナーでは、 先ずentanglement entropyの定義などについての簡単な説明を行い、その後私が 主に行ってきた以下の幾つかのテーマについてご紹介したい。 1. Affleck-Kennedy-Lieb-Tasaki modelのvalence bond solid基底状態における entanglementと端状態 2. Calogero-Sutherland modelにおける粒子間entanglementと排他的分数統計 3. Bethe ansatz波動関数の行列積表示 尚、本研究は初田泰之(東大理), 平野嵩明(東大工)、丸山勲(大阪大)、初貝安弘(筑 波大)、Ying Xu, Vladimir E. Korepin(SUNY at Stony Brook)各氏との共同研究 に基づくものである。 15:00--16:30 : T.B.A. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1041 October 30, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 11月10、12、13日に下記のセミナーと談話会を開催いたしますのでご案内申し上げます。 荒川 知幸 -------------------------------------------------------------------------------------- 奈良表現論セミナー (http://www.math.nara-wu.ac.jp/personal/arakawa/seminar.html) 日時:2008年11月10日(月)16:30?17:30 場所:数学科第一セミナー室(C棟4F435) 講演者:Crystal Hoyt (Weizmann Institute) 題名:Simplicity of vacuum modules over affine Lie superalgebras アブストラクト: Let $\mathfrak{g}$ be a simple finite dimensional Lie superalgebra with a non-degenerate even invariant bilinear form. The affinization of $\mathfrak{g}$ is the affine Lie superalgebra $\hat{\mathfrak{g}} := \mathfrak{g}[t,t^{-1}]+ \mathbb{C}K+\mathbb{C}D$, with standard commutation relations. The vacuum module over $\hat{\mathfrak{g}}$ is the induced module \begin{equation*} V^{k}:=\operatorname{Ind}_{\mathfrak{g}[t]+\mathbb{C}K+\mathbb{C}D}^{\hat{\mathfrak{g}}} \mathbb{C}_{k}, \end{equation*} where $\mathbb{C}_{k}$ is the $1$-dimensional module with a trivial action of $\mathfrak{g}[t]+?mathbb{C}D$, and the action of $K$ is given by $k\cdot\mbox{Id}$ for some $k \in \mathbb{C}$. We will discuss the proof of a theorem which gives an explicit condition on the level $k$ for the irreducibility of a vacuum module $V^{k}$ over an affine Lie superalgebra $\hat{\mathfrak{g}}$, which was conjectured by M. Gorelik and V.G. Kac. An immediate consequence of this theorem is the simplicity conditions for the corresponding minimal $W$-algebras obtained via quantum reduction, in all cases except when the level $k$ is a non-negative integer. This is joint work with S. Reif. ------------------------------------------------------------------------------------- 奈良女子大学談話会 日時:2008年11月11日(火)16:30-17:30 場所:大講義室(C棟4階) 講演者:Ching Hung Lam (National Cheng Kung University, Taiwan) 題目 :Some inductive structures of the Moonshine VOA アブストラクト: Let s, t be 2A involutions of the Monster. It is well-known that s,t will generate a dihedral group of order less than or equal to 12. In this talk, we discuss certain subalgebras of the Moonshine VOA associated to these dihedral groups. We also use these subalgebras to interpret the famous McKay observations on Monster, Baby monster, and the Fischer group -------------------------------------------------------------------------------------- 奈良表現論セミナー (http://www.math.nara-wu.ac.jp/personal/arakawa/seminar.html) 日時:2008年11月13日(木)16:30?17:30 場所:数学科第一セミナー室(C棟4F435) 講演者:Crystal Hoyt (Weizmann Institute) 題名:Regular Kac-Moody superalgebras and integrable highest weight module アブストラクト: We will discuss Lie superalgebras defined by a Cartan matrix (contragredient Lie superalgebras), which satisfy the condition that the adjoint module is an integrable module over the even part. More than one Cartan matrix can define the same Lie superalgebra, but these are related by odd reflections at simple isotropic roots. The integrability condition implies certain numerical conditions on these Cartan matrices. A contragredient Lie superalgebra $\mathfrak{g}(A)$ is said to be regular Kac-Moody if $A$ and every matrix $A'$, obtained by a sequence of odd reflections of $A$, are generalized Cartan matrices. We will discuss the proof of the classification of regular Kac-Moody superalgebras, which involves using integrable modules. A major application of this work is to the classification of finite-growth contragredient Lie superalgebras ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1041 October 30, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 11月10、12、13日に下記のセミナーと談話会を開催いたしますのでご案内申し上げます。 荒川 知幸 -------------------------------------------------------------------------------------- 奈良表現論セミナー (http://www.math.nara-wu.ac.jp/personal/arakawa/seminar.html) 日時:2008年11月10日(月)16:30?17:30 場所:数学科第一セミナー室(C棟4F435) 講演者:Crystal Hoyt (Weizmann Institute) 題名:Simplicity of vacuum modules over affine Lie superalgebras アブストラクト: Let $\mathfrak{g}$ be a simple finite dimensional Lie superalgebra with a non-degenerate even invariant bilinear form. The affinization of $\mathfrak{g}$ is the affine Lie superalgebra $\hat{\mathfrak{g}} := \mathfrak{g}[t,t^{-1}]+ \mathbb{C}K+\mathbb{C}D$, with standard commutation relations. The vacuum module over $\hat{\mathfrak{g}}$ is the induced module \begin{equation*} V^{k}:=\operatorname{Ind}_{\mathfrak{g}[t]+\mathbb{C}K+\mathbb{C}D}^{\hat{\mathfrak{g}}} \mathbb{C}_{k}, \end{equation*} where $\mathbb{C}_{k}$ is the $1$-dimensional module with a trivial action of $\mathfrak{g}[t]+?mathbb{C}D$, and the action of $K$ is given by $k\cdot\mbox{Id}$ for some $k \in \mathbb{C}$. We will discuss the proof of a theorem which gives an explicit condition on the level $k$ for the irreducibility of a vacuum module $V^{k}$ over an affine Lie superalgebra $\hat{\mathfrak{g}}$, which was conjectured by M. Gorelik and V.G. Kac. An immediate consequence of this theorem is the simplicity conditions for the corresponding minimal $W$-algebras obtained via quantum reduction, in all cases except when the level $k$ is a non-negative integer. This is joint work with S. Reif. ------------------------------------------------------------------------------------- 奈良女子大学談話会 日時:2008年11月11日(火)16:30-17:30 場所:大講義室(C棟4階) 講演者:Ching Hung Lam (National Cheng Kung University, Taiwan) 題目 :Some inductive structures of the Moonshine VOA アブストラクト: Let s, t be 2A involutions of the Monster. It is well-known that s,t will generate a dihedral group of order less than or equal to 12. In this talk, we discuss certain subalgebras of the Moonshine VOA associated to these dihedral groups. We also use these subalgebras to interpret the famous McKay observations on Monster, Baby monster, and the Fischer group -------------------------------------------------------------------------------------- 奈良表現論セミナー (http://www.math.nara-wu.ac.jp/personal/arakawa/seminar.html) 日時:2008年11月13日(木)16:30?17:30 場所:数学科第一セミナー室(C棟4F435) 講演者:Crystal Hoyt (Weizmann Institute) 題名:Regular Kac-Moody superalgebras and integrable highest weight module アブストラクト: We will discuss Lie superalgebras defined by a Cartan matrix (contragredient Lie superalgebras), which satisfy the condition that the adjoint module is an integrable module over the even part. More than one Cartan matrix can define the same Lie superalgebra, but these are related by odd reflections at simple isotropic roots. The integrability condition implies certain numerical conditions on these Cartan matrices. A contragredient Lie superalgebra $\mathfrak{g}(A)$ is said to be regular Kac-Moody if $A$ and every matrix $A'$, obtained by a sequence of odd reflections of $A$, are generalized Cartan matrices. We will discuss the proof of the classification of regular Kac-Moody superalgebras, which involves using integrable modules. A major application of this work is to the classification of finite-growth contragredient Lie superalgebras ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1040 October 27, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 無限可積分系メーリングリストの皆様へ転送します。 ------ 表現論MLの皆さま 大島利雄先生は今年の12月に御還暦を迎えられます。 これをお祝いして、研究集会   「微分方程式と対称空間」  を来年の1月に以下のように行う予定です。皆様のご参加をお待ちしています。 小林俊行 ----------記--------- 2009年1月13日(火)〜1月16日(金) 招待講演者 (confirmedのみ) Erik van den Ban (Utrecht) Patrick Delorme (Marseille) Mogens Flensted-Jensen (Copenhagen)  柏原正樹 (RIMS) Eric Opdam (Amsterdam) 東京大学大学院数理科学研究科(駒場キャンパス)大講義室 より詳しい情報は http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~toshi/index.files/oshima60th200901.html に随時掲載します. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1039 October 24, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, I am announcing the following seminar at IPMU (the Institute for the Physics and Mathematics of the Universe) on next Monday (13:30--15:00 and 15:30--17:00). ps. I am sorry for late announcement. Best Regards, Yuji Sano (IPMU) =============================================================== IPMU MS seminar in Kashiwa =============================================================== Date: October 27(Mon), 2008, 13:30 - 15:00 Place: Seminar Room at IPMU Prefab. B, Kashiwa Campus of the University of Tokyo Speaker: Michael Semenov-Tian-Shansky (University of Bourgogne) Title: Poisson groups and differential Galois theory of Schroedinger equation on the circle. Abstract: The projective geometry approach to Schroedinger equations on the circle and the differential Galois theory are combined with the theory of Poisson Lie groups to construct a natural Poisson structure on the space of wave functions of the Schroedinger equation on the circle (at the zero energy level). Applications to KdV-like nonlinear equations are discussed. The same approach may be applied to second order difference operators on a one-dimensional lattice, yielding an extension of the lattice Poisson Virasoro algebra. ================================================================= Date: October 27, 2008, 15:30 - 17:00 Place: Seminar Room at IPMU Prefab. B, Kashiwa Campus of the     University of Tokyo Speaker: Anatoli Kirillov (RIMS, Kyoto university) Title: Dunkl operators and quadratic algebras Abstract: I construct a certain quadratic Algebras related with and Unified cohomology and K-theory of flag varieties. =============================================================== Please notice that the seminar will be held at the "Prefab" of IPMU. It is located at the next of the prefab of "Frontier Sciences, Computational Biology" (情報生命科学実験棟). You can check the location from http://www.ipmu.jp/access/img/KashiwaCampusMap.png The schedule of the seminar can be checked from http://www.ipmu.jp/seminars/ We welcome the participation of an audience with broad interests. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1038 October 22, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== 各関係機関の長殿 奈良女子大学長 久米健次(公印省略) 教員公募について(依頼)  時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。  さて、このたび本学では、下記の要領で教員を公募することになりました。 つきましては貴学の関係各位にご周知いただきますよう、よろしくお願い致します。 記 採用職種 准教授(または講師、助教) 所属      理学部数学科 採用人員    1名 採用予定年月日 2009年4月1日 研究分野等   数学。専門分野は特に問いません。数学科、大学院前期・後期課程で数学の講義を         担当でき、数学科の学部生、大学院前期・後期課程の学生の研究指導ができる方。 応募書類    1) 履歴書         2) 研究業績リスト         3) 主要論文(5編以内)の別刷りまたはコピー         4) これまでの研究概要(A4用紙2枚程度)         5) これからの研究計画(A4用紙2枚程度)         6) 教育・研究指導、地域貢献、および国際的経験・活動についてのこれまでの 実績及び今後の抱負(A4用紙2枚程度)         7) 本人について問い合わせることができる方2名の氏名と連絡先 応募期限    2008年11月28日金曜日(当日消印有効) 書類提出先   〒630-8506 奈良市北魚屋西町         奈良女子大学理学部数学科長 松澤淳一 問い合わせ先  奈良女子大学理学部数学科長 松澤淳一         TEL: 0742-20-3361(研究室) 0742-20-3369(数学事務室)         FAX: 0742-20-3367  E-MAIL: sm12083 (a) cc. nara-wu. ac. jp その他     *封筒に「応募書類在中」と朱書きし、書留でお送りください。         *選考の必要上面接(1月前半予定)することがあります。         *選考の結果は応募者に通知します。         *選考後応募書類は返却します。 *応募書類に含まれる個人情報は、本選考以外の目的には使用しません。 *奈良女子大学は男女共同参画を推進し、女性教員の採用促進を図るための ポジティブ・アクションに取り組んでおります。 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1037.1 October 21, 2008 ========================================================= ========================================================== CHANGE OF THE DAY ========================================================== 皆様 曜日に部誤りがありましたので、訂正して再送します。 荒川 知幸 ---------------------------------------------------------------------------------- 奈良表現論セミナー (http://www.math.nara-wu.ac.jp/personal/arakawa/seminar.html) 日時:2008年11月5日(水)16:30〜17:30 場所:奈良女子大学・理学部・数学科小講義室(C棟4F434) 講演者:桑原敏郎(RIMS) 題名: 箙多様体の非可換変形と有理Cherednik代数 アブストラクト 有理Cherednik代数は特異点を持つアフィン多様体C^{2n}/Wの非可換変形 を与える。ここでここでWは巡回群と対称群のリース積とする。 ではC^{2n}/Wの特異点解消である箙多様体の非可換変形はどうなるのか、 というのは自然な問題である。 箙多様体はアフィンではないので普通の意味での非可換変形を考えるのは 難しいが、実は有理Chrednik代数の表現論から圏論的に(?)箙多様体の非可 換変形を構成することができる。 ここで重要なのはシフト関手と呼ばれる加群の圏の間の関手である。シフト 関手は箙多様体の非常に豊富な可逆層に対応する。特にシフト関手は可逆で あるべきなので、その圏同値性が重要である。 一方でシフト関手が圏同値ならば有理Cherednik代数の加群は「有理Chered nik代数+シフト関手」の”加群”に持ち上げることができる。つまり非可換な世 界にうつると、特異点とその解消はある意味で同値になってしまう。 Gordon-Staffordは対称群の場合にこの関係を応用して有理Cherednik代数の (フィルター付)加群から箙多様体の準連接層を構成しその性質を調べた。今回 の話では私が博士論文で研究した巡回群の場合について解説する。この場合、 有理Cherednik代数の正則表現を自然なフィルターで考えることで箙多様体の tautological束というベクトル束が現れることが主結果である。 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1037 October 21, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記のセミナーが行われますのでご案内申し上げます。 荒川 知幸 ------------------------------------------------------------------------------------ 奈良表現論セミナー (http://www.math.nara-wu.ac.jp/personal/arakawa/seminar.html) 日時:2008年11月5日(火)16:30〜17:30 場所:奈良女子大学・理学部・数学科小講義室(C棟4F434) 講演者:桑原敏郎(RIMS) 題名: 箙多様体の非可換変形と有理Cherednik代数 アブストラクト 有理Cherednik代数は特異点を持つアフィン多様体C^{2n}/Wの非可換変形 を与える。ここでここでWは巡回群と対称群のリース積とする。 ではC^{2n}/Wの特異点解消である箙多様体の非可換変形はどうなるのか、 というのは自然な問題である。 箙多様体はアフィンではないので普通の意味での非可換変形を考えるのは 難しいが、実は有理Chrednik代数の表現論から圏論的に(?)箙多様体の非可 換変形を構成することができる。 ここで重要なのはシフト関手と呼ばれる加群の圏の間の関手である。シフト 関手は箙多様体の非常に豊富な可逆層に対応する。特にシフト関手は可逆で あるべきなので、その圏同値性が重要である。 一方でシフト関手が圏同値ならば有理Cherednik代数の加群は「有理Chered nik代数+シフト関手」の”加群”に持ち上げることができる。つまり非可換な世 界にうつると、特異点とその解消はある意味で同値になってしまう。 Gordon-Staffordは対称群の場合にこの関係を応用して有理Cherednik代数の (フィルター付)加群から箙多様体の準連接層を構成しその性質を調べた。今回 の話では私が博士論文で研究した巡回群の場合について解説する。この場合、 有理Cherednik代数の正則表現を自然なフィルターで考えることで箙多様体の tautological束というベクトル束が現れることが主結果である。 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1036 October 16, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 Dete:October 16 (Thur), 13:00-15:00, Location:数理解析研究所102号室 Speaker: 三町勝久氏 (東工大) Title: セルバーグ型積分に付随するねじれチェインと量子群 Abstract:In 1991, Felder and Wieczerkowski discussed the action of the quantum group $U_q(sl_2)$ on the family of the paths in the homology groups, of which coefficents are given by the local system associated with a Selberg type integral. The present talk is to reformulate it from the viewpoint of the recent progress of the study of the twisted homology group. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1035 October 8, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 九州可積分系セミナー 日時:2008 年 11 月 14 日(金)15 時 00 分 -- 17 時 00 分 場所:九州大学箱崎キャンパス理学部3号館 3311号室 講演者:白石 潤一 氏(東大数理) タイトル: Macdonald多項式に付随する(古典)可積分系 概要: Macdonald対称多項式はtableau和による明示的公式を持つという意味で 良く理解されている.一方、Macdonald差分作用素の成す環についてはいくつか の例を除いてあまり多くのことは調べられていない.実は,両者は共に Feigin-Odesskii代数と密接な関係を持つ(ある種のdualityが存在する).本 講演では、Macdonald差分作用素の成す環の古典可積分系の手法による研究につ いて述べる. 多項式の変数の数が無限大の極限において,可算無限個の可換な差分作用素の 生成する可換環が得られる.その環の記述には、Heisenberg代数と Feigin-Odesskii代数が用いられる.パラメータの特殊化(t → 1)により,この Heisenberg代数はPoisson代数に退化し、ある古典可積分系が得られる.この古 典極限において,双線形恒等式,特殊解,運動の積分の値などを調べる. 問い合わせ先: 岩崎克則(九大数理) 梶原健司(九大数理) 津田照久(九大数理) web page: http://gandalf.math.kyushu-u.ac.jp/QIS/index.html ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1034 October 7, 2008 ========================================================= ========================================================== INFORMATION ========================================================== 皆様: 無限可積分系セッション責任者の梶原です. 先日の数学会秋季総合分科会では多数のご参加とご講演,また,アブストラク ト購入にご協力いただきまして,ありがとうございました. なお,時弘哲治氏にお願いした企画特別講演で座長も司会者も来ず,私が急遽 その代わりをやるというハプニングがありましたが,実は私の事務的ミスが原 因でした.講演者の時弘さん,また出席していただいた皆様に深くお詫びを申 し上げます. さて,このたび講演者の皆様の了解を得て,今回の企画特別講演と特別講演の 講演資料をpdf 形式で公開することに致しました.阪大基礎工の尾角さんにメ ンテナンスしていただしている無限可積分系のウェブページ http://www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~okado/infinite.html からダウンロードできますので,どうぞご利用下さい. 来年春の数学会年会は東大数理で開催予定です. 次回もどうぞよろしくお願い致します. ============================================= 梶原 健司 九州大学大学院数理学研究院(理学部分室) 812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1033 October 6, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== ********** Infinite Analysis Seminar, Kyoto 2008 ********* October 11 (Sat), 2008 11:00-12:30, RIMS, Room 206 SPEAKER: Professor Alexei Rosly (IPMU, Kashiva / ITEP, Moscow) TITLE: On some uses of (super) $\bar\partial$-connections. ABSTRACT: Starting with a trivial observation that the properties of Dolbeault's $\bar\partial$-operator are analogous to de Rham's $d$,we shall see how far one can proceed with this analogy. This will lead us to a holomorphic analogue of topological homology and linking number. The latter notion finds certain motivations and applications in physics. We shall see also that the symplectic structure on the moduli of holomorphic bundles over complex surfaces can be understood in the context of the above analogy. To extend our discussion from holomorphic vector bundles to arbitrary coherent sheaves we shall consider super $\bar\partial$-connections. The notion of a super connection is understood in the same way as in a work of Quillen. ********************************************************************* Research Institute for Mathematical Sciences, Kyoto University Anatol Kirillov ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1030 September 26, 2008 ========================================================= ========================================================== ANNOUNCE ========================================================== 無限可積分系ニュースレターの購読者の皆様へ: 9月6日から今日までの間、NLへの投稿をされた方は おありでしょうか。 こちらでは雷による停電のせいか、届かなかった投稿が ありました。 投稿がまだ間に合うようでしたら、至急、お送り下さい。 以上、お詫びとお願いまで。 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1031 September 26, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 宇都宮大学の矢嶋です. ※同じメールが既に届いている方はご容赦下さい. 皆様方におかれましては,ますますご健勝のこととお慶び申し上げます. さて,本年11月6日(木)〜8日(土)の3日間,九州大学応用力学研究所にて, 「非線形波動の数理と物理」と題して研究集会を開催する予定です. つきましては,以下の要領で一般講演を募集致します.締め切りが近づきました ので,再度ご案内させて頂きます. ※この研究集会に対し,文部科学省グローバルCOEプログラム「マス・フォア・ インダストリ教育研究拠点」に協賛して頂くことになりました.旅費援助等の ご希望にはある程度添えると考えられますので,奮ってご応募下さいますよう, よろしくお願い申し上げます. ※このメッセージはそのまま他の方に転送して頂いたり,ML等へ投稿して 頂いても結構です。 多数のご参加をお待ちしております。 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 研究集会題目: 「非線形波動の数理と物理」 研究代表者 : 矢嶋徹(宇都宮大学大学院・工学研究科) 日    時: 2008年11月6日(木)〜11月8日(土) 会    場: 九州大学筑紫地区総合研究棟(C-CUBE) 1F 筑紫ホール 研究集会HP: http://lamp.is.utsunomiya-u.ac.jp/RIAM2008/ 参加費: 無料 (懇親会費別) ※協賛:文部科学省グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ 教育研究拠点」 申し込み締切 平成20年9月30日(火) 申し込み要領 ※原則として電子メールでお申し込み下さい. 1)題目 2)講演者氏名 ・講演者全員の氏名をお知らせ下さい ・共同発表の場合は,登壇者がわかるようにお願いします 3)所属,住所 ・郵便番号から記載して下さい 4)職名 ・学生の場合は学年を記載して下さい 5)連絡先 ・住所は3)に記載したものと同じなら不要です ・電話番号,FAX番号,電子メールアドレスも記載して下さい 6)要旨(100字程度) 7)講演の種別 ・口頭発表とポスター発表がありますので,ご希望の方をお知らせ下さい ・ただし,調整の結果,ご希望に沿えない場合もありますのでご了承下さい 8)旅費援助の希望の有無 9)備え付けのプロジェクタ・OHC以外の機器を使う予定の場合はお知らせ下さい 10)その他の要望等(例えば,講演日時,講演時間) 以上の項目を記載の上,下記まで電子メールをお送り下さい. 申し込み先: 矢嶋徹(宇都宮大・工)yajimat @ is. utsunomiya-u. ac. jp (oikawa @riam. kyushu-u. ac. jp (及川正行・九大) にも Cc: して下さい) なお,詳細は研究集会ホームページをご覧願います. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1030 September 5, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 開講のお知らせ I.P.M.U. lecture in Komaba を下記の通り開講いたします。 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 題:共形場理論と頂点作用素代数 講義日:火曜日10:30〜12:00 10月7日(火)開講 教室:東京大学数理科学研究科128室 担当者:土屋昭博 講義内容: この講義では、共形場理論を頂点作用素代数の表現論を使ってリーマン面上で展開する。 共形場理論の最も重要な概念として場の作用素達の局所性と作用素展開があります。 これを代数的に定義して数学的に概念化したものとして頂点作用素代数があります。 共形場理論をVirasoro 代数や Affine Lie環の表現論の言葉から踏み出して、作用素展開を 自由に使える道具として頂点作用素があります。この講義では,自由場表示を使った共形場 理論で肩ならしを行なった後,自由場表示とScreening 作用素を使って Virasoro 代数の 極小表現に従う共形場理論を展開します。この段階で作用素展開と頂点作用素代数の表現論に 慣れてもらいます。 講義の後半では,$C_2$ー有限性を持つ頂点作用素代数の構造、特にその表現のつくる Abel 圏 に関する有限性について話をします。このとき、このAbel 圏は Artin かつ Nothen で simple objects は有限個であるが,必ずしも semi-simpleではないことが分かります。 このため、Virasoro 代数の零 mod operator $L_0$ は対角化出来ず、一般に Jordan block を持ちます。 この頂点作用素代数とその表現論を使って、一般リーマン面上の共形場理論を展開します。 表現の category semi-simple でないため、共形blocks の因子化の fomulation が問題に なります。この点が解決された事を紹介します。また、典型的な例 W(p) の話をします。 最後に、共形場理論における fusion tensor 積を使った tensor 圏の構造について話をします。 この共形場理論は Log C.F.T. として最近色々な分野で脚光を浴び始めました。その一端に ついて話をします。 参考文献: (1) 山田泰彦, 共形場理論入門, 培風館 (2) 土屋昭博述, 桑原敏郎記, 共形場理論入門, 数学メモアール第4巻, 日本数学会 (3) E.Frenkel and D.Ben-Zvi, Vertex Algebras and Algebraic Curves, American Math.Soc. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1029 September 3, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== 京都大学大学院理学研究科:特定准教授(グローバルCOE)募集のお知らせ グローバルCOEプログラム「数学のトップリーダーの育成」(拠点リーダー京都大学大学院理学 研究科数学・数理解析専攻教授深谷賢治)の一環として、特定准教授を下記の要領で公募します。 記 1.所属 理学研究科グローバルCOE数学特別講座 2.職名及び人数 特定准教授(グローバルCOE) 1名 3.職務  数学の研究 4.研究分野 函数解析学 5.応募締切  平成20年9月30日(火)必着 6.採用予定日 平成21年2月1日以降できるだけ早い時期 7.採用期間 平成25年3月31日までとする。なお、採用期間終了後、本研究科数学・数理解析 専攻は、本公募で採用された特定准教授を、他の者に先立ち、同専攻所属の常勤の      教員の候補者として検討し、優れた業績を上げたと認められる場合には、理学研究科      に推薦するものとする。 8.待遇 特定准教授(グローバルCOE)として月額70万円程度を京都大学の規定に従って      支給する。 9.応募資格:次の3条件を満たす者 (1) 着任予定時に博士の学位を有すること。 (2) 優れた研究業績を有すること。 (3) 着任予定時に他の職を有していないこと。 10.選考方法 書面審査による。(面接を行う場合がある。) 11.提出書類 封書に「特定准教授応募書類在中」と朱書きし、下記書類を簡易書留で送付         すること。 (1) 履歴書(通常の履歴事項の後に、メールアドレスも明記すること) (2) 業績リスト(発表予定のものを含む。掲載予定のものについては受理証明書の写し) (3) 申請者の研究について問い合わせできる人2名の氏名、所属、連絡先電話番号    (可能ならメールアドレス) (4) これまでの研究成果をA4サイズの用紙1枚にまとめたもの (5) 論文別刷、プレプリント(主要なもの5編以内。コピーも可) 上記書類には、A4サイズの用紙を使用し、それぞれに氏名を明記すること。また提出書類は 返却しない。 12.選考結果通知時期:平成20年10月下旬の予定 13.書類送付先および問い合わせ先 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町  京都大学大学院理学研究科数学事務室 TEL 075-753-3700(事務室) FAX 075-753-3711 ==============================================================
