無限可積分系メーリングリスト

Documents of past years : 2017 | 2016 |
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 |
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

差出人: 筧三郎 件名: [MugenML 787] 研究集会のお知らせ (2018年3月: 第2報) 日付: 2018年2月22日 11:00:52 JST 皆様, 以前にもこのメーリングリストでご案内させていただいたように, 立教大学数理物理学研究センターでは,下記日程で国際研究集会を開催致します。 International Symposium "Rikkyo MathPhys 2018" 日程:2017年3月12日(月)--14日(水) 場所:立教大学 池袋キャンパス 4342教室 (4号館3階) 昨年度までは1月に開催しておりましたが, 本年度は都合により3月の開催となっております。 また,会場も昨年度までとは別の建物となっています。 講演者は次の方々です(敬称略): Babak Haghighat (Tsinghua University) Yasuaki Hiraoka (Tohoku University) Yu-tin Huang (NTU) Ivan Ip (Kyoto University) Katsushi Ito (Tokyo Institute of Technology) Kohei Iwaki (Nagoya University) Norio Konno (Yokohama National University) Tatsuhiro Misumi (Akita University) Daisuke Yamakawa (Tokyo Science University) Masahito Yamazaki (Kavli IPMU) 講演タイトル,アブストラクトなどの詳細につきましてはホームページ https://sites.google.com/a/rikkyo.ac.jp/rikkyo-mathphys-2018/ をご覧いただければ幸いです。 なお、準備の都合上、参加ご希望の方は、上のURLのフォームにて、 お名前、所属等をお知らせくださるようお願い申し上げます。 3月13日に懇親会を予定しております。 皆様のご参加をお待ちしております。 世話人一同
件名: [MugenML 786] FW: GCTセミナー@東大数理のお知らせ 日付: 2018年2月21日 9:43:09 JST 皆様 下記を転送します。興味のある方はご参加くださいませ。 有木(大阪大学・情報科学研究科) ---------------------------------------------------------------------------- 転送されたメッセージ: 差出人: Kyo Nishiyama 件名: GCTセミナー@東大数理のお知らせ 日付: 2018年2月17日 12:35:58 JST 皆さま 下記のように GCT (Geometric Complexity Theory) のセミナーを開催します. Ikenmeyer さんはこの方面でもっとも活躍されている研究者の一人ですが,数学・ 情報科学の入門的な話をお願いしています.皆さまのご参加をお待ちしています. GCT Seminar at Univ. Tokyo Speaker: Christian Ikenmeyer (Max-Planck-Institut für Informatik) "Representation theory and algebraic geometry in geometric complexity theory" Date: Tuesday, March 6, 14:00 - 15:00 Venue: Graduate School of Math Sciences, Univ. Tokyo, Room 126. GCTセミナー@東京大学数理 講演者: Christian Ikenmeyer (Max-Planck-Institut für Informatik) "Representation theory and algebraic geometry in geometric complexity theory" 日時: 3月6日(火) 14:00 - 15:00 場所: 東大数理 126室 なお,この後, 東北大学情報学研究科3月7日(水)〜3月9日(金),Workshop on Mathematics in Computation Theory -- Geometric Complexity Theory and Related Topics —, 東大数理3月12日(月) 表現論セミナー でも集会・セミナーが予定されています.下記添付ファイルをご覧下さい. *.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.* 青山学院大学 理工学部 物理・数理学科 西山 享 (にしやま きょう) Kyo Nishiyama 〒252-5258 相模原市中央区淵野辺 5-10-1 研究室: L棟5階 L513 Tel. 042-759-6269 Fax. 6532 http://www.gem.aoyama.ac.jp/~kyo/ *.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.* **************** Workshop on Mathematics in Computation Theory -- Geometric Complexity Theory and Related Topics -- Date: March 7—9 2018. Place: 東北大学情報科学研究科研究棟 Supported by Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research 17K19954 代数幾何手法による計算複雑度解析の組織的研究の萌芽 Program March 7 (Wed)  情報科学研究棟2階中講義室(一部 大講義室に変更の可能性あり) 10:15 Opening and Introduction Takeshi Tokuyama (Tohoku University) 10:30 -12:00 Christian Ikenmeyer (MPII, Germany) "Geometric complexity theory: An ambitious approach towards P versus NP" 12:00—13:30 Lunch Break 13:30 – 15:00 Satoru Iwata (U. Tokyo) Matroid Parity Problems (tentative title) 15:00- 15:30 Break 15:30 –16:00 Takeshi Tokuyama (Tohoku U) Enumeration on Squared Ice model 16:00- 17:00 Matias Korman (Tohoku U)  Title TBD Andre van Renssen (NII) Title TBD March 8 (Thr)  情報科学研究科研究棟2階中講義室 10:00- 12:00 Discussion and work together. 13:00 -14:00 Christian Ikenmeyer (MPII) "Representation theory and algebraic geometry in geometric complexity theory" 14:00-14:30 Break 14:30—16:00 TBD March 9 10:00---12:00 情報科学研究科研究棟8階演習室 Discussion about future plan of GCT project Contact: Takeshi Tokuyama (tokuyama AT dais.is.tohoku.ac.jp)
件名: [MugenML 785] Kyoto Rep. Seminar (2/23) 日付: 2018年2月20日 2:18:16 JST 皆さま 以下のセミナーが行われます。 よろしくお願いします。 加藤周 ——————— Speaker: Takahiro Nagaoka (Kyoto U) Date & Place: February 23trd 2018 (Fri) RIMS room 402 16:30–18:00 Title : The universal Poisson deformation space of hypertoric varieties. Hypertoric variety $Y(A, \alpha)$ is a (holomorphic) symplectic variety, which is defined as Hamiltonian reduction of complex vector space by torus action. By definition, there exists projective morphism $\pi:Y(A, \alpha) \to Y(A, 0)$, and for generic $\alpha$, this gives a symplectic resolution of affine hypertoric variety $Y(A, 0)$. In general, for conical symplectic variety and it's symplectic resolution, Namikawa showed the existence of universal Poisson deformation space of them. We construct universal Poisson deformation space of hypertoric varieties $Y(A, \alpha)$, $Y(A, 0)$. We will explain this construction and concrete description of Namikawa-Weyl group action in this case. If time permits, We will also talk about some classification results of affine hypertoric variety. This talk is based on my master thesis.
