無限可積分系メーリングリスト

Documents of past years : 2019 | 2018 | 2017 | 2016 |
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 |
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

件名: [MugenML 1312] 南大阪代数セミナー(2020/7/17) 日付: 2020年7月10日 23:28:12 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複して受け取り の際はご容赦ください。) 以下の要領にて、南大阪代数セミナーを行います。 https://sites.google.com/view/modseminar/2020 日時:2020年7月17日(金) 15:00~16:30 場所:Zoom 講演者: 水野勇磨氏(東京工業大学) タイトル: T-systems and Y-systems in cluster algebras アブストラクト:We study T-systems (and Y-systems) arising from cluster algebras. We find that these systems are characterized by triples of matrices, which we call T-data, that satisfy a certain symplectic relation. We show that any T-datum corresponding to a periodic T-system has simultaneous positivity, which can be considered as a generalization of the characterization of finite type Cartan matrices. As an application, we discuss the relation between periodic Y-systems and Nahm's conjecture. 参加を希望される方は,お手数ですが,以下のGoogle formからご登録ください. 以前,Google formに登録された方は,再登録の必要はありません. https://sites.google.com/view/modseminar/registration ご登録いただいたメールアドレス宛に,南大阪代数セミナー用のGoogle group https://groups.google.com/d/forum/modseminar からの招待メールを送る予定です. アクセスに必要なミーティングid及びパスワードは,南大阪代数セミナー用の Google groupのML modsemina _AT_ googlegroups.com から連絡する予定です. よろしくお願い致します. -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1311] APIOSセミナー:7月9日 日付: 2020年7月8日 11:33:49 JST  皆様  シドニー大学を中心にzoomセミナー: Asia-Pacific Integrable Online Seminar (APIOS) が発足し、明日から始まります。ご興味があればどうぞご参加ください。 (隔週の火曜日または木曜日の正午前後に開催予定です。)  井上 玲 ---------------------------- SPEAKER: Prof. Masatoshi Noumi (Kobe University, Japan) TITLE: Perturbative eigenfunctions for the elliptic Ruijsenaars difference operators WHEN: Thursday 09 Jul 2020, 11AM Tokyo Time. The zoom meeting link is: *************************** *************************** The details are available at: http://wp.maths.usyd.edu.au/APIOS/2020/06/29/apios-talk-09-jul-2020/ ---------------------
w件名: [MugenML 1310] Kyoto Rep. Seminar (7/16) 日付: 2020年7月3日 16:47:20 JST 皆様 標記のセミナーについてご案内いたします。 参加方法は、後日 https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4412 に掲示される情報をご参照ください。 よろしくお願いいたします。 --- Date: 2020/07/16 Thu 10:30 -- 12:00 (zoom) Speaker: Koichi Harada (Department of Physics, The University of Tokyo) Title: Quantum deformation of Feigin-Semikhatov's W-algebras from quantum toroidal gl(1) Abstract: Quantum toroidal algebras contain many q-W algebras as truncations, but most of them have not been studied in detail. The typical examples among them are the subregular W-algebras of type A. The screening charges were proposed by Feigin and Semikhatov and their q-deformation was also found in the study of quantum toroidal gl(1). Further, the recent work by Gaiotto and Rapcak provides a clue to obtain many q-W algebras by gluing quantum toroidal gl(1)s. In this talk, I will discuss quantum deformation of Feigin-Semikhatov's W-algebras by using quantum toroidal gl(1) and Gaiotto-Rapcak's framework. -- 藤田遼 (Ryo FUJITA) 京都大学理学研究科数学教室
件名: [MugenML 1309] 神戸可積分系セミナー(7/22) 日付: 2020年7月1日 18:09:54 JST Zoomで以下のセミナーを行います. 次のリンクから参加登録をした方に,ZoomミーティングのIDとパスワードを お送りします.以前のセミナーに参加した方も,お手数ですが改めてご登録 をお願いします. https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSewx3B3cvZEvsMo6V9k7sWzOLJhc1CzktJ7zhoQc1Tm1wdTZw/viewform 登録をしたのに,セミナー当日までにIDとパスワードが送られてこない場合は kodera _AT_ math.kobe-u.ac.jp(小寺) までご連絡ください. 小寺諒介 ====================================================================== SEMINAR INFORMATION ====================================================================== 神戸可積分系セミナーの案内 日時:2020年7月22日(水)17:00-18:30 場所:Zoom 講演者:大山陽介氏(徳島大学) 題目:The space of connection data of q-linear equations and q-Painleve equations 概要: $q$-analogues of Painleve equations can be obtained by connection preserving deformations. Jimbo and Sakai found q-analogue of the sixth Painleve equations by connection preserving deformations of a $q$-difference equations. We study the space of connection data of q-linear equations, which is a $q$-analogue of the Fricke cubic. We give a connectionbetween connection data and a solution of $q$-Painleve equations. ---------------------------------- HP:http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ =======================================================================
件名: [MugenML 1307] 京都表現論セミナー(7/9) 日付: 2020年6月29日 16:00:12 JST 皆様 標記のセミナーについてお知らせいたします。 このセミナーへの参加方法は https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4394 をご参照ください。 京都大学数理解析研究所 渡邉英也 Date: 2020/07/09 Thu 10:30 - 12:00 Speaker: Wataru Yuasa (RIMS, Kyoto University) Title:The tail of the one-row colored sl(3) Jones polynomial and the Andrews-Gordon type identity Abstract: I will review my works on the one-row colored sl(3) tail of knots and links. The tail is a q-series obtained as a limit of the colored Jones polynomial. The first topic is the existence of tails of the one-row colored sl(3) colored Jones polynomials for oriented "adequate" links. In the case of sl(2), it showed by Armond and Garoufalidis-Le independently. The second topic is the Andrews-Gordon type identities for (false) theta series obtained from the tail of (2,m)-torus knots and links. It is known that our formula of one-row colored sl(3) tail coincides with the diagonal part of the sl(3) false theta function obtained by Bringmann-Kaszian-Milas.In this talk, I will also give a quick review on quantum invariants of knots and links.
件名: [MugenML 1306] RIMS共同研究(公開型)「可積分系数理の諸相」 開催中止について 日付: 2020年6月29日 10:40:33 JST みなさま 2020年度のRIMS共同研究(公開型)「可積分系数理の諸相」の 代表者をしております,前田です. この研究集会について,講演依頼の完了まで準備を進めていたところでしたが, 最近の社会状況のため,9月の通常開催は困難であることが確実となってきて, もし制限つきで開催できたとしても参加者が集まらないことが予想されました. Zoom によるオンライン開催や年度内の延期も検討いたしましたが, 最終的には今年度の開催を中止とし,来年度の同時期に開催を計画することが よいだろうと判断いたしました. 開催を楽しみにされていたみなさまには大変申し訳ありません. 来年度も引き続き前田が代表者を務めさせていただきます. 1年間延期をしたところで感染症の流行が収まっているとは限らないのですが, 現在よりも社会状況が好転していることを期待しております. よろしくお願いいたします. -- 前田一貴 (MAEDA Kazuki)
件名: [MugenML 1305] 教員公募(専任講師、准教授、教授の公募(代数学)) 日付: 2020年6月25日 12:19:51 JST 皆様 現在,早稲田大学応用数理学科では,以下の通り,教員の公募を行なっております. 関係各位にご周知いただくと共に,適任者をご存知の場合は 応募をお勧めくださいますようにお願い申し上げます. https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D120061168&ln_jor=0 丸野 早稲田大学 ------------------- 早稲田大学 基幹理工学部 応用数理学科/基幹理工学研究科 数学応用数理専攻  教員公募(専任講師、准教授、教授)  ● 公募期間 : 2020年6月20日より2020年7月24日まで ● 職位:専任講師、准教授または教授 1 名 ● 所属:早稲田大学理工学術院 ● 専門分野:代数学(整数論,可換環論,表現論,代数幾何学) ● 担当講義:主に応用数理学科、数学応用数理専攻、ならびに英語学位プログラム (Major in Mathematical Sciences) における代数系専門科目、 本学理工学術院における一般教育数学科目 ● 着任時期:2021年4月1日以降なるべく早い時期 ● 勤務形態:常勤(任期なし) ● 勤務場所:早稲田大学西早稲田キャンパス 東京都新宿区大久保 3-4-1 ● 応募資格:下記(1)、(2)、(3)のすべてを満たす方 (1) 博士の学位を有し、学位取得後15年以内の方 (2) 学部・大学院学生の指導を行える方 (3) 学科、専攻等の運営に積極的に携われる方 ● 待遇:  (1) 勤務時間等:所定労働日および勤務時間(始業・終業時刻、休憩時間)等は、 本学規程による。なお、専門業務型裁量労働制を適用し、研究業務の性質上、 業務遂行の手段及び時間配分の決定等については本人の裁量に委ねるものとする。 (2) 給与・諸手当・通勤費:本学規程による。 (3) 休日:土曜日、日曜日、年末年始、国民の祝日、国民の祝日の一部に授業を 実施することにより設ける臨時の休業日および大学創立記念日。ただし、大学が あらかじめ授業を実施すると定めた日を除く。 (4) 休暇:労働基準法等法令に定められた休暇および、大学が特に定めた日 (5) 退職金:本学規程による。 (6) 社会保険 :厚生年金、健康保険、労災保険、雇用保険に加入する。 ● 提出書類(各書類をまとめた圧縮ファイルを提出してください) ① 履歴書 (早稲田大学様式) ② 教育研究業績リスト(早稲田大学様式) ※上記 ①、②については必ず、下記のURLより本学様式を取得の上使用してくだい。 https://waseda.app.box.com/v/faculty-recruitment ③ 主要論文のPDFファイル(応募者が主要な役割を果たしたもの3編以内) ④ これまでの研究概要と今後の研究計画(A4用紙2~3枚程度) ⑤ 応用数理学科・数学応用数理専攻における教育に対する抱負(A4用紙1枚程度、 専門分野と関連して取り組んでみたい講義などについても記してください) ⑥ 本人を良く知る方 2 名の照会先(氏名、所属、E-mailまたは電話番号) ● 書類提出期日:2020年 7 月 24日(金) ● 選考方法:書類選考および面接(8月下旬~9月初旬を予定)  ※ 数学応用数理専攻における代数系教員の専門分野のバランスを考慮した上で 選考を行います。 ● 応募方法:JREC-IN Portalの「Web応募」機能を用いて提出書類をまとめた 圧縮ファイルをアップロードして応募してください。 https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D120061168&ln_jor=0#denshi
件名: [MugenML 1304] 教員公募(助教,若干名) 日付: 2020年6月24日 19:27:22 JST みなさま 現在,青山学院大学理工学部物理・数理学科では,以下の通り助教を 公募しています. 応募期限が近づいてきましたので,案内を再送いたします. 所属:青山学院大学理工学部物理・数理学科 職種:助教(若干名) 分野:数理科学 応募締切:2020年7月13日(月)必着 着任時期:2021年4月1日 詳しくは https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekTop または https://www.aoyama.ac.jp/recruit/cosae_20200310_01.html をご覧ください. 適任者をご存知の方は応募をお勧めくださるようお願いいたします. ===================================================== 増田 哲 青山学院大学理工学部物理・数理学科 〒252-5258 相模原市中央区淵野辺5-10-1 電話:042-759-6271 web: http://www.gem.aoyama.ac.jp/~masuda/index-j.html =====================================================
