無限可積分系メーリングリスト

Documents of past years : 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016 |
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 |
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

件名: [MugenML 1630] 京都表現論セミナー(1/27) 日付: 2022年1月17日 14:16:35 JST 皆様 以下のセミナーのアナウンスをさせて頂きます。参加方法は https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4806 をご参照ください。 よろしくお願いいたします。 疋田辰之 ---------------------------------------------------------------------- Date: 2022/1/27 Thu. 10:30--12:00 Room: Zoom (access information will appear in https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4806 ) Speaker: Zijun Zhou (Kavli IPMU) Title: Virtual Coulomb branch and quantum K-theory Abstract: In this talk, I will introduce a virtual variant of the quantized Coulomb branch constructed by Braverman-Finkelberg-Nakajima, where the convolution product is modified by a virtual intersection. The resulting virtual Coulomb branch acts on the moduli space of quasimaps into the holomorphic symplectic quotient T^*N///G. When G is abelian, over the torus fixed points, this representation is a Verma module. The vertex function, a K-theoretic enumerative invariant introduced by A. Okounkov, can be expressed as a Whittaker function of the algebra. The construction also provides a description of the quantum q-difference module. As an application, this gives a proof of the invariance of the quantum q-difference module under variation of GIT.
件名: [MugenML 1629] 2021年度表現論シンポジウム:講演集(冊子体)の 申し込みについて 日付: 2022年1月17日 12:31:25 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。 重複してお受け取りの際はご容赦ください。) いつもお世話になっております。龍谷大学の久保です。 先程、「2021年度表現論シンポジウム連絡用メーリングリスト」を通じて 講演集の申し込みについてメールいたしました。 参加登録をされていたにも関わらず、メールが届いていないことなどありましたら お手数ですが下記メールアドレスまでご連絡ください。 toskubo _AT_ econ.ryukoku.ac.jp(久保) よろしくお願いいたします。 久保利久
件名: [MugenML 1628] MS seminar on Jan. 20 日付: 2022年1月17日 11:41:25 JST 皆様 1/20 (Thu.) のMS seminarをご案内申し上げます。 Speaker: Hitoshi Konno (Tokyo Univ. of Marine Science and Technology) Title: Elliptic Quantum Toroidal Algebra $U_{q,t,p}(\gl_{1,tor})$ and affine quiver gauge theories Date: Thu, Jan 20, 2022, 13:30 - 15:00 Place: Zoom Meeting ID: 962 4532 2451 Passcode: 804534 Abstract: We introduce the elliptic quantum toroidal algebra $U_{q,t,p}(\gl_{1,tor})$. After giving some representations including the level (0,0) representation realized by using the elliptic Ruijsenaars difference operator, we construct intertwining operators of the $U_{q,t,p}(\gl_{1,tor})$-modules w.r.t. the Drinfeld comultiplication. We then show that $U_{q,t,p}(\gl_{1,tor})$ gives a realization of the affine quiver $W$-algebra $W_{q,t}(\Gamma(\widehat{A}_0))$ proposed by Kimura-Pestun. This カブリ数物連携宇宙研究機構 中島 啓
件名: [MugenML 1627] 東京名古屋代数セミナー(1月18日・21日) 日付: 2022年1月17日 4:32:42 JST 皆様 (複数のメーリングリストに投稿しております。重複して受け取りの際は ご容赦ください。) 以下の要領で東京名古屋代数セミナーを開催いたします。 皆様のご参加をお待ちしております。 -------------------------------------------------- 日時: 2022年1月18日(火)15:00-16:30(1回目) 2022年1月21日(金)16:45-18:15(2回目) 講演者: 榎本 悠久 氏 (大阪府立大学) 場所:Zoom タイトル:Exact-categorical properties of subcategories of abelian categories アブストラクト: Quillen's exact category is a powerful framework for studying extension-closed subcategories of abelian categories, and provides many interesting questions on such subcategories. In the first talk, I will explain the basics of some properties and invariants of exact categories (e.g. the Jordan-Holder property, simple objects, and Grothendieck monoid). In the second talk, I will give some results and questions about particular classes of exact categories arising in the representation theory of algebras (e.g. torsion(-free) classes over path algebras and preprojective algebras). If time permits, I will discuss questions of whether these results can be generalized to extriangulated categories (extension-closed subcategories of triangulated categories). Zoom URL:https://************************ ミーティングID: ************************* パスコード: ***************************** --------------------------------------------------- 今後の予定 日時:2022年2-3月予定 講演者: 越谷 重夫 氏 (千葉大学) --------------------------------------------------- 東京名古屋代数セミナーのページ: http://www.math.nagoya-u.ac.jp/~aaron.chan/TNAseminar.html 世話人: 阿部 紀行(東京大学) Aaron Chan(名古屋大学) Erik Darpö(名古屋大学) 伊山 修(東京大学) 中村 力(東京大学) 中岡 宏行(名古屋大学) 高橋 亮(名古屋大学)
差出人: Kazushi Ueda 件名: [MugenML 1626] 東大数理談話会(1月)のご案内 皆様、 東大数理の談話会(1月、オンライン)についてご案内申し上げます。 Date:1月21日(金曜日)15:30--16:30 Speaker:緒方芳子先生(東大数理) Title: 量子スピン系における基底状態にギャップを持ったハミルトニアンの 分類問題について (JAPANESE) Abstract : 量子系において時間発展はハミルトニアンという自己共役作用素 によって与えられる. 量子スピン系と呼ばれる量子系において, 物理的に 要請される局所性を持ったハミルトニアンで, 最低固有値との間にスペクトル ギャップをもつものの分類問題が近年広く研究されている. 本講演では 作用素環による量子統計力学の枠組みの中でのこの分類問題の研究について お話ししたい. 参加を希望される方は、お手数ですが、以下のURLから参加登録を行って くださいますようお願い申し上げます。 https://*************************** また、お近くに興味をお持ちの方がおられましたらお伝えいただけますと 幸いです。よろしくお願い致します。 植田一石、小木曽啓示(委員長)、柏原崇人、宮本安人 PS. 談話会の情報は https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/seminar/colloquium/ に更新致します。