件名: [MugenML 784] 立教大学でのセミナーのご案内 日付: 2018年2月16日 11:21:59 JST みなさま 下記の日程で,セミナーを開催いたします。 お誘い合わせの上ご参加下さい。 筧三郎(立教大・理) --------------- 講師:立川 裕二 氏(東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構) 題目:「相対論的場の量子論におけるトポロジカル相と量子異常」 Title: Topological phases and anomalies in relativistic quantum field theories 日時:2018年2月26日(月) 10:00--16:15 場所:立教大学池袋キャンパス4号館4340教室 言語:日本語 概要:近年、物性理論において、トポロジカル相および量子異常の場の理論的な研究が 急激に進展している。そこで明らかになってきた知見は、素粒子理論の側でも有効である。 今回は、その非常に基礎的なところを、なるべく素粒子理論的な言葉で、レビューしたい と思う。 Abstract: In the recent years, we have seen a great development in the understanding of topological phases and anomalies in the context of condensed matter physics. These new insights can also be usefully applied to the study of quantum field theory on the high energy physics side. In this lecture we will give a very elementary review of this subject. 時間割: 10:00--11:30(90分) 講義 11:30--13:00(90分) お昼休み 13:00--14:30(90分) 講義 14:30--14:45(15分) 休憩 14:45--16:15(90分) 講義 ---------------
件名: [MugenML 783] AECO 懇親会日程変更 日付: 2018年2月14日 19:06:52 JST 皆様 (重複してお受け取りの際はご容赦ください) 先日のメールでは Algebraic and Enumerative Combinatorics in Okayama (AECO) Date: February 19 - 23, 2018. の懇親会を 2 月 20 日(火)に開催するとお伝えしましたが、都 合により 日時:2 月 21 日(水)18:30 〜 20:30 場所:リーセントカルチャーホテル 4F ベネチア 料金:5,500 円(飲み物:ビール・日本酒・ソフトドリンクを含む) と変更させていただきたいと思います。直前の変更で申し訳ありま せん。(なお、場所、料金には変更ありません。) 正確な参加者数を 2 月 18 日(日)までにホテルに伝える必要が ありますので、参加を希望される方は、2 月 17 日(土)までに、 nu+okayama2018 AT shinshu-u.ac.jp まで、参加希望の旨をお知らせください。また、菜食主義、アレル ギーなどの要望がございましたら、一緒にお知らせください。 --------------------< 返信フォーム >-------------------- 御名前 ( ) 2 月 21 日の懇親会 参加 食事に対する特別な要望がありましたら ( ) -------------------------------------------------------- また、代わりに Conference Lunch を 日時:2 月 20 日(火)12:00 〜 13:00 場所:Terrace Cafe(岡山大学構内) に行います。こちらは前日の 2 月 19 日 (月) に希望を取ります ので、到着が遅れる方はメールを頂けたら幸いです。 内外の研究者との交流・情報交換のために、積極的に参加していた だければば幸いです。 岡田 聡一
件名: [MugenML 782] Kyoto Rep. Seminar (2/16) - addentum 日付: 2018年2月13日 16:14:07 JST 皆さま 以下のセミナーが行われます。なお、先にお知らせの通り、このセミナーの前に Ian Le氏によるセミナーも行われます。 よろしくお願いします。 加藤周 —————————————— Speaker: Gus Schrader (Columbia University) Date & Place: February 16th 2018 (Fri) RIMS room 402 15:45–16:45 Title : An introduction to higher Teichmuller theory Abstract : I will speak about recent joint work with Alexander Shapiro in which we develop a cluster realization of the quantum group U_q(sl(n)) using quantized moduli spaces of framed local systems on marked surfaces. I will also discuss the notion of a positive representation of a quantum cluster algebra, and explain how the positive representations of U_q(sl(n)) introduced by Frenkel and Ip can be studied in the cluster algebra framework. —————————————— Speaker: Alexander Shapiro (UC Berkeley) Date & Place: February 16th 2018 (Fri) RIMS room 402 17:00–18:00 Title : An introduction to higher Teichmuller theory Abstract :Igor Frenkel and Ivan Ip conjectured that positive representations of quantum groups are closed under tensor products. This conjecture happens to be closely related to the so-called modular functor conjecture by Fock and Goncharov. I will speak about joint works with Gus Schrader (some of which are works in progress) where we prove the above conjectures.
件名: [MugenML 781] Kyoto Rep Seminar (2/16) 日付: 2018年2月12日 19:03:17 JST 皆さま 以下のセミナーが行われます。なお、追って連絡しますがこの後Alexander Shapiro, Gus Schrader両氏によるセミナーも行われます。 よろしくお願いします。 加藤周 ——————— Speaker: Ian Le (Perimeter Institute) Date & Place: February 16th 2018 (Fri) RIMS room 402 14:00–15:30 Title : An introduction to higher Teichmuller theory Abstract : Let S be a topological surface. Teichmuller space parameterizes the different ways of giving S the structure of a Riemann surface. Uniformization tells us that any Riemann surface can realized as a quotient of the upper-half-plane by a subgroup of PSL(2,R). Thus Teichmuller space to be viewed as a space of representations of the fundamental group of S into PSL(2,R). We will explain how cluster algebras and the theory of total positivity give an approach to Teichmuller theory which recovers classical ideas (like hyperbolic geometry, measured laminations, and quadratic differentials) while also permitting a generalization to PSL(n,R).
件名: [MugenML 780] 結び目の代数と幾何(第二報) 日付: 2018年2月9日 9:36:12 JST 皆様 重複して受け取られた場合、ご容赦ください。 研究集会の第二報となります。 下記の要領で研究集会を行いますのでお知らせ致します。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。 講演に関しまして、詳細が確定しwebページが立ち上がりましたので、 お知らせいたします: http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~noboru/knot_alg_geom2018.html 研究集会「結び目の代数と幾何」 日時:2018年3月9日(10:00—17:30を予定) 場所:早稲田大学 西早稲田(理工)キャンパス 61号館310教室 講演予定者: 石井敦(筑波大学) 岡本健太郎(九州大学) 木村直記(早稲田大学) 小須田雅(琉球大学) 水澤篤彦(早稲田大学) 伊藤昇(東京大学) ========= 本研究集会に関するお問い合わせ先: 伊藤 昇 noboru[at]ms.u-tokyo.ac.jp 宛にご連絡ください。 ([at]を@に変えてください。) ========= 研究集会世話人: 小須田雅、塚本達也、水澤篤彦、伊藤昇
件名: [MugenML 779] RIMS研究集会・10th CFT Seminar 日付: 2018年2月8日 23:04:19 JST 無限可積分系メーリングリストのみなさま # 重複して受け取られた場合はご容赦ください。 東京女子大学の山内です。 下記の要領で研究集会を開催いたしますので,ご案内いたします。 (参加登録は不要です。) 題目:10th CFT Seminar: Conference on Vertex Algebras and Related Topics 日程:2018年4月23日(月) ー 27日(金) 場所:数理解析研究所420室(大講義室) URL: https://sites.google.com/a/lab.twcu.ac.jp/cftseminar2018/ 招待講演者リスト: Pramod Achar Shun-Jen Cheng Terry Gannon Naoki Genra Yi-Zhi Huang Yasuyuki Kawahigashi Toshiro Kuwabara Ching Hung Lam Martina Lanini Shotaro Makisumi Fedor Malikov Antun Milas Masahiko Miyamoto Sven Möller Takahiro Nishinaka Ryo Sato Bailin Song Anne Taormina Yongchang Zhu 本集会は平成30年度RIMSプロジェクト研究「頂点作用素代数と対称性」の 一環であり,RIMS共同研究(グループ型)として開催されます。 現時点でプログラムはまだ完成しておりませんが,集会最終日の27日は 16:00までに終了する予定です。 最新の情報は上記ウェブサイトにてご確認ください。 多くの方の参加をお待ちしております。 Organizers: Tomoyuki Arakawa Peter Fiebig Nils Scheithauer Katrin Wendland Hiroshi Yamauchi