件名: [MugenML 1303] Kyoto Rep. Seminar (7/2) 日付: 2020年6月23日 10:01:20 JST 皆様 以下のセミナーのアナウンスをさせていただきます。 参加方法は、後日 https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4398 に掲示される情報をご確認ください。 尚、普段と開始時間が異なりますのでご注意ください。 よろしくお願いいたします。 --- Date: July 2nd (Thu), 14:00--15:30, 2020 Speaker: Kanam Park (Kobe University) Title: A certain generalization of $q$-hypergeometric functions and its related monodromy preserving deformation Abstract: We define a series $\mathcal{F}_{M,N}$ as a certain generalization of $q$-hypergeometric functions. We also study the system of $q$-difference nonlinear equations which admits particular solutions in terms of $\mathcal{F}_{N,M}$. The function $\mathcal{F}_{N,M}$ is a common generalization of $q$-Appell-Lauricella function $\varphi_D$ and the generalized $q$-hypergeometric function ${}_{N+1}\varphi_N$. We construct a Pfaffian system which the function $\mathcal{F}_{N,M}$ satisfies. We derive from the Pfaffian system a monodromy preserving deformation which admits particular solutions in terms of $\mathcal{F}_{N,M}$. In this talk, we will introduce the function $\mathcal{F}_{N,M}$ and its fundamental properties and the system derived from a Pfaffian system which $\mathcal{F}_{M,N}$ satisfies. -- 藤田遼 (Ryo FUJITA) 京都大学理学研究科数学教室
件名: [MugenML 1302] 南大阪代数セミナー(2020/7/3) 日付: 2020年6月22日 18:14:42 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複して受け取り の際はご容赦ください。) 以下の要領にて、南大阪代数セミナーを行います。 https://sites.google.com/view/modseminar/2020 日時:2020年7月3日(金) 15:00~16:30 場所:Zoom 講演者: 百合草寿哉氏(東北大学 理学研究科) タイトル:Tame algebras have dense g-vector fans アブストラクト: The g-vector fan of a finite-dimensional algebra is a fan whose rays are the g-vectors of its 2-term presilting objects. We prove that the g-vector fan of a tame algebra is dense. Moreover, we apply this result to obtain a near classification of quivers for which the cluster g-vector fan is dense, using the additive categorification of cluster algebras by Jacobian algebras. This talk is based on a joint work with Pierre-Guy Plamondon. 参加を希望される方は,お手数ですが,以下のGoogle formからご登録ください. 以前,Google formに登録された方は,再登録の必要はありません. https://sites.google.com/view/modseminar/registration ご登録いただいたメールアドレス宛に,南大阪代数セミナー用のGoogle group https://groups.google.com/d/forum/modseminar からの招待メールを送る予定です. アクセスに必要なミーティングid及びパスワードは,南大阪代数セミナー用の Google groupのML modseminar _AT_ googlegroups.com から連絡する予定です. よろしくお願い致します. -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1301] Kyoto Rep. Seminar (6/25) 日付: 2020年6月15日 17:31:06 JST 皆様 以下のセミナーのアナウンスをさせていただきます。 参加方法は、後日 https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4381 に掲示される情報をご確認ください。 よろしくお願いいたします。 --- Date: June 25th (Thu), 10:30--12:00, 2020 Speaker: Ryosuke Kodera (Kobe University) Title: Affine Yangians and rectangular W-algebras Abstract: W-algebra is a class of vertex algebras attached to a complex reductive Lie algebra, a nilpotent element in the Lie algebra, and a complex number. We consider the case of the general linear Lie algebra $\mathfrak{gl}_N$ with $N=l \times n$ and a nilpotent element whose Jordan form corresponds to the partition $(l^n)$. We call it rectangular W-algebra. Its current algebra (or enveloping algebra) is defined as the associative algebra generated by the Fourier modes of generating fields. The goal of this talk is to construct an algebra homomorphism from the affine Yangian of type A to the current algebra of the rectangular W-algebra. We use the coproduct and the evaluation map of the affine Yangian to construct it. We hope that the homomorphism will be applied to the study of the AGT correspondence for parabolic sheaves and of integrable systems associated with the W-algebra. The talk is based on a joint work with Mamoru Ueda. -- 藤田遼 (Ryo FUJITA) 京都大学理学研究科数学教室
件名: [MugenML 1300] 教員公募:九大数理助教(女性枠), 8/31 締切 日付: 2020年6月15日 10:51:36 JST メーリングリスト各位、 依頼がありましたので、転送します。 落合啓之 ------ 九州大学大学院数理学研究院では以下の通り女性教員の公募を行うことになりました。 貴関係者にお知らせいただくとともに、適任者をご存じの場合は応募を お勧めくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 提出書類、書類提出先など詳細につきましては以下の本研究院の ホームページを御覧下さい。 https://www.math.kyushu-u.ac.jp/recruits/index ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1.募集人数 1名 助教、 准教授または教授 2.所属 大学院数理学研究院 3.専門分野 数学(分野は問わない) 4.教育 理学部数学科、 大学院数理学府における講義と研究指導。 基幹 全学 教育・ 工学部 の数学科目などを担当していただくこともあります。 5. 応募資格 博士の学位を有する女性研究者 6. 採用予定日: 令和 2 年 10 月 1 日以降できるだけ早い時期 7. 任期 助教と して 採用の場合は 5 年 1 回に限り再任可 。 それ以外の職階の場合の任期はなし 。 8. 提出書類 応募する職階を明記の上、 以下の書類を郵送にてご提出下さい。 1)履歴書(写真貼付) 2)研究業績リスト (発表論文、講演など) 3)主要論文の別刷(コピー可) 4)研究業績の説明および将来の研究計画 5)教育についての抱負 6)応募者の研究内容等につき照会が可能な者 3 名の氏名と連絡先 7) 推薦状など 選考上 の 参考と なる 資料 (任意 9. 本公募に関する問い合わせ先 九州大学大学院数理学研究院長秘書室 電話番号: 092-802-4404 e-mail: mathdean jimu .kyushu u.ac.jp 10. 応募締切 令和 2 年 8 月 31 日(月 )必着 11. 書類送付先 〒 819-0395 福岡市西区元岡 744 九州大学 大学院数理学研究院 研究院長 長田 博文 宛 (封筒に「女性教員応募書類」と朱書の上、簡易書留にてお送り下さい。電子 メールに書類を添付することによる応募は受け付けません。応募書類は原則 として返却致しません。 ------------------------------------------------------------------------ 増田俊彦 〒819-0395 福岡市西区元岡744 九州大学数理学研究院
件名: [MugenML 1299] 南大阪代数セミナー(6/19, 講演時間の訂正) 日付: 2020年6月14日 17:44:52 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複して受け取り の際はご容赦ください。) 狩野さんの講演時間が間違っておりましたので,訂正します. 以下の要領にて、南大阪代数セミナーを行います。 https://sites.google.com/view/modseminar/2020 日時:2020年6月19日(金) 15:00~16:00 場所:Zoom 講演者:石橋典氏(京都大学数理解析研究所) タイトル: Algebraic entropy of sign-stable mutation loops アブストラクト: A mutation loop is a certain equivalence class of a sequence of mutations and permutations of indices. They form a group called the cluster modular group, which can be regarded as a combinatorial generalization of the mapping class groups of marked surfaces. We introduce a new property of mutation loops which we call the “sign stability” as a generalization of the pseudo-Anos property of a mapping class. A sign-stable mutation loop has a numerical invariant which we call the “cluster stretch factor”, ianalogy with the stretch factor of a pA mapping class. We compute the algebraic entropies of the cluster A- and X-transformations induced by a sign-stable mutation loop, and conclude that these two are estimated by the logarithm of the cluster stretch factor. This talk is based on a joint work with Shunsuke Kano. 日時:2020年6月19日(金) 16:15~17:15 場所:Zoom 講演者: 狩野隼輔氏(東京工業大学) タイトル: Pseudo-Anosov mapping classes are sign-stable アブストラクト: We introduced the sign stability of mutation loops as a generalization of the pseudo-Anosov property of mapping classes of on surfaces. In this talk, I will explain the equivalence between the pseudo-Anosov property and the sign stability for a mapping class. If time permits, I will explain the relationship between the signs of mutations and train track splittings. This talk is based on a joint work with Tsukasa Ishibashi. 参加を希望される方は,お手数ですが,以下のGoogle formからご登録ください. 以前,Google formに登録された方は,再登録の必要はありません. https://sites.google.com/view/modseminar/registration ご登録いただいたメールアドレス宛に,南大阪代数セミナー用のGoogle group https://groups.google.com/d/forum/modseminar からの招待メールを送る予定です. アクセスに必要なミーティングid及びパスワードは,南大阪代数セミナー用 のGoogle groupのML modseminar _AT _ googlegroups.com から連絡する予定です. よろしくお願い致します. -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1298] ALTReT2021世話人の件 日付: 2020年6月12日 15:12:49 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。 重複してお受け取りの際はご容赦ください。) 2020年度Algebraic Lie Theory and Representation Theory (ALTReT) 世話人の柳田です。先月中止を発表し、来年度の世話人については  ALTReT2021の主世話人は引き続き柳田が務める という提案を致しました。 その後、多くの方からご意見や励ましの言葉を頂きました。 個々の名前をここであげるのは差し控えますが、改めて感謝申し上げます。 上記の提案については反対の意見はなく、皆様からのご了承を頂けたものと 判断致します。そこで改めまして、2021年度の主世話人は引き続き、 柳田@名古屋大学が務めることをお知らせ致します。 来年度のご案内は例年通り、2021年の1月ないし2月にお送りする予定です。 会場は今年度と同じ石川県青少年総合研修センターを、6月下旬の日程で 仮予約しております。 しかし来年の状況には不確定要素が多くあり、再び皆様にご迷惑をおかけ することになるかも知れません。杞憂に終わればよいのですが、状況に よってはまた皆様に助けて頂ければと思っております。 柳田伸太郎 名古屋大学大学院多元数理科学研究科
件名: [MugenML 1297] 南大阪代数セミナー(6/19) 日付: 2020年6月9日 0:10:21 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複して受け取り の際はご容赦ください。) 以下の要領にて、南大阪代数セミナーを行います。 https://sites.google.com/view/modseminar/2020 日時:2020年6月19日(金) 15:00~16:00 場所:Zoom 講演者:石橋典氏(京都大学数理解析研究所) タイトル: Algebraic entropy of sign-stable mutation loops アブストラクト: A mutation loop is a certain equivalence class of a sequence of mutations and permutations of indices. They form a group called the cluster modular group, which can be regarded as a combinatorial generalization of the mapping class groups of marked surfaces. We introduce a new property of mutation loops which we call the “sign stability” as a generalization of the pseudo-Anosov property of a mapping class. A sign-stable mutation loop has a numerical invariant which we call the “cluster stretch factor”, in analogy with the stretch factor of a pA mapping class. We compute the algebraic entropies of the cluster A- and X-transformations induced by a sign-stable mutation loop, and conclude that these two are estimated by the logarithm of the cluster stretch factor. This talk is based on a joint work with Shunsuke Kano. 日時:2020年6月19日(金) 16:00~16:15 場所:Zoom 講演者: 狩野隼輔氏(東京工業大学) タイトル: Pseudo-Anosov mapping classes are sign-stable アブストラクト: We introduced the sign stability of mutation loops as a generalization of the pseudo-Anosov property of mapping classes of on surfaces. In this talk, I will explain the equivalence between the pseudo-Anosov property and the sign stability for a mapping class. If time permits, I will explain the relationship between the signs of mutations and train track splittings. This talk is based on a joint work with Tsukasa Ishibashi. 参加を希望される方は,お手数ですが,以下のGoogle formからご登録ください. 以前,Google formに登録された方は,再登録の必要はありません. https://sites.google.com/view/modseminar/registration ご登録いただいたメールアドレス宛に,南大阪代数セミナー用のGoogle group https://groups.google.com/d/forum/modseminar からの招待メールを送る予定です. アクセスに必要なミーティングid及びパスワードは,南大阪代数セミナー用の Google groupのML modseminar _AT_ googlegroups.com から連絡する予定です. よろしくお願い致します. -- 木村 嘉之 大阪府立大学 高等教育推進機構 〒599-8531 堺市中区学園町1-1 電話 (072)254-8359 (内線 3856)