件名: [MugenML 1625] 再周知:2022年度奨励研究生の募集について (来週21日締め切り) 日付: 2022年1月11日 16:39:00 JST  皆様    無限可積分系セッション世話人の井上です。  表題の件について、日本数学会理事長から再度のお知らせがありました。 本制度の趣旨に適う方がおられましたら、積極的な応募を勧めて頂けますよう お願いいたします。  井上 玲 ----------------- Forwarded message ----------------- 平素より日本数学会の運営にご協力を頂き 厚く御礼申し上げます。 「2022年度日本数学会奨励研究生」につきましては 去る11月1日に募集を開始し、 来週1月21日(金)を締め切りとしておりますが 本日現在、応募は0件となっております。 https://www.mathsoc.jp/publicity/news20211013/2022shourei.html あらためてのご案内となりますが、 奨励研究生制度は、日本数学会の会員であって 学位(博士)取得後5年以内の有望研究者を 「日本数学会奨励研究生」として採用し研究奨励金を支給します。 特に、経済的に困難な状況や厳しい研究環境の下でも 創意工夫を凝らして主体的に研究を進めている者を奨励することを 目的としています。 本制度の趣旨に適う方がおりましたら 積極的な応募を勧めて頂きたく存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 日本数学会理事長 清水 扇丈 ----------------------------------------------------------
件名: [MugenML 1624] 教授公募 日付: 2022年1月11日 15:55:28 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様、 東京工業大学情報理工学院・数理計算科学系では, 下記の要領で公募を行なっております. 周辺に適任者がおられましたら,応募をお奨め 頂けると幸いです.よろしくお願いいたします. 土岡俊介 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%お知らせここから%%%%%%%%%%%%%% 各位 このたび東京工業大学,情報理工学院,数理・計算科学系 で数学分野の教授1名の公募を行うこととなりました. 専門分野:数学 応募資格:博士の学位を有すること. (純粋数学に軸足をおく研究者で, 応用数学および計算機科学分野へ の親和性のある方が望ましい.) 採用予定年月日:令和4年7月1日以降,できるだけ早い時期 公募〆切り:令和4年3月31日(木曜日)必着 応募資格,担当科目,応募要領,選考方法等の詳細は 下記アドレスをご覧頂きますようお願い致します. JREC-IN https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D122010017&ln_jor=0 または http://www.hyoka.koho.titech.ac.jp/eprd/recently/koubo/koubo.php#7058 年始のご多忙中のところ恐縮に存じますが,貴関係者各位へのご周知と 適任者への応募をお勧め下さいますようお願い申し上げます. 梅原雅顕(東工大,数理・計算科学系)
件名: [MugenML 1623] Quantum Geometry and Representation Theory II (2022/2/12--14) 日付: 2022年1月9日 15:34:26 JST 皆様, (複数のメーリングリストに投稿しております.重複してお受け取りの際は ご容赦ください.) 大阪市立大学数学研究所2021年度共同利用・共同研究の一環として,以下の Schoolをオンライン開催致します.ご参加いただくためには登録が必要と なっておりますので,ご興味のある方はお手数ですが下記ホームページから ご登録をお願い致します: School title: Quantum Geometry and Representation Theory II 日程: 2022年2月12日(土)--14日(月) 場所: オンライン開催 (Zoom) Web: https://sites.google.com/view/qgrtii 本Schoolでは,以下の3名の方々に連続講演をお願いしております.タイトル・ アブストラクトはSchoolのホームページをご覧ください. Juliet Cooke (University of Nottingham) Daniel Douglas (Yale University) Julien Korinman (Waseda University) 皆様のご参加を心よりお待ちしております. 世話人: 大矢浩徳(芝浦工業大学) 木村嘉之(大阪府立大学) 水野有哉(大阪府立大学) 尾角正人(大阪市立大学) -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1622] 研究集会 ”Rikkyo MathPhys 2022” 完全オンライン形 式への変更 日付: 2022年1月7日 17:16:24 JST メーリングリストのみなさま (複数のメーリングリストに投稿しております。重複してお受け取りの場合は ご容赦下さい。) 先日ご案内をお送りした国際集会 “Rikkyo MathPhys 2022” ですが, ここ数日のコロナウィルス感染症の拡大状況から, 全面的にオンラインで開催することに致します。 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが,ご理解いただければ幸いです。 Workshop "Rikkyo MathPhys 2022" 日程:2022年1月8日(土)--10日(月) 開催形式:オンライン (Zoom) お手数ですが,参加される方は,下記より参加登録をお願いします。 https://*************************************************** ご登録いただければ,折り返し Zoom のアドレスをお送りします。 講演者は以下の方々です。 Giulio Bonelli (SISSA) Alexei Borodin (MIT) Mikhail Kapranov (IPMU) Zohar Komargodski (Stonybrook) Shota Komatsu (CERN) Atsuo Kuniba (Tokyo) Kazunobu Maruyoshi (Seikei) Tadashi Takayanagi (Kyoto) Yukinobu Toda (IPMU) Mayuko Yamashita (RIMS) 研究集会のwebページ: https://sites.google.com/rikkyo.ac.jp/rikkyomathphys2022/home タイムテーブル: https://sites.google.com/rikkyo.ac.jp/rikkyomathphys2022/timetable (注)タイムテーブルに,以前のものから一部変更があります。(リンク先は 変更済みです。) (Kmatsu: 1/9(Sun) 17:15-18:15 → 1/10(Mon) 9:00-10:00) 講演タイトルと概要: https://sites.google.com/rikkyo.ac.jp/rikkyomathphys2022/titles-and-abstracts 皆様のご参加をお待ちしております。 世話人一同
件名: [MugenML 1621] 京都表現論セミナー (1/13) 日付: 2022年1月6日 10:34:32 JST 皆様 
 以下のセミナーのアナウンスをさせて頂きます。参加方法は https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4793 をご参照ください。 
 よろしくお願いいたします。 
 森脇 湧登 
 ---------------------------------------------------------------------- Date: 2022/1/13 Thu. 17:00-18:30 Room:(access information will appear in https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4793) 
 Speaker: Vladimir Dotsenko (University of Strasbourg) 
 Title: A new proof of positivity of DT invariants of symmetric quivers 
 Abstract: I shall talk about a new interpretation of refined Donaldson-Thomas invariants of symmetric quivers, in particular re-proving their positivity (conjectured by Kontsevich and Soibelman, and proved by Efimov). This interpretation has two key ingredients. The first is a certain Lie (super-)algebra, for which we have two interpretations, in the context of Koszul duality theory and in the context of vertex Lie algebras. The second is an action of the Weyl algebra of polynomial differential operators on that Lie algebra, for which the characters of components of the space of generators give precisely the refined DT invariants. This is a joint project with Evgeny Feigin and Markus Reineke, partially relying on my recent work with Sergey Mozgovoy.