件名: [MugenML 778] MS seminar at Kavli IPMU -- Patricio Gallardo and Sara Muhvic -- Mar 6, 2018 日付: 2018年2月8日 14:25:42 JST Dear all, I would like to announce the following 2 Mathematics and String theory seminars at Kavli IPMU. 1) Speaker: Patricio Gallardo (U of Washington) Date: Tue, Mar 06, 2018, 13:30 - 15:00 Place: Seminar Room A Title: On double covers and their degenerations Abstract: We discuss different compactifications of the moduli space of smooth plane curves, explicit descriptions of the singular objects they parametrize, and applications for understanding the degenerations of double covers branching along them. 2) Speaker: Sara Muhvic (Warwick U) Date: Tue, Mar 06, 2018, 15:30 - 17:00 Place: Seminar Room B Title: G-Hilb and crepant resolutions of certain abelian orbifolds in dimension 4 Abstract: Let G \subset Sl(4,\CC) be a maximal diagonal subgroup of exponent r. In this talk, I will describe the G-Hilbert scheme G-Hilb(C4) through its toric fan and show how it can be used to construct "special" crepant resolutions of the quotient variety \CC^4/ G. I will also discuss whether these crepant resolutions could be interpreted as the moduli spaces \mathcal{M}_\theta of \theta-stable G-constellations. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 777] string-math 2018 第一報 日付: 2018年2月8日 13:28:16 JST 皆様(複数投稿ご容赦ください) 東北大学にて6月18-22に開催予定の表記研究会 http://www.tfc.tohoku.ac.jp/event/4200.html について、第一報をお送りします。 添付ファイルをご確認いただければ幸いです。 ---- 長谷川浩司@東北大学大学院理学研究科数学専攻 Koji Hasegawa at Mathematical Institute, Tohoku University, Sendai JAPAN
件名: [MugenML 776] Fw: A conference announcement 日付: 2018年2月7日 10:37:14 JST 各 ML の皆さま, ※ 重複して受け取られた場合は,ご容赦ください. 筑波大の佐垣です.以下のメールを転送いたします. ----------------------- Original Message ----------------------- Dear professor Sagaki, I am writing to inform you about our upcoming workshop and conference "Interactions of quantum affine algebras with cluster algebras, current algebras and categorification", in honor of Vyjayanthi Chari's 60th birthday. It will be held at the Catholic University of America, Washington DC, from June 2 to June 8. Further details can be found at https://quantumaffine2018.catholic.edu Registration is now open (see https://quantumaffine2018.catholic.edu/ QAAREGISTRATION.html). We would greatly appreciate if you could circulate the news/website with any of your colleagues, students and postdocs interested in representation theory. The conference is partially funded by the NSF and some travel support will be available for participants, with the priority given to graduate students, post-docs and junior faculty with limited access to research funding. Women and persons from group which are underrepresented in mathematical sciences are particularly encouraged to apply. The deadline for funding applications is April, 15. Sincerely, Jacob Greenstein --------------------- Original Message Ends -------------------- Daisuke SAGAKI Division of Mathematics Faculty of Pure and Applied Sciences University of Tsukuba Tsukuba, Ibaraki 305-8571, Japan
件名: [MugenML 775] 第3回応用可積分系若手セミナーのご案内 (3/17) 日付: 2018年2月7日 10:25:13 JST みなさま 関西学院大学の前田です.セミナーの案内をお送りいたします. 応用数理学会の翌日,数学会の前日に芝浦で開催となりますが, ぜひご参加いただければと思います. -- 第3回応用可積分系若手セミナーを下記の要領で開催いたします。 応用可積分系分野の若手研究者が集い、 最先端の話題に触れながら交流を深められればと思います。 興味のある方は(若手に限らず)お気軽にご参加ください。 日時:2018年3月17日(土)14:00-19:00 会場:芝浦工業大学芝浦キャンパス303教室 参加希望者へのお願い: 施設利用の都合上「学外の参加者リスト」が必要のため、 お手数ですが事前に福田 (afukudaあっとshibaura-it.ac.jp) まで 参加のメール連絡をお願いいたします。 プログラム: 14:00-15:30 渋川元樹(大阪大学大学院情報科学研究科) ちょっと変わった楕円函数(論)とその応用 16:00-17:30 林達也(東京大学大学院数理科学研究科) 心筋細胞の拍動同期現象に関する数理モデル 18:00-19:00 フリーディスカッション 講演概要、会場アクセス等の詳細はセミナーHPをご覧ください。 https://sites.google.com/site/seminarsyrais/home/seminar03 なおセミナー終了後に講演者を交えて懇親会を開く予定です。 参加を希望される方は3月9日までに神吉 (kankiあっとkansai-u.ac.jp) に ご連絡ください。 世話人: 福田亜希子(芝浦工業大学システム理工学部) 廣瀬三平 (芝浦工業大学デザイン工学部) 神吉雅崇 (関西大学システム理工学部) 前田一貴 (関西学院大学理工学部)
件名: [MugenML 774] [訂正] AECO 懇親会について (About AECO Banquet) 日付: 2018年2月6日 11:30:46 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様、 岡山大学の石川雅雄さんの代理投稿です。 岡田 聡一 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 皆様 昨日のメールの本文の中のメールアドレスが間違って おりました。訂正とお詫びを申し上げます。 【誤】 nu+okayama2018 AT shinsyu-u.ac.jp. 【正】 nu+okayama2018 AT math.shinshu-u.ac.jp We are sorry that I cited a wrong email address in my last email: Our email address is nu+okayama2018 AT shinsyu-u.ac.jp. Our correct email address is nu+okayama2018 AT math.shinshu-u.ac.jp. Thank you for your attention. 石川雅雄 皆様、下記の国際研究集会の懇親会につきましてのお知らせです。 Algebraic and Enumerative Combinatorics in Okayama (AECO) Date: February 19 - 23, 2018. Place: Graduate School of Natural Science and Technology, Building No.1. 懇親会: 日時2 月 20 日 (火) 18:00 〜 20:00 場所リーセントカルチャーホテル 4F ベネチア 料理5,500 円 (+飲み物:ビール・日本酒・ソフトドリンク) つきましては、ホテル側の要請で3日前までに懇親会参加者数を 確定する必要が生じました。つきましては懇親会参加を 希望される方は、恐れ入りますが 2 月 16 日 (金) までに nu+okayama2018 AT shinsyu-u.ac.jp. 宛に参加希望の趣旨を御知らせ頂ければ幸いです。 猶、菜食主義、ハラール食、アレルギー等の要望がありましたら 一緒にお知らせください。 内外の研究者との交流・情報交換のために、積極的に御参加頂ければ 幸いです。 Dear participants, The participants do not need any registration to attend this conference. However, we need to know the number of people who attend the banquet which will be held on February 20: Date:February 20 (Tue) 18:00 - 20:00 Place:Recent Culture Hotel, 4F, Room Venetia Food:Japanese cuisine Price:5,500JPY (including beer, Japanese sake and nonalcoholic drinks) If you would like to attend the banquet, please let us know by email before February 16 (Fri). The hotel request us to fix the number of attendants to the banquet 3 days before it. If you have special demands, for example, vegetarian foods, Halal foods or special allergy, please tell us your request by email. Our email address is nu+okayama2018 AT shinsyu-u.ac.jp. We are very glad if this banquet stimulates the discussions between participants. Thank you in advance for your cooperation. Best regards, Masao Ishikawa (Okayama University) -- Masao Ishikawa Department of Mathematics, Faculty of Science, Okayama University
件名: [MugenML 773] 結び目の代数と幾何(第一報) 日付: 2018年2月5日 16:56:08 JST 皆様 重複して受け取られた場合、ご容赦ください。 研究集会の第一報となります。 下記の要領で研究集会を行いますのでお知らせ致します。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。 講演に関しまして、詳細が確定しwebページが立ち上がりましたら、 再度お知らせいたします。 研究集会「結び目の代数と幾何」 日時:2018年3月9日 (10:00—17:30を予定) 場所:早稲田大学 西早稲田(理工)キャンパス 61号館310教室 講演予定者: 石井敦(筑波大学) 岡本健太郎(九州大学) 木村直記(早稲田大学) 小須田雅(琉球大学) 水澤篤彦(早稲田大学) 伊藤昇(東京大学) ========= 本研究集会に関するお問い合わせ先: 伊藤 昇 noboru[at]ms.u-tokyo.ac.jp 宛にご連絡ください。 ([at]を@に変えてください。) ========= 研究集会世話人: 小須田雅、塚本達也、水澤篤彦、伊藤昇