件名: [MugenML 1296] Kyoto Rep. Seminar (6/18) 日付: 2020年6月8日 9:51:53 JST 皆様 以下のセミナーのアナウンスをさせていただきます。 参加方法は https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4365 をご参照ください。 よろしくお願いいたします。 -- Date: June 18th (Thu), 10:30--12:00, 2020 Speaker: Yuma Mizuno (Tokyo Institute of Technology) Title: Difference equations arising from cluster algebras Abstract: The theory of cluster algebras gives powerful tools for systematic studies of discrete dynamical systems. Given a sequence of quiver mutations that preserves the quiver, we obtain a finite set of algebraic relations, yielding a discrete dynamical system. Such a set of algebraic relations is called a T-system. In this talk, I will explain that T-systems are characterized by pairs of matrices that have a certain symplectic property. This generalize a characterization of period 1 quivers, which was given by Fordy and Marsh, to arbitrary mutation sequences. I will also explain the relation between T-systems and Nahm's problem about modular functions, which is one of the main motivations of our study. -- 藤田遼 (Ryo FUJITA) 京都大学理学研究科数学教室
件名: [MugenML 1295] 特別講演の実施方法 日付: 2020年6月3日 12:10:43 JST 無限可積分系セッションの皆様, 責任者の山田裕史(熊本大学)です. 既にご承知の通り秋の学会は熊本での開催が取り止めになり, オンラインでの実施が決まっております. 既に一般講演の申し込みも始まっております.(6月12日まで) 一般講演は基本的に「講演スライドを所定の位置に置くだけ」です. 今回のセッション特別講演は,今春の講演予定者であった 斉藤義久氏(立教大学),渡邊英也氏(数理研) の2名です.(セッション推薦の企画特別講演はありません) 特別講演に関してはその実施方法は分科会,セッションに任されています. 当初私(ヤマダ)は一般講演と同じでいいんじゃないの,と 考えていましたが,副責任者の井上玲さん(千葉大学)から 「個人的には、折角の機会なので特別講演だけは何か音声付きのものを オンデマンド式またはライブで実施できるといいなあと思うのですが、 難しいでしょうか?」 というご意見をいただきました. 現在,他分科会の様子を探っているところですが, 実現可能なご提案がありましたら,ぜひお聞かせ下さい. このメイリングリストでも構わないし,ヤマダ宛のメイルでも構いません. hfyamada _AT_ kumamoto-u.ac.jp 数学会の方でも様々な議論がなされているものと推察します. もうしばらくすると,なにか決定されるのかもしれません. 現時点では必要経費に関しても情報はありません. ご検討いただければ幸いです. 無限可積分系セッション責任者 山田裕史
件名: [MugenML 1294] 京都表現論セミナー(6/11) 日付: 2020年6月2日 15:18:39 JST 皆様 以下のセミナーのアナウンスをさせて頂きます。参加方法は https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4359 をご参照ください。 よろしくお願いいたします。 疋田辰之 --------------------------------------------------------------------- Date: June 11th (Thu), 10:30--12:00, 2020 Room: Zoom (access information will appear in https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4359 ) Speaker: Shintarou Yanagida (Nagoya) Title: Derived gluing construction of chiral algebras Abstract: We discuss the gluing construction of class S chiral algebras in derived setting. The gluing construction in non-derived setting was introduced by Arakawa to construct a family of vertex algebras of which the associated varieties give genus 0 Moore-Tachikawa symplectic varieties. Motivated by the higher genus case, we introduce a dg vertex algebra version of the category of Moore-Tachikawa symplectic varieties, where taking associated schemes gives a functor to the category of derived Moore-Tachikawa varieties. This talk is based on the preprint arXiv:2004.10055.
件名: [MugenML 1293] 秋の学会 日付: 2020年5月30日 無限可積分系セッションの皆様へ, 責任者の山田裕史です. 秋の学会(私が大会委員長)ですが,熊本での開催は中止となりました. オンライン開催が決定しているようです. 寺杣理事長からの連絡を添付しますので, ご覧頂き講演申込みの参考になさってください. 山田裕史(熊本大学)
件名: [MugenML 1292] 公募 日付: 2020年5月28日 16:51:36 JST 山田裕史です.熊本大学の教授公募についてお知らせします. &&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&& この度,熊本大学大学院先端科学研究部(理学系)数学分野では, 確率論の教授1名を公募いたします。 関係各位への周知や適任者のご推薦などよろしくお願いいたします。 1.募集人員:数学分野 教授1名 2.専攻分野:確率論 3.応募資格:博士の学位を有すること 4.職務内容:理学部・教養教育・大学院自然科学教育部における数学関係 の科目および大学院における研究指導。数理科学総合教育センターにおける データサイエンス教育。 5.着任時期:令和3年4月1日以降のなるべく早い時期 6.応募期限:令和2年7月31日(金)必着 詳しくは http://www.sci.kumamoto-u.ac.jp/math/koubo.html をご覧下さい。 &&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
件名: [MugenML 1291] 南大阪代数セミナー(6/5) 日付: 2020年5月28日 16:26:40 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複して受け取りの 際はご容赦ください。) 以下の要領にて、南大阪代数セミナーを行います。 https://sites.google.com/view/modseminar/2020 日時:2020年6月5日(金) 15:00~16:30 場所:Zoom 講演者:阿部紀行氏(東京大学大学院数理科学研究科) タイトル:On Soergel bimodules アブストラクト:Soergel introduced the category which is now called the Soergel bimodules. It gives a categorification of the Hecke algebra with, roughly speaking, characteristic zero field. Williamson gave a singular version of his theory. It still works only with the same assumption as Soergel. I will explain how to modify this category to work with positive characteristic field. I also explain relations with other categories which categorify the Hecke algebra. 参加を希望される方は,お手数ですが,以下のGoogle formからご登録ください. 以前,Google formに登録された方は,再登録の必要はありません. https://sites.google.com/view/modseminar/registration ご登録いただいたメールアドレス宛に,南大阪代数セミナー用のGoogle group https://groups.google.com/d/forum/modseminar からの招待メールを送る予定です. アクセスに必要なミーティングid及びパスワードは,南大阪代数セミナー用の Google groupのML modseminar _AT_ googlegroups.com から連絡する予定です. よろしくお願い致します. -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1290] 東大数理談話会(6/5) 日付: 2020年5月27日 8:36:28 JST 伊藤健一さんの代理で投稿しております. よろしくお願いいたします. 坂井秀隆 -------------------------------------------------------------------- 東京大学数理科学研究科談話会のお知らせ 以下の要領でオンライン談話会を開催いたします. 参加には登録が必要となりますのでご注意ください. 日時: 2020年6月5日(金)15:30-16:30 登録URL: https://zoom.us/webinar/register/WN_ezXY3HjIQcCK2G9V-2CYrw 講師: 岩木耕平 氏 (東京大学大学院数理科学研究科) 講演題目: 完全WKB解析とその周辺 講演概要: Voros により創始された完全WKB解析は,Planck定数のような小さな パラメータを含む特異摂動型の微分方程式に対する漸近解析手法の一つであり, 特にモノドロミーの計算などの大域的な問題に対して非常に有効である.本講演 では完全WKB解析の理論の概要を述べた後,クラスター代数や位相的漸化式や パンルヴェ方程式などの研究分野との関係について時間が許す限り概説する. 担当者: 高木俊輔,稲葉寿,逆井卓也,伊藤健一 セミナー情報はこちらにも掲載しています: https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/seminar/colloquium/index.html --------------------------------------------------------------------
件名: [MugenML 1289] 京都表現論セミナー(6/4, 5/28) 日付: 2020年5月25日 9:22:29 JST 皆様 標記のセミナーについてお知らせいたします。 セミナーの参加方法は、それぞれ下記の案内をご参照ください。 京都大学数理解析研究所 渡邉英也 Date: June 4th (Thu), 10:30--12:00, 2020 Room: Zoom (access information will appear in https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4344 ) Speaker: Tsukasa Ishibashi (RIMS) Title: Algebraic entropy of sign-stable mutation loops Abstract: In the theory of cluster algebra, a mutation loop is a certain equivalence class of a sequence of seed mutations and permutations of indices. They form a group called the cluster modular group, which can be regarded as a combinatorial generalization of the mapping class groups of marked surfaces. We introduce a new property of mutation loops which we call the “sign stability”, as a generalization of the pseudo-Anosov property of a mapping class. A sign-stable mutation loop has a numerical invariant which we call the “cluster stretch factor”, in analogy with the stretch factor of a pA mapping class. We compute the algebraic entropies of the cluster A- and X-transformations induced by a sign-stable mutation loop, and conclude that these two are estimated by the logarithm of the cluster stretch factor. This talk is based on a joint work with Shunsuke Kano. *********************************************************** Date: May 28th (Thu), 10:30--12:00, 2020 Room: Zoom (access information will appear in https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4330 ) Speaker: Shigenori Nakatsuka (Kavli IPMU) Title: On Gaiotto-Rapcak's dualities in W-superalgebras and their affine cosets Abstract: The principal affine W-algebras enjoy the Feigin-Frenkel duality and the Goddard-Kent-Olive construction if associated with simply-laced Lie algebras. Recently, Gaiotto and Rapcak proposed a generalization of this triality (or dualities) among W-superalgebras (and their affine cosets) by usingthe 4-dimensional N=4 super Yang-Mills theories. In this talk, we prove the Feigin-Frenkel type duality between the Heisenberg cosets of the subregular W-algebras and the principal W-superalgebras for A and B-types. This is a joint work with T. Creutzig and N. Genra.