件名: [MugenML 1620] 【2/16-18】山田裕史先生連続講演 日付: 2022年1月5日 18:14:55 JST 皆様: 2月16日(水)~2月18日(金)に熊本大学の山田裕史先生に,以下のように 連続講演を行っていただくことになりました.是非ご参加下さい. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 連続講演「非線型微分方程式の組合せ論」 山田 裕史 教授(熊本大学大学院先端科学研究部) 日程:2022年2月16日(水)〜18日(金) 形式:対面+オンライン(Zoom) ハイブリッド形式 場所:九州大学伊都キャンパスウエスト1号館 D棟4階414号室 IMIコンファレンスルーム https://www.imi.kyushu-u.ac.jp/pages/joint_research_auditorium.html オンライン参加の場合,以下から登録をお願いします. https://******************************************************* ◎ 概要: 浅瀬の波を記述する Korteweg-de Vries方程式はその見掛けとは裏腹に豊富な 数学的構造を内包する.本講義ではKdV方程式のいくつかの側面に触れ,その組合せ 論的な特性にアプローチする.線型常微分作用素の分解を通して,非線型微分方程式 とグラスマン多様体が結びつくというよく知られた事柄を出発点とし,KdV方程式の 広田型双線型形式に関する観察結果を述べることを目的地としたい. ◎ 講演スケジュール 2月16日(水) 第1回 14:50 - 16:20 常微分方程式とグラスマン多様体 2月17日(木) 第2回 10:30 - 12:00 時間発展の導入 第3回 13:00 - 14:30 ラックス形式 第4回 14:50 - 16:20 シューア函数 2月18日(金) 第5回 10:30 - 12:00 ヴィラソロ代数のフォック表現 第6回 13:00 - 14:30 KdV方程式系の広田表示 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 梶原 健司
件名: [MugenML 1618] Web-seminar on Painlevé Equations and related topics の案内 (1/14) 日付: 2022年1月5日 9:20:17 JST Zoomで以下のセミナーを行います. 次のリンクから参加登録をした方に,ZoomミーティングのIDとパスワードを お送りします. https://*************************************************** 登録をしたのに,セミナー当日までにIDとパスワードが送られてこない場合は ohkawa _AT_ math.kobe-u.ac.jp(大川)までご連絡ください. 齋藤政彦・大川領 ============================================================== SEMINAR INFORMATION ============================================================== Web-seminar on Painlevé Equations and related topics の案内 日時:2022年1月14日(金)17:30-18:30 場所:Zoom 講演者:Toshio Oshima (Josai University) 題 目:Fractional analysis of linear differential equations on the Riemann sphere 要 旨:Middle convolutions are quite effective to analyze linear differential equations on the Riemann sphere in cooperate with other operations such as gauge transformations, extensions to several variables and restrictions to curves, unfoldings and confluences etc. An analysis of the solutions to the equations using these operations will be explained. In particular, versal unfoldings, integral representations of the solutions, connection problems (Stokes coefficients) etc. will be discussed. ---------------------------------- HP:http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/iwpe/ ==============================================================
差出人: 尾角 正人 件名: [MugenML 1617] Foda 氏追悼研究会 日付: 2021年12月24日 10:30:50 JST 無限可積分系MLの皆様 大阪市立大学の尾角です。 組織委員会の依頼により標記研究会の案内を転送いたします。 /////////////////////////////////////////////////////////////// Our memorial workshop now has a website, see Inspiration in Mathematical Physics https://sites.google.com/view/omar-foda-workshop/home We invite everyone to attend and bring this workshop to the attention of your networks. To get access to Zoom links or for people planning to come to the in-person event, please register at the workshop website. We have limited resources available for travel to Melbourne for those who wish to attend in person and need support. Please indicate on the registration form whether you are likely to need support. This workshop immediately precedes the 2022 meeting of the Australia and New Zealand Association of Mathematical Physics. The organising committee Jan de Gier Trevor Welsh Michael Wheeler
件名: [MugenML 1616] 武蔵野大学数理工学セミナーのご案内 日付: 2021年12月23日 9:51:39 JST 皆さま 武蔵野大学の松家です。武蔵野大学で開催予定の武蔵野大学数理工学 セミナーについてご案内いたします。 ーーーーーーーーここからーーーーーーーーーー 【タイトル】鉄道のスケジューリングアルゴリズム – その難しさと面白さ 【ハイブリッド開催】第43回MCMEセミナー(1/18:富井規雄 氏)のご案内 武蔵野大学数理工学センターでは,次の通りMCMEセミナーを開催いたします. ■公開ページ 数理工学センター(MCME)セミナー https://www.musashino-u.ac.jp/research/laboratory/mathematical_engineering/seminar_symposium.html 参加をご希望の方は,下記の「参加登録URL」より 1/16 までに参加登録を お願いいたします.皆様のご参加をお待ちしております. ====== 第43回MCMEセミナー ハイブリッド開催のご案内 ====== 開催日時:2022年1月18日(火)17:00〜18:30 開催地 :武蔵野大学有明キャンパス 4号館4階412教室 参加登録URL:https://forms.gle/19PboF48pdVgpY489 参加登録締切: 1月16日(日) 講演者:富井規雄 氏(日本大学生産工学部 機械工学科) タイトル:鉄道のスケジューリングアルゴリズム – その難しさと面白さ アブストラクト:列車ダイヤに代表される鉄道の運行計画は,今に至るまで, 人手主導で作られています。もちろん,コンピュータは使われていますが, 意思決定をするのは,あくまでも経験を積んだその道の専門家です。これは, 諸外国においても同様です。一方で,近年,ヨーロッパや中国では,この 作業を自動化しようとする研究が盛んに行なわれるようになっています。 では,なぜ,これまで人手主導で行なわれてきたのでしょうか,何が難しい のでしょうか,そして,なぜ,最近になってこの種の研究が盛んになって きたのでしょうか。本講演では,これらについて鉄道の非専門家向けに わかりやすく解説させていただきます。 主催:武蔵野大学 数理工学センター(MCME) ーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーー 以上です。 どうぞ、よろしくお願い致します。 松家 敬介 -- 松家 敬介 武蔵野大学 工学部 数理工学科 〒135-8181 東京都江東区有明3丁目3番3号 Tel: 03-6865-8085