件名: [MugenML 772] AECO 懇親会について (About AECO Bnaquet) 日付: 2018年2月5日 10:05:29 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様、 岡山大学の石川雅雄さんの代理投稿です。 岡田 聡一 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 皆様、下記の国際研究集会の懇親会につきましてのお知らせです。 Algebraic and Enumerative Combinatorics in Okayama (AECO) Date: February 19 - 23, 2018. Place: Graduate School of Natural Science and Technology, Building No.1. 懇親会: 日時 2 月 20 日 (火) 18:00 ~ 20:00 場所 リーセントカルチャーホテル 4F ベネチア 料理 5,500 円 (+飲み物:ビール・日本酒・ソフトドリンク) つきましては、ホテル側の要請で3日前までに懇親会参加者数を 確定する必要が生じました。つきましては懇親会参加を 希望される方は、恐れ入りますが 2 月 16 日 (金) までに nu+okayama2018 AT shinsyu-u.ac.jp. 宛に参加希望の趣旨を御知らせ頂ければ幸いです。 猶、菜食主義、ハラール食、アレルギー等の要望がありましたら 一緒にお知らせください。 内外の研究者との交流・情報交換のために、積極的に御参加頂ければ 幸いです。 Dear participants, The participants do not need any registration to attend this conference. However, we need to know the number of people who attend the banquet which will be held on February 20: Date: February 20 (Tue) 18:00 - 20:00 Place: Recent Culture Hotel, 4F, Room Venetia Food: Japanese cuisine Price: 5,500JPY (including beer, Japanese sake and nonalcoholic drinks) If you would like to attend the banquet, please let us know by email before February 16 (Fri). The hotel request us to fix the number of attendants to the banquet 3 days before it. If you have special demands, for example, vegetarian foods, Halal foods or special allergy, please tell us your request by email. Our email address is nu+okayama2018 AT shinsyu-u.ac.jp. We are very glad if this banquet stimulates the discussions between participants. Thank you in advance for your cooperation. Best regards, Masao Ishikawa (Okayama University) -- Masao Ishikawa Department of Mathematics, Faculty of Science, Okayama University
件名: [MugenML 771] Re: ALTReT 2018 日付: 2018年2月2日 8:11:53 JST 下記の件ですが、ホームページのリンク先が何故か昨年度のホームページになって いました。正しくは https://sites.google.com/view/altret2018/ です。申し訳ありません。 どうぞよろしくお願いいたします。 荒川 知幸
件名: [MugenML 770] ALTReT 2018 日付: 2018年2月2日 0:39:08 JST 皆様 Algebraic Lie Theory and Representation Theory 2018について、アナウンス させて頂きます。 この研究集会は、2014年度まで「代数群と量子群の表現論研究集会(RAQ)」として運営され てきたものを、研究対象を広げる意味で2015年度からタイトルを変えて開催しています. 本年度(2018年度)が第4回目となります。 今年度の開催予定は以下の通りです。 日時:2018年5月25日(土)~5月28日(火) 場所:上智大学セミナーハウス(軽井沢) 今年度は、 古庄 英和 氏 (名古屋大学), 岩木 耕平 氏 (名古屋大学) に概説講演をお願いしました。 つきましては、3月末を締切として、一般講演を募集致します。もちろん、大学院生による 一般講演も歓迎致します。講演を申し込まれる方は、下記ウェブページの講演申し込みフ ォームをご利用下さい。また、他薦の場合は、下記の世話人のメールアドレスまで直接お 知らせ下さい。 研究集会のウェブページ https://sites.google.com/view/altret2018/ 問い合わせ先:桑原 敏郎kuwabara AT math.tsukuba.ac.jp どうぞよろしくお願い致します。 世話人:荒川 知幸(京大RIMS)・桑原 敏郎(筑波大学)・中筋 麻貴(上智大学)
件名: [MugenML 769] Kavli IPMU -- Higher Structures and Quantisation -- March 20-22, 2018 日付: 2018年1月31日 9:27:01 JST Dear all, I would like to announce a series of lectures on Higher structures and quantisation at Kavli IPMU organised by Andrew Macpherson. The invited speakers are Bertrand Toen, Gabriele Vezzosi, Aaron Mazel-Gee, and Isamu Iwanari. For more details and precise schedule please refer to the conference webpage http://www.stashproject.org/conf.html The webpage has a link with a Doodle pole for registration. It is not necessary, but it would be very helpful if those who are planning to attend register. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 768] 東京無限可積分系セミナー(2/6) 日付: 2018年1月27日 11:50:53 JST 皆様 クロスポストご容赦ください. 下記セミナー2件を開催いたします.ご関心のある方はぜひご参加ください. 東京大学数理科学研究科 松井千尋 ------------------------------------ 東京無限可積分系セミナー 【1件目】 講師:桂 法称 氏 (東大理物) 題目:1次元量子臨界系のサイン二乗変形 (ENGLISH) 日時:2018年02月06日(火) 15:00-16:00 場所:数理科学研究科棟(駒場) 002号室 URL:http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/seminar/infana/index.html 概要: サイン二乗変形(SSD)とは、量子系のハミルトニアンの局所的エネルギースケールを、 サイン二乗関数にしたがって空間的方向に変調させる変形操作である。SSDにより、一様 周期境界条件を課した系のハミルトニアンは、開放境界条件を課した空間的に非一様な ハミルトニアンへと変形される。しかしながら、空間次元1次元で系が臨界的な場合には、 この変形後のハミルトニアンの基底状態は、変形前の一様周期的な基底状態からほとんど 変化しないということが、現在までに明らかにされている。特に講演者は、臨界的なXY スピン鎖や横磁場Ising模型においては、両者の基底状態が厳密に一致することを示して いる[1,2,3]。また、ディラック・フェルミオン系や一般の(1+1)次元の共形場理論につい ても、適切にSSDを定義すれば、やはり一様周期系とSSD系の基底状態が一致するという 結果を紹介する。時間が許せば、その他の最近の結果[4,5] や、SSD系の励起状態について の結果についても紹介する。 [1] H. Katsura, J. Phys. A: Math. Theor. 44, 252001 (2011). [2] H. Katsura, J. Phys. A: Math. Theor. 45, 115003 (2012). [3] I. Maruyama, H. Katsura, T. Hikihara, Phys. Rev. B 84, 165132 (2011). [4] K. Okunishi and H. Katsura, J. Phys. A: Math. Theor. 48, 445208 (2015). [5] S. Tamura and H. Katsura, Prog. Theor. Exp. Phys 2017, 113A01 (2017). 【2件目】 講師:佐藤 僚 氏 (東大数理) 題目:モジュラー不変性をもつN=2頂点作用素超代数の表現について (ENGLISH) 日時:2018年02月06日(火) 16:30-17:30 場所:数理科学研究科棟(駒場) 002号室 URL:http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/seminar/infana/index.html 概要: よいクラスの頂点作用素超代数の表現の指標はモジュラー不変性という顕著な性質を示す. この性質の応用として,中心電荷がc_{p,1} = 3(1-2/p)であるN=2頂点作用素超代数のフ ュージョン則は,モジュラーS行列Verlinde公式によって計算されることが知られている (脇本実氏とD. Adamovic氏の結果による).本セミナーでは,互いに素な2以上の整数組 (p,p')を用いて中心電荷がc_{p,p’}:=3(1-2p’/p)と表わされる場合に,然るべき意味で モジュラー不変性を示す新たなN=2頂点作用素超代数の表現族を紹介する.また,Creutzig -Ridoutによって提案されたVerlinde公式の一般化を踏まえて,フュージョン則の計算へ の応用を議論する. 世話人:神保道夫,国場敦夫,山田裕二,武部尚志,高木太一郎,白石潤一,松井千尋 ------------------------------------
件名: [MugenML 767] Kyoto Rep. Seminar (Feb. 2nd) 日付: 2018年1月26日 14:09:08 JST 皆様 以下のセミナーが行われます。興味のある方はご参集ください。 よろしくお願いします。 疋田辰之、加藤周 ———————— Speaker: Myungho Kim (Kyung Hee University) Date & Place: February 2nd 2018 (Fri) RIMS room 402 16:30–18:00 Title : Monoidal categorification of cluster algebras Abstract : In this talk, I will explain our work on the monoidal categorification of the quantum coordinate ring $A_q(n(w))$ of the unipotent subgroup associated with a symmetric Kac-Moody algebra $g$ and an element $w$ of the Weyl group. This is a joint work with Seok-Jin Kang, Masaki Kashiwara, and Se-jin Oh. The notion of monodical categorification of cluster algebras was introduced by Hernandez and Leclerc: an abelian monodical category $C$ is called a monodical categorification of a cluster algebra $A$ if the Grothendieck ring of $C$ is isomorphic to $A$ and the cluster monomials of $A$ belong to the classes of real simple objects of $C$. The existence of a monodical categorification of a cluster algebra $A$ implies several nice properites of $A$ in a natural way, for example, the positivity of the coefficients of the expansion of cluster monomials with respect to an arbitrary cluster. Our main result is that a subcategory $C_w$ of category of finite- dimensional graded modules over the symmetric quiver Hecke algebra is a monodical categorification of the (quantum) cluster algebra $A_q(n(w))$. Combining the results of Khovanov-Lauda, Rouquier and Varagnolo-Vasserot, we conclude that the cluster monomials of $A_q(n(w))$ belongs to the upper global basis (dual canonical basis). It answers the conjecture by Kimura and Geiss-Leclerc-Schroer, which can be also regarded as a sharpened version of a question asked by Fomin-Zelevinsky.