件名: [MugenML 1288] 延期: 6/22-26, 若山正人氏集中講義、九大 日付: 2020年5月24日 11:05:53 JST メーリングリスト各位、 3ヶ月ほど前に下記の情報をお伝えしましたが、新型コロナの影響で「延期」 します。ご予定をされていた方には落合からお詫びします。ごめんなさい。 用件は以上です。あとは雑談です。 いつに延期になるか、ってことは今の時点では見通せないのですが、というのは 現時点では遠隔ではなく対面で開催という形式を考えているので、それが様々な 事情や状況の中で可能な時期がいつになるのかを考えているところです。従って、 今年の9月までに行うことはありません。もっとも早くても10月以降になります。 もっとズレ込むと思うけど。 何かありましたら落合まで、 落合啓之 送信日時: 2020年2月11日 5:58 件名: [Hyogenron:615] 6/22-26, 若山正人氏集中講義、九大 メーリングリスト各位、 以下のような催しを計画、あるいは計画中です。 (1) 集中講義:若山正人氏(東京理科大学) 6/22(月)-6/26(金):確定 時刻:毎日3時から5時(大きくは変えませんが未確定、特に木曜) 内容:TBD 場所:九大数理(伊都キャンパス):確定。 (2) IMIコロキウム:若山正人氏(東京理科大学) 6/25(木)の夕方:確定。 時刻:16:45-17:45 が定例。ですが、少し前後することはありえます。 内容:TBD(最終講義に相当するもの)。 場所:九大、オーディトリアム(伊都、ウエスト1号館4階):確定。 なお、この日のこの後に懇親会をする予定です(確定)。 懇親会の場所や申し込み方法:未確定。 (3) それに関係した何らかの研究会 場所:九大数理(伊都キャンパス):確定。 日程:6/23-25を想定しているが、前または後ろに1日ずつ伸びる可能性あり。 でも6/22-6/26 を超えてはしない。 3月末ぐらいまでにはもうちょっとはっきりさせます。 まだあいまいな点が多いですが、どうかご容赦ください。落合啓之
件名: [MugenML 1287] 神戸可積分系セミナー(5/27) 日付: 2020年5月20日 19:27:04 JST Zoomで以下のセミナーを行います. 次のリンクから参加登録をした方に,ZoomミーティングのIDとパスワードをお送りし ます. (5/20のセミナーに参加した方も,改めてご登録をお願いします) https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeJbgPyURsBgNxZ0p3LFn2gyc3gSv-WsZ74XMKLiyhiVxxiUw/viewform 登録をしたのに,セミナー当日までにIDとパスワードが送られてこない場合は kodera _AT_ math.kobe-u.ac.jp(小寺) までご連絡ください. 小寺諒介 ====================================================================== SEMINAR INFORMATION ====================================================================== 神戸可積分系セミナーの案内 日時:2020年5月27日(水)17:00-18:30 場所:Zoom 講演者:光明新氏(神戸大学) 題目:Description of generalized isomonodromic deformations of rank two linear differential equations using apparent singularities 概要: In this talk, we consider the generalized isomonodromic deformations of rank two irregular connections on the Riemann sphere. We introduce Darboux coordinates on the parameter space of a family of rank two irregular connections by apparent singularities. By the Darboux coordinates, we describe the generalized isomonodromic deformations as Hamiltonian systems. ---------------------------------- HP:http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ ======================================================================
件名: [MugenML 1286] 京都表現論セミナー(5/28) 日付: 2020年5月19日 9:09:46 JST 皆様 標記のセミナーについてお知らせいたします。 このセミナーへの参加方法は https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4330 をご参照ください。 数理解析研究所 渡邉英也 Date: May 28th (Thu), 10:30--12:00, 2020 Speaker: Shigenori Nakatsuka (Kavli IPMU) Title: On Gaiotto-Rapcak's dualities in W-superalgebras and their affine cosets Abstract: The principal affine W-algebras enjoy the Feigin-Frenkel duality and the Goddard-Kent-Olive construction if associated with simply-laced Lie algebras. Recently, Gaiotto and Rapcak proposed a generalization of this triality (or dualities) among W-superalgebras(and their affine cosets) by using the 4-dimensional N=4 super Yang-Mills theories. In this talk, we prove the Feigin-Frenkel type duality between the Heisenberg cosets of the subregular W-algebras and the principal W-superalgebras for A and B-types. This is a joint work with T. Creutzig and N. Genra.
件名: [MugenML 1285] Kavli IPMU -- オープンハウス -- 6月24日2020 日付: 2020年5月15日 15:29:39 JST 皆様 東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構では数学を専攻する 学部学生を対象にオープンハウスを毎年開催しておりまし たが、今年は新型コロナウイルスの影響により、Zoomを使って オンラインでオープンハウスを開催します。詳細は 以下のURLをご覧ください。 https://www.ipmu.jp/ja/202006-openhouseM 興味のありそうな学部学生をご存知でしたら、参加を 勧めていただけたら幸いです。よろしくお願い致します。 Dear all, In Kavli IPMU, we had open house for math undergraduate students every year. In this year, due to COVID-19, we will have open house online via Zoom. The details are available below https://www.ipmu.jp/ja/202006-openhouseM If you know some undergraduate students who may be interested, please recommend them to attend. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 1284] 神戸可積分系セミナー(5/20) 日付: 2020年5月12日 19:03:02 JST Zoomで以下のセミナーを行います. 次のリンクから参加登録をした方に,ZoomミーティングのIDとパスワードを お送りします. https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeZLYBhm7ct1TUtMXbEhgoe2VYsaSzCLyRLxkqBYeHraUqTSg/viewform 登録をしたのに,セミナー当日までにIDとパスワードが送られてこない場合は kodera _AT_ math.kobe-u.ac.jp (小寺) までご連絡ください. 小寺諒介 ============================================================================ SEMINAR INFORMATION ============================================================================ 神戸可積分系セミナーの案内 日時:2020年5月20日(水)17:00-18:30 場所:Zoom 講演者:岩木耕平氏(東京大学) 題目:Topological recursion, WKB analysis and Painlevé equations 概要: Topological recursion is a certain algorithm which computes a family of meromorphic multi-differentials on a given spectral curve. These multi- differentials are expected to contain the information of various enumerative or geometric invariants in mathematical physics. Many researchers, including Gukov, Sulkowski, Dumitrescu, Mulase, Bouchard, Eynard, discovered a relationship between the topological recursion and WKB analysis for Schrodinger-type differential equations. In this talk, I’ll explain these developments and an application to the WKB analysis of Painlevé equations. My talk is based on joint works with O. Marchal and A. Saenz. ---------------------------------- 連絡先:藤 健太 HP:http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ ============================================================================
件名: [MugenML 1283] 南大阪代数セミナー(5/22) 日付: 2020年5月10日 0:09:15 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複して受け取りの際は ご容赦ください。) 以下の要領にて、南大阪代数セミナーを行います。 https://sites.google.com/view/modseminar/2020 日時:2020年5月22日(金) 15:00~16:30 場所:Zoom 講演者:藤田遼氏(京都大学理学研究科) タイトル:Singularities of R-matrices, graded quiver varieties and generalized quantum affine Schur-Weyl duality アブストラクト:The R-matrices are realized as intertwining operators between tensor products of two finite-dimensional simple modules of the quantum affine algebras. They can be seen as matrix-valued rational functions in spectral parameters, whose singularities strongly reflect the structure of tensor product modules. In this talk, we present a simple unified formula expressing the denominators of the R-matrices between the fundamental modules of type ADE and explain its relation to the representation theory of the Dynkin quivers / the geometry of Nakajima's graded quiver varieties. As an application, we obtain a geometric interpretation of Kang-Kashiwara-Kim's generalized quantum affine Schur-Weyl duality functor when it arises from a family of fundamental modules. Such a geometric interpretation sometimes provides an efficient way to understand the monoidal structure of the module category of the quantum affine algebras. 参加を希望される方は,お手数ですが,以下のgoogle formからご登録ください. https://sites.google.com/view/modseminar/registration ご登録いただいたメールアドレス宛に,南大阪代数セミナー用のGoogle group https://groups.google.com/d/forum/modseminar からの招待メールを送る予定です. アクセスに必要なミーティングid及びパスワードは,南大阪代数セミナー用の Google groupのML modseminar _AT_ googlegroups.com から連絡する予定です. よろしくお願い致します. -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1282] ALTReT2020中止のお知らせ 日付: 2020年5月7日 16:38:00 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。 重複してお受け取りの際はご容赦ください。) かねてより開催の是非を保留しておりました Algebraic Lie Theory and Representation Theory (ALTReT) 2020 ですが、このたび正式に中止することに致しました。 多くの大学で出張許可がおりそうにないことが主な理由です。 既に多くの方々から講演を申し込み頂き、 また白石潤一・野海正俊両先生には概説講演をお引き受け下さり、 開催できれば大変面白い集会になったと思います。 また参加を希望されていた方も多数いらっしゃることと思います。 中止にするのは大変心苦しいのですが、どうか今回の決定をご理解頂ければ と存じます。 来年度のALTReTについてですが、 例年は主世話人を一人集会中に決定し、参加者の皆さんの了承を得る形を とっていました。今回ですが、  案: ALTReT2021の主世話人は引き続き柳田が務める とし、皆様のご意見を賜りたいと思います。 ご意見がございましたら、  宛先:柳田 yanagida _AT_ math.nagoya-u.ac.jp  締切:5月末日 までお送り頂けましたら幸いです。 皆様のご意見を参考にし、6月初めには来年度の主世話人を決定したいと 思います。 以上です。重ねて皆様にご迷惑おかけすることをお詫び致します。 世話人: 柳田伸太郎 (名古屋大学), 名古屋創 (金沢大学)
件名: [MugenML 1281] Kyoto Rep. Seminar (5/14) 日付: 2020年5月6日 19:52:57 JST 皆様 以下のセミナーのアナウンスをさせて頂きます。 参加方法は https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4327 をご参照ください。 よろしくお願いいたします。 藤田遼 --- Date: May 14 (Thu), 2020. 10:30-12:00 (zoom) Speaker: Hideya Watanabe (RIMS) Title: Classical weight modules over i-quantum groups Abstract: i-quantum groups are certain coideal subalgebras of quantum groups appearing in the theory of quantum symmetric pairs. Many results concerning quantum groups have been generalized to i-quantum groups. However, representation theory of i-quantum groups is much more difficult than that of quantum groups due to the lack of Chevalley-like generators. In this talk, I introduce the notion of classical weight modules over i-quantum groups, and explain that they can be thought of as counterparts of the weight modules over quantum groups.