=========================================================== INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1022.1 September 3, 2008 =========================================================== ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 先日お送りしたJoyce氏の講演会の詳報です. Lecture by Prof. Dominic Joyce (Oxford University) Prof. Dominic Joyce visit Kyoto University 18-22 September and deliver three lectures in 19 - 22 September. We keep afternoon of those days free for discussions and extra informal talk. Everybody is welcome to perticipate. Schedule of talks 19th(Fri) September 10:30 am - 11:30 or 12:00 20th(Sat) September 10:30 am - 11:30 or 12:00 21st(Sun) September 10:30 am - 11:30 or 12:00 Title ・Kuranishi homology and cohomology ・Kuranishi (co)bordism and Gromov-Witten invariants At room 609, Rigakubu 6 Goukan, Kyoto University. Dominic Joyce氏による,上記連続講演が,京都大学理学部6号館609号室で行われます. 午後は現時点では予定をもうけず,自由討論,Informal talkに当てる予定です. タイトル,時間は上記の通りです.ご来聴を歓迎します. 深谷賢治 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1028 September 3, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 関係各位     コンソーシアム「マス・フォア・インダストリ」第1回フォーラム               のご案内   http://www.math.kyushu-u.ac.jp/board/view.php?B_Code=825 拝啓 時下 益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 さて、このたび、九州大学大学院数理学府数理学専攻/システム情報科学府情報 工学専攻ならびに神戸大学理学研究科数学専攻が連携して申請しておりました文 部科学省グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育研究拠 点」が採択されました。マス・フォア・インダストリ(以下「MI」と称する) と は、純粋・応用数学を流動性・汎用性をもつ形に融合再編しつつ産業界からの要 請に応えようとすることで生まれる、未来技術の創出基盤となる数学の新研究領 域です。    本事業推進の一環として、下記のように、東京で、企業研究者を交えた標記 ワークショップを開催いたします。去る3月27日開催の産業技術数理コンソーシ アム第0回フォーラム『マス・フォア・インダストリ』に続くもので、国内外の 企業研究所と大学双方の研究者から先端的研究の話題を提供していただき、活発 な質疑応答や研究討論を通じて、数学の産官学連携を実質化する方策を探ること を目的とします。各講演にはモデレータを指名し、講演者と聴衆が活発にコミュ ニケーションをとれるようリードしてもらいます。今回の主題は、「渋滞学」、 「可視化」、「計算論的学習理論」です。セル・オートマトン、離散可積分系、 (離散)微分幾何学などの数理が底流を貫きます。講師の先生方には講義ノート を作成していただきます。それらを集めたMIレクチャーノートを、会場で参加者 に配布します。討論も含め講演時間を長めにとっていますが、レクチャーノート を参照しながら講演を聴くことで、理解がより深められることを期待しております。  本ワークショップは大学院生を含む大学関係者、国公立研究機関や企業関係者 に広く開かれたものです。ご多用中とは存じますが、ご参加くださいますようご 案内申し上げます。また、16日の夕方には懇親の席を設けておりますので、ご出 席いただければ幸いです。                      敬具   グローバルCOEプログラム拠点リーダー・九州大学大学院数理学研究院長                               若山 正人              記 1. ワークショップ  日 時  2008年9月16日(火)9:50 〜 9月17日(水)12:15         (受付開始16日 9:15)  場 所  第一ホテル東京シーフォート 3階 ハーバーサーカス      (東京モノレール「天王洲アイル駅」そば)       http://www.hankyu-hotel.com/hotels/08dhtseafort/index2.html  主 催  九州大学大学院数理学研究院       グローバル COEプログラム「マス・フォア・インダストリ」  共 催  九州大学産業技術数理研究センター 2. 懇親会  日 時  2008年9月16日(水)18:00〜19:30  (受付開始17:30)  場 所  第一ホテル東京シーフォート 28階 トップ・オブ・ザ・ベイ  参加費  3,500円 ◎事前登録 & 懇親会申し込み ワークショップ参加ご希望の方は、9月8日(月)までに coe AT math. kyushu-u. ac. jp、 または、Fax: 092-642-2779宛てに、氏名(ふりがな)、所属と連絡先をお知ら せください。参加は無料です。  準備の都合上、懇親会出席ご希望の方はその旨お知らせください。 ◎問合せ先  九州大学大学院数理学研究 グローバルCOE事務室  Tel:092-642-7301、Fax:092-642-2779  e-mail: coe AT math. kyushu-u. ac. jp  ホームページ: http://www.math.kyushu-u.ac.jp/gcoe/ (開設準備中)          【プログラム】 9月16日(火)          3階 ハーバーサーカス 9:50〜10:00  若山 正人(九州大学大学院数理学研究院長)        『「マス・フォア・インダストリ」について』 10:00〜10:45  西成 活裕(東京大学大学院工学系研究科)        『渋滞の数理と実践』  [概要] 車や人が集団になると流れが悪くなって渋滞する。これは大きな社  会問題になっているが、渋滞緩和をめざして新しい数理物理的なアプローチ  で研究する学問が渋滞学である。渋滞は車や人だけでなく、アリの行列やイ  ンターネットの通信にも見られ、さらには我々の体内でも起こって病気の原  因にもなっている。このように様々な渋滞の類似性やその解消方法などにつ  いて講演では述べる。さらに実際に研究で得られた知見などを社会実践する  取り組みについても紹介する。  10:45〜11:00  質疑応答/討論        モデレーター 梶原 健司(九州大学大学院数理学研究院) 11:00〜11:45  Tobias Kretz(PTV AG Software Development                     Traffic Engineering) 『Applicated Jamology: Vehicles, Pedestrians, and Public Transport』  [概要] In this talk applications of jamology are presented: in  the form of PTV AG's traffic planning and simulation tool VISSIM,  a glimpse on experimental results, and the pedestrian simulation  model F.A.S.T. (Floorfield and Agentbased Simulation Tool).  11:45〜12:00  質疑応答/討論        モデレーター 梶原 健司(九州大学大学院数理学研究院)            〈昼食〉 13:45〜14:15  三部 幸治((株)タイトー)        『アミューズメントに於けるディジタル処理の進化』  [概要] アミューズメント業界では60年代から積極的にディジタル技術が活  用され、パソコンの黎明期にも大きな影響を与えたとされる。初期のハード  ウェア処理から最新のアミューズメントCGに活用されるディジタル処理技  術の進化を俯瞰し、今後の方向と数学とのかかわりについて考える。 14:20〜15:00  剱持 勝衛(東北大学大学院理学研究科)        『数学者による曲面発見』  [概要] 世界には芸術家やデザイナーによって創成された美しい曲面が多く  ある。この講演においては数学者によって発見された曲面について、それら  がどのようなアイデアから生まれたのか、そして何故重要であると思われて  いるのかについて数学者の観点から説明したい。  15:00〜15:15  質疑応答/討論        モデレーター 宮岡 礼子(東北大学大学院理学研究科)            〈休憩〉 15:45〜16:30  Tim Hoffmann(九州大学大学院数理学研究院) 『On Discrete Differential Geometry and its Links to Visualization』  [概要] Mathematical visualization as allways been a key tool in  what we now call discrete differential geometry. The talk will  focus on applications of discrete differential geometry in  visualization as well as on visualization in discrete differential  geometry. An interesting example for such an mutual interplay are  for example discrete conjugate nets - meshes with planar  quadrilateral faces. They play an important role in architectual  geometry where constructions of free form surfaces from  premanufactured planar panels is desired. Additional constraints  occur when one needs to have parallel meshes (like for certain  glass steel constructions). The theory of conjugate nets that  allow for parallel nets gives rise to interesting definitions of  curvature for such surfaces.  16:30〜16:40  質疑応答/討論        モデレーター Wayne Rossman(神戸大学大学院理学研究科) 16:40〜17:25  源田 悦夫(九州大学大学院芸術工学研究院)        『論理的思考と芸術的感性からのデジタルコンテンツ創成』  [概要] 数学、物理、プログラミングなど背景にした数理造形は、芸術表現  の分野において近年注目されている。従来芸術家は、頭の中に浮かんだ概念  を具象化し、絵画や彫刻等具体的な「もの」として表してきた。ここでは作  家の思考のプロセスは、作品の背後に隠されてしまい作品には現れにくい。  一方、数理を背景とした造形においては、生成過程における手続きやアルゴ  リズムが重要であり従来の芸術表現過程とは異なっている。こうした新たな  芸術的表現や具体的コンテンツについて、我々の行ってきた作品等を紹介し  ながら解説する。  17:25〜17:35  質疑応答/討論        モデレーター Wayne Rossman(神戸大学大学院理学研究科)            〈移動〉 18:00〜19:30    【懇親会】     28F トップ・オブ・ザ・ベイ 9月17日(水))          3階 ハーバーサーカス 9:30〜10:00  安倍 直樹(IBMワトソン研究所) 『Introduction to Boosting: Origin, Practice and Recent Developments』  [概要] In this review, we will introduce the audience to the  notion of boosting, which has become one of the most successful  techniques in machine learning and statistical modeling today.  We will review its historical origin in computational learning  theory, as well as more recent developements that relate it to  other notions in statistics (e.g. gradient boosting), and discuss  some recent theoretical developements. We will also touch upon its  wide usage and successes in practical applications. 10:00〜10:45  Aurelie Lozano(IBMワトソン研究所)        『Cost-sensitive Boosting with p-norm Loss Functions         and its Applications』     [概要] In many real world applications of data analytics, and  classification in particular, there are dramatically varying costs  associated with different types of misclassification (e.g. fraud  detection, anomaly detection and medical diagnosis), motivating  the need for the so-called "cost-sensitive" classification. In  this talk, we will introduce a family of novel boosting methods  for cost-sensitive classification by applying the theory of  gradient boosting to p-norm based cost functionals, and  establish theoretical guarantees as well as their empirical  advantage over existing algorithms. We will also describe some  on-going work of applying this methodology on some concrete  business applications.  10:45〜11:00  質疑応答/討論        モデレーター 安倍 直樹(IBMワトソン研究所)            〈休憩〉 11:15〜12:00  村田 昇(早稲田大学理工学術院)        『Boosting Algorithmの情報幾何』  [概要] KL-divergenceのある種の一般化であるBregman divergence  (U-divergence)を用いることによってboosting algorithmを包括的に捉  え、その幾何学的意味を考えるための方法論を紹介する。  12:00〜12:15  質疑応答/討論        モデレーター 竹内 純一(九州大学大学院システム情報科学研究院) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1027 September 1, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 9月13日、14日に表現論のミニワークショップ を東大駒場キャンパス数理科学研究科で 行いますのでご案内申し上げます。下記を ご覧ください。 http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~ariki/miniworkshop08.html 13日午前は、長尾健太郎, Nanhua Xi 13日午後は、Jean Michel 14日午前は、阿部紀行、松本久義 14日午後は、Jean Michel の各氏が講演します。土日ですが、 研究棟の正面玄関から入れるように しておきますので、北側(駒場東大前駅側) の小さい入り口ではなく、正面から お入りください。 たくさんの方の御来聴をお待ちしております。 有木 進(数理研)、斉藤 義久(東大数理) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1026 August 26, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 九州可積分系セミナー 日時:2008 年 9 月 9 日(火)14 時 00 分 -- 17 時 00 分 場所:九州大学箱崎キャンパス理学部3号館 3304号室 講演者:辻本 諭(京大工) タイトル: 楕円超幾何関数の行列式構造 ー離散可積分系の特解ー 概要: 離散可積分系の行列式解を与える一手法であるダルブー変換について紹介した後,離散 可積分系の特解について戸田方程式を例にあげて説明を加える.次に,Spiridonovと Zhedanovによって与えられた楕円グリッド上の双直交多項式に関するスペクトル変換 について調べることで,離散可積分系の一つである RII 格子 との関係について議論する. 問い合わせ先: 岩崎克則(九大数理) 梶原健司(九大数理) 津田照久(九大数理) web page: http://gandalf.math.kyushu-u.ac.jp/QIS/index.html ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1025 August 25, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様: 無限可積分系セッション責任者の梶原です. そろそろ「数学通信」がお手元に届く時期だと思いますが,その中に9/24 - 27 に東工大で開催予定の数学会秋季総合分科会のプログラムが掲載されており ます. 今回,無限可積分系セッションでは 21 件の一般講演と2件の特別講演が行われ ます. 9/24(水): 9:20 -- 12:00 一般講演 14:15 -- 15:10 一般講演 15:20 -- 16:20 特別講演 増田 哲 氏(青学大理工)「q-Painleve 系の超幾何タウ函数」 9/25(木): 9:20 -- 11:50 一般講演 13:00 -- 14:00 特別講演 白石 潤一 氏(東大数理) 「Macdonald 多項式と可積分系」 一般講演を申し込んでいただいた皆様,特別講演を快くお引き受けいただいた 講演者の方には深くお礼申し上げます. また今回は無限可積分系セッションから企画特別講演を1件推薦しており, 9/24(水): 13:00 -- 14:00 時弘 哲治 氏(東大数理)「箱玉系の数理」 となっております.詳細は「数学通信」掲載のプログラムをご覧下さい. 活発なセッションになりますよう,多くの皆様のご参加をお待ちしております. また,アブストラクトはセッションの責任で独立会計で制作されておりますの で,アブストラクトの購入の方もご協力をお願い致します. 以下,講演をされる皆様に若干のご注意を申し上げます. 今回の数学会ではプロジェクタの使用が認められております.使用される方は 以下のことにご注意下さい. ・パソコンはご自分で持参して下さい. ・パソコンの接続時間も講演時間に含まれていますので,迅速な準備を心がけ てください.セッション開始前や休憩時間にテストをしておいて下さい. ・不測の場合に備えて,USB メモリスティックなどに代替のファイルをご用意 下さい.また,念のために紙などに印刷した資料もご用意下さい. さらに,OHP を利用される予定の講演者の方にお願い致します.会場にはOHPプ ロジェクタもしくは書画カメラが準備されることになっておりますが,書画カ メラの場合には上から強い光が当たりますので,フィルムより紙を用いた方が 見えやすいようです.現時点でどちらが会場に備え付けられるかわかりません が,可能ならばフィルムと紙と両方を準備しておくとよいと思います. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1024 August 25, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 今年度9月15日から18日にかけて、 東京大学玉原国際セミナーハウスにて 無限可積分系セミナーの合宿 『ソリトン方程式とパンルヴェ方程式 (差分化と量子化)』 を行いたいと思います。 案内を添付いたしましたので、 ご参加のほどお待ちしております。 東京大学数理科学科 神保道夫 東京大学数理科学科 白石潤一 立教大学理学部数学科 山田裕二 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% % % please cut here % %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% %\documentclass[11pt]{jarticle} \documentstyle[11pt]{jarticle} \setlength{\topmargin}{0pt}\setlength{\oddsidemargin}{0pt} \setlength{\evensidemargin}{0pt}\setlength{\textheight}{650pt} \setlength{\textwidth}{435pt}%\input macro.tex \begin{document} \begin{center} {\bf\Large 東京無限可積分セミナー 玉原合宿(2008)のご案内\\ \ \\ 『ソリトン方程式とパンルヴェ方程式 (差分化と量子化)』} \end{center} \large \noindent 皆様、\\ 日頃より東京無限可積分セミナーの運営にご協力いただきありがとうございます。 今年度の夏合宿(第八回目)を下記の要領で行います。 お近くの方にもお知らせいただければ幸いです。 なお、会場は一咋年と同じく、東京大学玉原国際セミナーハウス (Tambara Institute of Mathematical Sciences, University of Tokyo)です。 \bigskip \noindent 日時:平成20年9月15日(月)より18日(木)まで\\ 場所:東京大学玉原国際セミナーハウス(群馬県沼田市上発知町玉原) \vspace{3mm} \begin{center} {\large 講演予定者}\quad :\quad \begin{tabular}[t]{ll} 岩尾慎介(東大数理)& TBA \\ 名古屋 創(東大数理)& TBA \\ 土谷洋平(大原大学院大学)& TBA \end{tabular} \end{center} \vspace{5mm} \vspace{5mm} \noindent \hspace*{15mm}連絡先:gasshuku2008 @ ising. rikkyo. ac. jp \hspace*{\fill} 東京大学数理科学科 神保道夫 \par\hspace*{\fill} 東京大学数理科学科 白石潤一 \par\hspace*{\fill} 立教大学理学部数学科 山田裕二 \noindent 参加ご希望の方は以下にご記入の上 \begin{center} \verb+ gassyuku2008 @ ising. rikkyo. ac. jp + \end{center} まで \underline{\bf 9月5日(金)までに} ご返送下さる様、お願いたします。\\ \vspace{2mm} \dotfill \vspace{1mm} \newcommand{\maru}{\circ} 最寄り駅である上越新幹線上毛高原駅から 東京大学玉原国際セミナーハウスへのアクセスは、 基本的にタクシーの利用となりますが、やや遠方ですからご注意ください。 交通の都合上、全日程での御参加をお薦めいたします。 \noindent \begin{itemize} \item 全日程参加・部分参加:(部分参加の場合はおおよその日程をお知らせください) \item 御名前: \item 所属: \item 電話番号: \item e-mail address: \item 旅費・宿泊費補助の希望: \end{itemize} \newpage \noindent {\bf 玉原国際セミナーハウスについて}\\ \begin{itemize} \item ホームページをご覧下さい: \verb+ http://tambara.ms.u-tokyo.ac.jp + \item 最寄り駅は上越新幹線の上毛高原駅。東京〜上毛高原駅は約一時間。 \item 上毛高原駅からセミナーハウスまでの公共交通機関はタクシーのみ。\\ 所要時間はおよそ40分、分乗を強くお勧めします。 \item 9月5日16時30分頃上毛高原駅前に集合しから タクシーに分乗をすることをお勧めします。\\ {\bf マックスたにがわ417号 14時52分 東京発 16時10分 上毛高原駅着 } \\ 等を利用のこと。 なお、人数の把握のため この時間\underline{以外}の到着を予定する方は、 \begin{center} \verb+ gassyuku2008 @ ising. rikkyo. ac. jp + \end{center} まで必ずお知らせください。 \item 沼田観光タクシー: 電話0278-23-1122。会社はJR沼田駅にありますので、 上毛高原駅からの利用の際には早めにご連絡を。 \end{itemize} \vspace{5mm} \noindent {\bf その他の情報}\\ \begin{enumerate} \item 施設内には自販機・冷蔵庫あり。 \item 冷蔵庫はスタッフルームにのみあり。 \item かなり冷えるため、長袖の服を持っていったほうがよい。 \item 買出しは山を降りないとできないため、各自で酒・つまみは持参すべし。 \item コーシーの積分公式の書かれたタオルをもらえる。 \item ラベンダーハウスが、散策で20分ぐらいのところにある。 \end{enumerate} \end{document} ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1023 August 22, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 多元環の表現論ワークショップ(2008年) これまでにも多元環の表現論シンポジウムが,主に最新の重要な成果を紹介・ 解説する勉強会として開催されていましたが,今回はさらに勉強会としての性 格を強くし,ワークショップとして研究集会を開催いたします.また,今回は 海外からの招待講演者として,この分野の指導的研究者である, B. Keller氏 とH. Krause氏を迎えることができました.ワークショップでは,講演者自身 の最新の研究成果を中心にして,1人当たり2時間あるいは3時間かけて,ゆっ くり,じっくり解説が行われます.内容は,講演題目にあるように,cluster categories, support varieties, quasi-Frobenius rings, homotopy categories, resolving subcategories, derived categoriesなどの話題から なります.以上の話題に興味ある方々のご参加を心から歓迎いたします.特に, 関連する分野である,非可換環論,群の表現論,可換環論,非可換代数幾何学 および数理物理学(脚注)の研究者諸氏にもご参加を呼びかけたいと思います. (脚注:Keller氏の講演では,数理物理学の"priodicity conjecture"に由来 する予想の証明も概説されます.詳しくは講演概要を参照のこと.) なお,懇親会への参加を予定されている方はe-mailで,下記責任者までお知ら せ下さい.準備の都合上8月31日までにご連絡いただけると大変助かります. 責任者 浅芝 秀人(静岡大学理学部) -------- 記 -------- 期間: 2008年9月2日(火)〜 4日(木) 会場: 静岡大学共通教育B棟 301 号室 (http://www.shizuoka.ac.jp/ippan/shizuoka.html) 〒422-8529 静岡市駿河区大谷836 Tel.: 054-238-4722 懇親会:9月3日(水)18:30より 責任者:浅芝 秀人 (静岡大学理学部) (shasash [at] ipc [dot] shizuoka [dot] ac [dot] jp) 補助金:日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C) 研究代表者:浅芝 秀人(静岡大学) 研究代表者:宮地 淳一(東京学芸大学) --------------------------------------------------------------------------- 講演者,講演題目 Bernhard Keller (Paris 7): Cluster algebras, cluster categories and periodicity Henning Krause (Paderborn)(共同研究者:D. Benson, S. Iyengar): Support varities and stratifications for stable module categories 星野 光男(筑波大)(共同研究者:阿部 弘樹): Construction of quasi-Frobenius rings 加藤 希理子(大阪府大)(共同研究者:伊山 修,宮地 淳一): Recollement of homotopy categories and Cohen-Macaulay modules 高橋 亮(信州大): Resolving subcategories of modules over commutative rings 源 泰幸(京都大): A non-commutative algebro-geometric characterization of representation type of a quiver プログラム 9月2日(火) 9月 3日(水) 9月4日(木) 09:00 - 10:00 源 源 10:15 - 11:15 高橋 高橋 Krause 11:30 - 12:30 加藤 加藤 Keller --- 昼休み --- 14:00 - 15:00 Krause Krause 15:25 - 16:25 星野 星野 16:40 - 17:40 Keller Keller アブストラクト等、最新の情報は以下のページをご覧下さい。 http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~shasash/workshop2008.html ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1022 August 18, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== D.Joyce氏講演会 Oxford大学のD.Joyce氏が,9月17日から23日まで京都大学に滞在されます. 同氏による連続講演を,9月19日(午前中)から3日間行います. D. Joyce氏には各日2回ぐらいの講演をお願いする予定です. 講演内容は倉西ホモロジーの話となると思われます. 講演以外にも,時間をあけ,他の話題も含めてDiscussionあるいは Informal talkなどを可能にしたいと思いますので, ご来聴ご参加いただければ幸いです. 日がちかずきましたら,正確な日程をご案内します. 京都大学理学研究科数学教室 深谷賢治 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1021 August 14, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== コンソーシアム「マス・フォア・インダストリ」第1回フォーラム               のご案内   http://www.math.kyushu-u.ac.jp/board/view.php?B_Code=825 拝啓 時下 益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 さて、このたび、九州大学大学院数理学府数理学専攻/システム情報科学府情報 工学専攻ならびに神戸大学理学研究科数学専攻が連携して申請しておりました文 部科学省グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育研究拠 点」が採択されました。マス・フォア・インダストリ(以下「MI」と称する) と は、純粋・応用数学を流動性・汎用性をもつ形に融合再編しつつ産業界からの要 請に応えようとすることで生まれる、未来技術の創出基盤となる数学の新研究領 域です。    本事業推進の一環として、下記のように、東京で、企業研究者を交えた標記 ワークショップを開催いたします。去る3月27日開催の産業技術数理コンソーシ アム第0回フォーラム『マス・フォア・インダストリ』に続くもので、国内外の 企業研究所と大学双方の研究者から先端的研究の話題を提供していただき、活発 な質疑応答や研究討論を通じて、数学の産官学連携を実質化する方策を探ること を目的とします。各講演にはモデレータを指名し、講演者と聴衆が活発にコミュ ニケーションをとれるようリードしてもらいます。今回の主題は、「渋滞学」、 「可視化」、「計算論的学習理論」です。セル・オートマトン、離散可積分系、 (離散)微分幾何学などの数理が底流を貫きます。講師の先生方には講義ノート を作成していただきます。それらを集めたMIレクチャーノートを、会場で参加者 に配布します。討論も含め講演時間を長めにとっていますが、レクチャーノート を参照しながら講演を聴くことで、理解がより深められることを期待しております。  本ワークショップは大学院生を含む大学関係者、国公立研究機関や企業関係者 に広く開かれたものです。ご多用中とは存じますが、ご参加くださいますようご 案内申し上げます。また、16日の夕方には懇親の席を設けておりますので、ご出 席いただければ幸いです。                      敬具   グローバルCOEプログラム拠点リーダー・九州大学大学院数理学研究院長                               若山 正人              記 1. ワークショップ  日 時  2008年9月16日(火)9:50 〜 9月17日(水)12:15         (受付開始16日 9:15)  場 所  第一ホテル東京シーフォート 3階 ハーバーサーカス      (東京モノレール「天王洲アイル駅」そば)       http://www.hankyu-hotel.com/hotels/08dhtseafort/index2.html  主 催  九州大学大学院数理学研究院       グローバル COEプログラム「マス・フォア・インダストリ」  共 催  九州大学産業技術数理研究センター 2. 懇親会  日 時  2008年9月16日(水)18:00〜19:30  (受付開始17:30)  場 所  第一ホテル東京シーフォート 28階 トップ・オブ・ザ・ベイ  参加費  3,500円 ◎事前登録 & 懇親会申し込み ワークショップ参加ご希望の方は、9月8日(月)までに coe AT math. kyushu-u. ac. jp、 または、Fax: 092-642-2779宛てに、氏名(ふりがな)、所属と連絡先をお知ら せください。参加は無料です。  準備の都合上、懇親会出席ご希望の方はその旨お知らせください。 ◎問合せ先  九州大学大学院数理学研究 グローバルCOE事務室  Tel:092-642-7301、Fax:092-642-2779  ホームページ: http://www.math.kyushu-u.ac.jp/gcoe/ (開設準備中)          【プログラム】 9月16日(火)          3階 ハーバーサーカス 9:50〜10:00  若山 正人(九州大学大学院数理学研究院長)        『「マス・フォア・インダストリ」について』 10:00〜10:45  西成 活裕(東京大学大学院工学系研究科)        『渋滞の数理と実践』  [概要] 車や人が集団になると流れが悪くなって渋滞する。これは大きな社  会問題になっているが、渋滞緩和をめざして新しい数理物理的なアプローチ  で研究する学問が渋滞学である。渋滞は車や人だけでなく、アリの行列やイ  ンターネットの通信にも見られ、さらには我々の体内でも起こって病気の原  因にもなっている。このように様々な渋滞の類似性やその解消方法などにつ  いて講演では述べる。さらに実際に研究で得られた知見などを社会実践する  取り組みについても紹介する。  10:45〜11:00  質疑応答/討論        モデレーター 梶原 健司(九州大学大学院数理学研究院) 11:00〜11:45  Tobias Kretz(PTV AG Software Development                     Traffic Engineering) 『Applicated Jamology: Vehicles, Pedestrians, and Public Transport』  [概要] In this talk applications of jamology are presented: in  the form of PTV AG's traffic planning and simulation tool VISSIM,  a glimpse on experimental results, and the pedestrian simulation  model F.A.S.T. (Floorfield and Agentbased Simulation Tool).  11:45〜12:00  質疑応答/討論        モデレーター 梶原 健司(九州大学大学院数理学研究院)            〈昼食〉 13:45〜14:15  三部 幸治((株)タイトー)        『アミューズメントに於けるディジタル処理の進化』  [概要] アミューズメント業界では60年代から積極的にディジタル技術が活  用され、パソコンの黎明期にも大きな影響を与えたとされる。初期のハード  ウェア処理から最新のアミューズメントCGに活用されるディジタル処理技  術の進化を俯瞰し、今後の方向と数学とのかかわりについて考える。 14:20〜15:00  剱持 勝衛(東北大学大学院理学研究科)        『数学者による曲面発見』  [概要] 世界には芸術家やデザイナーによって創成された美しい曲面が多く  ある。この講演においては数学者によって発見された曲面について、それら  がどのようなアイデアから生まれたのか、そして何故重要であると思われて  いるのかについて数学者の観点から説明したい。  15:00〜15:15  質疑応答/討論        モデレーター 宮岡 礼子(東北大学大学院理学研究科)            〈休憩〉 15:45〜16:30  Tim Hoffmann(九州大学大学院数理学研究院) 『On Discrete Differential Geometry and its Links to Visualization』  [概要] Mathematical visualization as allways been a key tool in  what we now call discrete differential geometry. The talk will  focus on applications of discrete differential geometry in  visualization as well as on visualization in discrete differential  geometry. An interesting example for such an mutual interplay are  for example discrete conjugate nets - meshes with planar  quadrilateral faces. They play an important role in architectual  geometry where constructions of free form surfaces from  premanufactured planar panels is desired. Additional constraints  occur when one needs to have parallel meshes (like for certain  glass steel constructions). The theory of conjugate nets that  allow for parallel nets gives rise to interesting definitions of  curvature for such surfaces.  16:30〜16:40  質疑応答/討論        モデレーター Wayne Rossman(神戸大学大学院理学研究科) 16:40〜17:25  源田 悦夫(九州大学大学院芸術工学研究院)        『論理的思考と芸術的感性からのデジタルコンテンツ創成』  [概要] 数学、物理、プログラミングなど背景にした数理造形は、芸術表現  の分野において近年注目されている。従来芸術家は、頭の中に浮かんだ概念  を具象化し、絵画や彫刻等具体的な「もの」として表してきた。ここでは作  家の思考のプロセスは、作品の背後に隠されてしまい作品には現れにくい。  一方、数理を背景とした造形においては、生成過程における手続きやアルゴ  リズムが重要であり従来の芸術表現過程とは異なっている。こうした新たな  芸術的表現や具体的コンテンツについて、我々の行ってきた作品等を紹介し  ながら解説する。  17:25〜17:35  質疑応答/討論        モデレーター Wayne Rossman(神戸大学大学院理学研究科)            〈移動〉 18:00〜19:30    【懇親会】     28F トップ・オブ・ザ・ベイ 9月17日(水))          3階 ハーバーサーカス 9:30〜10:00  安倍 直樹(IBMワトソン研究所) 『Introduction to Boosting: Origin, Practice and Recent Developments』  [概要] In this review, we will introduce the audience to the  notion of boosting, which has become one of the most successful  techniques in machine learning and statistical modeling today.  We will review its historical origin in computational learning  theory, as well as more recent developements that relate it to  other notions in statistics (e.g. gradient boosting), and discuss  some recent theoretical developements. We will also touch upon its  wide usage and successes in practical applications. 10:00〜10:45  Aurelie Lozano(IBMワトソン研究所)        『Cost-sensitive Boosting with p-norm Loss Functions         and its Applications』     [概要] In many real world applications of data analytics, and  classification in particular, there are dramatically varying costs  associated with different types of misclassification (e.g. fraud  detection, anomaly detection and medical diagnosis), motivating  the need for the so-called "cost-sensitive" classification. In  this talk, we will introduce a family of novel boosting methods  for cost-sensitive classification by applying the theory of  gradient boosting to p-norm based cost functionals, and  establish theoretical guarantees as well as their empirical  advantage over existing algorithms. We will also describe some  on-going work of applying this methodology on some concrete  business applications.  10:45〜11:00  質疑応答/討論        モデレーター 安倍 直樹(IBMワトソン研究所)            〈休憩〉 11:15〜12:00  村田 昇(早稲田大学理工学術院)        『Boosting Algorithmの情報幾何』  [概要] KL-divergenceのある種の一般化であるBregman divergence  (U-divergence)を用いることによってboosting algorithmを包括的に捉  え、その幾何学的意味を考えるための方法論を紹介する。  12:00〜12:15  質疑応答/討論        モデレーター 竹内 純一(九州大学大学院システム情報科学研究院) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1020 August 8, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 岡山大学の山田裕史です. 第8回名古屋国際コンファレンスで来日されるRonald C. King 氏および Jorn B. Olsson 氏による岡山の講演会を以下のように行いますので ご案内申し上げます.皆様のご参加をお待ち申し上げます. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 2008年8月29日(金) 岡山大学理学部本館 B−305 代数学放談室 (1)15:00−16:00 Ronald C. King (Emeritus Professor, University of Southampton) "Affine Weyl groups, coloured Young diagrams and characters of affine Lie algebras" It is shown that certain coloured Young diagrams serve to specify not only all the elements of the affine Weyl groups of the classical affine Lie algebras but also their action on an arbitrary weight vector. Through a judicious choice of coset representatives with respect to the finite Weyl groups of the corresponding maximal rank simple Lie algebras, both denominator and numerator formulae are derived and exemplified, along with the explicit calculation of some characters of irreducible representations of the affine Lie algebras. (2)16:30−17:30 Jorn B. Olsson (Professor, University of Copenhagen) "Cores of partitions and block coverings in symmetric groups" Generalizing a question of Navarro and Willems you may consider possible "block coverings" in finite groups, where a $q$-block is a union of $p$-blocks. We classify block coverings in symmetric groups. This involves new results on relations between $p$- and $q$-core partitions. A useful tool is a double abacus. In the talk we also discuss a further application of the double abacus to $p$- and $q$-cores. This is new work (in progress) with Alexander Berkovic. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1019 August 8, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== このたび京都大学理学研究科数学・数理解析専攻では下記の要領により 教員の公募を致しますので、関係者にご周知いただくとともに、 適任者には応募をお勧めいただければ幸いです。 記 1. 所属 京都大学大学院理学研究科 2. 職名及び人数 助教1名 3. 分野 代数学(代数幾何学) 4. 担当科目  理学部専門科目、大学院科目及び全学科目(線型代数学、微分積分学) 5. 応募締切  2008年9月12日(金)(必着) 6. 採用予定日 2009年4月1日 7. 応募資格 (1) 着任までに学位を取得していること。 (2) 理学部専門科目、大学院科目及び全学科目(線型代数学、微分積分学)が担当でき、 大学院学生の研究指導が出来ること。 8. 提出書類 (1) 履歴書 (2) 論文一覧表(主要論文3編に丸印を付けること) (3) 論文全部の別刷(未発表論文も含む。また、掲載予定である論文については     掲載受理証明のコピーを添えること) (4) これまでの研究内容と今後の研究計画(あわせてA4で3枚程度) (5) 応募者の業績について問い合わせの出来る方2名の氏名と連絡先 9. 応募書類の送付先 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町          京都大学大学院理学研究科数学教室      代数学助教候補選考委員会 委員長 並河 良典 *封筒には「代数学助教応募書類在中」と朱書きし、簡易書留で郵送してください。 10. 問い合わせ先 同上 TEL 075-753-3700(事務室) (注)最終選考では面接を行うことがあります。 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1018 July 31, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 無限可積分系メーリングリストの皆様、 下記のように合同シンポジウムを開催します。 