件名: [MugenML 766] AECO: the third announcement 日付: 2018年1月26日 9:54:17 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様、 岡山大学の石川雅雄さんの代理投稿です。 岡田 聡一 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% Dear colleagues, The program and abstracts (the final version) of the following conference is now available: Algebraic and Enumerative Combinatorics in Okayama http://www.math.okayama-u.ac.jp/~mi/comb2018/ Date: February 19 - 23, 2018. Place: Graduate School of Natural Science and Technology Building No.1. https://www.google.co.jp/maps/@34.6885901,133.9230057,18z?hl=en The N24 building in the Tsushima campus map: http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/freetext/en__Tsushima_Campus/file/map_tsushima.pdf One can also download the PDF files from the conference webpage: http://www.math.okayama-u.ac.jp/~mi/comb2018/pdf/program.pdf http://www.math.okayama-u.ac.jp/~mi/comb2018/pdf/abstracts.pdf Access: Okayama University is 3km north to Okayama JR station. Take Okaden Bus No.47 from the west exit of the station and get off at the bus stop named West Gate of Okayama U. (Okadai-Nishimon). The final destination of the bus is Okayama University of Science which is NOT Okayama University. It takes 7 minutes from the station to the west gate. No registration is required to participate in this conference. We welcome anybody to come and join in this conference, which will make it very active and fruitful. If you have any questions or requests, please feel free to contact us to nu+okayama2018 AT math.shinshu-u.ac.jp. We are looking forward to seeing you in Okayama. Thank you for your attention. Masao Ishikawa (Okayama University) -- Masao Ishikawa Department of Mathematics, Faculty of Science, Okayama University
件名: [MugenML 765] MS seminar at Kavli IPMU -- Tony Yue-Yu (Universite Paris-Sud) -- Feb 27, 2018 日付: 2018年1月26日 8:51:28 JST Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminar at Kavli IPMU Speaker: Tony Yue-Yu (Laboratoire de Mathematiques d'Orsay, Universite Paris-Sud) Date: Tue, Feb 27, 2018, 15:30 - 17:00 Place: Seminar Room B Title: The Frobenius structure conjecture in dimension two Abstract: The Frobenius structure conjecture is a conjecture about the geometry of rational curves in log Calabi-Yau varieties proposed by Gross-Hacking-Keel. It was motivated by the study of mirror symmetry. It predicts that the enumeration of rational curves in a log Calabi-Yau variety gives rise naturally to a Frobenius algebra satisfying nice properties. In a joint work with S. Keel, we prove the conjecture in dimension two. Our method is based on the enumeration of non-archimedean holomorphic curves developed in my thesis. We construct the structure constants of the Frobenius algebra directly from counting non-archimedean holomorphic disks. If time permits, I will also talk about compactification and extension of the algebra. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 764] 紀尾井町数理セミナー(2/10)のお知らせ(日付訂正) 日付: 2018年1月25日 15:20:32 JST 皆様 先程のメールにてメール件名での日付が誤っておりましたので再送いたします. 失礼いたしました. 城西大学理学部数学科の廣惠一希と申します. 下記の通り紀尾井町数理セミナーを開催致します. 講演者の方に比較的長めの時間をとって頂き,基礎的な部分から最新の発展的な話題まで 解説して頂く予定ですので,大学院生の方から専門家の方まで幅広い方々のご来聴をお待 ちしております. ======================================================= 日時: 2018 年 2 月 10 日 (土) 第一部 10:00 〜 12:00, 第二部 13:30 〜 17:00 会場: 城西大学紀尾井町キャンパス3号棟3205教室   (http://www.josai.ac.jp/about/access/kioicho.html をご参照ください) 講師: 竹縄 知之 (東京海洋大) 題目: 有限次元力学系に対する岡本ー坂井の初期値空間の方法について 概要: 与えられた力学系に対して,射影的有理曲面をファイバーとし,独立変数の集合を 底空間とするファイバー束であって,底空間の任意の経路(時間発展)が切断(解)に持ち 上がるものを岡本ー坂井の初期値空間という. 本報告では離散パンルヴェ方程式を始めとする離散力学系に対して,初期値空間の構成法, 因子類群への作用の計算法,それを利用した離散対称性の求め方について具体的に解説する. また,4次元の場合の最近の結果も報告する. ======================================================= 紀尾井町数理セミナーのHP http://www.josai.ac.jp/education/gra_science/mathematics_major/(次行に続く) workshop_seminar_lecture/seminar/seminar.html 連絡先 廣惠一希(城西大学) 中村あかね(城西大学)
件名: [MugenML 763] 紀尾井町数理セミナー(1/20)のお知らせ 日付: 2018年1月25日 14:43:30 JST 皆様 城西大学理学部数学科の廣惠一希と申します. 下記の通り紀尾井町数理セミナーを開催致します. 講演者の方に比較的長めの時間をとって頂き,基礎的な部分から最新の発展的な話題まで 解説して頂く予定ですので,大学院生の方から専門家の方まで幅広い方々のご来聴をお待 ちしております. ======================================================= 日時: 2018 年 2 月 10 日 (土) 第一部 10:00 〜 12:00, 第二部 13:30 〜 17:00 会場: 城西大学紀尾井町キャンパス3号棟3205教室   (http://www.josai.ac.jp/about/access/kioicho.html をご参照ください) 講師: 竹縄 知之 (東京海洋大) 題目: 有限次元力学系に対する岡本ー坂井の初期値空間の方法について 概要: 与えられた力学系に対して,射影的有理曲面をファイバーとし,独立変数の集合を 底空間とするファイバー束であって,底空間の任意の経路(時間発展)が切断(解)に持 ち上がるものを岡本ー坂井の初期値空間という. 本報告では離散パンルヴェ方程式を始めとする離散力学系に対して,初期値空間の構成法, 因子類群への作用の計算法,それを利用した離散対称性の求め方について具体的に解説する. また,4次元の場合の最近の結果も報告する. ======================================================= 紀尾井町数理セミナーのHP http://www.josai.ac.jp/education/gra_science/mathematics_major/(次行に続く) workshop_seminar_lecture/seminar/seminar.html 連絡先 廣惠一希(城西大学) 中村あかね(城西大学)
件名: [MugenML 762] 研究集会「Finite Groups, VOAs, and Related Topics 2018」 日付: 2018年1月20日 18:29:36 JST 皆様, # いくつかの ML に投稿しております. # 案内を重複して受け取られた場合はご容赦ください. 筑波大学の佐垣です. 下記の要領で研究集会を開催いたしますので,ご案内いたします. Finite Groups, VOAs, and Related Topics 2018 日程:2018年3月12日(月) 10:00 〜 13日(火)15:20 場所:筑波大学自然系学系D棟509号室 プログラムは以下の集会サイトよりご確認ください. https://sites.google.com/view/fgvoart2018/home 初日(月曜日)の夕方に, 筑波大学の宮本雅彦先生の退職をお祝いして, 以下のとおり夕食会を予定しております. 場所:木曽路・つくば店 (050-3462-1937) ※ 送迎バスあり https://r.gnavi.co.jp/a538505/ 日時:3/12 (Mon) 18:30 〜 会費:8000円 予約の関係から,夕食会への参加希望者は *** 以下のフォームより事前に参加登録 *** をお願いいたします. https://sites.google.com/view/fgvoart2018/home/banquet?authuser=0 フォームからの登録がうまく行かない場合には,佐垣まで直接メールにて 参加の旨をお知らせください.私のメールアドレスは sagakiあっとmath.tsukuba.ac.jp になります.夕食会のみの参加も歓迎いたします. 多くの方のご参加をお待ちしております. 世話人(アルファベット順) 有家雄介,Scott Carnahan,佐垣大輔,田辺顕一朗,山内博 -- Daisuke SAGAKI Division of Mathematics Faculty of Pure and Applied Sciences University of Tsukuba Tsukuba, Ibaraki 305-8571, Japan