件名: [MugenML 1280] Fwd: upcoming Perimeter Institute online workshop: Elliptic Cohomology and Physics 皆様、 お元気ですか? Perimeter Institute workshopの案内を転送します。 今野 均
 -------- Forwarded Message -------- Subject: upcoming Perimeter Institute online workshop: Elliptic Cohomology and Physics Date: Wed, 6 May 2020 11:12:45 +1000 From: Nora Ganter To: Nora Ganter Dear all, We would like to draw your attention to the upcoming Perimeter Institute workshop “Elliptic cohomology and physics,” May 25-29th, 2020. The workshop will be entirely online. More information can be found on the website https://www.perimeterinstitute.ca/conferences/elliptic-cohomology-and-physics Please share this information with researchers and students in your network who you think might be interested. We hope to see you (virtually) at the end of the month! Best, Nora Ganter Daniel Berwick Evans Theo Johnson-Freyd Yaping Yang Gufang Zhao
件名: [MugenML 1279] 南大阪代数セミナー(5/8) 日付: 2020年4月30日 15:04:07 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複してお受け取り の際はご容赦ください。) 以下の要領にて、南大阪代数セミナーを行います。 https://sites.google.com/view/modseminar/2020 日時:2020年5月8日(金) 15:00~16:30 講演者: 榎本 悠久氏(名古屋大学多元数理科学研究科) タイトル:Bruhat inversions in Weyl groups and torsion-free classes over preprojective algebras アブストラクト: For an element w of the simply-laced Weyl group, Buan-Iyama-Reiten-Scott introduced a subcategory F(w) of a module category over a preprojective algebra. This category plays an important role in the representation theory of algebras (torsion-free classes), as well as in the Lie theory (a categorification of the cluster structure on the coordinate ring of the unipotent cell). In this talk, I will study the structure of F(w) as an exact category. I will explain the classification of simple objects in F(w) in terms of the root system, and give some applications. If time permits, I will discuss how to classify simple objects in torsion-free classes over general finite-dimensional algebras. 参加を希望される方は,お手数ですが,以下のgoogle formからご登録ください. https://sites.google.com/view/modseminar/registration ご登録いただいたメールアドレス宛に,南大阪代数セミナー用のGoogle group https://groups.google.com/d/forum/modseminar からの招待メールを送る予定です. アクセスに必要なミーティングid及びパスワードは,南大阪代数セミナー用の Google groupのMLmodseminar _AT_ googlegroups.comから連絡する予定です. よろしくお願い致します. -- 木村 嘉之 大阪府立大学 高等教育推進機構 〒599-8531 堺市中区学園町1-1 電話 (072)254-8359 (内線 3856)
件名: [MugenML 1278] 小山高専数学談話会 5月1日(金) 大川領氏(早稲田大学) 日付: 2020年4月26日 23:27:43 JST 各位、 お忙しいところまことに失礼いたします。小山高専数学談話会の 下記予定を申し上げます。 --------------------------------------------------------------------- Speaker: 大川領 (Ryo Ohkawa)氏(早稲田大学) Title: (-2) blow-up formula Date: Fri, May 1 2020 Time: 16:00-16:50 Asia/Tokyo (UTC +9) Access: https://zoom.us/j/94171997502 Abstract: We prove functional equations of Nekrasov partition functions for $A_{1}$-singularity, suggested by Ito-Maruyoshi-Okuda. Furthermore, we want to propose (-2) blow-up formula. We consider the minimal resolution of $A_{1}$ singularity, the quotient stack of the plane by $\lbrace \pm 1 \rbrace$, and moduli spaces of framed sheaves on them. Our formulas relate integrals over these moduli spaces for some cases. Our proof is given by the method by Nakajima-Yoshioka based on the theory of wall-crossing formula developed by Mochizuki. The presentation will be in Japanese (slides will be in English). Comment: The password of this zoom talk will be provided shortly before the talk in https://so-okada.github.io/nitoc-math-colloquium.html ------------------------------------------------------------------------- 下記リンクもご利用いただけます。 https://mathseminars.org/talk/MC-NITOC/1/ 皆様のご参加をお待ち申し上げます。 岡田崇 https://so-okada.github.io/
件名: [MugenML 1277] お茶大 助教又は講師 公募(幾何学分野又は代数学分野・ テニュアトラック制) 日付: 2020年4月21日 17:06:11 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様 お茶の水女子大学の竹村です。 お茶の水女子大学 基幹研究院 自然科学系(理学部 数学科)では、数学(幾何学分野 又は代数学分野)のテニュアトラック制の助教又は講師1名の公募をしております。 職名及び人員 テニュアトラック助教又は講師 1名 (常勤、年俸制、任期5年:ただし任期途中でテニュア審査を実施) 専門分野 数学(幾何学分野又は代数学分野) 採用予定日 2021年4月1日 提出期限 2020年7月20日 (月)  午後4時必着 詳しくは 公募案内ページ http://www.ocha.ac.jp/recruitment/index.html の公募要項 http://www.ocha.ac.jp/recruitment/body/d000047_d/fil/20200324-0720_sugaku.pdf をご覧ください。 JREC-IN にも登録してあります。 提出書類につきまして、2名の方からの推薦状や独特な作文を要求していて恐縮ですが、 積極的な応募を歓迎します。 また、お近くに適任の方がおられましたら、ぜひ応募を お勧め下されば幸いです。 よろしくお願いいたします。 竹村 剛一 お茶の水女子大学 基幹研究院 自然科学系 理学部 数学科 兼担
件名: [MugenML 1276] 公募(期間延長)のお知らせ:千葉大学(代数学) 日付: 2020年4月9日 14:56:54 JST  皆様  こんにちは、千葉大学の井上です。  2月25日に[MugenML 1260]に投稿した公募の期間が延長されましたので お知らせいたします。よろしくお願いします。  井上 玲 ---------------- 関係各位 千葉大学大学院理学研究院数学・情報数理学研究部門では 代数学の教員公募を行っておりましたが、 昨今のCOVID-19感染症の影響を鑑み、 公募期間を延長することにしました。 すでに応募済の方は再応募の必要はございません。 所属:千葉大学 大学院融合理工学府 数学・情報数理学研究部門 職種および人員:准教授または講師またはテニュアトラック助教1名 分野:代数学 応募期限:令和2年5月29日(金)必着 着任時期:令和2年9月1日以降なるべく早い時期 詳しくは下記URLからダウンロードできる公募要領をごらんください。 http://www.math.s.chiba-u.ac.jp/posts/koubo-daisu2020v2.pdf 皆様の周囲に適任者がおられましたら、 本公募に応募をお勧めくださると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 西田康二 -------------------
