従来の物理学の「時間・空間・物質」という捉え方を超えて、万物は「量子情報」から構成されるという新しい視点で、「極限宇宙」の解明を目指します。この極限宇宙とは、自然界の極限的な状況を表し、

①ブラックホールの量子論(空間の極限)
②宇宙創成のメカニズム(時間の極限)
③量子物質のダイナミクス(物質の極限)

の3つの問題を意味し、その解明には物理法則の究極的な理解が不可欠です。

研究会"Quantum extreme universe from quantum information"(9/26〜30)の参加登録を受付中です。https://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~qith2022/registration.php
現地参加は締め切りました。オンライン参加を受け付け中です。

領域イベント情報はこちらの領域ツイッターでもアナウンスしています。   

領域オンラインイベントへのご参加はこちらのフォームでメーリングリストにご登録ください

新着情報

2022.08.10

C01班の疋田泰章氏がプレスリリースを出しました。3次元重力を用いたホログラフィーを開発し、その手法による初期宇宙の密度揺らぎの相関の計算に世界で初めて成功しました。詳しくは下記をご覧ください。https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research-news/2022-08-10

2022.08.02

9月21日-23日にC03班が主催する研究会
Workshop on General Relativity, Cosmology, and Black Hole Information Paradox@名古屋大学+オンライン
https://sites.google.com/view/workshop-2209/
が開催されます。参加登録締め切りは、旅費補助希望: 8/26日、現地参加: 9/9日 です。

2022.07.22

本領域C01班の疋田氏、瀧氏、高柳氏、D01班の西岡氏がプレスリリースを出しました。膨張宇宙を表すミクロな模型を3次元ドジッター宇宙のホログラフィー原理を用いて構築しました。詳しくは下記をご覧ください。https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research-news/2022-07-22-0
https://www.sci.osaka-u.ac.jp/ja/topics/10639/

2022.07.15

第8回極限宇宙オンラインコロキウムが開催されました[コロキウム録画ビデオ][講演スライド]。