ぜひ、ご参加ください。 合わせて、懇親会への参加も募っております(文末)。 ご連絡いただけると幸いです。 また、これらの情報を、 メーリングリストやweb や掲示や口伝やその他で、 広めてくださることを歓迎します。 ---------------------------------------------------- 第 47 回実函数論・函数解析学合同シンポジウム 標記のシンポジウムを以下の要領で開催いたしますのでご案内申し上げます. 開催責任者  小森康雄(東海大学開発工学部)  山上 滋(茨城大学理学部) 会場責任者  河添 健(慶応義塾大学総合政策学部) 日時: 2008年 8 月 6 日 (水)13:30 から 8 月 8 日 (金)11:50 まで 場所:慶応義塾大学矢上キャンパス 創想館 セミナルーム1(14棟201室) http://web.sfc.keio.ac.jp/~kawazoe/JOINT/08.html   神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1   東急東横線・横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉」駅下車(徒歩15分) プ ロ グ ラ ム 8 月 6 日(水) 13:30 - 14:30 勝良 健史 (慶應義塾大学)  Applications of topological graph C*-algebras 14:45 - 15:15 細川 卓也(安東国立大学:韓国)  $H^\infty$及びBloch空間上の合成作用素についてA 15:20 - 15:50 富永 雅(富山高専)  Jensenの不等式についての一考察 16:00 - 17:00 入山 聖史 (東京理科大学)  一般化量子チューリング機械と幾つかの定理の拡張について 8 月 7 日(木) 9:30 - 10:30 榊原 暢久 (芝浦工業大学)  可換*半群上の正定値関数の積分表示問題について 10:45-11:45 亀高 惟倫 (大阪大学名誉教授)  ソボレフ不等式の最良定数 13:30 - 14:30 井上 淳(東京工業大学)  スーパー解析学とは何か?非可換「体」上の解析学の構築例 14:50 - 15:50 伊師 英之 (名古屋大学)  半直積群に付随する連続ウェーブレット変換 16:10 - 17:40 大島 利雄(東京大学)  分かるFuchs型常微分方程式(特別講演) 8 月 8 日(金) 9:30 - 10:10 澤野 嘉宏 (学習院大学)  Various boundedness of fractional integral operators 10:20--11:00 飯田 安保(岩手医科大学)  Privalov空間 $N^p$ について 11:10--11:50 照屋 保 (立命館大学)  Saturated $C^*$-algebraic bundles over finite groups -------- 懇親会について 8月7日 午後6時から午後8時頃まで 創想館7楷フォーラム(会費5000円) 懇親会 に参加される方は7月24日(火) までに 会場責任者の河添までメールでお知らせ下さい。 人数の把握のためなるべく期日をお守り下さい。 ※ このシンポジウムの案内は日本数学会実函数論分科会,函数解析学分科会の ホームページで閲覧可能です.両分科会のホームページには日本数学会 http://mathsoc.jp/for_member.html からリンクが張られています. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1017 July 30, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== 京都大学理学研究科数学教室 平成20年度[特定有期雇用職員]特定助教(グローバルCOE)の募集について グローバルCOEプログラム「数学のトップリーダーの育成」(拠点リーダー京都大学大学院 理学研究科数学・数理解析専攻教授深谷賢治)の教育能力向上プログラムの一環として、 優れた研究業績をもつ若手研究者が、経験を積んだ本学常勤教員の指導のもとで学部教育を 一定量担当することで教育能力を向上させることを目的として、特任助教を下記の要領で 公募します。 記 1.所属 : 理学研究科グローバルCOE数学特別講座 2.職名及び人数 : 特定助教(グローバルCOE) 3名 3.職務: 数学の教育、および研究 (1) 本学常勤教員の指導のもとで学部教育を担当 (2) 大学院教育の補助および研究 4.応募締切  平成20年8月18日(月)必着 5.採用予定日 平成20年10月1日以降できるだけ早い時期 6.採用期間 平成25年3月31日まで。更新不可。 7.待遇 特定助教(グローバルCOE)として月額50万円程度を京都大学の規定に従って支給する。 教育について支障がなくGCOE運営委員会が認める場合には外国出張も可能。 8.応募資格:次の3条件を満たす者 (1) 着任予定時に博士の学位を有すること。 (2) 優れた研究業績を有すること。 (3) 着任予定時に他の職を有していないこと。 9.選考方法: 書面審査、面接、および模擬授業による 10.提出書類:封書に「教育能力向上プログラム特定助教応募書類在中」と朱書きし、 下記書類を簡易書留で送付すること。 (1) 履歴書(通常の履歴事項の後に、メールアドレスも明記すること) (2) 業績リスト(発表予定の物を含む、掲載予定のものについては受理証明書の写し) (3) 申請者の教育能力や研究について問い合わせできる人2名の氏名、所属、連絡先電話番号 (可能ならメールアドレス) (4) これまでの研究成果をA4サイズの用紙1枚にまとめたもの (5) 大学における数学の教育についての抱負をA4サイズの用紙1枚にまとめたもの (6) 論文別刷、プレプリント(主要なもの5編以内。コピーも可) 上記書類には、A4サイズの用紙を使用し、それぞれに氏名を明記すること。また提出書類は 返却しない。 11.選考結果通知時期:平成20年9月下旬の予定 12.書類送付先および問い合わせ先 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町   京都大学大学院理学研究科数学事務室 TEL 075-753-3700(事務室) FAX 075-753-3711 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1011.1 July 25, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, IPMU (the Institute for the Physics and Mathematics of the Universe) holds Mathematics and Physics seminar on Thursday, 15:30 -- 17:00 at Kashiwa Campus of the University of Tokyo. The detail of the seminar is as follows: =============================================================== IPMU Mathematics and Physics seminar in Kashiwa Date: 31 (Thu) July, 2008, 15:30 -- 17:00 Place: Seminar Room at Prefab. B, Kashiwa Campus, the University of Tokyo. Speaker: Akihiro Tsuchiya (IPMU) Title: Vertex Operator Algebra with $C_2$-finite conditions and Logarithmic Conformal Field Theory Abstract: Recently Logarithmic Conformal Field Theory is getting some interesting progress. In this talk I'll explain my recent works about mathematical foundation of the theory. In so called rational conformal field theory, the abelian category of the representations of chiral algebra (or V.O.A.) is semi-simple, so all representations are direct sum of simple modules. We construct conformal field theory based on representation theory of V.O.A. with $C_2$-finite conditions. The abelian category of representation of this V.O.A. is Artin and Noither and the number of simple modules is finite, but it is not semi-simple. We define the sheaf of conformal blocks, and show how the factorization properties are works. Then we can define fusion tensor category over the abelian category of representations of this V.O.A. Finally I'll talk some example called W(p). =============================================================== Please notice that the Mathematics and Physics seminar will be held at the "Prefab" of IPMU. It is located at the next of the prefab of "Frontier Sciences, Computational Biology" (情報生命科学実験棟). You can check the location from http://www.ipmu.jp/access/img/KashiwaCampusMap.png The schedule of the seminar can be checked from http://www.ipmu.jp/seminars/ We welcome the participation of an audience with broad interests. Best Regards, the seminar organizers: Shushi Harashita (IPMU) Yuji Sano (IPMU) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1016 July 25, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, I should be pleased to announce the following intensive seminar at IPMU (the Institute for the Physics and Mathematics of the Universe). Best Regards, Yuji Sano (IPMU) =============================================================== Date: 4 (Mon) August, 2008, 13:00 -- 14:30 and 15:30 -- 17:00 Place: Seminar Room at Prefab. B, Kashiwa Campus, the University of Tokyo. Speaker: Kentaro Nagao (Kyoto University) Title: Counting invariants of perverse coherent systems on CY 3-folds and their wall-crossings Abstract: A perverse coherent system on a CY 3-fold is a pair of perverse coherent sheaf on the CY 3-fold and a morphism to it from the structure sheaf. We intruduce moduli spaces of perverse coherent systems and counting invariants of them. In order to construct a moduli space we should choose a parameter of stability. We show that Donaldson-Thomas theory and Pandharipande-Thomas theory can be recovered at specific parameters. We also establish wall-crossing formulas for the generating functions of counting invariants of perverse coherent systems. As applications, we provide some formulas on DT invariants and PT invariants. =============================================================== Please notice that the seminar will be held at the "Prefab" of IPMU. It is located at the next of the prefab of "Frontier Sciences, Computational Biology" (情報生命科学実験棟). You can check the location from http://www.ipmu.jp/access/img/KashiwaCampusMap.png The schedule of the seminar can be checked from http://www.ipmu.jp/seminars/ ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1015 July 24, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 以前にお知らせした研究集会 第 8 回名古屋国際数学コンファレンス Combinatorics and Representation Theory 日程:2008 年 9 月 1 日(月)〜 5 日(金) 場所:名古屋大学理 1 号館 509 号室 のプログラムが決まりました。このメールの最後に載せます。また、 各講演者のアブストラクトも http://www.math.nagoya-u.ac.jp/ja/research/conference/2008/nagoya.html に掲載する予定です。 ・旅費の援助について 予算に限りはありますが、旅費の援助が可能ですので、希望される方は 氏名、所属、身分、メールアドレス、旅程 を、8 月 8 日(金)までに岡田までお知らせ下さい。 希望者が多数の場合は、大学院生など若い人を 優先させていただきます。 ・参加登録について 参加登録の必要はありません。しかし、前もって氏名、所属(とも に英文)を岡田までお知らせいただければ、名札を用意します。 多くの方のご参加をお待ちしております. 名古屋大学多元数理科学研究科 岡田 聡一 ------------------------------------------------------------- Tentative Program Sep. 1st 9:30-10:30 A. Ram Two boundary Hecke algebras and tantalizer algebras 11:00-12:00 T. Suzuki Cylindric Combinatorics and The Representation Theory of Cherednik Algebras 13:30-14:30 A. Kirillov 25 years of the rigged configuration bijection 15:00-16:00 A. Kuniba Physical combinatorics of tau function and Bethe ansatz 16:30-17:30 R. Kedem Combinatorics of the Kirillov-Reshetikhin Conjecture Sep. 2nd 9:30-10:30 P. Sniady Combinatorial interpretation of Kerov character polynomials 11:00-12:00 S. Matsumoto Jack polynomial, random matrix theory, and hyperdeterminant 13:30-14:30 A. Kleshchev Cyclotomic Hecke algebras and W-algebras 15:00-16:00 J. Olsson Sign elements in symmetric groups 16:30-17:00 R. Sakamoto Paths and Kostka--Macdonald polynomials 17:00-17:30 S. Yu The cyclotomic Birman-Murakami-Wenzl algebras (and cylindrical tangles) 18:00? Banquet Sep. 3rd 9:30-10:30 R. King Row and column length restrictions of some classsical Schur function identities and the connection with Howe dual pairs 11:00-12:00 N. Kawanaka Plain Algorithm Sep. 4th 9:30-10:30 P. Di Francesco From ASM to TSSCPP via the qKZ equation 11:00-12:00 M. Ishikawa TBA 13:30-14:30 V. Chari TBA 15:00-16:00 C. Lecouvey Kashiwara and Zelevinski crystal involutions in affine type A 16:30-17:00 H. Mizukawa Wreath product generalization of the Gelfand triple $(S_{2n},H_{n},\xi)$ 17:00-17:30 H. Morita Garsia-Haiman modules for hooks and its graded characters at roots of unity 17:30-18:00 K. Nakada Hook Formula for a Generalized Young Diagram Sep. 5th 9:30-10:30 T. Lam Total positivity for loop groups 11:00-12:00 T. Ikeda Schubert geometry of the flag variety of classical types 13:30-14:30 F. Brenti Parabolic Kazhdan-Lusztig and $R$-polynomials for quasi-minuscule quotients 15:00-16:00 J. Stembridge Admissible $W$-graphs ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1014 July 24, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 尚、普段と教室が異なりますのでご注意ください。 有木 進、加藤 周 日時:7月29日(火), 11:00-12:00, 13:30-14:30 場所:京都大学数理解析研究所 202号室 講師:榎本 直也(京都大学) 講演題目:対称結晶の幾何学的構成について 講演要旨:  A型アフィンヘッケ環のLascoux-Leclerc-Thibon-Ariki理論は、ある種の表現 の組成重複度や分岐則を量子群の結晶基底や大域基底を用いて記述する理論であ る。この理論では、アフィンヘッケ環の幾何学的表現論と量子群の幾何学的表現 論、特に、$U_v^-$とその大域基底をquiverの表現論を用いて幾何学的に構成す るG. Lusztigの理論が大きな役割を果たした。  最近、講演者と柏原正樹氏は、量子群とそのDynkin対合を用いて、「対称結 晶」と呼ばれる概念を導入し、B型アフィンヘッケ環に対してもLLTA型予想を定 式化した。  本講演では、Dynkin対合付きのquiverの表現論を用いて、対称結晶とその大域 基底を幾何学的に構成するという結果を紹介する。これは、上記のLusztig理論 の類似物である。そのため、本講演の前半では、Lusztig理論の概要を説明す る。これは、quiverの表現のモジュライ空間から得られるある種の圏の Grothendieck群として$U_v^-$を実現し、その大域基底を単純偏屈層を用いて記 述するというものである。後半では、Dynkin対合付きのquiverの表現のモジュラ イ空間を導入し、前半の議論とパラレルな形で、対称結晶の幾何学的構成につい て説明する。 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1013 July 23, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== お茶の水女子大学大学院集中講義 「Stochastic Loewner Evolution (SLE)」を題材に、以下のように 集中講義を行います。 科目:可積分系特論 (科目番号 08M1030) 担当:武部 尚志(お茶の水女子大学・人間文化創成科学研究科) 日時:2008 年 9 月 8 日 〜 11 日 15:00 開始、9 月 12 日 10:40 開始、一日二時間程度の予定。 場所:共通講義棟1号館 402 号室 (お茶の水女子大学へのアクセスなどについては http://www.ocha.ac.jp/ 参照。尚、入構に際して身分証明 書の提出を求められますので、御用意下さい。) 講義時間は初回に集まった時点で聴講者の希望を聞いて調整する予 定。変更の際は上記講義室及び武部の研究室 (理学部一号館 636 号室) の外に掲示しますので、ご覧ください。(事務には時間の変 更を連絡しないかもしれません。武部に直接お問い合わせ下さい。) 内容:この講義では近年(日本以外で)注目されている stochastic (又は Schramm) Loewner evolution (SLE) につ いて話します。これは二次元の統計力学模型の臨界点での界 面の成長を表すもので、単葉関数論で二十世紀初頭に導入さ れた Loewner 方程式に Brown 運動を組み込んだだけの簡単 なものですが、多くの物理量を具体的に計算できるなど強力 な一面も持っています。 これを主に共形場理論 (CFT; やはり臨界点での二次元統計 力学模型を表す場の理論) の立場から次の文献を参考にしな がら解説したいと思います。 Bauer, Michel and Bernard, Denis: 2D growth processes: SLE and Loewner chains. Phys. Rep. 432 (2006), 115--221. (arXiv:math-ph/0602049) 私は SLE についてまだ勉強中でありますし、また一応お茶 大数学の大学院生の為の講義なので、数学・物理ともに非常 に基礎的な話(あるいは重要な基礎的な部分を飛ばして形式 的な定義)から始め、SLE についてごく簡単な計算例をやっ てみる、という所までやる予定です。 予備知識として必要なのは学部の複素関数論と微積分、高校 の確率論 (大学レベルの確率論と確率微分方程式についてご 存知でしたらその部分を私に代わって講義して下さい)。 東京大学、東京工業大学、中央大学等の大学院とは単位の互換制度 があります。詳しくは所属大学の事務にお尋ね下さい。履修申請は なるべく早めにお願いします。 武部尚志(お茶の水女子大学) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1012 July 22, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== 教員公募のご案内です。 慶應義塾大学経済学部では、数学専任教員1名を公募します。 採用年月日:2009年4月1日。 職位・待遇:教授または准教授。給与は慶應義塾給与規定による。 書類提出期限:2008年10月10日(金)必着。 公募要項・応募方法の詳細は http://www.econ.keio.ac.jp/ann/recruit/ 及び 研究者人材データベース http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=0&id=D108070667&ln_jor=0 をご覧ください。 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1010 July 22, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 RAQ(Representation Theory of Algebraic Groups and Quantum Groups) Seminar のご案内です。 日時:2008年7月25日(金)、17:00-18:30 場所:上智大学3号館5階 3-571B教室 講演者:森田 英章 (小山高専) 講演題目:ガルシア=ハイマン加群と2変数グリーン多項式 講演要旨:  ガルシア=ハイマン加群はマクドナルドの正値予想の解決のため、 その名の通りガルシアとハイマンによって導入されました。 これは、自然数の分割に応じて定まる対称群の2重次数付き加群で、 対称群の左正則表現に分割に応じた2重の次数付けを与えたものと 考えることができます。  今回の講演では、ガルシア=ハイマン加群の持つある組合せ論的性 質に焦点をあて、それを誘導表現の言葉で解釈することに主眼をおきます。 問題の背後では、ガルシア=ハイマン加群の次数指標である 「2変数グリーン多項式」がベキ根で示す性質が鍵を握っており、 さらにその背後ではマクドナルド多項式のパラメーターにベキ根を 代入した際の挙動が糸を引いています。  分割が鈎型の場合では問題は既に解決しているので、この場合での 具体例の計算を主軸に、話を進めていきたいと考えております。また、 分割が長方形の場合には、まだ状況がはっきりしていないところが あるのですが、時間が許せばこの辺りの事情にも触れたいと考えてい ます。 ----------------- Toshiki Nakashima ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1009 July 22, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様方におかれましては,ますますご健勝のこととお慶び申し上げます. さて,本年11月6日(木)〜8日(土)の3日間,九州大学応用力学研究所にて, 「非線形波動の数理と物理」と題して研究集会を開催する予定です. つきましては,以下の要領で一般講演を募集致しますので,奮ってご応募 下さいますよう,よろしくお願い申し上げます. このメッセージはそのまま他の方に転送して頂いたり,ML等へ投稿して 頂いても結構です。多数のご参加をお待ちしております。 同じメールが既に届いている方はご容赦下さい. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 研究集会題目: 「非線形波動の数理と物理」 研究代表者 : 矢嶋徹(宇都宮大学大学院・工学研究科) 日    時: 2008年11月6日(木)〜11月8日(土) 会    場: 九州大学筑紫地区総合研究棟(C-CUBE) 1F 筑紫ホール 研究集会HP: http://lamp.is.utsunomiya-u.ac.jp/RIAM2008/  参加費: 無料 (懇親会費別) ※なお,研究集会の開催にあたり,九大数理のグローバルCOEプログラムに 経費補助の申請を行うことを検討中です. 申し込み締切 平成20年9月30日(火) 申し込み要領 ※原則として電子メールでお申し込み下さい. 1)題目 2)講演者氏名   ・講演者全員の氏名をお知らせ下さい   ・共同発表の場合は,登壇者がわかるようにお願いします 3)所属,住所   ・郵便番号から記載して下さい 4)職名   ・学生の場合は学年を記載して下さい 5)連絡先   ・住所は3)に記載したものと同じなら不要です   ・電話番号,FAX番号,電子メールアドレスも記載して下さい 6)要旨(100字程度) 7)講演の種別   ・口頭発表とポスター発表がありますので,ご希望の方をお知らせ下さい   ・ただし,調整の結果,ご希望に沿えない場合もありますのでご了承下さい 8)旅費援助の希望の有無 9)備え付けのプロジェクタ・OHC以外の機器を使う予定の場合はお知らせ下さい 10)その他の要望等(例えば,講演日時,講演時間) 以上の項目を記載の上,下記まで電子メールをお送り下さい. 申し込み先: 矢嶋徹(宇都宮大・工)(及川正行・九大にも Cc: して下さい) なお,詳細は研究集会ホームページをご覧願います. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1008.1 July 22, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 7月のセミナーのお知らせ 日時:2008年 7月26日(土)13:30--14:30 場所:駒場 東大数理科学研究科117号室 Speaker: 星野 歩 (上智大理工) Title : 概要:A型変形W代数の自由場表示を用いてA型Macdomald多項式の       tableau表示を構成する。さらにD型変形W代数の自由場表示を用いて、       第一基本ウェイトの正数倍のウェイトを持つD型Macdomald多項式の       tableau表示を構成する。       尚、本研究は白石潤一氏(東京大学)との共同研究である。 日時:2008年 7月26日(土)15:00--16:00 場所:駒場 東大数理科学研究科117号室 Speaker:古川俊輔 (理化学研究所) Title::Entanglement Entropy in Conventional and Topological Orders Abstract:量子多体系の基底状態には、しばしば、個々の粒子の       状態の直積では表せない構造、すなわち、エンタングルメントが現れる。       これを、エンタングルメント・エントロピーという指標を用いて測ることにより、       系のユニヴァーサリティを特徴づける重要な情報が得られることが近年、       明らかにされてきた。       セミナーでは、エンタングルメントについての基礎的な知識から始め、       私が取り組んできた(いる)、次の二つのテーマについてご紹介したい。       (1)量子ダイマー模型におけるトポロジカル・エントロピー         トポロジカル秩序を持つ系においては、エンタングルメント・ エントロピーに、背景のゲージ理論を特徴づける、負の定数項が 含まれることが、Kitaevらによって予想された。         我々は、Z2トポロジカル秩序を示すと考えられる量子ダイマー 模型において、予想の数値的検証を行い、予想が精度よく成り立つことを 示した。         Ref. S. Furukawa & G. Misguich, Phys. Rev. B 75, 214407 (2007).       (2)自発的対称性の破れとマクロスコピック・エンタングルメント                    自発的対称性の破れを示す系においては、有限系の基底状態に、 秩序を持った状態のマクロな重ね合わせ構造が見られる。 この構造がエンタングルメント・エントロピーにも反映され、 基底状態縮退度の情報を含む、正の定数項が現れることを示した。 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1008 July 22, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 7月のセミナーのお知らせ 日時:2008年 7月26日(土)13:30--14:30 場所:駒場 東大数理科学研究科117号室 Speaker: 星野 歩 (上智大理工) Title : TBA ------------------ 日時:2008年 7月26日(土)15:00--16:00 場所:駒場 東大数理科学研究科117号室 Speaker: 古川俊輔 (理化学研究所) Title: Entanglement Entropy in Conventional and Topological Orders ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1007 July 14, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 児玉裕治教授による特別講義 「実Grassmann多様体のコホモロジーとKP方程式系」のお知らせ 7月30日(水), 31日(木)の両日オハイオ州立大学の児玉裕治教授による 特別講義「実Grassmann多様体のコホモロジーとKP方程式系」が行われます. 日時・場所は 7月30日(水) 14:00−15:30 7月31日(木) 10:00−11:30 慶應義塾大学メディアセンター地下一階AVホール 詳しくは http://web.hc.keio.ac.jp/~ikeda/kodama'slecture.html をご覧ください. また両日児玉先生を囲みミニワークショップ 「可積分系への幾何学的アプローチ」(注:NL No.1005)を開催いたします. 奮ってご参加下さい. 連絡先 慶應義塾大学 池田 薫 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1006 July 14, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 共形場理論集中セミナーのご案内 皆様 土屋昭博氏(IPMU)の最近の研究成果を, ご本人に泊まり込みで解説して いただくセミナーを企画しました。 日時:2008年9月12日夕方(金)ー15日(月) 場所:富士Calm 人材開発センター富士研修所    山梨県富士吉田市新屋1400 tel 0555-22-5156    http://fujicalm.jp/     ご参加ご希望の方は7月31日までに神保道夫までご連絡下さい。 なお収容人員の都合上、総人数が30名に達した段階で締め切らせて 頂きますのであらかじめご了承下さい。 - --------------------------- 講義予定 ------------------------------- 講義のタイトル:$C_2$条件をみたす頂点作用素代数に付随した共形場理論 講義の概要:  1990年代始めまでに構成された共形場理論は,基本的に次の3つである。   (1) Virasoro 代数の極小系列   (2) Affine Lie 環の可積分表現   (3) Lattice Vertex Operator Algebra に associate した場合  いずれの場合も対応する頂点作用素代数の表現のつくる category は semi- simple であり、simple objects の数は有限個となる。  この結果を、例えば Affine Lie 環のKacー脇本の許容表現に拡張しようとすると、 すべてが破綻する。また、KazdanーLastig による4部作、tensor structure arising fram Affine Lie algebra もこのような category に入っていない。  講演者は2000年代始めから永友清和氏と共に Zhu の $C_2$ 有限性条件をみたす 頂点作用素代数の表現論の基礎付けを行ない、対応するリーマン面上の共形場理論の 構成を行ない,更に Fusion Tensor圏の成立の解明に務めてきた。部分的には松尾氏の 協力も得て基礎付けを完成することが出来た。このとき、表現のつくる Abelian category は Artin かつ Nother であり simple objects の数は有限個となる。 しかし。abel 圏としては semiーsimple ではない。このため、共形ブロックの 因子化定理の定式化等、克服すべき課題は沢山あった。  この共形場理論は、Log C.F.T. として物理学者により新たな展開が図られ始 めた。 目次: (1)目的と結果 (2)$C_2$ 有限性条件をみたす頂点作用素代数の表現のつくる abel 圏 (3)リーマン面上の共形場理論、共形ブロックと因子化定理 (4)Fusion Tensor 圏も構成とその性質 (5)例 W(p) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1005 July 14, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ==========================================================           慶應代数解析セミナー    児玉裕治先生を囲み以下のテーマでミニワークショップを行います.      「可積分系への幾何学的アプローチ」 日時・場所 7月30日(水), 31日(木) 慶應義塾大学日吉キャンパスメディアセンター地下1階AVホール.なお30日最後の講演は 場所を来往舎2階中会議室に移しおこないます. ご注意ください. 詳しくは http://web.hc.keio.ac.jp/~ikeda/daisukaiseki.html をご覧ください. 7月30日(水) 15:45−16:45 野原雄一(名古屋大学) Gelfand-Cetlin 系のトーリック退化とポテンシャル関数 17:10−18:10 竹村剛一(横浜市立大学) Middle convolution and Heun's equation 7月31日(木) 13:00−14:00 池田岳(岡山理科大学) Schubert幾何とScur多項式 14:15−15:15 藤井一幸(横浜市立大学) General solution of Quantum Damped Harmonic Oscillator 15:30−16:30 宮崎直哉(慶応大学) Construction of groupoids associated with quantization 児玉先生の講演は7月30日は14:00から15:30まで31日は 10:00から11:30までメディアセンターのAVホールで行われます. 別途ご案内いたします. お手数ですがメディアセンター入館の際は入り口カウンターにてこのワークショップの案内を お見せになるかこのワークショップの名前をおっしゃって下さい    . ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1004 July 14, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, IPMU (the Institute for the Physics and Mathematics of the Universe) holds Mathematics and Physics seminar on Thursday, 15:30 -- 17:00 at Kashiwa Campus of the University of Tokyo. The detail of the seminar is as follows: =============================================================== IPMU Mathematics and Physics seminar in Kashiwa Date: 17 (Thu) July, 2008, 15:30 -- 17:00 Place: Seminar Room at Prefab. B, Kashiwa Campus, the University of Tokyo. Speaker: Kyoji Saito (IPMU) Title: Partition functions for non-commutative lattices Abstract: We develop an abstract theory of partition functions on non-commutative lattices (i.e. on Cayley graphs of groups). The space of all partition functions has natural fibration over the space of all opposite series for the growth fuctions of the group. If the space is finite, we give a residue formula for the traces of the fibration. =============================================================== Please notice that the Mathematics and Physics seminar will be held at "the Prefab" of IPMU. It is located at the next of the prefab of "Frontier Sciences, Computational Biology" (情報生命科学実験棟). Also please notice that the prefab of IPMU wouldn't appear on maps of Kashiwa campus, because it is quite new. As for the location of the prefab of Frontier Sciences, Computational Biology, you can check from the following maps. http://www.k.u-tokyo.ac.jp/renewal/access/image/map2008_001.jpg http://kashiwaio.dir.u-tokyo.ac.jp/english/campusmap.html The schedule of the seminar can be checked from http://www.ipmu.jp/seminars/ We welcome the participation of an audience with broad interests. Best Regards, the seminar organizers: Shushi Harashita (IPMU) Yuji Sano (IPMU) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1003 July 10, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 関係各位: 以前お知らせしました研究会のプログラムが ほぼ確定しましたのでご連絡いたします. 興味をお持ちの方はご参加ください. 情報は、下記のホームページでアップデートされます. http://www2.kobe-u.ac.jp/~mhsaito/ftop.html %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 研究集会:「微分ガロア理論, モノドロミー保存変形とパンルベ方程式 」 2008年7月22日(火曜日)午後--7月25日(金曜日)午後 神戸大学自然科学研究科3号館6階野海プロジェクト内620号室 7月22日(火) 13:00--15:00 梅村浩 「一般ガロア理論と可積分性への応用 I」 15:30--17:00 梅村浩 「一般ガロア理論と可積分性への応用 II」 7月23日(水) 09:30--11:00 森川修司「Picard-Vessiot 理論と淡中圏」 11:20--12:20 梅村浩 「一般微分ガロア理論入門 a」 13:30--14:30 梅村浩 「一般微分ガロア理論入門 b」 15:00--16:30 岩崎克則「指標多様体上の有限軌道とパンルヴェ VI の代数解」 7月24日(木) 13:00--14:30 梅村浩 「Groupoid と ガロア理論」 15:00--16:30 森川修司 「非線型差分方程式のガロア理論 とその例」 7月25日(金) 10:00--11:30 齋藤政彦「接続のモジュライ空間とモノドロミー・ストーク ス係数保存変形」 13:00--15:00 梅村浩 「微分ガロア理論とPainlev\'e方程式の定義について」 講演者: 梅村浩(名古屋大学) 森川修司(名古屋大学) 岩崎克則(九州大学) 齋藤政彦(神戸大学) 旅費の補助: 科学研究費補助金(基盤研究(S) 研究代表者:齋藤政彦(神戸大学)) よ り,大学院生、研究者に対する旅費の援助が若干可能です. 旅費に関する問い合わせ は下記までご連絡ください: 辻美穂 そのほかの連絡先:齋藤政彦 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1002 July 8, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 関係各位 文部科学省グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育研究拠点」 テイクオフセレモニーのご案内 http://www.math.kyushu-u.ac.jp/board/view.php?kind=&S_Category=N&S_Language=J&S_Page=B&S_View=&word=&page=&B_Code=815 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 さて、このたび、九州大学大学院数理学府数理学専攻/システム情報科学府情報 工学専攻ならびに神戸大学理学研究科数学専攻が連携して申請しておりました文 部科学省グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育研究拠 点」が採択されました。マス・フォア・インダストリ(以下「MI」と称する) と は、純粋・応用数学を流動性・汎用性をもつ形に融合再編しつつ産業界からの要 請に応えようとすることで生まれる、未来技術の創出基盤となる数学の新研究領 域です。     http://www.jsps.go.jp/j-globalcoe/05_kyoten_g.html 本プログラムでは、統計・確率、数値/数式計算、可積分系、離散数学をはじめ とする優れた研究実績をもとに、数学と産業界のいまだ類を見ない協働に向けた 先駆的、組織的取組をさらに押し進め、世界最高水準のMI教育研究拠点の形成を 目指しています。MIの展開には新しい研究人材が不可欠です。数理学府博士後期 課程機能数理学コースにおける長期インターンシップの拡充をはじめとするカリ キュラムの整備、充実したポスドク制度の導入など、技術に生きる数学を実践す る上で国際的に通用する優れた研究人材の育成を目指します。この事業目的達成 のためには産業界との双方向の協力が不可欠で、数学の産学連携教育研究の一層 の推進をはかるために力を尽くしていく所存です。 事業開始に当たり、下記の要領で『「マス・フォア・インダストリ教育研究拠 点」テイクオフセレモニー』を催したく存じますので、ご案内申し上げます。な お、セレモニー終了後、引き続き懇親の席を設けておりますので、あわせてご案 内申し上げます。                 敬具 グローバルCOEプログラム拠点リーダー・九州大学大学院数理学研究院長                   若山 正人              記 1. セレモニー  日 時  2008年7月23日(水) 14:30〜17:30  (受付開始14:00)  場 所  JALリゾート シーホークホテル福岡 1階 ナビスA       http://www.hawkstown.com/cgi-bin/cms_hotel/index.cgi      (地下鉄空港線「唐人町(3番出口)」下車 徒歩18分、       バス 博多駅・福岡交通センター〜(約20分)、          天神バスセンター〜(約15分)、「ヤフードーム前」       「国立医療センター」または「シーホークホテル前」下車すぐ)  主 催  九州大学大学院数理学研究院  共 催  九州大学産業技術数理研究センター 2. バンケット  日 時  2008年7月23日(水) 18:00〜19:30  (受付開始17:30)  場 所  JALリゾート シーホークホテル福岡  5階 ティンガティンガ  参加費  3,000円 ◎セレモニー参加事前登録 参加ご希望の方は、7月18日(金)までに coe AT math.kyushu-u.ac.jp または、 Fax: 092-642-7301 宛に、氏名(ふりがな)、所属と連絡先をお知らせ下さ い。第1部の参加は無料です。 ◎バンケット申し込み 準備の都合上、バンケット出席ご希望の方は、7月18日(金)までに上記宛てに お知らせ 下さい。 ◎問合せ先  九州大学大学院数理学研究院 coe事務室  Tel&Fax: 092-642-4201/092-642-2778  URL: http://www.math.kyushu-u.ac.jp/index.php          【プログラム】 第1部 テイクオフセレモニー    1階 ナビスA 14:30〜14:40  梶山 千里(九州大学総長)  挨拶 14:40〜15:00  木村  良(文部科学省科学技術政策研究所所長)  祝辞 15:00〜15:15  若山 正人(九州大学数理学研究院長/拠点リーダー) 趣旨説明 15:20〜15:50  北川 源四郎(統計数理研究所所長)        『知識社会における数理科学の役割』 16:10〜16:25  Tim Hoffmann(九州大学数理学研究院教授)        『Mathematical Visualization with jReality』 16:30〜17:00  林  弘  (富士通研究所顧問)        『IT企業からみた数学への期待』 17:00〜17:30  薩摩 順吉  (青山学院大学理工学部教授)        『言葉としての数学』            〈移動〉 第2部  バンケット 18:00〜19:30  5階 ティンガティンガ 参加費  3000円 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1001 July 7, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 神戸可積分系セミナー 日時:2008年7月10日(木) 午後4時30分〜6時00分 場所:神戸大学自然科学研究科3号館620号室 講演者:Jie Xiao (Tsinghua University) タイトル:Hall algebras in representation theory アブストラクト: Hall algebras introduced first by C.M.Ringel build up a bridge to connect the representation theory of algebras, infinite dimensional Lie algebras and quantum groups. We will report some recent progress for the Hall algebra approach in algebraic and geometric aspect to realize the infinite dimensional Lie algebras and quantum groups. It contains (1) Hall algebras arising from triangulated categories, (2) derived categories and Lie algebras, (3) Green formula with $C^*$-action and C-K formula for cluster algebras, (4) a symmetry for 2-Calabi-Yau algebras. Some results are based on the joint work with F.Xu and G.Zhang. -------------------------------------------------------- For further information: http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ contact: Yasuhiro Ohta ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.1000 July 7, 2008 ========================================================= ========================================================== 皆様のご協力により、この News Letter は目出度く No. 1000 を 迎えることができました。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 日時:7月15日(火), 10:30-12:00, 13:00-14:30 場所:京都大学数理解析研究所 102号室 講師:阿部 紀行(東京大学) 講演題目: On the existence of homomorphisms between principal series of comp lex semisimple Lie groups 講演要旨: In this talk, I give the condition for the existence of non-zero homomorphisms between principal series of complex semisimple Lie groups. I also give the condition for the existence of non-zero homomorphisms between twisted Verma modules, which is an extension of a result of Verma and Bernstein-Gelfand-Gelfand. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.993.1 July 5, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== 関係各位 先日送付しました「グローバルCOE博士研究員」の公募案内には重大な誤りがご ざいました.博士研究員の任期は,正しくは    (a) MIリサーチャー:   平成22年3月31日まで.    (b) GCOEリサーチャー:  平成23年3月31日まで. です. 7月1日付の案内には1年ずつ短い任期が書いてありますが,それは誤りです.重 要な情報に誤りがありましたことを,謹んでお詫び申しあげます.             福本 康秀 *****************************************  グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育研究拠点」        拠点リーダー        九州大学大学院数理学研究院 若山正人 関係各位 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます.  さて,このたび本研究院では,グローバルCOEプログラム「マス・フォア・イ ンダストリ(Math-for-Industry: MI)教育研究拠点」の事業目的達成の一環と して,下記の要領により,博士研究員を公募いたします.ご多忙のところ誠に恐 縮ですが,貴関係者にお知らせ下さるとともに,適任者をご存じの場合は,応募 するようにお勧めくださいますようお願い申し上げます.  公募の詳細につきましては本研究院の web page でも掲示しております. http://www.math.kyushu-u.ac.jp/index.php からたどって,「GCOE博士研究員公募(8/1〆)」お進みください: http://www.math.kyushu-u.ac.jp/board/view.php?kind=&S_Category=N&S_Language=J&S_Page=B&S_View=&word=&page=&B_Code=809 なお、文部科学省グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育 研究拠点」については、ホームページ    http://www.jsps.go.jp/j-globalcoe/05_kyoten_g.html をご参照ください.              敬具            記 1. 公募対象: (a) MIリサーチャー,(b) GCOEリサーチャー: 合わせて10名  (a) MIリサーチャーは企業等の研究所・研究開発部門への就職を希望する人   を対象とします.企業との共同研究支援を受けることができます.  (b) GCOEリサーチャーは広い意味での数学および数理科学の研究に従事する   ポスドクです. 2. 採用予定日: 2008年9月16日以降のなるべく早い時期. 3. 任期: (a) MIリサーチャー:   平成22年3月31日まで.       (b) GCOEリサーチャー:  平成23年3月31日まで. 4. 待遇:月当たり棒給で,30万円程度から支給する.国立大学法人九州大学   で別途規定するところによる. 5. 応募資格: 博士の学位を取得した者または採用時点までに博士の学位取得   見込みの者.(a), (b)いずれか一方しか応募できません. 6. 提出書類:  (1)履歴書(所定の様式に記入.様式は   http://www.math.kyushu-u.ac.jp/files/GCOE20080801/profile_gcoe.doc   からダウンロードして下さい.   pdfファイルもあります.末尾の?doc"を?pdf"に換えてください)  (2)研究業績リスト(論文,研究集会の発表等.論文が印刷中,投稿中のとき   はそのことを明記すること.)  (3)研究業績の説明(A4 で原則2枚程度)  (4)論文別刷,プレプリントなど  (5)将来の研究計画(A4 2枚程度).   (a) MIリサーチャーを希望する者:その中に自らが希望する研究テーマ・     業種についての抱負を1000字程度で盛り込むこと.   (b) GCOEリサーチャーを希望する者:その中に自らの研究に即して「マス・    フォア・インダストリ」への関心を1000字程度で盛り込むこと.  (6)応募者について問い合わせることができる方3名の氏名と連絡先.   その内1名の方に推薦状を,応募期限内に,別便にて,   下記提出先までお送り下さるようご依頼下さい.    なお,推薦状は電子メールでも受け付けます.    subject を“PD-Recommend”として    global-coe-pd AT math. kyushu-u. ac. jp あてに送信して下さい. 7. 応募期限: 2008年8月1日(金)必着. 8. 書類提出先:   〒812-8581福岡市東区箱崎6-10-1  九州大学大学院数理学研究院 グローバルCOE博士研究員選考委員会 宛  ※応募書類は,封筒に「MIリサーチャー応募資料」または「GCOEリサーチャー   応募資料」と朱書の上,簡易書留で郵送して下さい.   提出書類は返却いたしません. 問い合わせ先: 福本康秀          Tel: 092-642-2762,Fax: 092-642-2779(事務室) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.999 July 3, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 古典解析セミナー(大阪大学)の案内 日時:07月16日(水)15:30〜 講演者: 藤 健太(神戸大学) タイトル:野海・山田系におけるτ関数の関係式 場所: 大阪大学理学部 B313/315/317 アブストラクト: 野海・山田系はA型のDrinfeld-Sokolov階層として理解できる. Drinfeld-Sokolov階層に対してτ関数を導入し, Drinfeld-Sokolov階層における佐藤方程式を利用して τ関数の関係式を導く. (9日予定のセミナーは、都合により後期に行うことにしました) 連絡先: 大阪大学大学院情報科学研究科 大山 陽介 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.998 July 3, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ==========================================================  グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育研究拠点」        拠点リーダー        九州大学大学院数理学研究院 若山正人 関係各位 グローバルCOEプログラム博士研究員の公募について 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます.  さて,このたび本研究院では,グローバルCOEプログラム「マス・フォア・イ ンダストリ(Math-for-Industry: MI)教育研究拠点」の事業目的達成の一環と して,下記の要領により,博士研究員を公募いたします.ご多忙のところ誠に恐 縮ですが,貴関係者にお知らせ下さるとともに,適任者をご存じの場合は,応募 するようにお勧めくださいますようお願い申し上げます.  公募の詳細につきましては本研究院の web page でも掲示しております. http://www.math.kyushu-u.ac.jp/index.php からたどって,「GCOE博士研究員公募(8/1〆)」お進みください: http://www.math.kyushu-u.ac.jp/board/view.php?kind=&S_Category=N&S_Language=J&S_Page=B&S_View=&word=&page=&B_Code=809 なお、文部科学省グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育 研究拠点」については、ホームページ    http://www.jsps.go.jp/j-globalcoe/05_kyoten_g.html をご参照ください.              敬具            記 1. 公募対象: (a) MIリサーチャー,(b) GCOEリサーチャー: 合わせて10名  (a) MIリサーチャーは企業等の研究所・研究開発部門への就職を希望する人   を対象とします.企業との共同研究支援を受けることができます.  (b) GCOEリサーチャーは広い意味での数学および数理科学の研究に従事する   ポスドクです. 2. 採用予定日: 2008年9月16日以降のなるべく早い時期. 3. 任期: (a) MIリサーチャー:   平成21年3月31日まで.       (b) GCOEリサーチャー:  平成22年3月31日まで. 4. 待遇:月当たり棒給で,30万円程度から支給する.国立大学法人九州大学   で別途規定するところによる. 5. 応募資格: 博士の学位を取得した者または採用時点までに博士の学位取得   見込みの者.(a), (b)いずれか一方しか応募できません. 6. 提出書類:  (1)履歴書(所定の様式に記入.様式は   http://www.math.kyushu-u.ac.jp/files/GCOE20080801/profile_gcoe.doc   からダウンロードして下さい.   pdfファイルもあります.末尾のdoc"をpdf"に換えてください)  (2)研究業績リスト(論文,研究集会の発表等.論文が印刷中,投稿中のとき   はそのことを明記すること.)  (3)研究業績の説明(A4 で原則2枚程度)  (4)論文別刷,プレプリントなど  (5)将来の研究計画(A4 2枚程度).   (a) MIリサーチャーを希望する者:その中に自らが希望する研究テーマ・     業種についての抱負を1000字程度で盛り込むこと.   (b) GCOEリサーチャーを希望する者:その中に自らの研究に即して「マス・    フォア・インダストリ」への関心を1000字程度で盛り込むこと.  (6)応募者について問い合わせることができる方3名の氏名と連絡先.   その内1名の方に推薦状を,応募期限内に,別便にて,   下記提出先までお送り下さるようご依頼下さい.    なお,推薦状は電子メールでも受け付けます.    subject を“PD-Recommend”として    global-coe-pd AT math. kyushu-u. ac. jp あてに送信して下さい. 7. 応募期限: 2008年8月1日(金)必着. 8. 書類提出先:   〒812-8581福岡市東区箱崎6-10-1  九州大学大学院数理学研究院 グローバルCOE博士研究員選考委員会 宛  ※応募書類は,封筒に「MIリサーチャー応募資料」または「GCOEリサーチャー   応募資料」と朱書の上,簡易書留で郵送して下さい.   提出書類は返却いたしません. 問い合わせ先: 福本康秀  ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.997 July 3, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 RAQ(Representation Theory of Algebraic Group and Quantum Group) Seminar のご案内です。 講演者:杉山和成(千葉工業大学) 日時:7月11日(金)17:00--18:30 場所:上智大学3号館5階3-571B教室 講演題目: b-functions associated with quivers of type A 講演要旨: The b-functions of relative invariants play an important role not only in the theory of prehomogeneous vector spaces, but also in representation theory. Now let us consider a prehomogeneous vector space arising from representations of the quiver of type A with a certain fixed dimension vector. The relative invariants of such a prehomogeneous vector space were investigated by S. Abeasis, K. Koike and others. In this talk, we will discuss the b-functions associated with those relative invariants. ----------------- Toshiki Nakashima ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.996.1 June 23, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== ご案内(再送):先ほどの案内は最終日の日にち一日ずれており また講演者の氏名を間違えました.訂正いたします.すみません. 研究集会: 「微分ガロア理論, モノドロミー保存変形とパンルベ方程式 」 梅村浩氏の連続講演を中心とした, 上記の話題に関する勉強会を企画しています.興 味をお持ちの方はご参加ください. 日時:2008年7月22日(火曜日)午後--7月25日(金曜日)午後 場所:神戸大学自然科学研究科3号館6階野海プロジェクト内620号室 内容およびプログラムの詳細は7月の半ばまでにお知らせします. 講演予定者: 梅村浩(名古屋大学) 森川修司(名古屋大学) 岩崎克則(九州大学) 齋藤政彦(神戸大学)他 旅費の補助:研究費補助金(基盤研究(S) 研究代表者:齋藤政彦(神戸大学))より, 大学院生、研究者に対する旅費の援助が若干可能です. この件を含めて質問は下記までご連絡ください: 辻美穂 そのほかの連絡先:齋藤政彦 また下記のHPでも順次情報をお知らせいたします. http://www2.kobe-u.ac.jp/~mhsaito/ftop.html ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.996 June 23, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 研究集会: 「微分ガロア理論, モノドロミー保存変形とパンルベ方程式 」 梅村浩氏の連続講演を中心とした, 上記の話題に関する 勉強会を企画しています.興味をお持ちの方はご参加ください. 日時:2008年7月22日(火曜日)午後--7月24日(金曜日)午後 場所:神戸大学自然科学研究科3号館6階野海プロジェクト内620号室 内容およびプログラムの詳細は7月の半ばまでにお知らせします. 講演予定者:梅村浩(名古屋大学)、森川修司(名古屋大学)、岩崎克典(九州大学) 、 齋藤政彦(神戸大学)、他 旅費の補助:研究費補助金(基盤研究(S) 研究代表者:齋藤政彦(神戸大学)) より, 大学院生、研究者に対する旅費の援助が若干可能です. この件を含めて質問は下記までご連絡ください: 辻美穂 そのほかの連絡先:齋藤政彦 また下記のHPでも順次情報をお知らせいたします. http://www2.kobe-u.ac.jp/~mhsaito/ftop.html ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.995 June 23, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== 平成20年度[特定有期雇用職員]特定研究員(グローバルCOE)の募集について  京都大学大学院理学研究科数学・数理解析専攻と数理解析研究所は「数学の トップリーダーの育成」プログラムでグローバルCOE拠点に採択されました。 本拠点では、国際拠点形成の一環として平成20年度特定研究員(グローバル COE)の公募を下記の要領で行います。 将来性のある研究者の応募を歓迎 します。 記 1. 公募人員: 10名程度 2. 研究(職務)内容:数学の研究、および大学院教育の補助 3. 応募資格:次の2条件を満たしている者 (1) 原則として、着任予定時に博士の学位を有していること。 (2) 着任予定時に他の職を有していないこと。 4. 採用予定日:平成20年9月1日以降、できるだけ早い時期。 5. 採用予定期間:原則として採用日より平成22年3月末日まで。その後、業績 によっては更新もある。ただし、最長当該プログラムの期間内。 6. 待遇:特定研究員(グローバルCOE)として月額30万円以上を京都大 学の規定に従って支給する。COE運営委員会が認める場合には海外出張 も可能。 7. 所属:採用後は、理学研究科もしくは数理解析研究所のいずれかに所属する。 8. 応募締切:平成20年7月18日(金曜日)必着。 9. 選考方法:原則として書類選考とし、場合によっては面接を行う。 10. 提出書類:封書に「特定研究員(グローバルCOE)応募書類在中」と朱 書し、以下の書類を簡易書留等(宅配便可)で送付するか、または直接持 参すること。 (1)履歴書 … 通常の履歴事項の後に、可能な着任時期を明記すること。また、 電子メールのアドレスも明記すること。 (2)これまでの研究成果のレジュメ及び今後の研究計画をA4判用紙計3〜5枚 程度にまとめたもの。その中には、両組織の構成員との共同研究の可能性 をふまえて、採用後の所属を数学教室と数理解析研究所のいずれを希望す るか書くこと。 (3)論文リスト(発表予定のものを含む。)…A4判用紙に横書のこと。 (4)申請者の研究をよく理解している人(推薦者を含む)3名のリスト…氏名・ 所属・連絡先をA4判用紙に横書のこと。 (5)推薦書(1通以上)… 推薦者自身が厳封した封書の形で、原則として同封 して提出のこと(簡易書留等にて別送も可。締切日厳守のこと) (6)博士号未取得者の場合には、指導教員もしくはそれに代わる者の学位取得 予定日を明記した文書。提出方法は(5)に準ずる。 (7)論文別刷、プレプリント… 主要なもの(コピーも可)。 上記書類(1)(2)(3)(4)は、それぞれに氏名を記入すること。なお、各様式は定 めないが、A4サイズの用紙を使用すること。また、提出書類は返却しない。 11. 選考結果通知時期:平成20年8月の予定 12. 書類送付先及び問い合わせ先: 〒606-8502  京都市左京区北白川追分町 京都大学理学研究科数学教室事務室 (電話:075−753−3700、 FAX : 075−753−3711) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.994 June 23, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 どうぞ奮ってご参加下さい。 さいとう よしひさ 東京大学大学院数理科学研究科 ------------------------------------------------------------ 講演者:小寺諒介(東大数理) 場所:東京大学大学院数理科学研究科、370号室 日時:6月26日(木)17:00ー18:30 タイトル: A generalization of adjoint crystals for the quantized affine algebras of type $A_n^{(1)}$, $C_n^{(1)}$ and $D_{n+1}^{(2)}$ アブストラクト: アファイン量子展開環のKirillov-Reshetikhin加群を用いて定義されるあるcrystalの 系列$B_l$($l$は非負整数)を考える.この系列はBenkart-Frenkel-Kang-Leeによって 構成されたadjoint crystalを$B_1$として含み, よい性質を持つことが期待される. 本講演では, $A_n^{(1)}$, $C_n^{(1)}$, $D_{n+1}^{(2)}$型の場合に, $B_{l+1}$の 構造が$B_l$を用いて帰納的に記述できることを紹介する. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.993 June 23, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== 平成20年6月20日  グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育研究拠点」        拠点リーダー        九州大学大学院数理学研究院 若山正人 関係各位 九州大学大学院数理学研究院における助教の公募について 拝啓  時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます.  さて、本研究院では下記の公募を行うこととなりました.ご多忙のところ誠に 恐縮ですが、貴関係者にお知らせ下さるとともに、適任者をご存じの場合は、応 募するようにお勧めくださいますようお願い申し上げます.  公募の詳細につきましては本研究院の web page でも掲示しております.   http://www.math.kyushu-u.ac.jp/index.php からたどって、「GCOE助教公募(締切:8月29日)」にお進みください: http://www.math.kyushu-u.ac.jp/board/view.php?kind=&S_Category=N&S_Language=J&S_Page=B&S_View=&word=&page=&B_Code=797 なお、文部科学省グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育 研究拠点」については、ホームページ    http://www.jsps.go.jp/j-globalcoe/05_kyoten_g.html をご参照ください.              敬具 1. 公募対象: 助教3名(文部科学省グローバルCOEプログラムによる特定有期 教員) 2. 採用予定日: 2008年10月1日以降のなるべく早い時期. 3. 任期:   2013年3月31日まで. 再任なし. 4. 研究分野: 広い意味での数学および数理科学. 5. 待遇: 国立大学法人九州大学(以下「本学」という.)が定める規則による.  (1) 給与は月払いにより支払うものとし、本学が定める規程に基づく額を    支給する.退職手当は支給しない.ただし、年度一時金を支給する.  (2) 文部科学省共済組合への加入可、職員宿舎への入居可. 6. 職務:  (1) 理学部数学科の講義(数理統計、計算数学を含む)の演習.    希望すれば大学院の講義も担当可能.  (2) その他通常の助教と同じ職務. 7. 提出書類:  (1)履歴書(所定の様式に記入.様式は   http://www.math.kyushu-u.ac.jp//files/GCOE/profile.doc   からダウンロードして下さい.   pdfファイルもあります.末尾の"doc"を"pdf"に換えてください)  (2)研究業績リスト(論文リスト、研究集会等の発表リスト)  (3)研究業績の説明(A4 で原則2枚程度)  (4)論文別刷、プレプリントなど  (5)将来の研究計画(A4 2枚程度):その中に自らの研究に即して   「マス・フォア・インダストリ」への関心を1000字程度で盛り込むこと.  (6)応募者について問い合わせることができる方3名の氏名と連絡先.   その内1名の方に推薦状を、応募期限内に、別便にて、   下記提出先までお送り下さるようご依頼下さい.    なお、推薦状は電子メールでも受け付けます.     subject を“MI-Recommend”として    gcoe-jyokyo @ math. kyushu-u. ac. jp あてに送信して下さい. 8. 応募期限: 2008年8月29日(金)必着. 9. 書類提出先:   〒812-8581福岡市東区箱崎6-10-1  九州大学大学院数理学研究院 助教人事選考委員会 宛  応募書類は、封筒に「助教応募資料」と朱書の上、簡易書留で郵送して下さい.    問い合わせ先:福本康秀         Tel: 092-642-2762、Fax: 092-642-2779(事務室) ============================================= 梶原 健司 九州大学大学院数理学研究院(理学部分室) 812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 =============================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.992 June 20, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 九州可積分系セミナー 日時:2008 年 7月 10日(木)10 時 30 分 場所:九州大学六本松キャンパス4号館 4-313 号室 講演者:池田 岳 氏(岡山理大) タイトル: 特殊関数としてのシューベルト多項式 概要: コホモロジー環において,幾何的に自然であり,しかも可能な限り 明示的な基底を与えること,それがシューベルト多項式の第一義的な役割 であろう.それはまた,一方では組合せ的な対象に関する足し上げによる表示を 持ち,一方では行列式やパフィアンを用いて「閉じた」姿をも持っていることもあるな ど,それ自体,特殊関数としての魅力も備えている.このセミナーでは,最近見つ かった古典型の二重シューベルト多項式(成瀬弘,L. Mihalcea との共同)に関して, その組合せ論的な諸性質を中心に紹介したい. 問い合わせ先:岩崎克則(九大数理)梶原健司(九大数理)津田照久(九大数理) web page: http://gandalf.math.kyushu-u.ac.jp/QIS/index.html ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.991 June 20, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, IPMU (the Institute for the Physics and Mathematics of the Universe) holds Mathematics and Physics seminar on Thursday, 15:30 -- 17:00 at Kashiwa Campus of the University of Tokyo. The detail of the seminar is as follows: =============================================================== IPMU Mathematics and Physics seminar in Kashiwa Date: 25 (Wed) June, 2008, 13:30 -- 15:00 (NOTICE: This talk will be held on "Wednesday" and will begin earlier than usual.) Place: Seminar Room at Prefab. B, Kashiwa Campus, the University of Tokyo. Speaker: J.Manuel Garcia-Islas (National Autonomous University of Mexico) Title: Spin foam models of quantum gravity Abstract: In this talk we give an introduction to the spin foam models of quantum gravity which are the covariant version of loop quantum gravtiy(LQG). Spin foam models are mathematically rigourous and we will show how in particular cases they are related to topological quantum field theories. We will also describe a recent novel way introduced by the presenter for the first time to interpret black hole entropy in these models. =============================================================== IPMU Mathematics and Physics seminar in Kashiwa Date: 3 (Thu) July, 2008, 15:30 -- 17:00 Place: Seminar Room at Prefab. B, Kashiwa Campus, the University of Tokyo. Speaker: Yuji Sano (IPMU) Title: On multiplier ideal sheaves on toric Fano manifolds. Abstract: In the existence problem of Kahler-Einstein metrics on compact Kahler manifolds, the case of Fano manifolds is still open. It is conjectured that the existence of canonical Kahler metrics including KE metrics would be equivalent to stability of manifold in the sense of Geometric Invariant Theory. Multiplier ideal sheaves (MIS) can be considered as a tool to describe the bubbling off set in the continuity method/Kahler-Ricci flow and it is expected that MIS would be related to stability of manifolds. In this talk, I would like to discuss the support of MIS induced from the continuity method on toric Fano manifolds. This talk will be based on a part of the joint work with Akito Futaki. =============================================================== Please notice that the Mathematics and Physics seminar will be held at "the Prefab" of IPMU. It is located at the next of the prefab of "Frontier Sciences, Computational Biology" (情報生命科学実験棟). Also please notice that the prefab of IPMU wouldn't appear on maps of Kashiwa campus, because it is quite new. As for the location of the prefab of Frontier Sciences, Computational Biology, you can check from the following maps. http://www.k.u-tokyo.ac.jp/renewal/access/image/map2008_001.jpg http://kashiwaio.dir.u-tokyo.ac.jp/english/campusmap.html The schedule of the seminar can be checked from http://www.ipmu.jp/seminars/ We welcome the participation of an audience with broad interests. Best Regards, the seminar organizers: Shushi Harashita (IPMU) Yuji Sano (IPMU) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.990 June 16, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 神戸可積分系セミナー 日時:2008年6月26日(木) 午後4時00分〜5時30分 場所:神戸大学自然科学研究科3号館620号室 講演者:Andrew Neitzke (IAS, Princeton) タイトル:Comments on tt* geometry and BPS wall-crossing ご来聴を歓迎いたします. 会場への案内等は http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ または http://www2.kobe-u.ac.jp/~mhsaito/ftop.html をご覧ください. contact: Yasuhiro Ohta ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.989 June 11, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 日時:6月17日(火), 11:00-12:00, 13:00-14:00 場所:京都大学数理解析研究所 102号室 講師:内藤 聡 (筑波大学) 講演題目: Mirkovic-Vilonen polytopes of Demazure crystals and extremal Mirkovic-Vilonen polytopes 講演要旨: Mirkovic-Vilonen (MV for short) polytopes are the images of MV cycles in the affine Grassmannian under the moment map, and these polytopes provide a realization of the crystal basis (highest weight crystal) for the irreducible highest weight module over a quantized universal enveloping algebra (of the Langlands dual Lie algebra). In this talk, I will give an explicit description of the subset of MV polytopes corresponding to a Demazure (sub-) crystal of a highest weight crystal. Also, I will give a polytopal expression for MV polytopes corresponding to extremal elements in a highest weight crystal. This is a joint work with D. Sagaki. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.988 June 6, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 6月の東京無限可積分セミナーの予定です。 日時:2008年 6月14日(土)13:30--14:30 場所:駒場・東大数理科学研究科117号室 講演者:孫 娟娟 (東大数理) タイトル: Confluent KZ equations for $sl_2$ and quantization of monodromy preserving deformation 概要: We obtain a system of confluent Knizhnik-Zamolodchikov (KZ) equations which generalizes that of KZ equations for $sl_2$, and give integral solutions of the system. We also study the relation between the system and monodromy preserving deformation theory, and recover quantizations of Painlev\'e equations P_I-P_V with affine Weyl group symmetry which are introduced by H.Nagoya. ========================================================== 日時:2008年 6月14日(土)15:00--16:00 場所:駒場・東大数理科学研究科117号室 講演者: Paul A. Pearce (Univ. of Melbourne) タイトル: Exact Solution and Physical Combinatorics of Critical Dense Polymers 概要: A Yang-Baxter integrable model of critical dense polymers on the square lattice is introduced corresponding to the first member ${\cal LM}(1,2)$ of a family of logarithmic minimal models. The model has no local degrees of freedom, only non-local degrees of freedom in the form of extended polymers. The model is built diagrammatically using the planar Temperley-Lieb algebra and solved exactly on finite width strips using transfer matrix techniques. The bulk and boundary free energies and finite-size corrections are obtained from the Euler-Maclaurin formula. The spectra are classified by selection rules and the physical combinatorics of the eigenvalue patterns of zeros in the complex spectral-parameter plane. This yields explicit finitized conformal characters. In particular, in the scaling limit, we confirm the central charge $c=-2$ and conformal weights $\Delta_{1,s}=\frac{(2-s)^2 -1}{8}$ for $s=1,2,3,\ldots$ where $s-1$ is the numberof defects. ============================================================ 連絡先:白石潤一 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.987 June 6, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 日時:6月12日(木), 13:00-15:00 場所:京都大学数理解析研究所 102号室 講師:笠谷 昌弘氏 (京都大学) 講演題目: Polynomial solutions of the qKZ equation, and relative topics 講演要旨: In this talk, I explain a construction of polynomial solutions of the quantum Knizhnik-Zamolodchikov (qKZ) equation in terms of non-symmetric Macdonald polynomials. This is the joint work with Y. Takeyama. I will also explain "positivity conjecture" proposed by V. Pasquier and me. The conjecture claims that the evaluation of components of certain polynomial solutions at $z_i=1$ ($z_i$'s are variables) is in $\mathbb{N}[\tau]$, where $\tau$ is a parameter of the solutions. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.986.1 June 4, 2008 ========================================================= ========================================================== 訂正 ========================================================== No. 986 の第10回八ヶ岳フレッシュマンセミナーのお知らせのうち, 誤・滞在費 一人1日当たり   約10,000円(1泊3食付き) 全日参加 約10,000円 は 正・滞在費 一人1日当たり   約10,000円(1泊3食付き) 全日参加 約30,000円 ~~~~~~ です.お詫びとともに訂正いたします. 八ヶ岳フレッシュマンセミナー係 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.986 June 4, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 第10回八ヶ岳フレッシュマンセミナーのお知らせ   日本数学会教育委員会の主催で,2008年度の数学科および関連学科の新入生, および大学2、3年生のための少人数セミナーを八ヶ岳山麓で下記の通り行います。 本セミナーの目的は、少人数のセミナーを通して大学での数学の勉強の仕方を学び、 さらに数学の研究者、大学院生、学部学生と寝食を共にして話し合う機会を作る ことを目的とします。                             八ヶ岳フレッシュマンセミナー実行委員会 (深谷賢治、斎藤秀司、上野健爾)    ・日時:2008年10月10日(金)(午後集合)〜10月13日(月)(昼食後解散)3泊4日 ・場所: 八ヶ岳自然文化園(長野県諏訪郡原村)  http://www.lcv.ne.jp/~bunkaen/ ・宿泊:原村ペンションビレッジ ・滞在費 一人1日当たり   約10,000円(1泊3食付き) 全日参加 約10,000円   滞在費の一部を援助できる可能性があります。旅費は各自の負担になります。 ・セミナー:  10月10日の午後は講師による講義を行い、その後セミナーを行います。  セミナーは5コースを予定しています。セミナーにはチューターとして大学院生、  学部学生が参加する予定。各コース定員4名。参加者は主として大学1、2年生を  中心にしますが、大学3年生も歓迎します。 ・コースおよびテキスト:(テキストは事前に配布予定) 1.講師:橋本喜一朗(早稲田大学・基幹工学部)    テーマ:フェルマーの「二平方数和定理」と ヤコブスタール和 テキスト:「フェルマーの系譜 --数論における着想の歴史」(日本評論社)        W.シャーラウ, H. オポルカ(著),志賀弘典(訳) 2.講師:萩原 啓 (東京大学数理科学研究科・特別研究員) テキスト:C. J. Moreno, "The Higher Reciprocity laws: An example'',          Journal of number theory 12 (1980), 57 - 70 高木貞治著『初等整数論講義』:(共立出版) 3.