差出人: Hiroshi Iritani 件名: [MugenML 1275] 京都大学数学教室 幾何学系教員公募(准教授・講師) 日付: 2020年4月6日 17:41:26 JST 皆様, 京都大学数学教室では幾何学教員公募を行っておりましたが、 昨今の新型コロナウイルス対応の影響を鑑み,公募期間の延長 をいたします.すでに応募の方は再応募の必要はございません. 所属:京都大学大学院理学研究科 数学・数理解析専攻 数学系 職種:准教授または講師 分野:幾何学 締め切り:2020年5月11日(月)必着 着任時期:2020年10月1日以降なるべく早い時期 詳しくは下記URLのリンクをごらんください. https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/node/4279 皆様の周囲に適任者がおられましたら, 本公募に応募をお勧めくださると幸いです. どうぞよろしくお願いいたします. 入谷
件名: [MugenML 1274] 公募のご案内(防衛大学校) 日付: 2020年4月1日 13:50:22 JST 皆様, 防衛大学校では下記の公募を開始しました. なお,本メールは複数のMLに同時に投稿しておりますこと, ご容赦ください. 防衛大学校 総合教育学群 水川裕司 --------------------------------------------------------- 防衛大学校では 2020年10月1日採用の数学教官 (教授、准教授又は講師、分野は数学(統計数学が望ましい)) の公募を行います。 詳細は以下のページをご覧ください。 http://www.mod.go.jp/nda/ 関係各位にお知らせいただくとともに、適任者の応募について お取り計らいいただきますようお願いいたします。 なお、応募締め切りは 2020年5月17日(日)必着 となっています。 問い合わせ先: 後藤 泰宏 tel:046-841-3810(内線 3230) 防衛大学校総合教育学群数学教育室
件名: [MugenML 1273] ALTReT2020延期のお知らせ 日付: 2020年3月31日 13:13:26 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております. 重複してお受け取りの際はご容赦ください.) 名古屋大学の柳田です。 5/29 - 6/1の日程で開催を予定しておりました Algebraic Lie Theory and Representation Theory (ALTReT) 2020 ですが、新型コロナウィルス感染症の感染拡大にともない、日程を延期する ことになりました。 現時点での新日程は6/26(金)の午後から6/29(月)の午前までの予定ですが、 状況によっては開催を中止することも検討しております。 開催するか否かの最終的な判断は、5月以降の状況、 特に諸大学の出張方針の決定を待って決定したいと思います。 今のところ、GW明け頃に開催するか否かを判断し、 開催する場合は、参加申し込みの受付を開始する予定です。 その際には改めてメーリングリストに投稿させて頂きます。 なお、引き続き一般講演の申込を受付致します。 また詳細情報は随時webに掲載致します。 https://sites.google.com/view/altret2020 参加を予定されていた方にはご不便・ご迷惑をおかけすることになり申し訳 ございません。今後ともよろしくお願いいたします。 世話人: 柳田伸太郎 (名古屋大学), 名古屋創 (金沢大学)
件名: [MugenML 1272] q2020(延期) 日付: 2020年3月30日 7:47:19 JST みなさま 6/1--6/5に京都大学で開催を予定しておりました 「A workshop on q-series, quantum modular forms and representation theory」 は新型コロナウィルス感染症の感染拡大にともない、 延期することで調整を進めています。 詳細は決まり次第 http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~tshun/q2020/ に掲載するとともに、ML等でお知らせする予定です。 樋上和弘 加藤周 土岡俊介
件名: [MugenML 1271] (公募情報)京都大学大学院理学研究科・助教 日付: 2020年3月27日 5:25:23 JST 皆様 2020年5月8日締切(必着)で解析学助教(任期5年・一度限り再任可)の公募を 行います。 詳しくは添付ファイルもしくはウェブページ http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/ja/news/detail_1633.html をご参照ください。 加藤周
件名: [MugenML 1270] 次期世話人(無限可積分系セッション)につきまして 日付: 2020年3月26日 19:42:56 JST 皆様 無限可積分系世話人よりご相談です。 この3月で鈴木の世話人の任期が切れます。新体制は、現世話人の 山田裕史さん(熊本大学)に加えて、 井上玲さん(千葉大学) にお願いしたいと考えております。 本来なら年会会場で皆様の承認を得るところですが、中止となりましたので、 このメールにてご相談させていただきました。 皆様からご異議がなければ、承認されたこととさせていただきたいと思います。 なお、別件ですが、年会で予定されていました講演の扱いとアブストラクトの 公開について、日本数学会HPで案内がでています。 https://mathsoc.jp/meeting/nichidai20mar/news20200313.html アブストラクトの公開は4月3日までとなっていますので、よろしくお願いします。 2年間大変お世話になり、ありがとうございました。 今後ともよろしくお願いいたします。 無限可積分系セッション世話人 岡山大学 鈴木武史
件名: [MugenML 1269] 教員公募(助教,若干名) 日付: 2020年3月14日 10:35:45 JST みなさま 現在,青山学院大学理工学部物理・数理学科では,以下の通り助教を 公募しています. 所属:青山学院大学理工学部物理・数理学科 職種:助教(若干名) 分野:数理科学 応募締切:2020年7月13日(月)必着 着任時期:2021年4月1日 詳しくは https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekTop または https://www.aoyama.ac.jp/recruit/cosae_20200310_01.html をご覧ください. 適任者をご存知の方は応募をお勧めくださるようお願いいたします. ===================================================== 増田 哲 青山学院大学理工学部物理・数理学科 〒252-5258 相模原市中央区淵野辺5-10-1 電話:042-759-6271 web: http://www.gem.aoyama.ac.jp/~masuda/index-j.html =====================================================
件名: [MugenML 1268] 研究集会「Differential and Difference Equations」 中止のお知らせ 日付: 2020年3月11日 19:48:58 JST 皆様 昨年11月末に告知した,フランス・リール大学での研究集会 「Differential and Difference Equations: Analytic, Arithmetic and Galoisian Approaches」 は,欧州における新型コロナウイルスの拡散により中止いたします。 新しい日程はまだ何も決まっていません。 プログラムとアブストラクトだけでも参考になれば幸いです。 https://math.univ-lille1.fr/~zhang/colloque20/index.html -- 〒770-8506 徳島市南常三島町2-1 徳島大学大学院社会産業理工学研究部 大山陽介 電話・FAX:088-656-7541(内線:4781)
差出人: Hiroshi Iritani 件名: [MugenML 1267] 教員公募(准教授または講師,幾何学,1名) 日付: 2020年3月7日 22:06:38 JST 皆様, 現在,京都大学数学教室では以下の通り幾何学分野の 准教授または講師を公募しています. 所属:京都大学大学院理学研究科 数学・数理解析専攻 数学系 職種:准教授または講師(1名) 分野:幾何学 締め切り:2020年4月3日(金)必着 着任時期:2020年10月1日以降なるべく早い時期 詳しくはhttps://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/node/4279をご覧ください. 適任者をご存知の方は応募をお勧めくださるようお願いいたします. 入谷
件名: [MugenML 1266] Kyoto Rep. Seminar (3/9, cancel) 日付: 2020年3月2日 13:27:57 JST 皆様 以前アナウンスした以下のセミナーですが、延期させていただきます。 新しい開催時期は未定ですが、決まり次第連絡いたします。 よろしくお願いいたします。 疋田辰之 ======= 皆様 以下のセミナーのアナウンスをさせて頂きます(普段と曜日が異なります)。 よろしくお願いいたします。 疋田辰之 --------------------------------------------------------------------- Speaker: Hideya Watanabe (RIMS) Date & Time: March 9th (Mon) 10:30--12:00 Room: RIMS 006 Title: Classical weight modules over i-quantum groups Abstract: i-quantum groups are certain coideal subalgebras of quantum groups appearing in the theory of quantum symmetric pairs. Many results concerning quantum groups have been generalized to i-quantum groups. However, representation theory of i-quantum groups is much more difficult than that of quantum groups due to the lack of Chevalley-like generators. In this talk, I introduce the notion of classical weight modules over i-quantum groups, and explain that they can be thought of as counterparts of the weight modules over quantum groups.