件名: [MugenML 761] 阿部紀行氏集中講義 日付: 2018年1月19日 14:43:47 JST 皆様 来週月(15:00から)—金(12:00まで)の日程で京都大学数学教室(3号舘110号室)において 阿部紀行氏(北大・理)による集中講義「p進簡約群の法p表現論」が行われます。また 水曜午後15:00には同氏による談話会「p進簡約群の法p表現論」が催されます。 ご興味のある方はご参集ください。 加藤周
件名: [MugenML 760] AECO; the second announcement 日付: 2018年1月19日 11:28:36 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様、 岡山大学の石川雅雄さんの代理投稿です。 岡田 聡一 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% Dear colleagues, A tentative program and abstracts of the following conference is now available at http://www.math.okayama-u.ac.jp/~mi/comb2018/ The final program will come soon. Algebraic and Enumerative Combinatorics in Okayama (AECO) Date: February 19 - 23, 2018. Place: Graduate School of Natural Science and Technology, Building No.1. The N24 build of the Tsushima campus map at http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/freetext/en__Tsushima_Campus/file/map_tsushima.pdf Webpage: http://www.math.okayama-u.ac.jp/~mi/comb2018/ The aim of this conference is to allow participants an opportunity to discusses recent developments and new ideas in algebraic and enumerative combinatorics and related areas such as representation theory, algebraic geometry and statistical physics. Topics will include (but are not limited to): plane partitions, P-partitions, alternating sign matrices, perfect matchings, and symmetric functions. Access: Okayama University (West Gate) is 7 minute distance by Okaden No. 47 bus which departs from the west gate of Okayama JR railway station. The conference will take place at the second floor of the Graduate School of Natural Science and Technology, Building No.1: https://www.google.co.jp/maps/@34.6885901,133.9230057,18z?hl=en No registration is required to participate in this conference. We welcome anybody to come and join in this conference, which will make it very active and fruitful. If you have any questions or requests, please feel free to contact us to nu+okayama2018 AT math.shinshu-u.ac.jp. The Tsushima College residence is still available at the rate 2800JPY/night. If you would like to stay at the residence, please conatct us. The Recent Culture hotel is the closest one to Okayama University. You can walk to the conference (maybe 15 minutes). It is available at 6800JPY/night if you tell them that you will attend this conference at Okayama University. We are looking forward to seeing you in Okayama. Thank you for your attention. Masao Ishikawa (Okayama University) -- Masao Ishikawa Department of Mathematics, Faculty of Science, Okayama University
件名: [MugenML 759] 第2回徳島古典解析研究会・Reminder 日付: 2018年1月17日 11:48:37 JST ====================================================== 第2回徳島古典解析研究会〜パンルヴェ首相百年記念〜 ====================================================== 直前になりましたので、パンルヴェ首相百年記念として行われる 古典解析研究会の最終案内を送ります。 懇親会はもう少し増えても大丈夫だと思いますが 前日17時までにご連絡いただけると幸いです。 ****プログラム************** 第2回・徳島古典解析研究会〜パンルヴェ首相百年記念〜 日時:2018年1月19日(金)13:30〜1月20日(土)16:00 場所:徳島大学常三島キャンパス・共通講義棟K304 1月19日(金) 13:30〜14:30 長尾 秀人(明石高専)  加法差分パンルヴェ方程式の超幾何型特殊解 15:00〜16:00 竹井 優美子(神戸大)  超幾何微分方程式の Voros 係数の位相的漸化式による表示 16:30〜17:30 関口 次郎(東京農工大)  3次元の一般化されたWDVV方程式の特殊解について (18:30〜 懇親会) 1月20日(土) 09:30〜10:30 眞野 智行(琉球大学)  パンルヴェ方程式と平坦座標 11:00〜12:00 斎藤 恭司(東京大学IPMU)  原始形式の周期写像、鏡像対称性そしてBridgeland安定性条件の空間 13:30〜14:30 大山 陽介(徳島大)  q-超幾何級数の総和法 15:00〜16:00 鹿野 忠良(Institut Vercors)  Airy の浅水波が津波の正体である:津波の古典解析 Webサイト http://math0.pm.tokushima-u.ac.jp/~ohyama/seminar.html ポスター http://math0.pm.tokushima-u.ac.jp/~ohyama/seminar/201801.pdf ■追記 上記とは関係ありませんが、佐藤幹夫氏の論文リストを作りました: http://math0.pm.tokushima-u.ac.jp/~ohyama/sato/index_sato_mikio.html オンラインで読める論文はリンクしてあり、読めないものはCiNiiなどに リンクして論文にアクセスしやすくしてあります。 抜けがある場合は、ご教授いただければ幸いです。 --- 〒770-8506 徳島市南常三島町2-1 徳島大学大学院社会産業理工学研究部 理工学域 大山陽介 電話・FAX:088-656-7541(内線:4781)
件名: [MugenML 758] First Announcement of IA18 Spring School: R-matrices, Cluster Algebras, and Integrable Systems 日付: 2018年1月16日 16:42:53 JST First Announcement of IA18 Spring School: R-matrices, Cluster Algebras, and Integrable Systems 各位 以下の要領で、研究会(Spring School)を開催いたしますので、 ご案内をいたします。 Infinite Analysis 18 Spring School R-matrices, Cluster Algebras, and Integrable Systems Date: May 22(tue) - 24(thu), 2018 Place: Graduate School of Mathematics, Nagoya University Lecturers: Michael Gekhtman (Notre Dame) Pavlo Pylyavskyy (Minnesota) Gus Schrader (Columbia) Rei Inoue (Chiba) Naoto Okubo (Aoyama) Organizers: Atsuo Kuniba (Tokyo), Tomoki Nakanishi (Nagoya), Masato Okado (Osaka City) Contact: Tomoki Nakanishi (nakanisiあっとmath.nagoya-u.ac.jp) 多数のご参加をお待ちしています。 プログラムなどの詳細は以下のサイトで随時更新をいたしますので、ご覧ください。 https://sites.google.com/site/infiniteanalysis18springschool/ 中西知樹 名古屋大学 大学院多元数理科学研究科
件名: [MugenML 757] MS seminar at Kavli IPMU -- Mauro Porta (University of Strasbourg) -- Feb 13, 2018 日付: 2018年1月16日 9:38:15 JST Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminar at Kavli IPMU. Speaker: Mauro Porta (University of Strasbourg) Date: Tue, Feb 13, 2018, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room A Title: HKR theorems in analytic geometry Abstract: In this talk I will survey recent advances in derived geometry. Building on the framework of derived analytic geometry introduced in my thesis, I will explain how to obtain an S^1-equivariant version of the Hochschild-Kostant-Rosenberg theorem for analytic spaces. Here analytic means at the same time complex analytic and non-archimedean analytic, and an analytic space is understood to be possibly singular (and, in fact, possibly derived). ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 756] 集中講義のお知らせ(1/15 - 1/19) 日付: 2018年1月12日 21:06:09 JST 皆様 東京大学の松井千尋と申します. 下記集中講義について,白石潤一氏(東京大学)の代理で投稿させていただきます. ご関心のある方はぜひご参加ください. ------------------------------------ 集中講義 講師:Boris L. Feigin (National Research University Higher School of Economics) 題目:Integrable representations of vertex algebras and characters. Vertex algebras and topology. 日時:2018年01月15日(月) - 1月19日(金) 15:00 - 17:00 場所:数理科学研究科棟(駒場) 002号室 概要: 1. Boson-fermion correspondence.Integrable representations of Lie algebra sl(2)^. 2. Monomial base in the integrable modules.Characters in the simplest cases. 3. Brion theorem for complex polytopes. Weyl character formula as a consequence of Brion. 4. Rodgers-Ramanujan and Gordon identity as a consequence of Brion. 5. Constructions of vertex algebras.Exstensions of W-algebras. 6. Vertex algebras and 4-dimensional manifolds. ------------------------------------