差出人: Hiroshi Iritani 件名: [MugenML 1615] 山本悠登さんのセミナー(2022年1月7日,10:30 -- 12:00) 日付: 2021年12月16日 23:46:14 JST 皆様, 山本悠登さん(Pohang, IBS研究所)に以下のZoom 講演をお願いしています. 皆様のご参加をお待ちしています. 日時:2022年1月7日(金)10:30 -- 12:00 講演者:山本悠登(IBS Center for Geometry and Physics, Pohang) 題目:Tropical contractions to integral affine manifolds with singularities 概要:We construct contraction maps from tropical Calabi--Yau varieties to the integral affine manifolds with singularities that arise as the dual intersection complexes of toric degenerations of Calabi--Yau varieties in the Gross--Siebert program. We show that the contractions preserve tropical cohomology groups, and send the eigenwaves to the radiance obstructions. As an application, we also prove the Poincaré-- Verdier duality for integral affine manifolds with singularities. 論文:https://arxiv.org/abs/2105.10141 Zoomリンク --------------------- Zoomミーティングに参加する https:*************************** ミーティングID: ******************* パスコード: *********************** ---------------------- 入谷
件名: [MugenML 1614] 東京名古屋代数セミナー (12月16日) 日付: 2021年12月14日 14:02:49 JST 皆様 (複数のメーリングリストに投稿しております。重複して受け取りの際はご容赦 ください。) 以下の要領で東京名古屋代数セミナーを開催いたします。 皆様のご参加をお待ちしております。 日時:2021年12月16日(木)16:45-18:15 講演者: Nicholas Williams氏 (University of Cologne) 場所:Zoom タイトル:Cyclic polytopes and higher Auslander-Reiten theory アブストラクト: Oppermann and Thomas show that tilting modules over Iyama’s higher Auslander algebras of type A are in bijection with triangulations of even-dimensional cyclic polytopes. Triangulations of cyclic polytopes are partially ordered in two natural ways known as the higher Stasheff-Tamari orders, which were introduced in the 1990s by Kapranov, Voevodsky, Edelman, and Reiner as higher-dimensional generalisations of the Tamari lattice. These two partial orders were conjectured to be equal in 1996 by Edelman and Reiner, and we prove that this conjecture is true. We further show how the higher Stasheff-Tamari orders correspond in even dimensions to natural orders on tilting modules which were studied by Riedtmann, Schofield, Happel, and Unger. This then allows us to complete the picture of Oppermann and Thomas by showing that triangulations of odd-dimensional cyclic polytopes correspond to equivalence classes of d-maximal green sequences, which we introduce as higher-dimensional analogues of Keller’s maximal green sequences. We show that the higher Stasheff-Tamari orders correspond to natural orders on equivalence classes of d-maximal green sequences, which relate to the no-gap conjecture of Brustle, Dupont, and Perotin. The equality of the higher Stasheff-Tamari orders then implies that these algebraic orders on tilting modules and d-maximal green sequences are equal. If time permits, we will also discuss some results on mutation of cluster-tilting objects and triangulations. Zoom URL: *************************** ミーティングID: *********************** パスコード: *************************** --------------------------------------------------- 東京名古屋代数セミナーのページ: http://www.math.nagoya-u.ac.jp/~aaron.chan/TNAseminar.html 世話人: 阿部 紀行(東京大学) Aaron Chan(名古屋大学) Erik Darpö(名古屋大学) 伊山 修(東京大学) 中村 力(東京大学) 中岡 宏行(名古屋大学) 高橋 亮(名古屋大学)
件名: [MugenML 1613] Winter School on Koszul Algebra and Koszul Duality 日付: 2021年12月13日 21:29:03 JST 皆様 2022年2月の勉強会「Winter School on Koszul Algebra and Koszul Duality」 の参加登録ができるようになりましたので、お知らせ致します。 現地参加、オンライン参加を問わず、この勉強会に参加するためにはウェブサイト から参加登録が必要です。締め切りは以下の通りです: ============================== 【参加登録期限】 現地参加:2022年1月5日 オンライン参加:2022年2月12日 ============================== 現地に参加される可能性のある方は必ず 2022年1月5日 までに参加登録をお願い 致します。(感染防止の観点から、現地参加の登録をせずに現地参加することは できません。後からオンラインに変更することは可能です。)旅費援助希望申請 およびゲストハウス等の宿泊希望登録についても 2022年1月5日 締め切りで 受け付けています。 勉強会の詳細および参加登録の方法についてはウェブサイトをご覧ください。 Winter School on Koszul Algebra and Koszul Duality ウェブサイト: https://ryokanda.net/conferences/koszul2021/?lang=ja 日程:2022年2月17日(木)〜2月21日(月)(5日間) 場所:大阪市立大学 杉本キャンパス および オンライン(Zoom) 世話人:Aaron Chan(名古屋大学)、神田 遼(大阪市立大学)、 源 泰幸(大阪府立大学)、宮地 兵衛(大阪市立大学) 講演者: 阿部 紀行(東京大学) 板場 綾子(東京理科大学) 臼井 智(東京理科大学) 岡崎 亮太(福岡教育大学) 後藤 悠一朗(大阪大学) 中村 力(東京大学) 本間 孝拓(東京理科大学) 源 泰幸(大阪府立大学) 村上 浩大(京都大学) 若月 駿(信州大学) 皆様のご参加をお待ちしております。 神田 遼 勉強会ウェブサイト https://ryokanda.net/conferences/koszul2021/?lang=ja
件名: [MugenML 1612] 第5回数理新人セミナーのご案内(リマインド) 日付: 2021年12月13日 17:11:58 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様 