件名: [MugenML 1265] MS seminars at Kavli IPMU -- canceled 日付: 2020年2月28日 10:22:28 JST Dear all, the following 3 seminars at IPMU were CANCELED: 1) Martijn Kool (Utrecht U.) Title: DT/PT correspondence for Calabi-Yau 4-folds Date: Wed, Mar 11, 2020, 13:15 - 14:45 2) Auguste Hebert (ENS Lyon) Title: TBA Date: Tu, Mar 17, 2020, 13:15-14:45, Seminar Room A. 3) Sergej Monavari (Utrecht U) Title: Higher rank K-theoretic Donaldson-Thomas theory of points Date: Tue, Mar 17, 2020, 15:30 - 17:00 ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 1264] 2020年度年会の中止について 日付: 2020年2月26日 18:44:39 JST 皆様 日本数学会のサイトでも掲示されていますとおり、3月16日から 日本大学理工学部で開催が予定されていました2020年度年会について、 開催の中止が決まりました。 理由(お察しの通りですが)等、詳細に関しては数学会の掲示を参照 ください。 https://mathsoc.jp/meeting/nichidai20mar/news20200226.html 取り急ぎご報告いたします。 無限可積分系世話人  岡山大学 鈴木武史
件名: [MugenML 1263] Kavli IPMU -- canceled MS seminar 日付: 2020年2月26日 11:02:05 JST Dear all, the MS seminar at IPMU by Jun Wang that was scheduled for Tu, Mar 3, 2020, 13:15--14:45 is canceled. The speaker canceled his trip due to the outbreak of the corona virus in Japan. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 1262] 第75回 ENCOUNTERwithMATHEMATICS 延期のお知らせ 日付: 2020年2月26日 9:35:18 JST 皆様 表題の件につきまして、中央大学の三松先生の代理で投稿いたします。 ご確認よろしくお願いします。 名古屋大学多元数理科学研究科 岩木耕平 ============================= 皆様; (重複して受け取られた際にはご容赦ください) 中央大学理工学部において3月10日・11日に  第75回 ENCOUNTERwithMATHEMATICS     Cluster Algebras 講演予定者:中西 知樹氏(名古屋大・多元数理)、       伊山 修氏(名古屋大・多元数理)、       井上 玲氏(千葉大・理)、       野原 雄一氏(明治大・理工) の開催を予定しておりましたが、 コロナウィルスによる新型肺炎の影響を考慮し、 しばらく延期することといたします。 新しい日程につきましては、現時点ではいつ頃 ご案内できるか分かりませんが、決まり次第、 EwM のホームページ http://www.math.chuo-u.ac.jp/ENCwMATH/ にて発表いたします。 講演者を始め、参加を予定されていた方々には ご迷惑をおかけいたしますが、 ご理解の程お願い申し上げます。 三松 佳彦 --------------------------------------------- Yoshihiko MITSUMATSU Department of Mathematics, Chuo University, 1-13-27, Kasuga, Bunkyo-ku, Tokyo, 112-8551, Japan phone : +81-3-3817-1745 fax : +81-3-3817-1746
件名: [MugenML 1261] q2020(第一報) 日付: 2020年2月25日 21:32:49 JST みなさま 2020年6月に開催予定の以下の研究集会について,ご案内申し上げます。 研究集会「A workshop on q-series, quantum modular forms and representation theory (仮題)」 日程:2020年6月1日(月)--5日(金) 場所:京都大学理学部数学教室3-110教室と3-109教室 URL:http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~tshun/q2020/ 本研究集会では、以下5氏に連続講演をお願いしております。 Jeremy Lovejoy (CNRS, Universite Paris Diderot - Paris 7) Ken Ono (University of Virginia) Peter Paule (RISC, Johannes Kepler University Linz) Andrew Sills (Georgia Southern University) Ole Warnaar (The University of Queensland) その他、懇親会や日本人講演者については現在調整中です。 みなさまのご参加をお待ちしております。 どうぞよろしくお願いいたします。 樋上和弘 加藤周 土岡俊介
件名: [MugenML 1260] 公募のお知らせ:千葉大学(代数学) 日付: 2020年2月25日 20:29:54 JST  皆様  こんにちは、千葉大学の井上です。  千葉大学では、代数学分野で准教授または講師またはテニュアトラック助教を 公募しております。下の文書または次のリンクをご覧下さい。 http://www.math.s.chiba-u.ac.jp/posts/koubo-daisu2020.pdf 多くの方のご応募をお待ちしております。  井上 玲 -------------------------- 関係各位 教員の公募について (依頼) 千葉大学大学院理学研究院 教員審査委員会委員長 千葉大学大学院 理学研究院 数学・情報数理学研究部門では、 下記の要領で教員公募を行います。つきましては、 関係のみなさま方へ周知のほどよろしくお願い申し上げます。 記 1.職種および人員 准教授または講師またはテニュアトラック助教1名 准教授または講師の場合は任期なし。 テニュアトラック助教の場合は任期付き助教として着任し、 5年目までに実施するテニュア審査に合格すれば任期なしに移行します。 2. 所属 大学院理学研究院 数学・情報数理学研究部門 3. 専攻分野 代数学 4. 応募資格 博士の学位を有すること(または採用時までに取得見込みであること) 5. 担当授業科目等 大学院融合理工学府および理学部の専門科目 全学向け数学の共通科目 大学院融合理工学府の研究指導 6. 着任予定時期 令和 2 年 9 月 1 日以降のできるだけ早い時期 7. 給与 本学新年俸制職員給与規程に基づき決定 8. 提出書類 (1) 履歴書 (連絡先には電話番号および電子メールアドレスも記載) (2) 研究業績リスト(以下の項目に分けてA4用紙に記載してください:  (a) 論文(査読の有無を明記のこと) (b) 総説等 (c) 著書  (d) 科学研究費補助金等の競争的資金獲得状況  (e) その他(招待講演、受賞歴等)) (3) 主要な論文の別刷(またはその写し)5編以内 (4) これまでの研究成果の概要と今後の研究計画 (A4版 2~3枚程度) (5) これまでの教育経験の概要と今後の教育に対する抱負 (A4版 1~2枚程度) (6) 研究業績を問合せることのできる方の氏名、所属、連絡先および電子メール アドレス 9. 応募期限 令和 2 年 4 月 24 日必着 10. 書類提出先 〒 263-8522 千葉市稲毛区弥生町 1-33 千葉大学大学院理学研究院 数学・情報数理学研究部門 西田康二 (封筒の表には「人事応募書類在中」と朱書して、上記宛てに簡易書留でお送りください。 なお、応募書類返送を希望する場合は切手を貼った返送用封筒に返送先を記入して同封 してください。返送用封筒がない場合は返送しませんのでご了承ください。) 11. 問合せ先 西田康二 E-mail: nishida _AT_ math.s.chiba-u.ac.jp 直通電話: 043-290-3900 FAX: 043-290-2733 12. その他 千葉大学に来ていただき面接を行うことがあります。 その場合、旅費は支給できませんので、予めご了承ください。 なお、教育研究業績が同等であれば、女性を積極的に採用します。 ----------------------------------------------
件名: [MugenML 1259] 研究集会「代数解析の諸問題」中止のお知らせ 日付: 2020年2月25日 17:43:21 JST 皆様 先日ご案内いたしました研究集会「代数解析の諸問題」およびその懇親会ですが, 新型コロナウイルス感染症が国内で感染拡大している現状を鑑み,中止とさせて いただきます. 研究集会「代数解析の諸問題」 日時:2020年3月2日(月) ~ 2020年3月4日(水) 場所:近畿大学東大阪キャンパス 31号館506講義室 世話人:松井優(近畿大学),鈴木貴雄(近畿大学) ご講演者の皆様,ご参加を予定されていた方々には,大変ご迷惑をおかけいたします ことを,深くお詫び申し上げます.また,開催直前でのご連絡になりましたことを 重ねてお詫び申し上げます. 近畿大学理工学部理学科数学コース 松井優 鈴木貴雄
件名: [MugenML 1258] IA20 workshop: Cluster algebras, representation theory, and geometry の開催中止のお知らせ 日付: 2020年2月22日 13:57:15 JST 各位 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複してお受け取り の際はご容赦ください。) 先日お知らせした、来たる3月2日ー6日に大阪市大で予定していました研究集会 IA20 workshop: Cluster algebras, representation theory, and geometryは、 現在の国内におけるCOVID-19の状況に鑑み、残念ながら中止となりましたので ご連絡をします。 研究集会への参加に向けてご準備くださった皆様、ありがとうございました。また ご迷惑をおかけすることになり申し訳ありません。事態が鎮静化した暁には、再度 研究会の開催を計画いたします。 IA 20 組織委員会 委員長 中西知樹 -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1257] Eguchi Memorial Symposium 中止のおしらせ 日付: 2020年2月20日 17:34:15 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様 東大数理の加藤晃史です。 カブリIPMUの立川裕二氏の依頼により、下記の案内をお送りします。 どうぞよろしくお願いいたします。 ====================== 来月12,13日に開催予定の Eguchi Memorial Symposium ですが、 生憎の新型コロナウイルスのこの一週間の流行状況を考えますと、 日本全国から参加者を東京に集めるのも、海外から講演者を招待するのも、 よいことではないという結論に世話人の間での相談で達しました。 そのため、Eguchi Memorial Symposium はキャンセルすることに致します。 すでに登録をなされた方、旅程を組まれた方にはご迷惑をおかけしますが 皆さまのご理解をお願いいたします。 また、江口先生に関しての思い出話をあつめた小冊子はなんらかの形で まとめたいと思っております。既にいくつも思い出話をいただいております が、さらなるご寄稿をお願いいたします。なにか思い出を共有したいという 方は、どのような形式でも、また、短いものでも構いませんので、立川 ( yuji.tachikawa あっと ipmu.jp ) までメールでご連絡ください。 言語は日本語でも英語でも結構です。写真も歓迎いたします。 世話人: 中山優、立川裕二
件名: [MugenML 1256] Kyoto Rep. Seminar (3/9) 日付: 2020年2月19日 23:21:50 JST 皆様 以下のセミナーのアナウンスをさせて頂きます(普段と曜日が異なります)。 よろしくお願いいたします。 疋田辰之 --------------------------------------------------------------------- Speaker: Hideya Watanabe (RIMS) Date & Time: March 9th (Mon) 10:30--12:00 Room: RIMS 006 Title: Classical weight modules over i-quantum groups Abstract: i-quantum groups are certain coideal subalgebras of quantum groups appearing in the theory of quantum symmetric pairs. Many results concerning quantum groups have been generalized to i-quantum groups. However, representation theory of i-quantum groups is much more difficult than that of quantum groups due to the lack of Chevalley-like generators. In this talk, I introduce the notion of classical weight modules over i-quantum groups, and explain that they can be thought of as counterparts of the weight modules over quantum groups.