件名: [MugenML 755] 2017年度第9回数理物理学セミナーのおしらせ (01/17) 日付: 2018年1月11日 22:19:07 JST 各位 第9回、立教大学数理物理学研究センターのセミナー案内をお送りします。 皆様お誘い合わせの上ご参加ください。 筧(立教大・理) ++++++++++++++++++++++++++++++ 2017年度 第9回セミナー 講師:渡辺文彦 氏 (防衛大学校) 題目: Wirtinger積分とテータ因子の配置の幾何 日程: 2018年01月17日(水) 16:40--18:10 場所: 立教大学池袋キャンパス 4号館4階4405号室 概要: 超幾何函数は楕円曲線上の積分表示として表されることをWirtingerが示した (これをWirtinger積分と呼ぶ).この結果に触発されて講演者は積分表示の高次元化を 目指している.1次元空間上の積分から移行して高次元空間上の積分を追求しようとする と因子配置のコホモロジーを調べる必要がある.このうち非常によく研究されてきたのは, 射影空間内の超平面配置の(コ)ホモロジーであり,超幾何積分の幾何学的基礎を与える ものである.これに比べ,非有理的多様体上の因子配置についてはこれまであまり研究さ れて来なかったのではないかと思われる.Wirtinger積分が楕円曲線上の点配置に関する 積分表示なので,この高次元化を追求するためにアーベル多様体上のテータ因子配置の幾 何の研究に進むのは自然なことと思われる.最近2次元の場合にいくつか結果が得られた ので本講演ではそれを紹介したい.時間があればツイストホモロジー類の構成にも触れる 予定. ++++++++++++++++++++++++++++++
件名: [MugenML 754] 第9回 半田山・幾何・代数セミナー 日付: 2018年1月11日 12:10:37 JST 皆様, 下記のセミナーを行います.ご参加お待ち申し上げています. 第9回 半田山・幾何・代数セミナー 日時: 2018年1月16日(火) 16:45—18:15 場所: 岡山理科大学 A1 号館 3 階 A0126 教室 講演者: 阿部拓(大阪市立大学) タイトル: 正則ヘッセンバーグ多様体の幾何学 アブストラクト: ヘッセンバーグ多様体は旗多様体の部分多様体であり,幾何・トポロジー・組み合わせ論・ 表現論といった様々な側面からのアプローチが可能な対象です.リー環の正則元から定ま るヘッセンバーグ多様体を観察してみると,その幾何やトポロジーは正則元の取り方によ って大きく変わるようにも見えますが,実は共通する幾何学的な性質も持っています.こ の講演では,正則ヘッセンバーグ多様体の族の性質を観察することで,何が共通する性質 なのかを説明したいと思います.また,応用として,旗多様体のホモロジーにおいて正則 ヘッセンバーグ多様体が定めるサイクルが正則元の取り方によらないことを見たいと思い ます.この研究は,復旦大学の曽昊智さんと東京工業大学の藤田直樹さんとの共同研究で す. 世話人: 池田岳,川島正行,黒木慎太郎,柴田大樹,松村朝雄(岡山理科大学)
件名: [MugenML 753] 紀尾井町数理セミナーのお知らせ 1/20 日付: 2018年1月9日 17:48:46 JST 皆様 城西大学理学部数学科の廣惠一希と申します. この度下記の通り紀尾井町数理セミナーを開催致します. 講演者の方に比較的長めの時間をとって頂き,基礎的な部分から最新の発展的な話題まで 解説して頂く予定ですので,大学院生の方から専門家の方まで幅広い方々のご来聴を お待ちしております. ======================================================= 日時: 2018 年 1 月 20 日 (土) 第一部 10:00 〜 12:00, 第二部 13:30 〜 17:00 会場: 城西大学紀尾井町キャンパス3号棟3206教室   (http://www.josai.ac.jp/about/access/kioicho.html をご参照ください) 講師: 山川 大亮 氏(東京理科大学) 題目: Filtered Riemann-Hilbert correspondence 概要: 本講演ではSimpsonが構成した非特異複素代数曲線上の filtered regular D-module と filtered local systemの間の圏同値について解説し, 更に filtered local system のモジュライ空間の構成について述べる. ======================================================= 紀尾井町数理セミナーのHP http://www.josai.ac.jp/education/gra_science/mathematics_major/workshop/index_copy2.html また次回は 日時:2月10日(土)10:00〜17:00 講師:竹縄知之氏(東京海洋大学) を予定しております. 連絡先 廣惠一希(城西大学理学部数学科)
件名: [MugenML 752] 2nd announcement of SIDE13@Fukuoka, Japan 11-17 2018 日付: 2018年1月7日 10:25:52 JST Dear Colleagues, It is our great pleasure to make the second announcement of the 13th edition of the InternationalConference on Symmetries and Integrability of Difference Equations (SIDE 13), during 11-17 November 2018, in Fukuoka, Japan. Please post and/or circulate the attached announcement freely. Yours Sincerely, ==================================================== Kenji Kajiwara, Chair, Organizing Committee of SIDE 13 Institute of Mathematics for Industry, Kyushu University 744 Motooka, Fukuoka 819-0395, JAPAN ==================================================== 13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYMMETRIES AND INTEGRABILITY OF DIFFERENCE EQUATIONS (SIDE 13) SECOND ANNOUNCEMENT 7 January, 2018 Venue: JR Hakata City Conference Rooms, Fukuoka, Japan Dates: Sunday 11 November (arrival day) to Saturday 17 November 2018 (departure day) SIDE 13 is the thirteenth in a series of biennial conferences devoted to Symmetries and Integrability of Difference Equations, and in particular to: ordinary and partial difference equations, analytic difference equations, orthogonal polynomials and special functions, symmetries and reductions, discrete differential geometry, integrable discrete systems on graphs, integrable dynamical mappings, (discrete) Painlevé equations, integrability criteria, Yang-Baxter type equations, cluster algebras, difference Galois theory, quantum mappings, quantum field theory on space-time lattices, representation theory, combinatorics, numerical models of differential equations, discrete stochastic models and other related topics. The first SIDE conference took place in Estérel, Quebec, Canada, May 22-29, 1994. The event was so successful that it gave rise to the series of conferences since held in the United Kingdom, Italy, Japan, France, Finland, Germany, Australia, Bulgaria, China, India and Canada. SIDE 13 will take place at JR Hakata City Conference Rooms, in Fukuoka, Japan, from November 11, 2018 (arrival day) to November 17, 2018 (departure day). JR Hakata City is located within JR Hakata Station in Fukuoka, and is just five minutes travel from Fukuoka Airport by subway. Fukuoka is one of the oldest historic cities in Japan and famous for its excellent local food. Transportation to and from other major cities in Japan is frequent and reasonably fast: there are more than 60 flights per day from Tokyo (1:30), and more than 70 JR Shinkansen trains per day from Osaka (typically 2:30). Organizing Committee * Kenji Kajiwara (Chair, IMI, Kyushu University, Fukuoka) * Saburo Kakei (Rikkyo University, Tokyo) * Ken-ichi Maruno (Waseda University, Tokyo) * Nozomu Matsuura (Fukuoka University, Fukuoka) * Masatoshi Noumi (Kobe University, Kobe) * Daisuke Takahashi (Waseda University, Tokyo) * Tetsuji Tokihiro (University of Tokyo, Tokyo) * Satoshi Tsujimoto (Kyoto University, Kyoto) * Ralph Willox (University of Tokyo, Tokyo) * Yasuhiko