 北海道大学の藤江です。 第5回数理新人セミナーのお知らせ(リマインド)をお送りします。 
 講演をご希望の方は12月20日までに申し込みをよろしくお願い致します。 
 -------------------------------------------------- 第5回数理新人セミナー 日程 :2022年2月7日(月) - 2月10日(木) 会場:九州大学 伊都キャンパス 開催方法:現地とZoomによるハイブリッド開催 
 数理新人セミナーは、2016年度まで14年にわたり開催されてきた城崎新人セミナー を名称・開催場所共に一新した新しいセミナーであり、数学を専攻する大学院生や 若手研究者の方々に研究発表の機会と研究交流の場を提供することを目的として います。また、第一線でご活躍中の研究者の方々を招待講演者に迎え、ご自身の 研究について異分野の学生にもわかりやすいよう講演をお願いしています。 
 講演希望の方には以下のいずれかの形式で発表していただきます: * 一般講演:自分の研究について、専門外の参加者にもわかりやすいように講演 していただきます (40分程度) * ショートセッション:自分が興味をもっていることや、勉強・研究している ことについて発表していただきます (25分程度) 
 招待講演者につきましては、今年は以下の方々をお招きする予定です。 * 跡部 発 氏 (北海道大学) : 整数論, 保型表現論 * 荒野 悠輝 氏 (京都大学) : 作用素環論, 量子群 * 久野 恵理香 氏 (大阪大学) : 位相幾何学, 写像類群 
 ウェブページ: https://sites.google.com/view/math-graduate/MATHSCI-FRESHMAN-SEMINAR/2022 講演申し込み受付期間: 2021年11月15日 (月) – 12月20日(月) 
 第5回数理新人セミナー運営委員: 道本 裕太(早稲田大学 D1 運営委員長) 本間 大幹(九州大学 D1 副運営委員長) 松月 大知(名古屋大学 D1 会計) 田嶌 優 (北海道大学 D1) 藤江 克徳(北海道大学 D1) 小塩 遼太郎(東京理科大学 D2) 粟飯原 佳希(名古屋大学 D2) 
 ------------------------------------------------------ 
 講演または参加をご希望の方は上記ウェブページにて詳細をご確認のうえ、 専用のフォームより申し込みをお願い致します。 皆様のご参加をお待ちしております。 北海道大学理学院数学専攻博士課程1年 藤江 克徳 第5回数理新人セミナー運営委員一同
差出人: Hiroshi Iritani 件名: [MugenML 1611] Re: Online workshop on mirror symmetry and related topics: 13-15 Dec 2021 日付: 2021年12月12日 21:45:23 JST 皆様, 明日からの研究集会について案内を再送します.各日,開始時刻の15分前 にはZoomを開始する予定です. 入谷 2021年12月3日(金) 16:45 Hiroshi Iritani : 皆様, 先日からご案内しております今月13日-15日のオンライン研究集会について, スケジュールが固まりましたので接続のためのZoomリンクと共に再度ご案内 申し上げます. https://www.math.kyoto-u.ac.jp/~iritani/mirrorsymmetry2021/Workshop2021.html 講演者: Martijn Kool Yuki Koto Navid Nabijou Helge Ruddat Fumihiko Sanda Nobuyoshi Takahashi Umut Varolgunes Yaoxiong Wen Xiaomeng Xu Zoom接続先 ------------- トピック: Online Workshop on Mirror Symmetry and Related Topics, Kyoto 2021 時間: 2021年12月13日 04:30 PM 大阪、札幌、東京 2021年12月13日 04:30 PM 2021年12月14日 04:30 PM 2021年12月15日 06:00 PM Zoomミーティングに参加する https://****************************** ミーティングID: ************************ パスコード: **************************** -------------- 入谷 世話人:入谷寛,小西由紀子,高橋篤史,田中祐二
件名: [MugenML 1610] 日本数学会2022年度奨励研究生の募集について 日付: 2021年12月9日 16:46:06 JST  皆様  千葉大学の井上です。 日本数学会理事長より、2022年度日本数学会奨励研究生募集のお知らせが ありました。本制度の趣旨に合う方がおられましたら応募を勧めていただけ ますと幸いです。  井上 玲 ------------------- 「2022年度日本数学会奨励研究生」につきましては 去る11月1日に募集を開始いたしました。 https://www.mathsoc.jp/publicity/news20211013/2022shourei.html 奨励研究生制度は、日本数学会の会員であって 学位(博士)取得後5年以内の有望研究者を 「日本数学会奨励研究生」 として採用し研究奨励金を支給します。 特に、経済的に困難な状況や厳しい研究環境の下でも 創意工夫を凝らして主体的に研究を進めている者を奨励することを 目的としています。 本制度の趣旨に適う方がおりましたら積極的な応募を勧めて頂きたく 存じます。ご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。 日本数学会理事長 清水 扇丈 -------------------
件名: [MugenML 1609] MS seminars on Dec. 16 and 23 日付: 2021年12月8日 9:25:29 JST 皆様 12/16, 23 (Thu.) のMS seminarをご案内申し上げます。 Speaker: Andrei Okounkov (Columbia U) Title: Elliptic cohomology, stable envelopes, and enumerative geometry, I and II Date: Thu, Dec 16, 2021, 13:30 - 15:00, Thu, Dec 23, 2021, 13:30 - 15:00 Meeting ID: *********** Passcode: ************* Abstract: In these two talks, I will try to explain how a mathematical physicist may think about elliptic cohomology and stable envelopes, with an emphasis on both simplest examples and their generalizations. Some prior familiarity with equivariant cohomology or K-theory would be certainly helpful, but hopefully not absolutely necessary to understand the discussion. As an application, in the second part of the second talk, I will explain how stable envelopes in elliptic cohomology solve K-theoretic curve counting problems for such targets as Nakajima quiver varieties and related varieties. なお、ご参考までに12/13, 14 に KIAS のセミナーで講演されることも付け加えて おきます。 http://25th.kias.re.kr/ カブリ数物連携宇宙研究機構 中島 啓
件名: [MugenML 1608] Web-seminar on Painlevé Equations and related topics の案内 (12/17) 日付: 2021年12月7日 11:45:39 JST Zoomで以下のセミナーを行います. 次のリンクから参加登録をした方に,ZoomミーティングのIDとパスワードを お送りします. https://*********************************************** 登録をしたのに,セミナー当日までにIDとパスワードが送られてこない場合は ohkawa _AT_ math.kobe-u.ac.jp(大川)までご連絡ください. 齋藤政彦・大川領 ============================================================== SEMINAR INFORMATION ============================================================== Web-seminar on Painlevé Equations and related topics の案内 日時:2021年12月17日(金)17:30-18:30 場所:Zoom 講演者:Indranil Biswas (Tata Institute of Fundamental Research) 題 目:Holomorphic connections on the trivial holomorphic bundle over Riemann surfaces 要 旨:The lecture is based on works arXiv:2104.04818, arXiv:2008.11483, arXiv:2003.06997, arXiv:2002.05927 done with S. Dumitrescu, L. Heller, S. Heller, J. P. dos Santos and T. Mochizuki. We investigate the properties of the holomorphic connections on the trivial holomorphic bundle on a Riemann surface and more generally on a compact Kaehler manifold. ---------------------------------- HP:http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/iwpe/ ==============================================================