講師:渕野 昌(中部大学工学部・教授)    テーマ: バナッハ=タルスキーの定理とそれに関連した結果に関するセミナー    テキスト: Winfried Just and Martin Weese: Discovering Modern Set Theory I (Graduate Studies in Mathematics, Vol 8), American Mathematical Society (1995/12)         4.講師:坂井秀隆 (東京大学数理科学研究科・准教授)    テキスト:「位相幾何学から射影幾何学へ」横田一郎著,現代数学者         「折り紙の数学」ロベルト・ゲレトシュレーガー著,森北出版 5.講師:奈良 高明(電気通信大学知能機械工学科・教授)    テーマ:函数論の脳磁場逆問題への応用     テキスト:講師が準備する. 内容とテキストについての詳細は http://www.math.kyoto-u.ac.jp/~mugen/08fresh1.htm  あるいは http://www.math.kyoto-u.ac.jp/yatsu.html を参照して下さい. ・交通: (JR) 中央本線 茅野駅下車→原村ペンション行き、又は美濃戸口行き バス40分→ 原村第2ペンションヴィレッジ (ペンション下)下車、徒歩5分 (車) 中央自動車道(小淵沢I.C.)→八ヶ岳鉢巻(はちまき)道路経由15km→ 八ヶ岳自然文化園      中央自動車道(諏訪南I.C.)→10km→八ヶ岳自然文化園 応募方法: 8月31日必着で   1. 氏名、所属大学、所属学部・学科・学年    2. 連絡先住所(帰省先など休み中の連絡先も要)、電話 番号,あればFax 番号   3. e-mail アドレス   4. 希望するコース(上の番号)を第一希望、第二希望まで記すこと. を記した葉書か手紙、あるいはFaxを   606-8502 京都市左京区北白川     京都大学理学研究科数学教室    八ヶ岳セミナー係 へ送付してください。e-mailの場合は mugen☆math.h.kyoto-u.ac.jp (☆は半角のアットマークに置き換えてください) に手紙と同じ要領で 送ってください。申し込み多数の場合は先着順とします。 八ヶ岳フレッシュマンセミナー係 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.985 June 4, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 無限可積分系メーリングリストの皆様、 下記のように合同シンポジウムを開催します。 ぜひ、ご参加ください。 合わせて、懇親会への参加も募っております(文末)。 ご連絡いただけると幸いです。 また、これらの情報を、 メーリングリストやweb や掲示や口伝やその他で、 広めてくださることを歓迎します。 ---------------------------------------------------- 第 47 回実函数論・函数解析学合同シンポジウム 標記のシンポジウムを以下の要領で開催いたしますのでご案内申し上げ ます. 開催責任者  小森康雄(東海大学開発工学部)  山上 滋(茨城大学理学部) 会場責任者  河添 健(慶応義塾大学総合政策学部) 日時: 2008年 8 月 6 日 (水) 13:30 から 8 月 8 日 (金)11:50 まで 場所:慶応義塾大学矢上キャンパス 創想館 セミナルーム 1(14棟201室) http://web.sfc.keio.ac.jp/~kawazoe/JOINT/08.html   神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1   東急東横線・横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉」駅下車(徒歩 15分) プ ロ グ ラ ム 8 月 6 日(水) 13:30 - 14:30 勝良 健史 (慶應義塾大学)  Applications of topological graph C*-algebras 14:45 - 15:15 細川 卓也(安東国立大学:韓国)  $H^\infty$及びBloch空間上の合成作用素についてA 15:20 - 15:50 富永 雅(富山高専)  Jensenの不等式についての一考察 16:00 - 17:00 入山 聖史 (東京理科大学)  一般化量子チューリング機械と幾つかの定理の拡張について 8 月 7 日(木) 9:30 - 10:30 榊原 暢久 (芝浦工業大学)  可換*半群上の正定値関数の積分表示問題について 10:45-11:45 亀高 惟倫 (大阪大学名誉教授)  ソボレフ不等式の最良定数 13:30 - 14:30 井上 淳(東京工業大学)  スーパー解析学とは何か?非可換「体」上の解析学の構築例 14:50 - 15:50 伊師 英之 (名古屋大学)  半直積群に付随する連続ウェーブレット変換 16:10 - 17:40 大島 利雄(東京大学)  分かるFuchs型常微分方程式(特別講演) 8 月 8 日(金) 9:30 - 10:10 澤野 嘉宏 (学習院大学)  Various boundedness of fractional integral operators 10:20--11:00 飯田 安保(岩手医科大学)  Privalov空間 $N^p$ について 11:10--11:50 照屋 保 (立命館大学)  Saturated $C^*$-algebraic bundles over finite groups -------- 懇親会について 8月7日 午後6時から午後8時頃まで 創想館7楷フォーラム(会費5000円) 懇親会 に参加される方は7月24日(火) ま でに会場責任者の河添までメールでお知らせ下さい。 人数の把握のためなるべく期日をお守り下さい。 ※ このシンポジウムの案内は日本数学会実函数論分科会,函数 解析学分科会のホームページで閲覧可能です.両分科会のホームページには日本数学会 http://mathsoc.jp/for_member.html からリンクが張られています. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.984 June 3, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, IPMU (the Institute for the Physics and Mathematics of the Universe) holds Mathematics and Physics seminar on Thursday, 15:30 -- 17:00 at Kashiwa Campus of the University of Tokyo. The detail of the seminar is as follows: =============================================================== IPMU Mathematics and Physics seminar in Kashiwa Date: 12 (Thu) June, 2008, 15:30 -- 17:00 Place: "Seminar Room at Prefab. B", Kashiwa Campus, the University of Tokyo. Speaker: Shushi Harashita (IPMU) Title: Generic Newton polygons of Ekedahl-Oort strata in the moduli space of abelian varieties. Abstract: We study the moduli space of principally polarized abelian varieties in positive characteristic. The moduli space has two main stratifications, called Newton polygon (NP) stratification and Ekedahl-Oort (EO) stratification. It is considered very important in arithmetic geometry to clarify the singularities of NP strata. As a first step it would be natural to investigate the intersections of NP strata and EO strata. In this talk I will introduce an algorithm determining the Newton polygon of any generic point of each EO stratum, which is closely related to Oort's conjecture on the intersections of NP strata and EO strata. I will also show that certain unions of EO strata contained in the supersingular locus can be beautifully described in terms of Deligne-Lusztig varieties. =============================================================== Please notice that the Mathematics and Physics seminar will be held at "the Prefab" of IPMU. It is located at the next of the prefab of "Frontier Sciences, Computational Biology" (情報生命科学実験棟). Also please notice that the prefab of IPMU wouldn't appear on maps of Kashiwa campus, because it is quite new. As for the location of the prefab of Frontier Sciences, Computational Biology, you can check from the following maps. http://www.k.u-tokyo.ac.jp/renewal/access/image/map2008_001.jpg http://kashiwaio.dir.u-tokyo.ac.jp/english/campusmap.html The schedule of the seminar can be checked from http://www.ipmu.jp/seminars/ We welcome the participation of an audience with broad interests. Best Regards, the seminar organizers: Shushi Harashita (IPMU) Yuji Sano (IPMU) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.983 June 2, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 研究集会のご案内(最終報) 下記の要領で研究集会を開催します。 奮ってご参加下さいますようご案内致します。 研究集会名: From Painleve to Okamoto 期間: 2008年6月9日(月)- 6月13日(金) 場所:東京大学大学院数理科学研究科大講義室 詳細: プログラムを下に添付いたしました。    また下記の web ページをご覧ください。 http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~tudateru/okamoto60/ 尚,期間中に東京大学 岡本和夫教授 の還暦祝賀会を下記の 要領で開催致しますので,併せてご案内致します。 日時:6月11日(水)午後6時より 場所:駒場エミナース・ダイヤモンドルーム 組織者:木村弘信(熊本大理) 岩崎克則(九大数理) 坂井秀隆(東大数理) %%%%%%%%% 九大数理 岩崎克則 %%%%%%%%% *************** プログラム ********************** 国際研究集会「From Painlev\'e to Okamoto」 下記の要領で国際研究集会を行いますので ご案内申し上げます。 記 日時 2008 年 6 月 9 日(月)〜 6 月 13 日(金) 場所 東京大学大学院数理科学研究科大講義室 講演プログラム 6 月 9 日(月) 10:00--11:00 Masaaki Yoshida (Kyushu) Hyperbolic Schwarz map for the hypergeometric function 11:10--12:10 Nobuki Takayama (Kobe) Modified A-Hypergeometric systems: a computational approach 14:00--15:00 Werner Balser (Ulm) Formal power series solutions for ordinary and partial linear differential equations 15:10--16:10 Reinhardd Sch\"afke (Strasbourg) Parametric resurgence for a certain Schr\"odinger equation 16:20--17:20 Joe Kamimoto (Kyushu) Special functions and the Bergman kernel 6 月 10 日(火) 10:00--11:00 Claude Mitschi (Strasboug) Inverse problems for irregular linear differential equations 11:10--12:10 Michele Loday (Angers) Summability of formal power series solutions of a perturbed heat equation 14:00--15:00 Philip Boalch (ENS, Paris) Painlev\'e equations and Dynkin diagrams 15:10--16:10 Hidetaka Sakai (Tokyo) Monodromy preserving deformation and 4-dimensional Painlev\'e type equations 16:20--17:20 Teruhisa Tsuda (Kyushu) A geometric approach to tropical Weyl group actions and $q$-Painlev\'e equations 6 月 11 日(水) 10:00--11:00 Craig Tracy (UC Davis) Integrable differential equations in random matrix theory 11:10--12:10 Michio Jimbo (Tokyo) A fermionic structure in the XXZ model 14:00--15:00 Jean-Pierre Ramis (Toulouse) Integrabilty of dynamical systems through differentail Galois theory : from 1988 to 2008 15:10--16:10 Valery I. Gromak (BSU, Minsk) On the properties of solutions of Painlev\'e type equations in the K-Hierarchy 16:20--17:20 Kazuo Okamoto (Tokyo) >From Strasbourg to Tokyo 6 月 12 日(木) 10:00--11:00 Alexander Kitaev (SMI, St. Petersburg) On integral transformations for Lax pair of the Painlev\'e equations 11:10--12:10 Shun Shimomura (Keio, Yokohama) Painlev\'e transcendents in a sectorial domain 14:00--15:00 Nick Woodhouse (Oxford) Twister and the Schlesinger equations 15:10--16:10 Yoshishige Haraoka (Kumamoto) Appell's $F_4$, middle convolution and Painlev'e VI 16:20--17:20 Katsunori Iwasaki (Kyushu) Painlev\'e VI: from algebraic geometry to elementary geometry 6 月 13 日(金) 10:00--11:00 Tetsuji Tokihiro (Tokyo) Mathematical aspects of box-ball systems 11:10--12:10 Hidekazu Ito (Kanazawa) Birkhoff normalization and non-commutative integrability ofHamiltonian systems 14:00--15:00 David Bl\a'azquez-Sanz (Sergio Arboleda) Lie-Vessiot systems: algebraic dependence of initial condtions 15:10--16:10 Guy Casale (Rennes) Dicritical singularities of foliations of $({\bf C}^2,0)$ 16:20--17:20 Masatoshi Noumi (Kobe) Symmetries of Painlev\'e equations and special polynomials 組織者 木村弘信(熊本大),岩崎克則(九州大),坂井 秀隆(東京大) 連絡先 東京大学大学院数理科学研究科 153-8914 東京都目黒区駒場3-8-1 坂井 秀隆 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.982 May 28, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 古典解析セミナー(大阪大学)の案内 日時:06月18日(水)15:30〜 講演者: 大宮眞弓(同志社大学) タイトル:Sine-Gordon方程式のBenjamin-Feir型不安定性とFloquet理論 場所: 大阪大学理学部 B313/315/317 アブストラクト: 非線形Schrodinger方程式やSine-Gordon方程式のような非線形強分散系では、 しばしば変調不安定性と呼ばれる現象が起こることが知られている。これは 波列解のような、時間発展に関して安定な解に、ある特定の波数域の小摂動 を加えると不安定になり、急激に解の振幅が増大する現象で、Benjamin-Feir型 不安定性と呼ばれている。本講演では、Sine-Gordon方程式のある種の安定解 に対してFourier型摂動 一次近似解という近似解を構成し、そのFourier係数 の時間発展をFloquet理論を応用して考察し、有限帯型Hill方程式(Lame方程 式)の周期スペクトルの不安定帯とBenjamin-Feir型不安定性を示す波数域と が一致することを示す。  他方、これはあくまでも線形近似理論なので、別アプローチとして数値解析 的な検証方法をも試みる。ここではソリトン解の構成に使われるHirota差分を 応用して計算した結果を報告する。 参考文献 M. Ohmiya et al., Numerical study of Benjamin-Feir type instability of Sine-Gordon equation, WSEAS trans. Math., 5 (2006), 763--769. M. Ohmiya et al., Benjamin-Feir type instability of Sine-Gordon equation and spectrum of Lam\'e equation, J. Comp. Appl. Math., 207 (2007), 345--351. 大宮眞弓、非線形波動の古典解析、森北出版(2008) 阪大へのアクセスは http://www.sci.osaka-u.ac.jp/location/building-jp.html をご覧ください。地図の右下、地図の右下、太文字で「B」とかかれたビルの 3階です。モノレール柴原駅から徒歩数分です。 理学部改装工事が終わり、以前のように自由に行き来できます。 古典解析セミナー Web サイト http://www.math.sci.osaka-u.ac.jp/~ohyama/frame/seminar.html ※6月30日〜7月4日は原岡喜重氏(熊本大)の集中講義 連絡先: 大阪大学大学院情報科学研究科 大山 陽介 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.981 May 27, 2008 ========================================================= ========================================================== 秋の数学会での講演申込みについてのお願い ========================================================== 皆様: 無限可積分系セッション責任者の梶原です. 「数学通信」第1号がそろそろお手元に届いていらっしゃると思いますが, 9月の数学会は 2008年9月24日(水)ー9月27日(土) 東京工業大学大岡山キャンパス にて開催されます.前回の数学会では多数の講演が行われセッションは大変盛 況でしたが,今回もこの流れが続くことを切に願っております. 講演申し込み〆切は 7 月 4 日 (金) 必着 です.若手の皆様はもちろん,中堅・ベテランの先生方も是非数学会でご講演 をお願い致します. 多数の申し込みをお待ちしております.皆様のご協力をどうぞよろしくお願い いたします. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.980 May 26, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, IPMU (the Institute for the Physics and Mathematics of the Universe) holds Mathematics seminar on Thursday, 15:30 -- 17:00 at Kashiwa Campus of the University of Tokyo. The detail of the next seminar is as follows: =============================================================== IPMU Mathematics seminar in Kashiwa Date : 5 (Thu), June, 2008, 15:30 -- 17:00 Place : Room 630, 6th floor, Research Centers Building, Kashiwa Campus of the University of Tokyo. Speaker: Kentaro Hori (Univ. of Toronto) Title: Phases of N=2 theories in 1+1 dimensions with boundary Part II Abstract: This is an introduction to my recent paper (with Manfred Herbst and David Page) of 265 pages. We find a simple and transparent description of D-branes over a large region of the moduli space which includes geometric as well as non-geometric regimes. I believe that this will eventually provide useful tools in construction of models of particle physics and cosmology. This work also has mathematical aspects, and is in fact motivated by recent development in homological algebra. Our work provides a unified picture to "equivalences of categories" that had been found during the last decade. =============================================================== The schedule of the seminar can be checked from http://www.ipmu.jp/seminars/ We welcome the participation of an audience with broad interests. Best Regards, the seminar organizers: Shushi Harashita (IPMU) Yuji Sano (IPMU) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.979 May 21, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様,岡山の山田裕史です. 「第11回 量子群と代数群の表現論」研究集会が来週開催されます. 合宿形式で,すでに宿泊希望は締め切っておりますが,飛び入りでの ご参加は大歓迎です.近辺に宿泊施設もありますのでご安心ください. 25日(日曜日)は最初の講演が午後3時半からです. 2時半に会場の「岡山県青年館」にて受付を始めます. (宿泊,食事,すべて希望,とされた方は3万円(+ε)程度, 現金にてご用意ください) プログラムは以下にリンクされています. http://www.math.okayama-u.ac.jp/~suzuki/raq08program.pdf 講演者の皆様へ: 講演は黒板,OHP, コンピュータ接続のプロジェクター どれでも 対応できます. ご質問があればご遠慮なく私,ヤマダまでご連絡ください. それでは「晴れの国」にてお待ちいたします. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.978 May 19, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, IPMU (the Institute for the Physics and Mathematics of the Universe) holds Mathematics seminar on Thursday, 15:30 -- 17:00 at Kashiwa Campus of the University of Tokyo. The detail of the next seminar is as follows: =============================================================== IPMU Mathematics seminar in Kashiwa Date: 29 (Thu), May, 2008, 15:30 -- 17:00 Place: Room 630, 6th floor, Research Centers Building, Kashiwa Campus of the University of Tokyo. Speaker: Masahito Yamazaki (Univ. of Tokyo) Title: Quivers, brane tilings and toric Calabi-Yau/Sasaki-Einstein geometry Abstract: In string theory, there is a remarkable conjecture that the study of quivers is in a sense ``equivalent" to toric Sasaki-Einstein geometry or its cone toric Calabi-Yau geometry. In this talk, I will report on possible mathematical formulation of this conjecture. First, I will present categorical formulation of this equivalence (joint work with Kazushi Ueda). In this discussion, bipartite graphs on two-dimensional torus, known as brane tilings, play crucial roles. I will also describe the relation of quivers and brane tilings to Sasaki-Einstein geometry, and explain the equivalence of the ``a-function" of quiver with relations and the volume of Sasaki-Einstein manifold. =============================================================== The schedule of the seminar can be checked from http://www.ipmu.jp/seminars/ We welcome the participation of an audience with broad interests. Best Regards, the seminar organizers: Shushi Harashita (IPMU) Yuji Sano (IPMU) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.977 May 19, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== (お茶の水女子大学の武部です。依頼により転送します。) 来週、以下のような集中講義が行われます。御来聴を歓迎します。 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% お茶の水女子大学集中講義のお知らせ 数理物理学特論(08L1025) 講師:出口 哲生  予定日:平成20年5月21日(水)、22日(木)、23日(金)、28日(水) 場所: お茶の水女子大学 理学部3号館2階 教授会室 時間:5月21日(水)10:40-12:10, 13:20-14:50 22日(木) 10:40-12:10, 13:20- 14:50, 15:00-16:30 (16:40-18:10) 23日(金) 13:20-14:50, 15:00-16:30, 16:40- 18:10 28日(水) 10:40-12:10, 13:20- 14:50, 15:00-16:30 内容:  統計力学や1次元量子スピン系の可解模型の解説。 物理的背景(臨界現象、量子相転移、近藤効果など)を説明した後 に、6頂点模型を導入して、ヤン・バクスター方程式およびその解 を導く。   そして、代数的ベーテ仮説の基礎を解説した後に、量子XXX鎖の 厳密解、1次元ハバード模型の厳密解、近藤問題の厳密解を議論する。 ヤン・バクスター方程式を簡単化すると組みひも群の関係式が導か れる。このことを利用して、可解模型の代数的ベーテ仮設に登場す る関係式をすべて図で表して分かりやすく表現するところが本講演 の特色である。 参考文献: [1] 出口 哲生、1次元量子系の厳密解とベーテ仮説の数理物理、 物性研究 Vol. 74-3 (2000-6) pp. 255-319. [2] R.J. Baxter, Exactly Solved Models in Statistical Mechanics, 1982, Academic Press [3] 斯波弘行、「個体の電子論」丸善 [4] 近藤淳、「金属電子論」裳華房 [5] T. Deguchi, F.H.L. Essler, F. Goehmann, V.E. Korepin, A. Kluemper and K. Kusakabe, Thermodynamics and excitations of the one-dimensional Hubbard model, Phys. Reports Vol. 331 (2000) pp. 197-281. (cond-mat/9904398) [6] Tetsuo Deguchi, Introduction to solvable lattice models in statistical and mathematical physics, (cond-mat/0304309) in "Classical and Quantum Nonlinear Integrable Systems: Theory and Applications" (ISBN 07503 09598), Institute of Physics Publishing, (2003) (Chap. 5, pp. 113-151.) ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.976 May 16, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 高木レクチャーのご案内 場所:京都大学理学部6号館 301号室 プログラム: 6月21日(土) 09:00 -- 10:00 Registration 10:00 -- 10:05 Opening 10:05 -- 11:05 Hirosi Ooguri (Caltech & IPMU) Geomery as seen by string theory (I) (弦理論から見た幾何学) 11:05 -- 11:30 Coffee/Tea Break 11:30 -- 12:30 Oleg Viro (Steklov Inst. at St. Petersburg & Stony Brook) From the sixteeth Hilbert problem to Tropical Geometry (I) (ヒルベルト16問題からトロピカル幾何学へ) 12:30 -- 14:00 Lunch Break 14:00 -- 15:00 Hirosi Ooguri (Caltech & IPMU) Geomery as seen by string theory (II) (弦理論から見た幾何学) 15:20 -- 16:20 Oleg Viro (Steklov Inst. & Stony Brook) From the sixteeth Hilbert problem to Tropical Geometry (I) (ヒルベルト16問題からトロピカル幾何学へ) 16:30 -- 17:30 Workshop closure with drinks 主催:日本数学会・京都大学大学院理学研究科数学教室 The Mathematical Society of Japan Department of Mathematics, Kyoto University ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.968.1 May 12, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== "Moonshiney Conference at IPMU in Kashiwa" Dear All, As was anounced already (no. 968), we shall have Moonshiney Conference at IPMU in Kashiwa in the coming 22-24 May: http://www.ipmu.jp/seminars/20080522-seminar.html In the present email, I'm announcing the following additional talk. I apologize for this late change of the program. With best regards, Kyoji Saito IPMU ******************************************************************* Speaker: John Duncan (Harvard University) Time : 11:30 - 12:30, 24 May Title : TBA ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.975 May 8, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 神戸可積分系セミナー 日時:2008年5月30日(金) 午後4時00分〜5時00分 場所:神戸大学自然科学研究科3号館620号室 講演者:田所 勇樹 (木更津高専) タイトル:A nontrivial algebraic cycle in the Jacobian variety of the Klein quartic -------------------------------------------------------- For further information: http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ contact: Yasuhiro Ohta ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.974 May 8, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 神戸可積分系セミナー 日時:2008年6月5日(木) 午後5時00分〜6時30分 場所:神戸大学自然科学研究科3号館620号室 講演者:池田 岳 (岡山理科大) タイトル:特殊関数としてのシューベルト多項式 アブストラクト: コホモロジー環において,幾何的に自然であり,しかも可能な限り明示的な基 底を与えること,それがシューベルト多項式の第一義的な役割であろう.それ はまた,一方では組合せ的な対象に関する足し上げによる表示を持ち,一方で は行列式やパフィアンを用いて「閉じた」姿をも持っていることもあるなど, それ自体,特殊関数としての魅力も備えている.このセミナーでは,最近見つ かった古典型の二重シューベルト多項式(成瀬弘,L. Mihalcea との共同) に関して,その組合せ論的な諸性質を中心に紹介したい. -------------------------------------------------------- For further information: http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ contact: Yasuhiro Ohta ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.963.1 May 8, 2008 ========================================================= ========================================================== ATTENTION! Time chagne ========================================================== 皆様 下記講演について以前ご案内申し上げましたが、 下記のとおり講演時間を変更いたします。 よろしくお願いいたします。 有木 進、加藤 周 日時:5月22日(木), 午後1時〜2時 場所:京都大学数理解析研究所 102号室 講師:越谷 重夫(千葉大学) 講演題目: Blocks of finite groups with metacyclic defect groups 講演要旨: Richard Brauer (1901--77),the almost unique pioneer of modular representation theory of finite groups, posed many interesting and important problems, conjectures, questions... early 1960's. Many of them are still open. Essentially and originally due to the Brauer's philosophy, we have had three important conjectures given by Jon Alperin, Everett Dade and Michel Broue, which were announced during late 1980's and early 1990's. In the talk, we will be discussing a kind of analogue of Broue's Abelian defect group conjecture, especially blocks of finite groups with non-abelian but metacyclic defect groups. Hopefully, something new and interesting would show up. =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.973 May 8, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 神戸可積分系セミナー 日時:2008年5月22日(木) 午後4時00分〜5時30分 場所:神戸大学自然科学研究科3号館620号室 講演者:吉永 正彦 (神戸大) タイトル:周期と初等的実数 -------------------------------------------------------- For further information: http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ contact: Yasuhiro Ohta =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.972 May 1, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 研究集会のご案内(第2報) 下記の要領で研究集会を開催します。 奮ってご参加下さいますようご案内致します。 研究集会名: From Painleve to Okamoto 期間: 2008年6月9日(月) - 6月13日(金) 場所:東京大学大学院数理科学研究科大講義室 詳細: プログラム等は下記の web ページをご覧ください http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~tudateru/okamoto60/ 尚,期間中に東京大学 岡本和夫教授 の還暦祝賀会を下記の 要領で開催致しますので,併せてご案内致します。 日時:6月11日(水)午後6時より 場所:駒場エミナース・ダイヤモンドルーム 会費:1万円 参加申し込み:別途ご連絡頂いた方以外は下記の アドレスに5月中にお申し込みください okmt60 AT faculty.ms.u-tokyo.ac.jp 組織者:木村弘信(熊本大理) 岩崎克則(九大数理) 坂井秀隆(東大数理) =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.971 April 25, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, IPMU (the Institute for the Physics and Mathematics of the Universe) holds Mathematics seminar on Thursday, 15:30 -- 17:00 at Kashiwa Campus of the University of Tokyo. The detail of the next seminar is as follows: =============================================================== IPMU Mathematics seminar in Kashiwa Date: 8 (Thu), May, 2008, 15:30 -- 17:00 Place: Room 630, 6th floor, Research Centers Building, Kashiwa Campus of the University of Tokyo. Speaker: Yukinobu Toda (IPMU) Title: Limit stable objects on Calabi-Yau 3-folds. Abstract: The purpose of this talk is to introduce the notion of limit stability on the category of perverse coherent sheaves on Calabi-Yau 3-folds, and construct new enumerative invariants of curves via limit stable objects. I will show that such invariants are generalizations of stable pair invariants introduced by Pandharipande and Thomas. I will also propose a conjectual wall-crossing formula of our new invariants, and show that such a formula will solve the rationality conjecture of the generating functions of stable pair invariants. =============================================================== The schedule of the seminar can be checked from http://www.ipmu.jp/seminars/ We welcome the participation of an audience with broad interests. Best Regards, the seminar organizers: Shushi Harashita (IPMU) Yuji Sano (IPMU) =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.970 April 24, 2008 ========================================================= ========================================================== WORKSHOP INFORMATION ========================================================== 柏原正樹先生(RIMS)からの情報: ---------------------------------------------------------- First Announcement ================== Workshop on Representation Theory, Geometry and Combinatorics June 2-6, 2008 University of California, Berkeley ============== The 2008 Berkeley workshop on Representation Theory, Geometry and Combinatorics will take place this June 2-6 on the UC Berkeley campus, featuring lecture series by * David Hernandez (CNRS, Versailles) * Mark Shimozono (Virginia Tech) along with shorter talks by participants and time for discussion. The lectures are planned to be at a level accessible to graduate students and postdocs, whom we especially encourage to attend and speak. Registration for the workshop is free. If you plan to attend, please register on the workshop web page at the link below, as this will help us to know how many participants to expect. Some travel support is available, with priority for students and younger researchers. Despite the lateness of this announcement, for which I apologize, the target date to request travel support is FRIDAY, MAY 9. See the web page below for instructions. To register and for more information, please visit the workshop web page: http://math.berkeley.edu/~mhaiman/workshop-2008 I would appreciate your forwarding this message to others who may be interested but might not have been on the initial mailing list, especially graduate students and young researchers. Thank you, Mark Haiman Dept. of Mathematics University of California, Berkeley ============== Funding for this workshop is provided by an EMSW21-RTG grant from the National Science Foundation. =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.969 April 23, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 神戸大学の小池です。 