Yamada (Kobe University, Kobe) International Advisory Committee * Frank Nijhoff (Chair, Leeds) * Alexander Bobenko (TU Berlin) * Lucia Di Vizio (Univ. de Versailles-St Quentin) * Basil Grammaticos (CNRS, Paris VII) * Rei Inoue (Chiba) * Jarmo Hietarinta (Turku) * Nalini Joshi (Sydney) * Kenji Kajiwara (Kyushu) * Decio Levi (Rome TRE) * Vassilis Papageorgiou (Patras) * Junkichi Satsuma (Musashino University) * Wolfgang Schief (UNSW) * Yuri Suris (TU Berlin) * Claude Viallet (CNRS, Paris VI) * Pavel Winternitz (CRM, Montreal) * Da-jun Zhang (Shanghai University) Scientific Committee * Ralph Willox (Chair, Tokyo) * Wolfgang Schief (UNSW) * Lucia Di Vizio (Versailles-St Quentin) * Decio Levi (Rome TRE) * Satoshi Tsujimoto (Kyoto) * Rei Inoue (Chiba) * Takao Suzuki (Kinki University) It is expected that the number of participants to the meeting will exceed the number of available slots for talks and posters. The scientific committee will therefore have to make a selection of proposed presentations. Applicants will be informed of the decision of the scientific committee by August 10 2018. In general, all talks will be allotted 30 minutes (including discussions). A poster session will be organized and each presenter will have a short two minute oral presentation to advertise the poster. Poster Awards will be organized for students and early career researchers. There will be no parallel sessions. Instead of publishing proceedings we plan to arrange a book of abstracts (1 page each in A4 size). Important Dates * Registration and submission opens May 1 2018 - Early bird registration deadline: September 15 2018 - Final deadline: September 30 2018 * Submission deadline for titles and abstracts: July 31 2018 - Notification of the result of each application: August 10 2018 * Financial support application deadline: June 15 2018 - Notification of financial support: July 15 2018 Registration Fee and Related Costs * Registration fee: 30,000JPY (Until September 15 2018) 35,000JPY (After September 15 2018) * Conference dinner: 8,000JPY * Excursion: 2,000JPY Accompanying persons will not be required to pay the registration fee. However, if they choose to attend, the conference dinner and excursion will be charged as above. Accommodation Currently, accommodation for participants has been secured in blocks at: * Hyatt Regency Fukuoka (rates to be confirmed) https://www.hyattregencyfukuoka.co.jp/en/ * Hakata Green Hotel No.1 10,000JPY https://www.booking.com/hotel/jp/hakata-green-no-1-fukuoka.html * Hotel Cliocourt Hakata 10,500JPY https://www.booking.com/hotel/jp/clio-court-hakata.html?aid=330843;lang=en * Reisenkaku Hotel Ekimae 7,700(6,700)JPY * ANA Crowne Plaza Hotel Fukuoka 20,000JPY * HakataEkimae SB Hotel (rates to be confirmed) * Hotel Route-Inn Hakata Ekimae 9,000JPY * Hotel Hokke Club Fukuoka 10,700(9,500) JPY https://www.hokke.co.jp/english/fukuoka/ *JR Kyushu Hotel Blossom Hakata Chuo 10,100 (8,800) JPY (w double bed) http://www.jrk-hotels.co.jp/en/Hakatachuo/ * Dukes Hotel Hakata (rates to be confirmed) http://www.dukes-hotel.com/hakata/index.php The above rates refer to single rooms with breakfast per night (w/o breakfast inside the braces). Rooms with double bed or two beds will be available on request. The above rooms will be available through the online accommodation booking system which will be prepared together with an online registration system by the organizing committee. November is high season in Fukuoka and sometimes it is difficult to book accommodation. For example, the Sumo (Japanese traditional wrestling) tournament will be held in Fukuoka during November 11-25 which is expected to make the booking tight. It is highly recommended to secure the booking sufficiently early if you would like to stay at other hotels. Financial Support Limited financial support, mainly for early career researchers and students giving presentations, will be available. The deadline of application will be June 15 and the result will be notified July 15. * Early Career Researchers: Researchers within five years after obtaining their Ph.D degree, counted from May 1 2018. Other information such as detailed submission guidelines will be given in later announcements. For further information, please see our website: http://side13conference.net JR Hakata City Conference Rooms: http://www.jrhakatacity.com.e.bv.hp.transer.com/communicationspace/meetingroom/ (Chinese and Korean versions are also available from https://www.jrhakatacity.com/translation/ ) For information on the SIDE series see: http://side-conferences.net/
差出人: Takeshi Ikeda 件名: [MugenML 751] 第8回 半田山・幾何・代数セミナー 日付: 2018年1月5日 10:56:23 JST 皆様, 下記のセミナーを行います.ご参加お待ち申し上げています. 第8回 半田山・幾何・代数セミナー 日時: 2018年1月11日(木) 16:45—18:15 場所: 岡山理科大学 A1 号館 3 階 A0126 教室 講演者: 金久保有輝(上智大学) タイトル:Cluster algebra structures of the coordinate rings and crystal bases アブストラクト:The coordinate rings of many varieties relevant to reductive algebraic groups have special generators so-called cluster variables. A commutative algebra generated by cluster variables is called a cluster algebra. When $G$ is a classical group over the complex field, it is decomposed into cells $G^{u,v}$ parametrized by two Weyl group elements $u$, $v$. It is known that the coordinate ring of $G^{u,v}$ has a cluster algebra structure. On the other hand, crystal bases are appearing in the context of Lie theory and quantum groups theory. By using crystal bases, we can study the structures of representations of Lie algebras or quantum groups combinatorially. In this talk, after seeing examples of cluster algebras and crystal bases, I will explain a relation between the cluster variables in $\mathbb{C}[G^{e,v}]$ and crystal bases in the case $G=SL_{r+1}(\mathbb{C})$. 世話人: 池田岳,川島正行,黒木慎太郎,柴田大樹,松村朝雄(岡山理科大学)