件名: [MugenML 1607] 教員公募(徳島大・数理・講師・01/14 締切) 日付: 2021年12月6日 21:49:57 JST 徳島大学理工学部数理科学系の大山です 徳島大学理工学部数理科学系では講師(専任・広い意味での代数学または幾何学)の 公募をしております。周囲の方に公募を勧めていただければと思います。 ========================================== 教員公募:徳島大理工学部・数理科学系・講師・01/14 締切 ========================================== [所属] 所属 大学院社会産業理工学研究部 理工学域 数理科学系 応用数理分野 (併任)大学院創成科学研究科 理工学専攻 数理科学コース 応用数理講座 (併任)理工学部 理工学科 応用理数コース 数理科学系 応用数理講座 [専門分野] 数学(広い意味での代数学または幾何学) [求める人材] (1) 教養教育や理工学部の専門基礎教育を積極的に担当できる方 (2) 数学の専門科目を担当し,学部学生の卒業研究および大学院生の指導に積極的 に取り組める方 (3) 外部資金を獲得し,産学連携,地域貢献,学内の管理運営に積極的に携わり, 大学,学部のグローバル化に意欲的に取り組める方 [担当予定科目] 担当予定科目 (教養教育) 基礎数学(微分積分学,線形代数学,統計学等) (理工学部) 数学の専門科目および学科共通科目,STEM 演習,技術英語,卒業研究 指導科目等。また,教職課程の科目(数学科教育法)の担当または補助として 携われる方が望ましい。 (大学院) 数学の専門科目,学位論文指導科目等。 [勤務地住所] 〒770-8506 徳島市南常三島町2丁目1番地 [募集人員] 講師1名(専任・任期 なし) [着任時期] 令和4年4月1日予定 [応募資格] (1) 博士の学位(Ph.D.を含む)を有する方 (2) 教育及び学内業務において日本語の運用に不自由しない方 [待遇] 本学年俸制適用職員給与規則による [応募書類] 応募書類 (1) 教員応募書類(様式1~5)(様式1には自筆署名のこと) 下記 Web ページから書式をダウンロードして所定事項を記入してください。 なお,記入に際しては「応募書類記入要領」を参照すること。 (2) 主要論文(5編以内) (3) 教育・研究に関する特記事項(特筆される活動・表彰など) (A4用紙1ページ以内) (4) 応募者に関して意見を伺える研究者(2名)の連絡先 (氏名,所属,メールアドレス,電話番号) (5) その他,必要と認めるものは,後ほど依頼することがあります。 [応募方法] 応募書類(1),(3),(4)は1つのPDFファイルにまとめ,そのファイル名をCV.pdf とすること。 (1)様式1については印刷のうえ自筆署名したものをスキャンして,PDFファイルに 変換してください。 応募書類(2)は論文ごとに1つの PDF ファイルとすること。 上記 CV.pdf と論文の PDF ファイルを圧縮(Zip 形式)して1つのファイルに まとめ,JREC-IN Portal サイトから Web 応募すること。Web 応募方法については 下記 Webページを参照してください。 なお,郵送による応募を希望する場合には,封筒に「数理科学系教員応募書類在中」 と朱書きし,応募書類一式を簡易書留で下記宛に送付してください。 〒770-8506 徳島市南常三島町2丁目1番地 徳島大学常三島事務部理工学部事務課 総務係 [公募締切] 令和4年1月14日(金)(必着)(郵送応募の場合は同日 17:00 必着) [選考方法] (1) 書類審査 (2) 講演会・面接(書類審査合格者に対して) [照会先] (1) 研究内容等について 〒770-8506 徳島市南常三島町2丁目1番地 徳島大学大学院社会産業理工学研究部理工学域数理科学系 系長 蓮沼 徹 Tel: 088-656-7216 E-mail: ************************ (2) 給与や勤務条件について 〒770-8501 徳島市新蔵町2-24 徳島大学総務部人事課人事係 Tel: 088-656-8601 E-mail: ************************ [その他] (1) 徳島大学の教員選考においては,国籍,性別,及びハンディキャップ等 による差別を排除し,真に優秀な人材を採用すべく公正な選考を行います。 (2) 本応募で取得した個人情報は教員選考以外の目的には一切使用しません。 なお,応募書類は返却しません。 -- 〒770-8506 徳島市南常三島町2-1 徳島大学大学院社会産業理工学研究部 工学部工学基礎教育センター 大山陽介 電話・FAX:088-656-7541
件名: [MugenML 1606] tenure track position - HSE 日付: 2021年12月4日 18:36:41 JST 皆様、 ロシア国立研究大学経済高等学校数学学部の武部です。 現在、assistant professor の tenure track を募集しております。 学部長 Sasha Skripchenko 氏からのメールを転送しますので、 然るべき方にお伝え頂ければ幸いです。 ・数学または関連分野の Ph.D を最近取っている事。 ・純粋数学の全分野が対象。 ・出来れば大学での授業経験があった方が良い。 ・ロシア語の知識は必要ないが、英語が流暢である事は必須。 ・締切は2022年1月9日。 ・2022年9月採用で、三年で interim review, それをパスした場合は 更に三年で tenure review. といった所が要点ですが、詳しくは以下のメールにある大学の募集ページを ご参照下さい。 -------- Forwarded Message -------- Subject: tenure track position - HSE Date: Thu, 25 Nov 2021 13:54:07 +0300 From: Sasha Skripchenko Dear colleagues please let me recall you that this year we are hiring at the international job market! We have an open position of the tenure - track assistant professor, the call is available here: https://iri.hse.ru/ru/TTMathematicsAP_21_22 Please help me to distribute this information among your friends and colleagues (especially abroad). The deadline is on January 9th. Thanks a lot! Best, Sasha ---------- 以上。
件名: [MugenML 1605] Online workshop on mirror symmetry and related topics: 13-15 Dec 2021 日付: 2021年12月3日 16:45:00 JST 皆様, 先日からご案内しております今月13日-15日のオンライン研究集会について, スケジュールが固まりましたので接続のためのZoomリンクと共に再度ご案内 申し上げます. https://www.math.kyoto-u.ac.jp/~iritani/mirrorsymmetry2021/Workshop2021.html 講演者: Martijn Kool Yuki Koto Navid Nabijou Helge Ruddat Fumihiko Sanda Nobuyoshi Takahashi Umut Varolgunes Yaoxiong Wen Xiaomeng Xu Zoom接続先 ------------- トピック: Online Workshop on Mirror Symmetry and Related Topics, Kyoto 2021 時間: 2021年12月13日 04:30 PM 大阪、札幌、東京 2021年12月13日 04:30 PM 2021年12月14日 04:30 PM 2021年12月15日 06:00 PM Zoomミーティングに参加する https://************************************ ミーティングID: ****************************** パスコード: ********************************** -------------- 入谷 世話人:入谷寛,小西由紀子,高橋篤史,田中祐二