京都大学数理解析研究所の共同事業の一つとして、 下記のように研究集会を催しますので、ご案内申し上げます。 ------------------------------- 記 ------------------------------- ・研究題目 完全 WKB 解析と超局所解析 ・研究代表者 小池達也 (神戸大学大学院理学研究科数学専攻) ・日時 2008年5月26日(月)〜5月30日(金) ・場所 京都大学数理解析研究所 4 階 420 号室 〒606--8502 京都市左京区北白川追分町 (京都市バス「京大農学部前」または「北白川」下車) ******************** プログラム ******************************** (PDF ファイル: http://www.math.kobe-u.ac.jp/~koike/workshop/prog2008.pdf) 5月26日(月) 13:30 -- 14:30 大島 利雄 (東大・数理) モジュライのない Fuchs 型常微分方程式. 14:45 -- 15:45 藤家 雪朗 (兵庫県立大・物質) Width of shape resonances for non-globally analytic potentials (joint work with A.L.Benbernou and A.Martinez). 16:00 -- 17:00 熊ノ郷 直人 (工学院大) Phase space Feynman path integrals via piecewise bicharacteristic paths and their semiclassical approximations (joint work with D. Fujiwara). 5月27日(火) 10:00 -- 11:00 小池 達也 (神戸大・理) $P_{\text{34}}$-hierarchy, degenerate Garnier systems and WKB analysis. 11:15 -- 12:15 山根 英司(関学大・理工)・田原 秀敏(上智大・理工) 非線型偏微分方程式と対数的特異性. 13:30 -- 14:30 梅田 陽子 (北大・理) On the number of turning points of the second kind of the Noumi-Yamada system (joint work with T. Aoki and N. Honda). 14:45 -- 15:45 若林 徳子 (近畿大・理工) 多重ゼータ値のある和の母関数について. 16:00 -- 17:00 竹井 義次 (京大・数理研) On the exact WKB analysis for the degenerate third Painlev\'e equation. 5月28日(水) 10:00 -- 11:00 岸岡 広幸 (神戸大・理) 大久保方程式の接続問題とその周辺. 11:15 -- 12:15 梶原 健司 (九大・数理) 一次元可解カオス系の超離散化とトロピカル幾何. 13:30 -- 14:30 上原 崇人 (九大・数理) Isolated periodic points in area-preserving surface dynamics. 14:45 -- 15:45 岩崎 克則 (九大・数理) Finite orbits on character varieties and algebraic solutions to Painlev\'e VI. 16:00 -- 17:00 川向 洋之 (三重大・教育) 半整数型ガルニエ系と,(3,2) 型ガルニエ系の有理解. 5月29日(木) 10:00 -- 11:00 吉野 正史 (広島大・理) A new approach to a small denominator problem via WKB analysis. 11:15 -- 12:15 田原 秀敏 (上智大・理工) Coupling of two singular partial differential equations and its application. 13:30 -- 14:30 山崎 晋 (日本大・理工) Cauchy problem for ultradifferentiable or ultradistribution solutions to systems with irregularities. 14:45 -- 15:45 本多 尚文 (北大・理) The stratified Whitney jets and distributions of Gevrey classes, and their indizations (joint work with M. Giovanni). 16:00 -- 16:40 片岡 清臣 (東大・数理)・神本 晋吾 (東大・数理) On the composition of kernel functions of pseudo-differential operators $\mathcal{E}^{\mathbb{R}}$ and the compatibility with Leibniz rule. 5月30日(金) 10:00 -- 11:00 白井 朗 (椙山女学園大) Alternative proof for the convergnce of formal solutions of singular first order nonlinear partial differential equations. 11:15 -- 12:15 市延 邦夫 (神奈川工大) Irregularity for singular system of ordinary differential equations in complex domain (joint work with M. Miyake). 以上 =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.968 April 23, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, I should be pleased to announce the following conference by IPMU. Best Regards, Yuji Sano (IPMU) ============================================================= Moonshiney Conference in Kashiwa The conference on Moonshine will be organized by Institute for the Physics and Mathematics of the Universe (IPMU) under the support of the Graduate School of Mathematical Sciences, the University of Tokyo. IPMU Principal Investigator Kyoji Saito Date : May 22nd (Thu) 9:30 - 24th (Sat) 17:00, 2008 Place: Media Hall, Kashiwa Library, Kashiwa Campus, the University of Tokyo Host Institution: Institute for the Physics and Mathematics of the Universe (IPMU) http://www.ipmu.jp/ Supporting Institution: Graduate School of Mathematical Sciences, the University of Tokyo Organizing Committee: Kyoji Saito (IPMU), Atsushi Matsuo (University of Tokyo), Masahiko Miyamoto (University of Tsukuba), Hiromichi Yamada (Hitotsubashi University) Registration: May 22nd 9:30 - 10:00 A fee of JPY 1,000 will be collected at the desk. Information for Visitors: http://www.ipmu.jp/access/index.html Scientific Program: Thursday, May 22 9:30 - 10:00 Registration and coffee 10:00 - 11:30 John McKay (RIMS) New approaches to the Monster Part I 11:30 - 13:30 ― lunch ― 13:30 - 15:00 John F. Duncan (Harvard) Dynkin diagrams and arithmetic groups 15:00 - 15:30 ― break ― 15:30 - 17:00 John H. Conway (Princeton) Part I (TBA) 18:00 ? 19:30 Reception Friday, May 23 9:30 - 10:00 ― coffee ― 10:00 - 11:30 John McKay (RIMS) New approaches to the Monster Part II 11:30 - 13:30 ― lunch ― 13:30 - 15:00 T. Basak (Chicago) A complex hyperbolic re?ection group and the bimonster 15:00 - 15:30 ― break ― 15:30 - 17:00 Robert L. Griess, Jr. (Michigan) Those Darn Dihedral Groups Saturday, May 24 9:30 - 10:00 ― coffee ― 10:00 - 11:30 John McKay (RIMS) New approaches to the Monster Part III 11:30 - 13:30 ― lunch ― 13:30 - 15:00 C.-H. Lam (Taiwan National Cheng Kung University) On McKay's E6, E7 and E8 observations 15:00 - 15:30 ― break ― 15:30 - 17:00 John H. Conway (Princeton) Part II (TBA) =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.967 April 22, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 『お早めに!』 以前お知らせしたように研究会を開催します. 合宿形式ですので,参加申し込みが必要です. 希望される方は5月2日までに宿泊,食事等の必要事項を 山田裕史までお知らせください. なおプログラムは各大学に掲示されております. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 研究会のお知らせ 下記の日程で「第11回 代数群と量子群の表現論」研究集会を 開催いたします. 2008年5月25日(日)(夕方)ー5月28日(水)(昼) 岡山県青年館(岡山大学のすぐそば)にて合宿形式 http://www.seinenkan.com/ 世話人代表: 岡山大学 理学部 数学    山田裕史 =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.966 April 22, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== IPMU Seminar Lectures by Motohico Mulase ================================================= IPMU Mathematics Seminar in Kashiwa Date: April 23 (Wednesday), 2008, 10:00 - 12:00 and 13:00 - 15:00 Place: Room 630, 6th floor, Research Centers Building, Kashiwa Campus , The University of Tokyo. Speaker: Motohico Mulase (University of California, Davis) Title: Integrable systems and intersection theory on moduli spaces of Riemann surfaces Abstract: Generating functions of Gromov-Witten invariants are expected to satisfy the Virasoro constraint conditions in general, but integrable systems appear only for some special cases. Where do the KP and KdV equations come from when they really do? In this talk a new approach to this question in the context of topological string theory recently proposed by French physicists is surveyed. It resembles Saito's theory of primitive forms in 2 dimensions. =================================================== IPMU Komaba Seminar Date: April 24, 2008, 17:00 - 18:30 Place: Room 056, Mathematical Sciences Building, Komaba Campus, The University of Tokyo. Speaker: Motohico Mulase (University of California, Davis) Title: Recursion relations in intersection theory on the moduli spaces of Riemann surfaces Abstract: In this talk I will give a survey of recent developments in the intersection theory of tautological classes on the moduli spaces of stable algebraic curves. The emphasis is placed on explaining where the Virasoro constraint conditions are originated. Recently several authors have encountered the same combinatorial recursion relation from completely different contexts, that eventually leads to the Virasoro constraint. This mysterious structure of the theory will be surveyed. =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.965 April 22, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 九州可積分系セミナー(※幾何学セミナーと共催) 日時:2008 年 5 月 2 日(金)14 時 50 分 場所:九州大学箱崎キャンパス理学部本館 1401 号室 講演者:Tim Hoffmann 氏(九大数理) タイトル: On Discrete Differential Geometry and its Applications 概要: The first soliton equations were found mid 19th century in the context of physics (the KdV equation) as well as in geometry (SineGordon Eq.). Many of the properties we now associate with integrability where already known then. With the example of arc-length preserving flows on plane curves one can see how soliton equations and their transformations can arise from simple geometric assumptions. This construction can be discretized in a straight forward way and results in some discrete geometry as well as integrable difference equations. Moreover it can be applied to surfaces as well giving rise to many classes of discrete surfaces as well as discretized notions that have applications in other fields. 問い合わせ先: 岩崎克則(九大数理) 梶原健司(九大数理) 津田照久(九大数理) web page: http://gandalf.math.kyushu-u.ac.jp/QIS/index.html =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.964 April 17, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 九州可積分系セミナー 日時 : 2008 年 5 月 14 日(水) 15:00 - 17:00 場所 : 九州大学箱崎キャンパス 理学部 3号館 3階 3303 号室 講演者:松本 圭司 氏(北大) タイトル: Mean iterations and hypergeometric functions 概要: 正数 a,b の算術幾何平均が超幾何関数を用いて表示できることが Gauss によって 1799年に示された。この講演では、超幾何関数のみたす関数等 式に着目し、算術平均や幾何平均以外にもいくつかの平均を定め、それらの平 均操作の繰返しによる極限を超幾何関数の特殊値を用いて表示する。 問い合わせ先: 岩崎克則(九大数理) 梶原健司(九大数理) 津田照久(九大数理) web page: http://gandalf.math.kyushu-u.ac.jp/QIS/index.html =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.963 April 17, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 (曜日がいつもと違っております。ご注意ください。) 有木 進、加藤 周 日時:5月22日(木), 午前11時〜12時, 午後1時〜2時 場所:京都大学数理解析研究所 102号室 講師:越谷 重夫(千葉大学) 講演題目: Blocks of finite groups with metacyclic defect groups 講演要旨: Richard Brauer (1901--77),the almost unique pioneer of modular representation theory of finite groups, posed many interesting and important problems, conjectures, questions... early 1960's. Many of them are still open. Essentially and originally due to the Brauer's philosophy, we have had three important conjectures given by Jon Alperin, Everett Dade and Michel Broue, which were announced during late 1980's and early 1990's. In the talk, we will be discussing a kind of analogue of Broue's Abelian defect group conjecture, especially blocks of finite groups with non-abelian but metacyclic defect groups. Hopefully, something new and interesting would show up. =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.962 April 17, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Dear colleagues, IPMU (the Institute for the Physics and Mathematics of the Universe) holds Mathematics seminar on Thursday, 15:30 -- 17:00 at Kashiwa Campus of the University of Tokyo. The detail of the next seminar is as follows: =============================================================== IPMU Mathematics seminar in Kashiwa Date: April 23, 10:00 -- 12:00 and 13:00 -- 15:00 (NOTICE: This talk will be held on "Wednesday" and begin from "10:00am.") Place: Room 630, 6th floor, Research Centers Building Kashiwa Campus of the University of Tokyo. Speaker: Motohico Mulase (Department of Mathematics University of California, Davis) Title: Integrable systems and intersection theory on moduli spaces of Riemann surfaces Abstract: Generating functions of Gromov-Witten invariants are expected to satisfy the Virasoro constraint conditions in general, but integrable systems appear only for some special cases. Where do the KP and KdV equations come from when they really do? In this talk a new approach to this question in the context of topological string theory recently proposed by French physicists is surveyed. It resembles Saito's theory of primitive forms in 2 dimensions. =============================================================== The schedule of the seminar can be checked from http://www.ipmu.jp/seminars/ We welcome the participation of an audience with broad interests. Best Regards, the seminar organizers: Shushi Harashita (IPMU) Yuji Sano (IPMU) =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.961 April 16, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 神戸可積分系セミナー 日時:2008年4月24日(木) 午後4時00分〜5時30分 場所:神戸大学自然科学研究科3号館620号室 講演者:柳田 伸太郎 (神戸大) タイトル:アーベル曲面上の安定層について -------------------------------------------------------- For further information: http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ contact: Yasuhiro Ohta =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.960 April 14, 2008 ========================================================= ========================================================== PD INFORMATION ========================================================== 皆様 昨年度から東京大学に発足した数物連携宇宙研究機構では、 以下のように、日本学術振興会特別研究員(PD)を 受け入れることできますので、積極的な応募をお願いいたします。 数物連携宇宙研究機構 (Institute for the Physics and Mathematics of the Universe: IPMU, http://www.ipmu.jp) は、 文部科学省の「世界トップレベル国際研究拠点」の一つとして、平成19年10月1日に 東京大学柏地区に開設されました。 この新しい機構では、純粋数学から理論・実験物理学、天文学、応用数学に及ぶ 広範囲な分野の第一線の研究者を一つの拠点に結集して、創造的な研究を可能にする 環境を提供し、自然界の基本法則の理解と宇宙の謎の解明に向けた数学と物理学の 新しいパラダイムを創成することを目指します。多数の外国人教員・研究員を招聘 する計画で、英語を公用語とします。 IPMUでは、既に、以下のような数学関係の教員が赴任しており、引き続き、 外国人を含む教員・研究員を選考中です。各教員は(特任助教も含めて)、 日本学術振興会特別研究員(PD)の直接の受入れ教員となることができ ます。(兼任教員の場合は、各教員に直接御相談下さい。)また、他専攻、 他大学の大学院生を受託大学院生として受け入れることもできます。 -------------------------------------------------------------- 数学関係教員 土屋昭博(特任教授・主任研究員) 斎藤恭司 (特任教授・主任研究員) 神保道夫(兼任教授・主任研究員) 河野俊丈 (兼任教授・主任研究員) 戸田幸伸 (特任助教) --------------------------------------------------------------- また、今年秋からの、ストリング理論、素粒子論関係のスタッフは(アルファベット順に) ----------------------------------------------------------------- ストリング理論、素粒子論関係教員 向山信治、村山斉、野尻美保子*、大栗博司*、杉本茂樹、 高橋史宜、高柳匡、柳田勉*  (*:兼任) ----------------------------------------------------------------- です。そのほか数学関係の長期ビジターの予定としては 堀健太郎(2008年4月‐2009年8月) David Morrison (2008年8月‐12月) があり、また秋にはMaxim Kontsevich の滞在も予定されています。 IPMUを受入れ研究機関として、学振特別研究員(PD)に応募しようと考えている方は、 上の教員にお早めに問い合わせ下さい。学振応募書類の提出締め切りは5月23日(金)です。 興味のありそうな周辺の大学院生・研究員の方にも周知していただければ幸いです。 河野俊丈 =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.959 April 9, 2008 ========================================================= ========================================================== CONFERENCE INFORMATION ========================================================== 今年 9 月に名古屋で, 第 8 回名古屋国際数学コンファレンス Combinatorics and Representation Theory を開催しますので,ご案内申し上げます.詳細は,下記,あるいは http://www.math.nagoya-u.ac.jp/ja/research/conference/2008/nagoya.html をご覧ください.多くの方のご参加をお待ちしております. 名古屋大学多元数理科学研究科 岡田 聡一 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% Combinatorics and Representation Theory (The 8th International Conference by the Graduate School of Mathematics, Nagoya University) The main theme is combinatorics and representation theory, and we will emphasize their interactions and their connections to other fields such as mathematical physics, probability theory, geometry, etc. Date : September 1st --- 5th, 2008 Venue : Graduate School of Mathematics, Nagoya University, Nagoya, JAPAN Invited speakers (1 hour talk) : Francesco Brenti (Universita di Roma ``Tor Vergata''), Vyjayanthi Chari (University of California, Riverside), Philippe Di Francesco (Institut de Physique Theorique), Takeshi Ikeda (Okayama University of Science), Masao Ishikawa (Tottori University), Noriaki Kawanaka (Osaka University), Rinat Kedem (University of Illinois, Urbana-Champaign), Ronald C. King (University of Southampton), Anatol N. Kirillov (RIMS, Kyoto University), Alexander Kleshchev (University of Oregon), Atsuo Kuniba (University of Tokyo), Thomas Lam (Harvard University), Cedric Lecouvey (Universite du Littoral), Sho Matsumoto (Nagoya University), Jorn B. Olsson (University of Copenhagen), Arun Ram (Univ. of Wisconsin/Univ. of Melbourne), Piotr Sniady (University of Wroclaw), John Stembridge (University of Michigan), Takeshi Suzuki (Okayama University). Organizers : Soichi OKADA (Nagoya, Chair), Akihito HORA (Nagoya), Hiroyuki OCHIAI (Nagoya), Masato OKADO (Osaka), Hiro-Fumi YAMADA (Okayama). Contact : Soichi Okada address: Graduate School of Mathematics, Nagoya University, Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya 464-8602 JAPAN =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.958 April 9, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== 柏原正樹先生(RIMS)からの情報: ---------------------------------------------------------------------------- Subject: Postdoctoral position in Mathematical Physics (Dijon, France) Dear friends, I would be grateful if you could forward this announcement for a postdoctoral position in Dijon to any potential candidates. Thank you in advance for your help. Best regards, Giuseppe *************************************************************************** ** Postdoctoral position in Mathematical Physics ** Institut de Math\'ematiques de Bourgogne, UMR CNRS 5584 Dijon, France http://math.u-bourgogne.fr/IMB/IMB.html A 12-month postdoctoral research position in the area of mathematical physics is available in Dijon, France. Special attention will be given to candidates working in one or more of the following areas: - deformation quantization - infinite dimensional analysis - microlocal analysis - mathematical aspects of quantum field theory - quantum groups - integrable systems Location: Institut de Math\'ematiques de Bourgogne UMR CNRS 5584 Universit\'e de Bourgogne B.P. 47870 21078 Dijon Cedex France Duration: - 12 months. Expected start date: October 2008. The contract should be signed by November 1st, 2008. Conditions: - Monthly net salary: 2000 euros - The successful candidate will benefit from the French social security system. Requirements: - This position is not open to French nationals. - Applicants must have received their doctoral degree within the past 5 years. - The candidate should not have received taxable income (salary or scholarship) from French source before. - A working knowledge of English or French is expected. The deadline for applications is July 15, 2008. Applicants should submit by email a CV including a short research proposal and arrange for two letters of recommendation to be sent to giuseppe.dito AT u-bourgogne.fr (with subject line "Postdoc MP2008"). For further information, please contact Giuseppe.Dito AT u-bourgogne. fr =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.957 April 4, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== Prof. P. Wiegmann asked me to spread the following information. According to him "We have space for more people and will especially welcome people from Japan. Unfortunately ICTP will pay only for people from developing countries. The deadline has past but we still consider applications." Takashi Takebe (Ochanomizu University) お茶の水女子大の武部です。以下の情報をシカゴ大学の P. Wiegmann 先生より頂きました。 別便のメールによれば、「参加登 録〆切は過ぎたことになっているがまだ空きがあるので 日本からの 参加歓迎。旅費の補助はなし」との事です。 -------- Original Message -------- Subject: Summer School on Stochastic Geometry, Stochastic Loewner Evolution and Non- Equilibrium Growth Processes, Trieste From: Pavel Wiegmann Dear Colleagues, We would like to inform you of an upcoming summer school on Stochastic Geometry, the Stochastic Loewner Evolution and Non-Equilibrium Growth Processes, to be held at ICTP in Trieste, 7-18 July 2008. More information can be found at http://cdsagenda5.ictp.trieste.it/full_display.php?smr=0&ida=a07161 We ask you to pass this information on to your students and postdocs and encourage them to apply for the school. (The deadline mentioned on the web site is not strict.) Specific questions about logistics should be addressed to the school's secretary, Marina de Comelli, smr1952 AT ictp. it Regards, Eldad Bettelheim, Ilya Gruzberg, Andreas Ludwig, Paul Wiegmann. =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.956 April 7, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== 立教大学の前期に次の科目を開講いたしますので、  皆さんの参加をお待ちしております。 神保道夫 <可解格子模型の相関関数>        火曜 2時50分〜4時20分 4408教室 甲元眞人 <多体系の相転移の基礎>        火曜 4時30分〜6時00分 4408教室 第1回目は4月15日(火)です。   4408教室は4号館の4階の教室です。   http://www.rikkyo.ac.jp/grp/kohoka/campusnavi/pmap/ikebukuro.html   http://www.rikkyo.ac.jp/grp/kohoka/campusnavi/ikebukuro/campus.html 山田裕二 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 神保道夫 <可解格子模型の相関関数> ■授業の目標 統計力学や場の理論における厳密に解けるモデルは 量子可積分系とよばれ,数学的にも興味深い構造を 持っている。この授業では1次元量子スピン・チェ インを題材に,量子可積分系への入門を試みる。 ■授業の内容 可解格子模型の理論が始められてから70年以上に なる。このテーマは表現論・組み合わせ論をはじめ とする数学の諸分野とも深く関わり,現在も活発に 研究されている。ここでは可解模型の代表例である XXZ模型をとりあげ,量子可積分系への一つの入 門を試みる。具体的には代数的ベーテ仮説法による 相関関数の多重積分表示の導出を目標とする。標準 的な代数的ベーテ仮説を初歩から解説し,必要最小 限の範囲で量子群とその表現,R行列など代数的な 道具にも随時触れていく予定である。予備知識とし ては線形代数と代数の基礎概念,および留数計算程 度の複素関数論を仮定する。 次の項目を順次解説する。 1項目がおおむね1―2回分にあたる。 1.問題の背景:スピンチェイン, 転送行列, 可解模型とは 2.可積分性:可換な転送行列, R行列, ヤン・バクスター方程式, 保存量の構成 3.量子群 U_q(hat{sl}_2):定義, ホップ代数構造, evaluation 表現, 普遍R行列  4.Q作用素:振動子表現, バクスターのtQ関係式, ベーテ方程式 5.代数的ベーテ仮説:モノドロミー行列, 交換関係, ベーテベクトル 6.相関関数:局所作用素とモノドロミー行列, ABCDの作用 7.期待値の組み合わせ論:スミルノフ・スラヴノフ行列式  8.熱力学極限:積分方程式, 簡単な例, 相関関数の多重積分表示 9.補遺:形状因子の問題, 有限温度系 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 甲元眞人 <多体系の相転移の基礎> ■授業の目標 比較的簡単な模型を用いて、古典並びに量子統計力 学の基礎を理解する。 ■授業の内容 理論物理学の基本である多体系の相転移の基礎を 紹介する。特に古典系と量子系の関連を丁寧に考察する。 1. 古典スピン系とその相転移 2. 量子スピン系とその相転移 3. 量子相転移 4. 古典系への変換 5. 1次元イジング模型のスケーリング極限と ユニバーサリティ 6. 量子場の理論 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.954 April 4, 2008 ========================================================= ========================================================== INFORMATION ========================================================== 皆様: フランス Cergy-Pontoise 大学の大学院に英語のコースができたということです。 ご参考まで。 - - Dear Michio I would like to ask your opinion and your suggestions regarding a project which we have just finished developing here in Cergy. My colleagues and I have thought for awhile about how to get good Physics students at BA and MSs level. So we have come up with this idea of proposing a MSc in English, dedicated to theoretical physics, and proposed to any student in the vast world who may be interested in going to France and get a degree there. This master is now on track, and particulars are specified here: http://www.u-cergy.fr/rech/labo/equipes/ptm/master/header.htm Do you think it is an interesting initiative, and could attract students from Japan ? and if you think of other places where this proposition could be met with interest then may you please let me know. In any case your opinion and suggestions will be extremely welcome. Hope to hear and/or see you soon. Very best regards and thanks in advance Jean Avan LPTM Cergy Universite de Cergy Pontoise, France =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.954 April 1, 2008 ========================================================= ========================================================== 無限可積分系セッションからのお願い ========================================================== 無限可積分系メーリングリストの皆様: 九大数理の梶原です. 