従来の物理学の「時間・空間・物質」という捉え方を超えて、万物は「量子情報」から構成されるという新しい視点で、「極限宇宙」の解明を目指します。この極限宇宙とは、自然界の極限的な状況を表し、

①ブラックホールの量子論(空間の極限)
②宇宙創成のメカニズム(時間の極限)
③量子物質のダイナミクス(物質の極限)

の3つの問題を意味し、その解明には物理法則の究極的な理解が不可欠です。

領域イベント情報は[こちらの領域ツイッター]でもアナウンスしています。   

領域オンラインイベントへのご参加は[こちらのフォーム]でメーリングリストにご登録ください


 [領域Youtubeチャンネル]開設しました。本領域が開催した講演会・コロキウム・集中講義等の動画を公開しております。今後も随時、動画が追加されていきます。是非ご活用ください。

新着情報

2024.05.23

公募研究E02班の川畑幸平氏(物性研究所)が、クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社第5回リサーチフロントアワードを受賞されました。

クラリベイト:日本がリードする先端研究領域と、その領域で活躍する研究者を発表 ~ 5度目の「リサーチフロントアワード」において、11領域11名を選出、表彰~ - Clarivate - Japan

~ 5度目の「リサーチフロントアワード」において、 11領域11名を選出、表彰 ~   [2024年5月22日] クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社(日本オフィス…

2024.05.21

B02班の山本大輔氏らによりプレスリリース「エントロピー制御による量子シミュレーターの極低温冷却法を確立~高温超伝導や量子磁性などの仕組みの解明に期待~」が行われました。[リンク]

2024.05.17

5月13日にRobet Wald教授(University of Chicago)を講師としてお招きして開催された、第25回コロキウム「The Entropy of Dynamical Black Holes」の資料を公開いたします。[コロキウム録画ビデオ][講演スライド]。

2024.05.16

925日から28日まで、学術変革領域A「極限宇宙」の第四回領域会議を開催いたします。当領域の各研究計画班の研究活動報告およびセミナー講演や、公募研究代表者による講演もあります。詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。https://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~extremeuniverse/en/forth-annual-meeting-sept-25-28-osaka-university/

2024.05.12

昨年度本領域の若手循環プログラムを利用された濱中秀有氏(京都大学)が、2024年春季大会 日本物理学会学生優秀発表賞を受賞されました。https://www.jps.or.jp/activities/awards/gakusei/2024_student_presentation_award.php