件名: [MugenML 1603] オンライン集中講義のお知らせ(12/20--24, 柳田伸太郎先生) 日付: 2021年12月3日 13:55:03 JST 皆様 来る12月20日の週に以下の要領で名古屋大学の柳田伸太郎先生の集中講義を オンライン(zoom)にて行います。 ---------------- ◇講義時間:    月 10:00~12:00   火 10:00~12:00      水 10:00~12:00 ※ 談話会 16:45 - 17:45   木 10:00~12:00   金 10:00~12:00 ◇講義題名: Hall代数とその幾何学的構成 ◇概要: Hall代数と呼ばれる代数構造が近年様々な数学に現れていますが、この講義の目標は、 代数系の分野の人やそれに興味を持っている人を対象に、Hall代数の概説をすることです。 以下の5つのトピックを、1日ずつ説明していく予定です。 (1) Ringel-Hall代数と量子群  (2) Lusztigの幾何学的構成 (3) Toenの導来Hall代数とBridgelandのHall代数 (4) 導来代数幾何学のさわり  (5) 導来Hall代数の幾何学的構成 前提知識は学部程度の代数系の知識以外は殆ど課しませんが、 代数的表現論や代数幾何学の基本事項を所々使います。 また、参加して下さる方のリクエストがあれば、後半2日間の内容は再調整することも 考えています。 ---------------- 参加希望の方は談話会聴講希望の有無を添えて加藤までご連絡ください(京都大学 の学生の方につきましては授業登録用google formのご使用をお願いします)。 なお、大変申し訳ないですが数が多い場合等取りこぼすおそれがありますので 参加希望のメールを出して72時間以内に ***************************** から対応するメールが来ないときは再度その旨ご連絡いただけると幸いです。 よろしくお願いします。 加藤周
件名: [MugenML 1602] Online School : Preprojective Algebras and Calabi-Yau Algebras (第1報) 日付: 2021年12月1日 14:11:16 JST 皆様, (複数のメーリングリストに投稿しております.重複して受け取りの際はご容赦ください.) 大阪市立大学数学研究所2021年度共同利用・共同研究の一環として, 2022年3月1日--4日の日程で以下のSchoolをオンライン開催致しますので,ご案内 申し上げます. School title: Preprojective Algebras and Calabi-Yau Algebras 日程: 2021年3月1日(火)--4日(金) 場所: オンライン開催(Zoom) Web: https://haruhisa-enomoto.github.io/ppacya/ 本Schoolでは,以下の3名の方々に連続講演をお願いしております. Anne Dranowski (University of Southern California) Bernard Leclerc (Université de Caen Normandie) Matthew Pressland (University of Leeds) プログラムが確定し,参加登録を開始する際に再度ご案内させていただきます. 皆様のご参加をお待ちしております. 世話人: 水野 有哉(大阪府立大学) 榎本 悠久(大阪府立大学) 尾角 正人(大阪市立大学) 木村 嘉之(大阪府立大学) 百合草 寿哉(東北大学) -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1601] 2022年度九大IMI共同利用研究公募 日付: 2021年12月1日 9:02:34 JST 関係各位 拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます. 平素より九州大学マス・フォア・インダストリ研究所の活動に多大なご支援と ご協力をいただき,ありがとうございます. さて,本研究所では,下記のように共同利用研究計画を公募することになりま した.公募要領を添付ファイルにてお送り致します. ご多忙のところ恐縮です が,貴関係者にお知らせいただくとともに,適切な計画をお持ちの方をご存じ の場合は応募をお勧め下さいますようお願い申し上げます. 敬具 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所所長  佐伯 修 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 2022年度 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 【共同利用研究計画公募要領】 本研究所は日本初の産業数学の研究所であり,多様な数学研究に基礎を置く, 新しい産学連携の拠点として2011年4月に附置研究所として設立されました. 2013年4月には文部科学大臣から共同利用・共同研究拠点「産業数学の先進的・ 基礎的共同研究拠点」に認定され,理念である「マス・フォア・インダストリ」 の具現化を推進しているところです.その事業の一環として,本研究所は2022 年度の共同利用研究を下記の通り公募します.多数応募いただきますようお願 い申し上げます.なお,本研究所では毎年テーマを決め,一定数の研究計画を 「プロジェクト研究」として別途確保しています.また,今回の公募からは 「国際プロジェクト研究」「女性研究者活躍支援研究」の枠を設けています. 詳細は以下をご覧下さい. 1. 公募する研究種別 (1) プロジェクト研究 「情報技術の安全性・信頼性への数理的アプローチ」 研究代表者: 花岡 悟⼀郎(産業技術総合研究所 サイバーフィジカルセキュリティ研究センター・ ⾸席研究員) 縫⽥ 光司 (九州⼤学マス・フォア・インダストリ研究所 教授) 概要:数理的⼿法によるアプローチを主体として,現代社会を⽀える各種情報 技術の安全性や信頼性の実現・向上に資する研究に関する提案を募集します. 2022年度は本テーマに関する研究計画をプロジェクト研究として他の計画と区 別し,短期共同研究1件程度,短期研究員1件程度公募します. (2) 国際プロジェクト研究 このカテゴリーでは,研究代表者が海外の機関に所属していることを要件とし, 研究集会(I)1件程度,研究集会(I) オンライン型を1件程度公募します. (3) ⼥性研究者活躍⽀援研究*注 このカテゴリーでは,研究代表者が⼥性研究者であることを要件とし,研究種 ⽬を特に指定せずに2件程度公募します. (4) 若⼿・学⽣研究*注 このカテゴリーでは,研究代表者として2022年4⽉1⽇時点で博⼠号取得後8年 未満(産前・産後の休暇,育児休業の期間を除く)の若⼿研究者および⼤学院 ⽣を対象とし,研究種⽬を特に指定せずに5件程度を公募します. 研究テーマ として,新しい発想に基づいた挑戦的なテーマや,将来の産学連携のシーズと なることを志向した数学に関するテーマを公募します.短期集中で⾏う具体的 な共同研究だけでなく,若⼿中⼼に集まってアイデアを討議するような萌芽的 なものでもかまいません.審査にあたってこれまでの研究経過や実績は重視し ません.採択後,本研究所が適当な産業界の研究者を参加者もしくはアドバイ ザーとして紹介します.(5) ⼀般研究*注このカテゴリーでは研究分野や研究 代表者の属性を特に限定せずに14件程度公募します. *注 (3)⼥性研究者活躍⽀援研究,(4)若⼿・学⽣研究,(5)⼀般研究の3つの種別合 計で,研究集会(I) 2件程度,研究集会(II)11件程度(うちオンライン型8件程 度),短期共同研究6件程度,短期研究員2件程度を公募します. 2. 公募する研究種⽬ 研究集会 本研究所もしくは九州⼤学の施設において,数⽇間の研究集会を公開で⾏うも のです. 内容や規模に応じて(I)(II)の2種類に分かれています. 組織委員 会の委員と講演者には,産業界からの参加を(I)は必須とし,(II)では強く推 奨します.(I)(II)ともにチュートリアル的な内容でも応募可能とします. また国際連携を進めるため,講演者として海外からの参加者を含めることが望 ましい,とします. (1) 研究集会(I), 研究集会(I)オンライン型 研究テーマが課題として認知され,産学連携も視野に⼊れた展開が可能なもの をこの種⽬で審査します. (1-1) 旅費・講演謝⾦として60万円を上限として⽀援.国際プロジェクト研 究は旅費・講演謝⾦として70万円を上限として⽀援.オンライン型は, 旅費・ 講演謝⾦として10万円を上限として⽀援. (1-2) ポスターを制作・配布 (1-3) 原則として,本研究所の施設を含む九州⼤学伊都キャンパスの施設で 開催.(やむを得ず伊都キャンパス以外の九州⼤学の施設,もしくは九州⼤学 以外の施設での開催を希望する場合はご相談ください.) (1-4) 研究終了後はA4で2ページ程度の成果報告書を提出 (1-5) 会議録は本研究所の出版する「MIレクチャーノート」としてオンライ ン出版,もしくは,シュプリンガー社が出版する叢書「Mathematics for Industry」の1巻として英⽂で査読付きの会議録, いずれかの⽅法で出版. なお,オンライン型でなくとも,オンライン形式やハイブリッド形式で実施す ることは可能です. (2) 研究集会(II), 研究集会(II)オンライン型 研究テーマが研究集会(I)よりは萌芽的な⾊彩が強いものをこの種⽬で審査します. (2-1) 旅費・講演謝⾦として40万円を上限として⽀援. オンライン型は, 旅費・講演謝⾦として10万円を上限として⽀援. (2-2) 原則として, 会場は本研究所の施設で開催. (伊都キャンパス以外の九州⼤学の施設での開催を希望する場合はご相談ください.) (2-3) 1⽇だけの企画や予算額がゼロの申請も可. (2-4) 研究終了後にはA4で2ページ程度の成果報告書を提出. (2-5) 希望があれば会議録を本研究所が出版する「マス・フォア・インダス トリ研究」シリーズの1巻としてオンライン出版することが可能. 