先日の数学会の際にご承認いただきましたが,4/1 から2年間,私が無限可積分 系セッションの責任者を務めさせていただくことになりました. 無限可積分系セッションの創設以来,代々の責任者の皆様の努力により,大変 活発で雰囲気のよいセッションが運営されてきたと理解しております.このセッ ションがますます発展するよう,微力を尽くす所存ですので,皆様のご協力を お願いする次第です. 当面,皆様にお願いしたいことは以下の2つです. (1) 数学会での講演のお願い 先日の数学会では,セッション責任者の高崎さんの呼びかけに多くの方が応え られ,25件の一般講演と活発な質疑応答が行われました.是非この流れを定着 させたいと願っております.数学上の実質的な交流は研究集会やセミナーなど で行われることが多いですが,数学会は現在の研究の流れを分野を超えて知る ことができる貴重な機会です.若い方々はもちろんのこと,中堅・ベテランの 先生方も,是非積極的に講演していただけるようお願いしたいと思います. (2) アブストラクト購入のお願い 私も引き継ぎをしていただくまで知らなかったのですが,数学会の各分科会の アブストラクトは各分科会の責任(つまり独立採算)で制作されています.従っ て,赤字を出すと大変なことになります.これまでは責任者の方々がそれぞれ 周到に需要を読んで制作してこられたこともあり,運営がうまくいっておりま す.皆様には今後ともご購入に協力していただけるよう,どうぞよろしくお願 いいたします. また,運営その他でご意見やご要望がありましたら,どうぞお気軽に梶原まで お寄せください. それでは,本日より2年間,どうぞよろしくお願いいたします. ============================================= 梶原 健司 九州大学大学院数理学研究院(理学部分室) 812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.953.1 April 1, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION--開講日追加 ========================================================== IPMU lectures in Komaba 講義題名:ホモトピー論(1970年まで) 日時:2008年4月〜7月、火曜日 10:30〜12:00 (4月8日開講) 場所:東京大学数理科学研究科 128号室 ~~~~~~~~~~ 担当者:土屋昭博(IPMU) 内容:  近年ホモトピー論は位相幾何学者の手を離れ現代数学の随所でその力を発揮し 始めています。更には、数理物理学の分野でもその考え方が利用され始めていま す。  しかし、その考え方の習得はトポロジーにどっぷり浸かった人達以外には必ず しも容易ではありません。  この講義では、上記の発展を横目で見ながら、1940年代〜1960年代の発展の主 要部分を講義担当者の独断と偏見で切り出し,講義します。このことにより、 受講者がホモトピー論の考え方を手に入れることが出来ることを願っています。  講義は、概念・例・命題についてはきちんとした形で定式化します。証明につ いては概略のみを述べます。  1970年代以降はホモトピー論が近代化されました。これは Quillen による model category にその基礎をおいています。model category に基礎をおくとホ モトピー論における色々な操作が機能的に出来るようになりました。  このことにより、Quillen 以降の現代ホモトピー論は advanced Homological algebra の役割をなし,先に述べたような現代数学の随所で使われるようになり ました。  講義担当者はこれらについては入門者であり,力不足のため講義することが出 来ませんが,気になっていることは講義中お話しするつもりです。  講義を受講するにあたっては,ホモロジー論、コホモロジー論の初歩的な部分 およびホモロジー代数の感覚があることが望ましいです。 講義予定: (1) ホモトピー論の前史    ・Hurewicz の定理    ・Hopf の定理    ・Freudenthal の懸垂定理 (2) Eilenberg-Maclane 空間と Postnikov system (3) Steenrod 代数の決定 (4) 球面のホモトピー論に関するセールの定理 (5) 有理ホモトピー論 (6) 安定ホモトピー圏とアダムスのスペクトル列 (7) ベクトル束と特性類 (8) 複素同境理論と Quillen の定理 (9) その他 参考書: (1) J.P.May, A Concise Course in Algebraic Topology,   The University of Chicago Press   http://www.math.uchicago.edu/~may/CONCISE/ConciseRevised.pdf (2) Douglas Ravenel, Complex cobordism and stable homotopy groups of spheres   The second edition, AMS Chelsea Series   http://www.math.rochester.edu/u/faculty/doug/mu.html (3) Mark Hovey, Model Category, AMS Mathematical Surveys and Monographs (4) Gelfand and Manin, Methods of Homological Algebra, Springer (5) 南範彦, ホモトピー論:単体的集合からその彼方へ, 数理科学2008年3月号 =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.953 March 31, 2008 ========================================================= ========================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================== IPMU lectures in Komaba 講義題名:ホモトピー論(1970年まで) 日時:2008年4月〜7月、火曜日 10:30〜12:00 場所:東京大学数理科学研究科 128号室 担当者:土屋昭博(IPMU) 内容:  近年ホモトピー論は位相幾何学者の手を離れ現代数学の随所でその力を発揮し 始めています。更には、数理物理学の分野でもその考え方が利用され始めていま す。  しかし、その考え方の習得はトポロジーにどっぷり浸かった人達以外には必ず しも容易ではありません。  この講義では、上記の発展を横目で見ながら、1940年代〜1960年代の発展の主 要部分を講義担当者の独断と偏見で切り出し,講義します。このことにより、 受講者がホモトピー論の考え方を手に入れることが出来ることを願っています。  講義は、概念・例・命題についてはきちんとした形で定式化します。証明につ いては概略のみを述べます。  1970年代以降はホモトピー論が近代化されました。これは Quillen による model category にその基礎をおいています。model category に基礎をおくとホ モトピー論における色々な操作が機能的に出来るようになりました。  このことにより、Quillen 以降の現代ホモトピー論は advanced Homological algebra の役割をなし,先に述べたような現代数学の随所で使われるようになり ました。  講義担当者はこれらについては入門者であり,力不足のため講義することが出 来ませんが,気になっていることは講義中お話しするつもりです。  講義を受講するにあたっては,ホモロジー論、コホモロジー論の初歩的な部分 およびホモロジー代数の感覚があることが望ましいです。 講義予定: (1) ホモトピー論の前史    ・Hurewicz の定理    ・Hopf の定理    ・Freudenthal の懸垂定理 (2) Eilenberg-Maclane 空間と Postnikov system (3) Steenrod 代数の決定 (4) 球面のホモトピー論に関するセールの定理 (5) 有理ホモトピー論 (6) 安定ホモトピー圏とアダムスのスペクトル列 (7) ベクトル束と特性類 (8) 複素同境理論と Quillen の定理 (9) その他 参考書: (1) J.P.May, A Concise Course in Algebraic Topology,   The University of Chicago Press   http://www.math.uchicago.edu/~may/CONCISE/ConciseRevised.pdf (2) Douglas Ravenel, Complex cobordism and stable homotopy groups of spheres   The second edition, AMS Chelsea Series   http://www.math.rochester.edu/u/faculty/doug/mu.html (3) Mark Hovey, Model Category, AMS Mathematical Surveys and Monographs (4) Gelfand and Manin, Methods of Homological Algebra, Springer (5) 南範彦, ホモトピー論:単体的集合からその彼方へ, 数理科学2008年3月号 =====================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.952 March 26, 2008 ========================================================= ========================================================== JOB INFORMATION ========================================================== 柏原正樹先生(RIMS)からの情報: Subject: University Lecturership, Oxford University Dear Colleague, I would like to inform you of the availability of a position of University Lecturer in Pure Mathematics, Oxford University. Could-you please forward the announcement to whomever could be interested. There is currently open a University Lecturership in Pure Mathematics at Oxford. Applications are invited from those with a record of outstanding research in any branch of Pure Mathematics, but preference will be given to applicants working in Representation Theory and related areas of Algebra, Algebraic Geometry and Algebraic Topology. The full advertisement is at http://www.maths.ox.ac.uk/node/6140 The closing date is April 7, by which time references should have been sent. I apologise for giving such short notice, but there was a delay in getting further particulars approved and posted. Best wishes, Raphael Rouquier. =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.951 March 24, 2008 ========================================================= ========================================================== 皆様 少し早いですが新年度第一回の表現論セミナーの ご案内です。この日だけ開始時間がいつもと異なり ます。ご注意ください。 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げ ます。多くの方のご来聴をお待ち申し上げており ます。 有木 進、加藤 周 日時:4月15日(火), 午前. 10時〜11時, 11時10分〜12時10分 場所:京都大学数理解析研究所 102号室 講師: 前野 俊昭(京大・工) 講演題目: Recent topics on quantum Schubert calculus 講演要旨: The quantum Schubert calculus on flag varieties has been developed after Givental and Kim gave the presentation of the quantum cohomology ring of the flag variety of type A. In this talk I will survey recent topics of the quantum Schubert calculus. In the first part, I will summerize some results and conjectures on the quantum K-theory invented by Givental and Lee. In the second part, I will talk on Peterson's isomorphism between the equivariant homology of the affine Grassmannian and the quantum cohomology ring of the corresponding flag variety (which has been proved by Lam and Shimozono). =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.950.1 March 21, 2008 ========================================================= ========================================================== 先日ご案内した小研究会の第2報です. 講演者の方からタイトルを頂き,プログラムが決まりました. 「モジュライと数え上げ可積分系」 日時:4月18日(14時)から4月20日(12時) 場所:京都大学理学部3号館大会議室 Viatcheslav Kharlamov(ルイ・パストゥール大学) "Few solved and open problems of real enumerative geometry." 18日 14:00‐15:30 19日 10:30 -12:00, 16:00-17:30 村瀬元彦(カリフォルニア大学Davis校,京大,数理研) 「リーマン面のモジュライ空間上の交叉理論と可積分系」 I. Mumford class と Weil-Petersson 体積 II. Hodge class と Hurwitz 数 III. Witten-Kontsevich 理論の新しい視点 18日 16:00-17:30 19日 14:00-15:30 20日 10:30-12:00 これは数理解析研究所のプロジェクト研究 ミラー対称性と位相的場の理論の一環です. 御来聴を歓迎します. Organizer 深谷賢治,太田啓史,小野薫 (旅費については,深谷まで連絡いただければなんとかなる場合もあります.) =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.950 March 19, 2008 ========================================================= ========================================================== 下記の小研究会を催しますので,ご案内いたします. 深谷賢治 講演者:   村瀬元彦(カリフォルニア大学Davis校,京大,数理研)   Viatcheslav Kharlamov(ルイ・パストゥール大学) 日時:4月18日(14時)から4月20日(12時) 場所:未定(京都大学構内) 題目は未定ですが, 村瀬氏には,可積分系とリーマン面のモジュライ空間に関する話題を Kharlamov氏には,実代数幾何と数え上げ幾何学に関すす話題を お願いしています. お二人にそれぞれ90分3回ぐらいの講演をお願いする予定です. これは数理解析研究所のプロジェクト研究 ミラー対称性と位相的場の理論の一環です. 御来聴を歓迎します. Organizer 深谷賢治,太田啓史,小野薫 (旅費については,深谷まで連絡いただければなんとかなる場合もあります.) =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.949 March 13, 2008 ========================================================= ==========================================================  今年度末をもって定年を迎えられる梅村浩教授および 転出される浪川幸彦教授の最終講義を以下のように実施いたします。 日時、タイトル:  3月14日(金)   15:00〜16:00     浪川幸彦 教授  「モジュラスの花園 ー巨人の肩の上でー」   16:15〜17:15    梅村 浩 教授  「射影極限と帰納極限」 会場: 名古屋大学理1号館509号室 なお、最終講義終了後、懇親会を以下の要領で開催いたしますので、 参加ご希望の方はメールで kozaki( math.nagoya-u.ac.jp ) 宛て 3月10日(月)までにお申し込みをお願いいたします。  3月14日(金) 18:00〜   花の木レストラン ミーティングルーム  会費: 5,000円                名古屋大学大学院多元数理科学研究科                  研究科長 金銅誠之                  専攻主任 納谷 信 =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.948 March 13, 2008 ========================================================= ========================================================== 研究集会のご案内(第1報) 下記の要領で研究集会を開催します。 奮ってご参加下さいますようご案内致します。 研究集会名: From Painleve to Okamoto 期間: 2008年6月9日(月) - 6月13日(金) 場所:東京大学大学院数理科学研究科大講義室 詳細: 下記の web ページをご覧ください http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~tudateru/okamoto60/ 期間中に下記の要領で岡本和夫教授還暦祝賀会を 開催しますので,併せてご案内致します。 日時:6月11日(水)午後6時より 場所:駒場エミナース・ダイヤモンドルーム 組織者:木村弘信 (熊本大理) 岩崎克則 (九大数理) 坂井秀隆 (東大数理) =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.947 March 12, 2008 ========================================================= ========================================================== 研究会のお知らせ. 第11回「代数群と量子群の表現論」研究集会を開催します. 5月25日(日)ー28日(水) 岡山県青年館にて合宿形式 http://www.seinenkan.com/ プログラムの TeX ファイルを以下に付けます. 参加(宿泊)の申し込みは5月2日までに私,山田裕史まで お願いします. 山田裕史 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% \documentclass[10pt]{jarticle} \usepackage{amsmath,amssymb} \pagestyle{empty} \begin{document} \begin{center} {\Large 第十一回 代数群と量子群の表現論 研究集会} \end{center} \medskip 表記の研究集会を開催いたしますのでご案内申し上げます。 \medskip \begin{flushright} \begin{tabular}{ll} プログラム責任者:&山田 裕史(岡山大学)\\ &鈴木 武史(岡山大学) \end{tabular} \end{flushright} \begin{center} {\large 記} \medskip \begin{tabular}{ll} 日程: &2008 年 5月 25日(日)\ 5月 28日(水) \\ 場所: &岡山県青年館 (非常に紛らわしいことに,近くに 「岡山県青年会館」と\\ &いう施設もありますのでご注意ください.)\\ &〒700-0081 岡山県岡山市津島東1-4-1\\ &TEL:086-254-7722 / FAX:086-254-7724\\ &http://www.seinenkan.com/ \end{tabular} \end{center} \medskip \begin{center} {\large プログラム} \end{center} \medskip\noindent {\large 5月 25日(日)} \medskip\noindent \begin{tabular}{ll} &16:30 -- 17:30\ \ 坂本 玲峰(東京大学)\\ &\ \ Rigged configurations and box-ball system\\ &19:30 -- 20:30\ \ 三町 勝久(東京工業大学)\\ &\ \ セルバーグ型積分に付随するサイクルと量子群 \end{tabular} \bigskip\noindent {\large 5月 26日(月)} \medskip\noindent \begin{tabular}{ll} &\ 9:00 -- 10:30\ \ 浅芝 秀人(静岡大学)\\ &\ \ Covering functors, skew group categories and derived equivalences\\ &10:45 -- 11:45\ \ 源 泰幸(京都大学)\\ &\ \ クイバーの表現型の非可換代数幾何学的特徴付け\\ &13:40 -- 14:40\ \ 吉井 豊(千葉大学)\\ &\ \ Brou\'e's conjecture of $SL(2,q)$ in defining characteristic\\ &14:50 -- 15:50\ \ 宇野 勝博(大阪教育大学)\\ &\ \ Fusion systems and correspondence of characters\\ &16:00 -- 17:00\ \ 土岡 俊介(京都大学・数理研)\\ &\ \ A generalization of the degenerate affine Hecke algebra of type $A$\\ \end{tabular} \newpage %\bigskip \noindent {\large 5月 27日(火)} \medskip\noindent \begin{tabular}{ll} &\ 9:00 -- 10:30\ \ 加藤 周(京都大学・数理研)\\ &\ \ $C$型 affine Hecke 環の表現論\\  &\ \ --- 既約表現の構成、異なる分類との比較、指標公式\\ &10:45 -- 11:45\ \ 長尾 健太郎(京都大学)\\ &\ \ Higher $q$-Fock space as a fusion product of representations of the quantum \\ &\ \ toroidal algebra\\ &13:40 -- 14:40\ \ 直井 克之(東京大学)\\ &\ \ Construction of extended affine Lie algebras from multiloop Lie algebras\\ &14:50 -- 15:50\ \ 梶浦 宏成(京都大学・数理研)\\ &\ \ $A_\infty$圏と有限次元代数の表現論\\ &16:00 -- 17:00\ \ 仲田 研登(大阪大学)\\ &\ \ 一般化されたヤング図形における colored $q$-hook formula について \end{tabular} \bigskip\noindent {\large 5月 28日(水)} \medskip\noindent \begin{tabular}{ll} &\ 9:00 -- 10:00\ \ 小寺 諒介(東京大学)\\ &\ \ A generalization of adjoint crystals for the quantized affine algebras of\\ &\ \ type $A_n^{(1)}$, $C_n^{(1)}$ and $D_{n+1}^{(2)}$\\ &10:15 -- 11:15\ \ 有家 雄介(大阪大学)\\ &\ \ Restricted quantum group $\bar{U}_q(sl_2)$の対称線形関数\\ &11:30 -- 12:30\ \ 森田 英章(小山高専)\\ &\ \ Garsia-Haiman modules and modified Macdonald polynomials at roots of unity \end{tabular} \medskip \begin{center} --------------------------------------------------------------- \end{center} \medskip \noindent {\bf 宿泊}:5月25日(日)から28日(水)まで,岡山県青年館に宿泊が可能です. 5人部屋和室で3食付き.1泊8000円--10000円程度です. (正確な金額は当日までにはっきりさせます.)  宿泊を希望される方は 5月2日(金)までに,所属,職(学年),宿泊日(5/25, 5/26, 5/27),および食事(5/25(夕),5/26, 5,27 (朝,昼,夕), 5/28 (朝,昼)) の有無を明記して,電子メイルまたは郵送で,岡山大学 山田裕史まで申し込んで下さい. 予約の関係で5月2日必着とします. なお5月27日(火)夜に懇親会を予定しております. (料金は別途徴収します.) \noindent{\bf 旅費}:旅費を希望する方(特に大学院生,研究生)には 科研費から補助できる可能性があります.早めに山田まで連絡して下さい. \noindent {\bf 連絡先}:〒700-8530  岡山市津島中3丁目1‐1 岡山大学理学部数学教室  山田裕史 \end{document} \bibitem{1} 小寺諒介: \bibitem{2} 有家雄介: Restricted quantum group $\bar{U}_q(sl_2)$上の対称線形関数 \bibitem{3} 森田英章: \bibitem{4} 加藤 周: $C$型 affine Hecke 環の表現論  \newline --既約表現の構成、異なる分類との比較、指標公式 \bibitem{5} 梶浦宏成: \bibitem{6} 吉井 豊: Brou\'e's conjecture of $SL(2,q)$ in defining characteristic \bibitem{7} 浅芝秀人:  Covering functors, skew group categories and derived equivalences \bibitem{8} 土岡俊介: \bibitem{9} 源 泰幸: クイバーの表現型の非可換代数幾何学的特徴付け \bibitem{10} 三町勝久:  セルバーグ型積分に付随するサイクルと量子群 \bibitem{11} 長尾健太郎:  Higher $q$-Fock space as a fusion product of representations of \newline the quantum toroidal algebra \bibitem{12} 直井克之: Construction of extended affine Lie algebras from multiloop Lie algebras \bibitem{13} 宇野勝博: Fusion systems and correspondence of characters \bibitem{14} 坂本玲峰: \bibitem{15} 仲田研人: 一般化されたヤング図形における colored $q$-hook formula について \end{thebibliography} \end{document} =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.946 March 7, 2008 ========================================================= ========================================================== 関係各位     九州大学産業技術数理コンソーシアム第0回フォーラム        『マス・フォア・インダストリ』     のご案内      http://staff.math.kyushu-u.ac.jp/board/view3.php?B_Code=640 拝啓 早春の候 益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 さて、九州大学大学院数理学研究院におきましては、2007年4月に学内共同利用 施設「九州大学産業技術数理研究センター」を立ち上げるなど、数学と諸分野 (とくに産業界)との融合研究の展開をはかっているところです。  この活動の一環として、下記のように、企業研究者を交えた標記ワークショッ プを開催いたしますのでご案内申し上げます。今回は、計算機・情報等にかか わる産業技術数理を主体としたプログラムです。今後はさらに、メーカーにお ける数理等をテーマにしたワークショップを開催する計画です。ワークショッ プでは、企業等の研究所と大学関係双方の研究者から先端的研究の話題を提供 していただき、活発な質疑応答や研究討論を通じて、数学の産官学連携を実質 化する方策を探ることを目的とします。各講演にはモデレーターを指名し、講 演者と聴衆が活発にコミュニケーションをとれるようリードしてもらいます。 充実した高い水準の研究内容に触れることが主眼ですが、ワークショップ自体 は大学院生を含む大学関係者や一般の企業関係者に広く開かれたものです。  なお、ワークショップ終了後、懇親会の席を設けておりますので、あわせて ご案内申し上げます。                 敬具            九州大学大学院数理学研究院長                      若山 正人              記 1. ワークショップ  日 時  2008年3月27日(木) 9:30〜17:00  (受付開始9:00)  場 所  第一ホテル東京シーフォート 3階 ハーバーサーカス      (東京モノレール「天王洲アイル駅」そば)       http://www.hankyu-hotel.com/hotels/08dhtseafort/index2.html  主 催  九州大学大学院数理学研究院  共 催  九州大学産業技術数理研究センター 2. 懇親会  日 時  2008年3月27日(木) 18:00〜19:30  (受付開始17:30)  場 所  第一ホテル東京シーフォート 29階 ライトハウス  参加費  7,000円 ◎ワークショップ参加事前登録 参加ご希望の方は、3月19日までに ...(e-mail address deleted)... または、 Fax: 092-642-7301 宛に、氏名(ふりがな)、所属と連絡先をお知らせ下さい。 参加は無料です。 ◎懇親会申し込み 準備の都合上、懇親会出席ご希望の方は、3月19日(水)までに上記宛てにお知らせ 下さい。 ◎問合せ先  九州大学大学院数理学府 大学院GP事務室  Tel&Fax: 092-642-7301  ホームページ(産業技術数理研究センター)  http://www.mrit.kyushu-u.ac.jp/index.php 3月27日(木)   【プログラム】     3階 ハーバーサーカス 9:30〜9:35  小寺山 亘(九州大学理事・副学長)  挨拶 9:35〜9:45  林 弘  (富士通研究所常務取締役) 挨拶 9:45〜9:55  若山 正人(九州大学数理学研究院長) 趣旨説明 9:55〜10:40  安倍 直樹 (IBMワトソン研究所 研究員)       『データ分析のビジネス最適化への応用』        モデレーター         竹内 純一(九州大学システム情報科学研究院教授)   概要 統計的モデリング、データマイニング、および機械学習技術の      ビジネス分析およびビジネス最適化への応用について、技術的      な課題と実問題への適用の両観点から紹介します。 10:50〜11:20 姫野 龍太郎(理化学研究所 次世代スーパーコンピュータ               開発実施本部 開発グループディレクター)       『次世代スーパーコンピューターにかける夢』        モデレーター         田端 正久(九州大学数理学研究院教授)   概要 現在取り組んでいる次世代スーパーコンピュータ開発プロジェクト      では、そのスーパーコンピュータの能力によって生命の謎にどこま      で迫れるのか試してみたいと考えている。その挑戦計画について紹      介する。 11:30〜12:00 手塚 集 (九州大学数理学研究院教授)       『モンテカルロ法と「次元の呪い」』        モデレーター         小西 貞則(九州大学数理学研究院教授)   概要 「次元の呪い」に関して正反対の事が書かれている2冊の本(和書)      をとりあげ、どちらが正しいか検証する。            〈昼食〉 13:30〜14:15 穴井 宏和(富士通研究所 主任研究員/JST CREST主任研究員)        管野 政明(JST CREST研究員/ 東京大学情報理工学研究科研究員)       『代数的手法を用いた制御系解析・設計手法』        モデレーター         横山 和弘(立教大学理学部教授)   概要 固定次数の制御器設計問題や実パラメータを有する制御対象に対す      る解析・設計問題への代数的手法を用いたアプローチを紹介する。      効率的な代数的手法や、考えている制御問題の解の構造を利用する      ことによる、現実的な手法の構築に関する研究について報告する。 14:25〜14:55 松尾 和洋 (金沢工業大学工学部情報工学科教授 /前米国富士通研究所カレッジパーク研究所長)       『新しい数学を創るフィールドワーク』        モデレーター         横山 和弘(立教大学理学部教授)   概要 純粋数学や伝統的数理科学の分野では、日本においては強みを発揮 してきたが、新しい数学の応用を切り開く分野は比較的に弱いよう だ。美しい数学を探求するだけでなく、思いもよらない新しい分野 で現実の問題を解く数学を創り出すことの必要性について、私見を 述べる。            〈休憩〉 15:30〜16:00 樋口 知之 (統計数理研究所副所長)       『データ分析のビジネス最適化への応用』        モデレーター         小西 貞則(九州大学数理学研究院教授)   概要 シミュレーション計算を測定・観測データと一体化する計算技術で      あるデータ同化の、その基本的考えと基盤的な計算アルゴリズムを      紹介する。 16:10〜16:40  Wayne Rossman(神戸大学理学研究科准教授)       『Visualization and Discretization in Surface Theory』        モデレーター         宮岡 礼子(東北大学理学研究科教授) 16:50〜17:20 中山 季之 (三菱UFJ証券 研究開発部 部長代理)       『金融機関における数理ファイナンスの応用』        モデレーター         谷口 説男(九州大学数理学研究院教授)   概要 デリバティブ(金融派生商品)は資金運用・調達、事業リスクマネジ      メントからのニーズに答えるかたちで著しく発展してきた。その背      後には確率解析を中心とした数学に裏付けられた時価評価やリスク      管理手法の高度化がある。本講演では、数理モデル・計算アルゴリ      ズムの開発と実装を行うクオンツ業務について紹介する。 17:30〜17:35 中尾 充宏(九州大学産業技術数理研究センター長) 閉会の挨拶            〈移動〉 18:00〜19:30    【懇親会】       29階 ライトハウス =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.945 March 6, 2008 ========================================================= ========================================================== 東京大学数物連携宇宙研究機構開設記念シンポジウムライブ配信のお知らせ 数物連携宇宙研究機構(IPMU)は、文部科学省の「世界トップレベル国際研究拠点」の一つ として、平成19年10月1日に東京大学柏地区に開設されました。この機構の開設を記念し、 3月11日、12日の両日、東京大学柏図書館メディアホールでシンポジウムを開催いたします。 このシンポジウムで、インターネットでのライブ配信を予定しています。インターネット回線を 利用して、シンポジウムの模様を生中継で、パソコンから視聴できるようになります。 [配信時間] 3月11日(火) 9:00 - 18:00 3月12日(水) 9:00 - 17:00 [配信方式] Real Media 形式、Windows Media 形式 ライブ配信の視聴方法、その他詳細につきましては、後日、以下のシンポジウムのページで ご案内いたします。 http://www.ipmu.jp/seminars/20080311-OpeningSymposium.html =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.944 March 4, 2008 ========================================================= ========================================================== 神戸可積分系セミナー 日時:2008年3月10日(月) 午後3時00分〜4時00分 場所:神戸大学自然科学研究科3号館620号室 講演者:上野 祐一 (神戸大) タイトル:Takano's theory of the quantum Painlev\'e equations -------------------------------------------------------- For further information: http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ contact: Yasuhiro Ohta =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.943 February 26, 2008 ========================================================= ========================================================== 「IPMUアジア数学者・数理物理学者会議」のお知らせ 3月20−22日の3日間、IPMUでアジア数学者・数理物理学者 会議を開催します。 会場は東京大学柏地区、大学院新領域創成研究科基盤棟2階の大会議室 (2C0室)で す。詳しくはhttp://www.ipmu.jp/seminars/20080320-seminar.html をご覧ください。 残念ながら旅費の補助等は出来ませんが、興味のある方はご参加く ださい。 大栗博司 暫定プログラムは以下のようになっています。 March 20 14:30 Ashoke Sen 15:30 Soo-Jong Rey 16:30 Yuji Okawa March 21 10:00 Kefeng Liu 11:00 Yong-Geun Oh 12:00 lunch 13:30 Shinobu Hosono 14:30 Bumsig Kim 15:30 coffee 16:00 Atsushi Takahashi March 22 10:00 Kentaro Hori 11:00 Hitoshi Murayama, Introduction to IPMU 12:00 lunch 14:00 Piljin Yi 15:00 Avinash Dhar =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.942 February 22, 2008 ========================================================= ==================================================================== 「数学史連続講義」のお知らせ 京都大学理学研究科数学教室には和算書のみならず、Bernoulli "Ars Conejectandi"(推測術), Euler "Introductio in Analysis Infinitorum"(無限解析入門), Nepier "Mirifici Logarithmorum Canois Descriptio", Newton "Lectiones Opticae"(光学講義), Diophantos や Apollonios のラテン語訳など数学の発展に寄 与した多くの貴重図書があります。現在これらの書籍のディジタル 画像の公開を準備中ですが、それに先立ち、これらの貴重書を参考 にしながら、現在の数学の源流を探る、数学史の連続講義を以下の ように行いますのでご案内します。 日程:2008年3月6日(木)〜9日(日) 場所:京都大学理学研究科6号館 参加料は無料でどなたでも参加できますが、会場の関係で参加者数 が制限される場合もあります。 なお3月6,7日と3月8,9日は会場が異なりますのでご注意下さい。 京都大学理学研究科数学教室     問い合わせ先  (京都大学理学研究科数学教室上野研究室 075-753-3737 または 075-753-2666) プログラム: 3月6日(理学研究科6号館202号室) 10:00 〜 11:20 小川 束氏(四日市大学) 京都大学数学教室所蔵の和算書について 上野 健爾氏(京都大学) 11:30〜12:30 京都大学数学教室所蔵の貴重洋書の紹介 14:00 〜 16:00 林 知宏史氏(学習院高等科) 17・18世紀の数学  ーライプニッツから大陸の微積分の発展史を中心にしてー 16:15 〜 17:30 上野 健爾氏(京都大学) 19世紀のヨーロッパ数学ー複素函数論をめぐってー 3月7日(理学研究科6号館202号室) 10:00 〜 12:00 小林 龍彦氏(前橋工科大学) 明治前日本数学史概論 13:30 〜 15:30 三浦 伸夫氏(神戸大学) ヨーロッパ中世の数学 15:45 〜 17:45 松本堯生氏(広島大学) 行列式と終結式の歴史 3月8日(理学研究科6号館301号室) 10:00 〜 12:00 曲 安京氏(西北大学) 中国数学史 13:30 〜 15:30 林 隆夫氏(同志社大学) インド数学史 16:00 〜 18:00(理学研究科6号館401号室) 桜井 進氏(sakurAi Science Factory) 数学エンターテイメント--映像と音楽による数学史 「ジョン・ネイピア対数誕生物語」 (太古の昔より,人は天を仰いできた。16世紀,人々は星を見続けて いた。航海術というテクノロジーが切り開いた大航海時代の幕開 け。しかし,海難事故は後を絶たず,多くの命が日々失われてい た。安全な航海には,船の位置を正確に知るための天文学と正確な 暦が必要とされた。天文学者は,暦作成の計算に魂をすり削り苦し んでいた。社会が天文学的計算に悲鳴をあげていた。城主ジョン・ ネイピアが計算という敵に立ち向かう決心をする。20年の歳月のすべ てを研究に費やし生み出された新しい計算法!驚異の計算法は,社 会を,科学を一変させた。男は果てしない計算に命を賭けた。膨大 な計算の彼方に男が見たものとは何だったのか。) 3月9日(理学研究科6号館301号室) 10:00 〜 12:00 佐藤賢一氏(電気通信大学) 日本数学史研究法 13:30〜 15:30 高橋 秀(大正大学) 16・17世紀ヨーロッパ数学史ーヴィエトからニュートンへー =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.939.1 February 21, 2008 ========================================================= ================================================== SEMINAR INFORMATION ================================================== 部屋変更のお知らせ! 2月のセミナーのお知らせ 今回は270教室で行いますのでご確認ください。 2008年 2月23日(土)13:00--14:30 駒場 東大数理科学研究科270号室 Speaker: 岩尾慎介(東大数理) Title: Solutions of hungry periodic discrete Toda equation and its ultradiscretization Abstract: The hungry discrete Toda equation is a generalization of the discrete Toda equation. Through the method of ultradiscretization, the generalized Box-ball system (gBBS) with finitely many kinds of balls is obtained from hungry discrete Toda eq.. It is to be expected that the general solution of gBBS should be obtained from the solution of hungry discrete Toda eq. through ultradiscretization. In this talk, we derive the solutions of hungry periodic discrete Toda eq. (hpd Toda eq.), by using inverse scattering method. Although the hpd Toda equation does not linearlized in the usual sense on the Picard group of the spectral curve, it is possible to determine its behavior on the Picard group. 2008年 2月23日(土)15:00--16:30 駒場 東大数理科学研究科270号室 Speaker: 竹縄知之(東京海洋大・海洋工) Title: A tropical analogue of Fay's trisecant identity and its application to the ultra-discrete periodic Toda equation. Abstract: The ultra-discrete Toda equation is essentially equivalent to the integrable Box and Ball system, and considered to be a fundamental object in ultra-discrete integrable systems. In this talk, we construct the general solution of ultra-discrete Toda equation with periodic boundary condition, by using the tropical theta function and the bilinear form. The tropical theta function is associated with the tropical curve defined through the Lax matrix of (not ultra-) discrete periodic Toda equation. For the proof, we introduce a tropical analogue of Fay's trisecant identity. (This talk is based on the joint work with R. Inoue.) =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.941 February 19, 2008 ========================================================= ==================================================================== 日時:3月7日(金)午後4:00より 場所:九州大学箱崎キャンパス理学部3号館3311号室 (今回は力学系セミナーとの共催です) 講演者:梶原 健司(九大数理) タイトル:1次元可解カオス力学系の超離散化とトロピカル幾何 アブストラクト: 楕円函数の倍角公式に由来する1次元離散力学系を考察し, 超離散化によってテント写像とその厳密解が得られることを示す. 同様にm倍角公式に由来する力学系のファミリー (flexible Latt`es maps)に対しても厳密解とセットにして 超離散化が可能である.この副産物として,テント写像を始めとする 上記の区分線形写像のファミリーが,あるトロピカル(楕円)曲線の ヤコビアン上のm倍角写像として記述されることを示す. (阪大基礎工・野邊厚氏,九大数理・津田照久氏との共同研究) =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.940 February 19, 2008 ========================================================= ==================================================================== 先日ご案内したSiebert氏(フライブルグ)の連続講演の, 日時が決まりましたので,ご案内します. 日時: 2月18,19,20日 それぞれ, 14時−15時30分および16時−17時30分 場所: 京都大学理学部3号館(事務室がある建物)305号室 講演内容は, Siebert氏がGross氏と行った, ミラー多様体の構成の解説です. 御来聴を歓迎します. 深谷賢治 =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.939 February 19, 2008 ========================================================= ==================================================================== 2月のセミナーのお知らせ 2008年 2月23日(土)13:00--14:30 駒場 東大数理科学研究科117号室 Speaker: 岩尾慎介(東大数理) Title: Solutions of hungry periodic discrete Toda equation and its ultradiscretization Abstract: The hungry discrete Toda equation is a generalization of the discrete Toda equation. Through the method of ultradiscretization, the generalized Box-ball system (gBBS) with finitely many kinds of balls is obtained from hungry discrete Toda eq.. It is to be expected that the general solution of gBBS should be obtained from the solution of hungry discrete Toda eq. through ultradiscretization. In this talk, we derive the solutions of hungry periodic discrete Toda eq. (hpd Toda eq.), by using inverse scattering method. Although the hpd Toda equation does not linearlized in the usual sense on the Picard group of the spectral curve, it is possible to determine its behavior on the Picard group. 2008年 2月23日(土)15:00--16:30 駒場 東大数理科学研究科117号室 Speaker: 竹縄知之(東京海洋大・海洋工) Title: A tropical analogue of Fay's trisecant identity and its application to the ultra-discrete periodic Toda equation. Abstract: The ultra-discrete Toda equation is essentially equivalent to the integrable Box and Ball system, and considered to be a fundamental object in ultra-discrete integrable systems. In this talk, we construct the general solution of ultra-discrete Toda equation with periodic boundary condition, by using the tropical theta function and the bilinear form. The tropical theta function is associated with the tropical curve defined through the Lax matrix of (not ultra-) discrete periodic Toda equation. For the proof, we introduce a tropical analogue of Fay's trisecant identity. (This talk is based on the joint work with R. Inoue.) =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.938 February 13, 2008 ========================================================= ==================================================================== <河合隆裕教授・斎藤恭司教授 最終講義のご案内> 場所: 京都大学数理解析研究所 420講義室 日時: 平成20年3月14日(金)13:30〜17:00 13:30〜15:00 河合隆裕教授 「超函数と微分方程式 2008」 15:30〜17:00 斎藤恭司教授 「原始形式を求めて」 ----------------------------------------------------------------   なお、最終講義終了後の18:00より、京都大学医学部創立百周年記念施設 「芝蘭会館」にて、記念祝賀パーティを開催致します。パーティに参加 ご希望の方は、数理解析研究所研究部事務室へ2月末日までに ご連絡下さい。参加費はパーティ会場にてお支払をお願いします。 http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~kenkyubu/news/080314-kawai-saito.html =======================================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.937 February 7, 2008 ========================================================= ============================================== SEMINAR INFORMATION ============================================= 古典解析セミナー(大阪大学)の案内 日時:02月21日(木)13:30〜 講演者: 菊地哲也(東大数理) タイトル:2+1次元 NLS 階層とパンルヴェ方程式 場所: 大阪大学理学部 B313/315/317 アブストラクト: 2+1次元非線形シュレーディンガー方程式を含むソリトン方程式の 相似簡約により、パンルヴェ5型方程式が得られることを示す。 これに既知の結果の再定式化を合わせると、神保・三輪により 与えられた、パンルヴェ方程式に付随する線形問題のうち 2型から6型については、2成分戸田階層の一般化である 偏微分方程式系の簡約として統一的に扱えることがわかる。 ※いつもと時間・曜日が違います 阪大へのアクセスは http://www.sci.osaka-u.ac.jp/location/building-jp.html をご覧ください。地図の右下、地図の右下、太文字で「B」とかかれたビルの 3階です。モノレール柴原駅から徒歩数分です。 工事中で理学部棟は仕切られているため、東側の入り口からは入れません。 西側A棟の入り口までまわってください。また、昔の談話室には入れません。 古典解析セミナー Web サイト http://www.math.sci.osaka-u.ac.jp/~ohyama/frame/seminar.html 連絡先: 大阪大学大学院情報科学研究科 大山 陽介 ============================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.936 February 5, 2008 ========================================================= ============================================== SEMINAR INFORMATION ============================================= Berent Siebert氏が2月17‐23日京都に滞在し, 最近のGross氏との共同研究のミラー対称性についての 仕事について連続講演されます. 2月18,19,20の3日間,それぞれ90分2コマの講演を 予定しており,最初の講演は,18日14時からです. 場所は未定です(京都大学北部キャンパス構内.) 御来聴を歓迎します. 深谷賢治 ============================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.935 February 4, 2008 ========================================================= ============================================== SEMINAR INFORMATION ============================================= IPMU Komaba Seminar Tuesday, February 12, 17:00 -- 18:30 Room 056, Mathematical Sciences Building Komaba Campus, The University of Tokyo Lecturer: Katrin Wendland (University of Augsburg) Title: "How to lift a construction by Hiroshi Inose to conformal field theory" --------------------------------------------------------------------- Abstract: The moduli space of Einstein metrics is well known to algebraic and differential geometers. Physicists have introduced the notion of conformal field theories (CFTs) associated to K3, and the moduli space of these objects is well understood as well. It can be interpreted as a generalisation of the moduli space of Einstein metrics on K3, which allows us to introduce this space without having to use background knowledge from conformal field theory. However, just as no smooth Einstein metrics on K3 are known explicitly, the explicit construction of CFTs associated to K3 in general remains an open problem. The only known constructions which allow to deal with families of CFTs give CFTs associated to K3 surfaces with orbifold singularities. We use a classical construction by Hiroshi Inose to explicitly construct a family of CFTs which are associated to a family of smooth algebraic K3 surfaces. Although these CFTs were known before, it is remarkable that they allow a description in terms of a family of smooth surfaces whose complex structure is deformed while all other geometric data remain fixed. We also discuss possible extensions of this result to higher dimensional Calabi-Yau threefolds. ------------------------------------------------------------------------ This seminar is organized by Institute for the Physics and Mathematics of the Universe (IPMU) and Graduate School of Mathematical Sciences, The University of Tokyo. Information: Akishi Kato, Toshitake Kohno http://faculty.ms.u-tokyo.ac.jp/~topology/IPMU/index.html ============================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.934 February 4, 2008 ========================================================= ============================================== SEMINAR INFORMATION ============================================= 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 本年度はこれで終了し、新年度に入ってからまた 再開いたします。 有木 進、加藤 周 日時:2月19日(火), 午前11時〜12時, 午後1時〜2時 場所:京都大学数理解析研究所 102号室 講師: 山根宏之(大阪大) 講演題目: Coxeter groupoids has solvable word problem 講演要旨: The notion of the Weyl groupoids arises naturally in studying (generalization of Kac-Moody) Lie superalgebras and Nichols algebras. We show that the Weyl groupoids are defined only by Coxeter-type relations and that Matsumoto-type theorem holds for them (so the word problem of them is solvable), this is joint work with I.Heckenberger [arXiv:QA/0610823, to appear in Math.Z. (the electronic version has already appeared)]. This gives a possible answer to a problem posed by V.Serganova. Having motivation toward to physical application, we give a Drinfeld realization of the affine quantum superalgebra $U_q D^{(1)}(2,1;x)$ using Lusztig and Beck's argument and the corresponding (extended affine) Weyl groupoids, this is joint work with I.Heckenberger, F.Spill, A.Torrielli [arXiv:0705.1071, to appear in RIMS Kokyuroku Bessatsu]. In this talk, we also introduce Hecke algebroids associated with the Weyl groupoids and discuss their representation theory. ============================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.933 January 30, 2008 ========================================================= ============================================== SYMPOSIUM INFORMATION ============================================= 皆様 以前にご案内しましたIPMU開設シンポジウムの登録フォームが https://www.onreg.jp/ics/guest/20071221002/regiTop.html にあります.参加される方は上のwebsiteから登録して頂けます ようお願い致します. オンライン登録の締め切りは2月10日です.なお登録料 4,000円が必要です. 旅費の援助のための必要な方は登録フォームを通じてご連絡下さい. 河野俊丈 ========================================= IPMU開設シンポジウム 日時:平成20年3月11日(火)、12日(水) 場所:東京大学柏図書館メディアホール 招待講演者: Michael Atiyah (エジンバラ大学、to be confirmed) John Ellis(ヨーロッパ原子核研究機構) 深谷賢治(京都大学) Richard Gaitskell(ブラウン大学) Gian Giudice(ヨーロッパ原子核研究機構) David Gross(カブリ理論物理学研究所) 林正彦(国立天文台) Karl Jacobs(フライブルグ大学) Art McDonald(クイーンズ大学) 鈴木洋一郎(東京大学宇宙線研究所) Simon White(マックスプランク研究所) Shing-Tung Yau(ハーバード大学) シンポジウム組織委員: 野尻美保子 大栗博司(委員長) Hank Sobel 杉山直 ============================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.932 January 30, 2008 ========================================================= ============================================== SEMINAR INFORMATION ============================================= Montreal大学のCeyhan氏による講演が有ります. 1度目は 2月5日火曜日5時から "Yet again, quantum cohomology and enumerative geometry: A real story" Quite recently, J.Y . Welschinger introduced a set of invariants for real varieties that give lower bounds on the number of real algebraic curves satisfying certain incidence conditions. After J. Solomon's homological interpretation, these invariants opened a new gate to reconsider the quantum cohomology of real varieties. In this talk, I will discuss Gromov-Witten-Welschinger (GWW) classes and their applications. In particular, Horava's definition of quantum cohomology of real algebraic varieties will revisited and it will be (re)introduced as a DG-operad. In light of this study, I will also discuss the consequences in real enumerative geometry. です.場所は京都大学理学部6号館609室です. なお,通常の微分トポロジーセミナーと時間がずれていますので, ご注意ください. Ceyhan氏はその週は引き続き滞在予定で, 2月7−8日にインフォーマルなセミナーを予定しています. 時間などは,5日に決めます. 京都大学理学研究科数学教室 深谷賢治 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.931 January 25, 2008 ========================================================= ============================================== POSITION INFORMATION ============================================= **************************************************************** ** POST-DOCTORAL POSITION IN MATHEMATICS ** ** AT GOETTINGEN UNIVERSITY ** **************************************************************** SECOND ANNOUNCEMENT ----------------------------------------------- The German Research Foundation (Deutsche Forschungsgemeinschaft) is presently funding a research project entitled HARMONIC ANALYSIS ON AFFINE G-VARIETIES for the duration of five years at the Institute of Mathematics of the Georg-August-University Goettingen, Germany. The project started October 2006, its aim being the study of non-transitive group actions on algebraic varieties and manifolds, and the development of a corresponding representation and spectral theory. More informations can be found at the site http://www.uni-math.gwdg.de/ramacher/Emmy-Noether.html At present, the project can offer 1) a post-doctoral position for the duration of 2 years or less. The position is paid according the German general scheme for civil servants, and includes social benefits; the precise salary depends on age, marital status, and the number of children. Applicants interested in this position, and working in the fields of harmonic analysis, representation theory, operator and spectral theory, algebraic geometry, or automorphic forms, are asked to contact Pablo Ramacher. Goettingen, December 2007 Pablo Ramacher ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.930.1 January 24, 2008 ========================================================= ============================================== 訂正 ============================================= 岡山大学の山田裕史です. 昨日の「代数群と量子群の表現論」研究集会の案内で 誤解を招く「表現」がありましたので,お詫びと訂正かたがた 再度のお知らせです. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 日程と場所が決まりましたのでご案内申し上げます. 2008年5月25日(日)ー28日(水) 25日は午後に集合,28日は昼食後,解散. 27日(火)夜に懇親会を予定しております. 岡山県青年館(岡山大学のすぐそば) http://www.seinenkan.com/ プログラムは3月中には改めて配信いたします。 講演希望または講演の推薦を山田裕史宛にお送りください. 合宿形式なので,参加希望を取る必要があります. これについてはいずれ(4月後半)お願いすることになると思います. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.930 January 23, 2008 ========================================================= ============================================== SEMINAR INFORMATION ============================================= 研究会のお知らせ,講演募集 下記の日程で「第11回 代数群と量子群の表現論」研究集会を 開催いたします. 参加表明,講演希望は山田裕史までお願いいたします. 2008年5月25日(日)(夕方)ー5月28日(水)(昼) 岡山県青年館(岡山大学のすぐそば)にて合宿形式 http://www.seinenkan.com/ 世話人代表: 岡山大学 理学部 数学   山田裕史 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%% Dr. Hiro-Fumi YAMADA Professor of Mathematics Okayama University ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.929 January 17, 2008 ========================================================= ============================================== SEMINAR INFORMATION ============================================= みなさま 来週、Saeid Azam 氏および他2名の方に 大阪大学でセミナーをしていただくことになりましたので お知らせいたします。 私はAzam 氏がほとんど独力でnullity 3の無限次元ルート系を 研究しておられた頃から尊敬してまいりました。 この度、来日がかないましたのでお知らせいたします。 Azam氏とShahsanaei氏の共著の論文がRIMS Publicationsに あります。 表現論セミナー(大阪大学理学部) 2008年1月23日(水) 14:10-- 大セミナー室(理学部E301) 14:10 -- 15:10 Mallihe Yousofzadeh (Isfahan University, Iran): A presentation of Lie tori of type $B_\ell$ 15:20 -- 16:20 Valiollah Shahsanaei (Qom University, Iran): On the presentations of extended affine Weyl groups 16:30 -- 17:30 Saeid Azam (Isfahan University, Iran): Derivations of Multi loop algebras 山根宏之 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.928 January 10, 2008 ========================================================= ============================================== SEMINAR INFORMATION ============================================= 神戸可積分系セミナー 日時:2008年1月16日(水) 午後4時30分〜6時00分 場所:神戸大学自然科学研究科3号館620号室 講演者:菊地 哲也 (東京大学) タイトル:2+1 次元 NLS 階層とパンルヴェ方程式 -------------------------------------------------------- For further information: http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ contact: Yasuhiro Ohta ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.927 January 10, 2008 ========================================================= ============================================== SEMINAR INFORMATION ============================================= 各位 次の様なミニワークショップを計画しています. 興味をお持ちの方はご参加くださいますようお願いします. 齋藤政彦(神戸大学) %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% Mini Workshop on Geometry and Integrable Systems Date:January 16 (Wed)--17 (Thurs), 2008 Place:Dai-Kaigishitu (Big Lecture Room), Department of Mathematics, Graduate school of Science, Kyoto University (京都大学理学研究科数学教室 大会議室) Schedule: Jan. 16(Wed) 13:30--14:30 Claude Sabbah (E'cole Polytechnique) Twistor D-modules I 15:00--16:00 Claude Sabbah (E'cole Polytechnique) Twistor D-modules II Jan. 17(Thurs) 10:30--11:30 Daisuke Yamakawa (Kyoto University) Moduli spaces of filtered local systems 13:30--14:30 Claus Hertling (Universita"t Mannheim) tt* geometry and hypersurface singularities 15:00--16:00 Claus Hertling (Universita"t Mannheim) Period mappings and classifying spaces for Brieskorn lattices Contact: Masa-Hiko Saito (Kobe University) WebSite:http://www2.kobe-u.ac.jp/~mhsaito/events/miniworkshop0801.html ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.926 January 9, 2008 ========================================================= ============================================== SEMINAR INFORMATION ============================================= 皆様 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 日時:1月22日(火), 午前11時〜12時, 午後1時〜2時 場所:京都大学数理解析研究所 102号室 講師:宇野 勝博 (大阪教育大・教育) 講演題目: Fusion systems of finite groups and correspondences of characters 講演要旨: A fusion system is a category whose objects are subgroups of a fixed p-group, where p is a prime, and morphisms are abstract generalization of conjugation maps. A few decades ago, fusion systems were considered for structure theorems of finite groups, but recently, they are studied from a topological point of view, since they are related to classifying spaces. In the talk, we give the definition of fusion systems and state recent developments. Moreover, the relationship with Broue's perfect isometries between character rings is presented. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.925 January 9, 2008 ========================================================= ============================================== 日本数学会無限可積分系セッションからのお知らせ ============================================= 関係各位のご協力により、来たる3月の数学会年会の本セッションには25件の 一般講演の応募がありました。ありがとうございました。なお、セッションの 日程は (当初の予想と違って) 23日〜24日になりました。今回は特別講演を 笹本智弘氏 (千葉大) と竹村剛一氏 (横浜市大) にお願いしました。多数の方 々のご参加をお待ち申し上げます。 セッション責任者 高崎金久 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.924 January 8, 2008 ========================================================= ======================================== SYMPOSIUM INFORMATION ======================================== IPMU開設記念シンポジウムのお知らせ 東京大学数物連携宇宙研究機構の開設を記念して以下のシンポジウムを 開催いたします。多くの方にご参加いただけますようお願い申し上げます。 大栗博司(カリフォルニア工科大学/数物連携宇宙研究機構) ================================== 数物連携宇宙研究機構(The Institute for the Physics and Mathematics of the Universe, http://www.ipmu.jp)は、 文部科学省の世界トップレベル国際研究拠点の一つとして、 平成19年10月1日に東京大学柏地区に開設されまし た。この新しい機構では、純粋数学から理論・実験物理学、 天文学、応用数学に及ぶ広範囲な分野の第一線の研究者を 一つの拠点に結集して、創造的な研究を可能にする環境を提供し、 自然界の基本法則の理解と宇宙の謎の解明にむけた数学と物理学の 新しいパラダイムを創成することを目指します。この機構の開設を 記念し、これらの分野の融合に向けた将来の展望について議論するために、 各分野の指導的研究者を招いたシンポジウムを企画しました。 日時:平成20年3月11日(火)、12日(水) 場所:東京大学柏図書館メディアホール 招待講演者: Michael Atiyah (エジンバラ大学、to be confirmed) John Ellis(ヨーロッパ原子核研究機構) 深谷賢治(京都大学) Richard Gaitskell(ブラウン大学) Gian Giudice(ヨーロッパ原子核研究機構) David Gross(カブリ理論物理学研究所) 林正彦(国立天文台) Karl Jacobs(フライブルグ大学) Art McDonald(クイーンズ大学) 鈴木洋一郎(東京大学宇宙線研究所) Simon White(マックスプランク研究所) Shing-Tung Yau(ハーバード大学) シンポジウム組織委員: 野尻美保子 大栗博司(委員長) Hank Sobel 杉山直 ・参加登録のためのウェッブページはただいま作成中です。作成が完了 次第、お知らせします。 ・旅費の補助が必要な方のために若干の資金があります。参加登録の際 に旅費補助の希望の有無をお聞きします。 ・シンポジウム会場のある東京大学柏地区は、つくばエクスプレス柏の 葉キャンパス駅からバスで5分、JR常磐線柏駅からはバスで25分の距離に あります。 ・常磐線柏駅周辺にはいくつかのホテルがあります。参加登録のウェッブ ページでもホテルのご案内をしますが、予約は各自でお願いします。 クレストホテ ル柏と三井ガーデンホテル柏からは、シンポジウム会場まで 送迎バスを用意する予定です。 ・プログラム等は後ほどお知らせいたします。 ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.923 January 7, 2008 ========================================================= ======================================== SEMINAR INFORMATION ======================================== 皆様 新年明けましておめでとうございます。本年も定期的に 開催して参りますので、よろしくお願い申し上げます。 ちなみに、1月15日夜に表現論セミナーの新年会を やろうか、という話が持ち上がっています。参加者数を 知りたいので、参加なさる方はメールであらかじめご連絡 いただけると幸いです。 下記の講演が行われますので、ご案内申し上げます。 多くの方のご来聴をお待ち申し上げております。 有木 進、加藤 周 日時:1月15日(火), 午前11時〜12時, 午後1時〜2時 場所:京都大学数理解析研究所 102号室 講師:Michael Pevzner (Mathematical Department of the University of Reims, 東大数理) 講演題目: Generalized Rankin-Cohen brackets 講演要旨: The particular geometric structure of causal symmetric spaces allows the definition of a covariant quantization of these homogeneous manifolds. We will discuss how do the composition formulae (#-products) of quantized operators give rise to a new interpretation of Rankin-Cohen brackets and permit to connect them with the branching laws of tensor products of holomorphic discrete series representations. ==============================================================
========================================================= INFINITE ANALYSIS NEWS LETTER No.922 January 4, 2008 ========================================================= ======================================== SEMINAR INFORMATION ======================================== 皆様, お近くに該当する方がいらしたら,ぜひご推薦下さい. --------------------------------------------------- 第5回けいはんなセミナー 2008年2月15日(金)〜18日(月)  21世紀COEプログラム(京都大学)の一環として、2008年4月に全国の数学関係の 大学院へ入学予定の学部学生の方を中心に下記の要領で「けいはんなセミナー」を 行いますので、奮ってご応募下さい。この「けいはんなセミナー」は、講演とセミナーを 通して修士・博士課程の大学院生をはじめとする若手数学者との交流をはかり、 大学院で有意義な数学の勉学・研究を始めることができるように支援するものです。 参加者は、下記のセミナーのいずれかに参加する必要があります。専門外のセミナー への参加を歓迎します。参加者全員に旅費・滞在費を全額支給できる予定です。 なお21世紀COEプログラムは今年度をもって終了しますので、けいはんなセミナー は今回で終了の予定です。                          京都大学理学研究科数学教室 けいはんなセミナー係 (075-753-3707) 記 日時: 2008年2月15日12時30分〜2月18日(昼食後解散) 場所: 関西学研都市 けいはんなプラザ プログラム: 2月15日(金) 12:30時〜14時 受付 14時〜17時  講演         20時〜22時  セミナー 2月16日(土)  9時〜12時  講演         14時〜17時  セミナー         20時〜22時  セミナー 2月17日(日)  9時〜12時  セミナー         14時〜17時  セミナー         20時〜22時  セミナー発表会 2月18日(月)  9時〜12時  セミナー発表会 セミナーは6班に分かれ、次のテキストを使います 1. ファン・デル・ヴェルデン著 前田博信訳「代数幾何学入門」      第5章「代数的対応とその応用」,シュプリンガー・ジャパン 講師:村上雅亮(京都大学理学研究科) 2. 小林昭七著「ユークリッド幾何から現代幾何へ」日本評論社 講師:加藤毅(京都大学理学研究科) 3. 村上順著「結び目と量子群」朝倉書店    講師:前野俊昭(京都大学工学研究科) 4. F.Klein著  On Riemann's theory of algebraic functions        and their integrals, Dover    講師:加藤文元(京都大学理学研究科) 5. 生西 明夫・中神祥臣著 「作用素環入門 I, II」岩波書店 I 巻第1.8〜1.11, 2.5    II 巻 3.1, 3.6, 3.8 主として非可換トーラスについて勉強する。    講師:菊地克彦(京都大学理学研究科) 6. 井関知辰(ともとき)著「算法発揮」世界で最初に印刷された行列式に関する書籍    講師:小川束(四日市大学環境情報学部) (テキストはコピーをお渡しします。)        募集予定人員 各セミナー4〜5名、25名前後を予定しています。 参加資格 2008年4月に数学関係の大学院へ入学予定の学部学生および 修士1年生、修士2年生以上の方はチューターとして参加可能です。 応募方法 a. 現在の所属 b. 連絡先(書類の郵送先住所、eメール・アドレス、(携帯)電話番号) c. 大学院で研究したいことをできるだけ詳細にA4一枚にまとめてもの d. 参加希望のセミナー番号を第一希望、第二希望、第三希望まで記したもの を下記まで郵送(〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学理学研究科数学教室、けいはんなセミナー係)、もしくはFax(075-753-3704) にて申し込んで下さい(2008年1月25日必着)。希望者が多数の場合は、提出の書類に 基づいて選考します。必ずしも希望のコースに添えるものではありません. 学部学生を優先します。また、セミナーのテキストは後日郵送します。 けいはんなセミナーの数学的内容に関する問い合わせ先  京都大学理学研究科数学教室 上野健爾 ==============================================================