申請時に希 望の有無を選択すること. なお,オンライン型でなくとも,オンライン形式やハイブリッド形式で実施す ることは可能です. (3) 短期共同研究 本研究所において,⽐較的少⼈数のグループで実質的な共同研究を⾏うもので す.期間に制約は設けませんが,年度内に終了することを条件とします.オン ライン形式やハイブリッド形式を活⽤した計画でもかまいません.研究テーマ として,将来の産業への展開を⾒越した数学研究のような萌芽的なものから産 業の問題解決に直接資する研究まで,多様な研究を⽀援しますが,個々の企業 の知的財産に直結するような狭い問題よりは,複数の企業や研究機関の研究者 が協⼒して取り組めるような,ある程度の普遍性をもった問題を重視します. そのために,産業界や諸科学分野からの参加を強く推奨します. また, 共同研 究実施中に講演などの⼀部を公開できるように計画してください.ただし,研 究発表が主となるような計画は上記の研究集会の種⽬に応募してください. (3-1) 旅費・講演謝⾦として40万円を上限に⽀援. (3-2) 原則として本研究所の施設を会場としますが,オンライン形式やハイ ブリッド形式の活⽤も可.参加者には本研究所内の研究室とセミナー室を提供. (3-3) 研究終了後にはA4で3ページ程度の成果報告書を提出. (4) 短期研究員 本研究所に1週間から2週間程度滞在し,本研究所を中⼼とする九州⼤学に所属 する教員と緊密に連絡を取りながら単独での研究ないしは共同研究を⾏うもの です.研究テーマとして,短期共同研究や研究集会につながることが期待され るような萌芽的な課題,あるいは企業等での研究開発現場で⽣起した,集中的 な共同研究が問題の解決やその⽷⼝につながるような課題など,近い将来,産 業数学や産学連携の新たなシーズとなるような課題を歓迎します.応募の際は, 予め関係する本研究所または九州⼤学の他部局の研究者と連絡を取り,協議を した上で計画を⽴ててください.ホストする九州⼤学の教員と協⼒してセミナー 講演(研究発表,もしくは学部⽣向けの初等的な講演でもよい)をすることを 奨励します. (4-1) 旅費として25万円を上限に⽀援. (4-2) 参加者には本研究所内の研究室を提供.また,必要に応じてセミナー室 の使⽤も可能. (4-3) 研究終了後にはA4で3ページ程度の成果報告書を提出. なお,経費⽀援,会場の⼿配,会議録などの制作に関わる事務や,共同利⽤研 究実施の際に必要な作業は研究所が⾏います.宿泊の⼿配や送迎は,原則とし て⾏いません.また,参加者は図書館(会場によっては利⽤できません),イ ンターネット接続などの研究資源を利⽤することができます.研究計画の参加 者から希望があれば,共同利⽤研究開催中, 施設内に臨時託児ルーム設置のた めの費⽤を補助します.開催の35 ⽇前までに拠点事務室に申請が必要です. ただし,補助は⼥性研究者活躍⽀援型研究として採択された計画を優先とし, 予算を超過した場合は補助を⾏いません. 各種別や種⽬の採択予定数は⽬安であり,申請状況に応じて柔軟に運⽤します. 予算は審査の際の評価点に応じて傾斜配分します. ※ なお,上記の公募とは別に,研究集会(II)オンライン型については,2022 年4⽉より2023年1⽉の間,常時申請を受け付けます.申請は毎⽉10⽇に締め切 り,審査の上で同じ⽉の⽉末までに研究代表者に採否を通知します.予算が超 過した場合は上記期間内であっても申請を締め切ります.また,⽇程が重複し た場合は先に確定した研究計画を優先しますので,今回の公募を含め,早めに 応募してください.以上の研究計画は,すべて2022年4⽉1⽇から2023年3⽉31 ⽇までに実施されるものとします. 4. 新型コロナウイルス感染症拡⼤防⽌のための対応(オンライン型を除く) 新型コロナウイルス感染症拡⼤防⽌のため,九州⼤学の⾏動指針の段階や研究 計画の種⽬によって,オンライン開催,対⾯開催,オンラインと対⾯を組み合 わせたハイブリッドでの開催を⽀援します.オンライン開催では本研究所が保 有しているZoomのアカウントを⽤いて,⽬的に応じてミーティング,ウェビナー を開催できます.ハイブリッドの場合には,IMIのオーディトリアムとコンファ レンスルームに整備しているZoom専⽤機や常設のカメラなどを⽤いて,対⾯の 参加者とオンラインの参加者を組み合わせて開催することが可能です.収容⼈ 数についてはお問い合わせください.本研究所ではそれに必要なマニュアルや ノウハウの提供,事務⽀援を⾏います.以下,九州⼤学の⾏動指針と開催⽅法 のガイドラインを⽰します. i) ⼤学の⾏動指針【段階2(制限(⼩))以上】の場合: オンライン開催. ii) ⼤学の⾏動指針【段階が1〜1.5(⼀部制限)】の場合: オンラインもしくはハイブリッド開催を推奨するが,対⾯で開催する場合には, ⼈数を制限した上で,感染拡⼤の防⽌に最⼤限の配慮をして実施する. iii) ⼤学の⾏動指針【段階0(通常)】の場合: 感染拡⼤の防⽌に最⼤限の配慮をした上で通常開催.また,ハイブリッドもし くはオンラインでの開催も認める. ※九州⼤学の⾏動指針は,以下のページでご確認いただけます. https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/crisismanagement/riskmanagement/coronavirus/ 5. 応募⽅法 (1) 応募資格 ⼤学・⼤学院・短期⼤学,⼤学共同利⽤機関,⾼等専⾨学校,国公⽴試験研究 機関,独⽴⾏政法⼈および企業に所属する研究者,および⼤学院⽣ (2) 応募⽅法 本拠点のウェブページ https://joint.imi.kyushu-u.ac.jp/ から電⼦申請システムを利⽤して共同利⽤研究計画提案書を作成し,応募して ください.採択された計画について,提案書の内容の⼀部はウェブページなど を通じて公開します.応募に必要なデータや公開する項⽬などの詳細について は上記ページの説明をご覧ください.なお,共同利⽤研究計画提案書には,研 究集会,短期共同研究については本研究所内に専⾨分野が関連する研究者がい れば,その名前を記⼊していただきます(特にいなければ記⼊不要).所内の 関連研究者の記⼊の有無が採否に影響することはありません. また,短期研究員の場合は,研究テーマに関連する九州⼤学の研究者の記⼊は 必須です.本研究所所員や九州⼤学の研究者の専⾨分野については, 本研究所https://www.imi.kyushu-u.ac.jp/academic_staffs もしくは九州⼤学の ウェブページをご参照ください. (3) 応募締切⽇ 2022年1⽉31⽇(⽉) 6. 選考⽅法と採否の連絡 学外有識者と学内教員(本研究所所員を含む)8 名ずつで構成される共同利⽤・ 共同研究委員会において審査の上,採否を決定します.プロジェクト研究はプ ロジェクト代表者が審査し,共同利⽤・共同研究委員会で採否を決定します. また,プロジェクト研究として採択されなくとも,⼀般研究として採択する場 合もあります.国際プロジェクト研究は国際プロジェクト委員会で審査の上, 採否を決定します. 選考の際の評価によって,採択額を傾斜配分することがあ ります.採否は2022 年2 ⽉末までに申請者にお知らせします.委員の名簿は 本拠点のウェブページをご覧ください. 7. その他 ・ 研究は本研究所が⽀出する経費に外部の競争的資⾦などを加えて実施して いただいても差し⽀えありませんが,主催は本研究所とします.共催の機関を 加える必要がある場合は,申請時にその旨を「備考」に記⼊してください. ・ 短期研究員以外の種⽬で,やむを得ない事情がある場合,当⾯の特例とし て九州⼤学以外の場所での実施を認める場合があります. ・ 申請に当たって,産業界からの参加が難しい場合,研究計画に対する産業 界の研究者からの推薦書(様式⾃由)を提出すれば,参加に準じるものとして 扱います. ・ 複数年度にわたって実施することを考えている場合,2023 年度以降にどの 種別に応募しどのように研究を進めていくかの希望の概要を申請時に「具体的 な計画」欄に記載してください. ・ 研究終了後に提出していただく成果報告書は,個⼈情報などに関わる部分 を除き,原則として本拠点のウェブページで公開します.ただし,3年間程度 を限度として公開を遅らせることができます.完了した研究の報告書は本拠点 のウェブページの「採択研究・報告書⼀覧」 https://joint.imi.kyushu-u.ac.jp/research-reports/year-2021/ にある各研究のページで⾒ることができます. ・ 会議録については,出版物のページ https://www.imi.kyushu-u.ac.jp/publishes からMI レクチャーノート,マス・ フォア・インダストリ研究のページをご参照ください.Springer社が出版する 叢書Mathematics for Industryについては https://www.springer.com/series/13254 をご覧ください. ・ これまで問い合わせのあった事項に関して「Q&A」を本拠点のウェブページ に掲載していますので,参考にしてください. ・ 研究計画,特に産業界との連携に関して,必要があれば本研究所の産学連 携窓⼝が⽴案を⽀援します.詳細は以下の問い合わせ先にお尋ねください. 8. 問い合わせ先 九州⼤学マス・フォア・インダストリ研究所 共同利⽤・共同研究拠点事務室 〒819-0395 福岡市⻄区元岡744 Tel:092-802-4408 Fax : 092-802-4405 https://joint.imi.kyushu-u.ac.jp 梶原 健司
2021年11月までの記録は 2021 に移動した.