件名: [MugenML 1255] 研究集会「第5回Algebraic Lie Theory and Representation Theory」報告集の残部 日付: 2020年2月17日 13:09:03 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております. 重複してお受け取りの際はご容赦ください.) 東京農工大学の直井です。 2019年5月24日〜5月27日に行われた 研究集会「第5回Algebraic Lie Theory and Representation Theory」 報告集の印刷が完了し、参加者の方々にはすでに送付を済ませております。 手元にいくらか余りがありますので、 ご希望される方へ郵送いたします。 (目次を添付いたしますので、ご参照ください。) 報告集の送付を希望される方は 1:お名前 2:送付先住所(郵便番号、都道府県名を含む) 3:所属(部局名まで):(自宅送付希望の方は不要) を直井(naoik あっと cc.tuat.ac.jp)までお知らせください。 希望者多数の場合は原則として先着順といたしますので、 その点ご容赦いただければと思います。 よろしくお願いいたします。 直井克之
件名: [MugenML 1254] Fw: SIDE14 - Second announcement 日付: 2020年2月17日 12:20:47 JST  皆様    こんにちは、千葉大学の井上です。    主催者のAdam Doliwa氏の依頼で、今年6月にポーランド開催される 研究集会 SIDE14 の案内を投稿いたします。 ご興味のある方は是非ご参加ください。  井上 玲    ============================================= 14TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYMMETRIES AND INTEGRABILITY OF DIFFERENCE EQUATIONS (SIDE 14) SECOND ANNOUNCEMENT Venue: Hotel Anders, Stare Jabłonki near Olsztyn, Poland Dates: Sunday 14 June (arrival day) to Saturday 20 June 2020 (departure day) Web page: http://wmii.uwm.edu.pl/side14/ SIDE 14 is the fourteenth in a series of biennial conferences devoted to Symmetries and Integrability of Difference Equations, and in particular to: ordinary and partial difference equations, analytic difference equations, orthogonal polynomials and special functions, symmetries and reductions, discrete differential geometry, integrable discrete systems on graphs, integrable dynamical mappings, (discrete) Painlevé equations, integrability criteria, Yang-Baxter type equations, cluster algebras, difference Galois theory, quantum mappings, quantum field theory on space-time lattices, representation theory, combinatorics, numerical models of differential equations, discrete stochastic models and other related topics. SIDE 14 will take place at Hotel Anders in Stare Jabłonki (25 km from Olsztyn), Poland, from June 14, 2020 (arrival day) to June 20, 2020 (departure day). Olsztyn, founded in XIVth century, is the capital of the Warmian-Masurian region, a famous lake district which can offer a wide range of leisure activities, such as swimming, kayaking, biking and hiking. For a mathematical tourist the main attraction will be the experimental table drawn by Copernicus on the walls of the Gothic Castle, which is the only surviving original astronomical device used by him. In general, all talks will be allotted 30 minutes (including discussions). A poster session for students and early career researchers will be organized. There will be no parallel sessions. THE PAYMENT INSTRUCTIONS can be found on the web page of the conference http://wmii.uwm.edu.pl/side14/payments.html Please read also the cancellation conditions. It is possible to modify dates of your stay, however in that case the negotiated prices may not apply. Please contact the hotel manager Aneta Wolak a.wolak _AT_ hotelanders.pl directly (with copy to side14 _AT_ matman.uwm.edu.pl). THE CONFERENCE FEE including transportation from/to Warsaw on arrival/ departure day, coffee breaks, conference materials and excursion is 650 PLN (approx. 150 EUR), for accompanying person the fee is 250 PLN (approx. 60 EUR). For payments before MARCH 15 the 5% discount applies, which gives 620 PLN. For participants who need to pay for the excursion separately, the conference fee is 580 PLN. INVOICE If you need an invoice, please, provide us with a correct billing information (name, address, a tax number of the recipient of the invoice) and confirm that a pdf-format of the invoice is acceptable (if not, give us the address it should by send to) by an email at side14 _AT_ matman.uwm.edu.pl with copy to kosiorek _AT_ matman.uwm.edu.pl. SHUTTLE SERVICE The first shuttle bus will leave the Warsaw Chopin Airport on Sunday, June 14 at 13:00 (there will be someone of the organizing committee to gather everyone together), stop at the Physics Faculty building at 13:15, and then through the Warsaw Modlin Airport (13:45) will go to the Hotel. The second bus will leave the Warsaw Chopin Airport on Sunday at 16:00, stop at Warsaw Modlin Airport (16:30) and will go to the conference venue. On the return, Saturday, June 20, both buses are scheduled to leave the Hotel at 10:00. One will go through the Warsaw Modlin Airport (arriving at around 12:30) to the Physics Faculty building, and the other will go directly to the Warsaw Chopin Airport (arriving at around 13:00). Please inform us of your travel plans, especially if you could not comply with the bus schedule so that we can try to help and suggest alternatives. =============================================
件名: [MugenML 1253] Sanjay Ramassamy氏のセミナーのご案内 日付: 2020年2月13日 16:14:47 JST 皆様 以下のセミナーをご案内させて頂きます。 ふるってご参加ください。 ウィロックス ラルフ ---------------------------------------------------------------------- 日時 : 2020年02月17日(月), 16:30~18:30 場所 : 東京大学・駒場第 I キャンパス・大学院数理科学研究科棟126教室 講演者 : Sanjay Ramassamy 氏 (IPhT, CEA Saclay) タイトル : Cluster algebras, dimer models and geometric dynamics アブストラクト : Cluster algebras were introduced by Fomin and Zelevinsky at the beginning of the 21st century and have since then been related to several areas of mathematics. In this talk I will describe cluster algebras coming from quivers and give two concrete situations were they arise. The first is the bipartite dimer model coming from statistical mechanics. The second is in several dynamics on configurations of points/lines/circles/planes. This is based on joint work with Niklas Affolter (TU Berlin), Max Glick (Google) and Pavlo Pylyavskyy (University of Minnesota). URL: https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/seminar/2020/sem20-047.html ----------------------------------------------------------------------
件名: [MugenML 1252] 研究集会のお知らせ(2nd)(3/6-8 鹿児島大学) 日付: 2020年2月12日 14:52:33 JST 皆様: 以下の研究集会を開催致しますので,ご案内致します.前報から意見交換会の 〆切を若干延長しております. 多数のご参加をお待ちしております. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 2019年度 JST CREST領域[数理的情報活用基盤] 採択課題キックオフ 国際研究集会「設計の新パラダイムを拓く新しい離散的な曲面の幾何学」                       日時:2020年3月6日(金)〜3月8日(日) 会場:鹿児島大学工学部建築学科棟2号館01教室    〒890-8580 鹿児島市郡元1丁目21番24号     鹿児島大学郡元キャンパス  チュートリアル講演: 土屋 卓也(愛媛大学)「古典的Plateau問題の有限要素近似について」 廣瀬 三平(芝浦工業大学)「離散微分幾何と有限要素法の関係について」 招待講演: 寒野 善博(東京大学)「非平滑力学に対する加速勾配法」 張 景耀(京都大学)「離散系空間構造の形態解析法」 Konrad Polthier(Freie Universität Berlin, Germany) "Geometric Date Analysis" Gobithaasan Rudrusamy(Universiti Malaysia Terengganu, Malaysia) "A Revisit on Merging Geometric Modeling with Topological Data Analysis" 鍛冶 静雄(九州大学) "Discrete surface deformation with a specified Gaussian curvature" 意見交換会: 日時:2020年3月7日(土) 場所:鹿児島大学内 会費:6,000円 プログラムなどの詳細は http://ed3ge.imi.kyushu-u.ac.jp/event/2020/m20200306.html をご覧下さい.研究集会と意見交換会の参加には上記のURLから登録を お願い致します.また,準備の都合上,意見交換会の申込みは2月20日(木) までとさせていただきます. 主催:国際研究集会「設計の新パラダイムを拓く離散的な曲面の幾何学」実行委員会 共催:九州大学マス・フォア・インダストリ研究所,鹿児島大学大学院理工学研究科 後援:科学技術振興機構 実行委員: 梶原 健司(九州大学)(委員長) 大崎 純(京都大学) 本間 俊雄(鹿児島大学) 横須賀 洋平(鹿児島大学) 三浦 憲二郎(静岡大学) 前川 卓(早稲田大学) 三谷 純(筑波大学) 井ノ口 順一(筑波大学) 問い合わせ先: 〒819-0395 福岡市西区元岡744 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 数理・IMIプロジェクト事務室 古谷・朝永 E-mail:crest-ed3ge-admin "at" imi.kyushu-u.ac.jp
件名: [MugenML 1251] 研究集会「q, q and q」第三報 日付: 2020年2月12日 11:47:02 JST 皆様 来週開催の以下の研究集会について,ご案内申し上げます。 ---------------------------------------------------------------------- 研究集会「q, q and q」 日程:2020年2月19日(水)午前 〜 21日(金)午後 場所:神戸大学理学部B301教室 ---------------------------------------------------------------------- 招待講演のスケジュールに変更がございます。 具体的には,初日の今野氏と最終日の白石氏の講演が入れ替わります。 直前の変更となり申し訳ございません。 詳細につきましては, https://sites.google.com/view/202002kobe/ をご覧ください。 ---------------------------------------------------------------------- 懇親会 日時:2020年2月20日(木)18:00~ 会場:レストランさくら(神戸大学六甲台キャンパス内) 会費:6500円を予定 ---------------------------------------------------------------------- 2月20日(木)の講演終了後に,野海正俊先生のご退職を記念して懇親会を行う 予定です。参加を希望される方で,まだ申し込まれていない方は, 2月18日(火)までに https://sites.google.com/view/202002kobe/index/banquet からお申し込みください。 (会場準備の関係で直前までお申し込み頂くことが可能となりました) 皆さまのご参加を心よりお待ちしております。 どうぞよろしくお願いいたします。 伊藤雅彦 鈴木貴雄 山田泰彦
件名: [MugenML 1250] MS seminars at Kavli IPMU -- March 2019 日付: 2020年2月11日 22:31:12 JST Dear all, I would like to announce the following 4 MS seminars at Kavli IPMU: 1) Speaker: Jun Wang (Ohio State University) Date: Tue, Mar 03, 2020, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room A Title: A mirror theorem for Gromov-Witten theory without convexity https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2505 2) Speaker: Martijn Kool (Utrecht U.) Date: Wed, Mar 11, 2020, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room B Title: DT/PT correspondence for Calabi-Yau 4-folds https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2516 3) Speaker: Auguste Hebert (ENS Lyon) Date: Tue, Mar 17, 2020, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room A Title and Abstract will be available soon at https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2479 4) Speaker: Sergej Monavari (Utrecht U) Date: Tue, Mar 17, 2020, 15:30 - 17:00 Place: Seminar Room A Title: Higher rank K-theoretic Donaldson-Thomas theory of points https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2517 ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 1249] 6/22-26, 若山正人氏集中講義、九大 日付: 2020年2月11日 5:58:53 JST メーリングリスト各位、 以下のような催しを計画、あるいは計画中です。 (1) 集中講義:若山正人氏(東京理科大学) 6/22(月)-6/26(金):確定 時刻:毎日3時から5時(大きくは変えませんが未確定、特に木曜) 内容:TBD 場所:九大数理(伊都キャンパス):確定。 (2) IMIコロキウム:若山正人氏(東京理科大学) 6/25(木)の夕方:確定。 時刻:16:45-17:45 が定例。ですが、少し前後することはありえます。 内容:TBD(最終講義に相当するもの)。 場所:九大、オーディトリアム(伊都、ウエスト1号館4階):確定。 なお、この日のこの後に懇親会をする予定です(確定)。 懇親会の場所や申し込み方法:未確定。 (3) それに関係した何らかの研究会 場所:九大数理(伊都キャンパス):確定。 日程:6/23-25を想定しているが、前または後ろに1日ずつ伸びる可能性あり。 でも6/22-6/26 を超えてはしない。 3月末ぐらいまでにはもうちょっとはっきりさせます。 まだあいまいな点が多いですが、どうかご容赦ください。落合啓之
件名: [MugenML 1248] Infinite Analysis 20 Workshop: Cluster algebras, representation theory, and geometry 日付: 2020年2月10日 16:29:23 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複して お受け取りの際はご容赦ください。) 以下の要領で Infinite Analysis 20 Workshop “Cluster algebras, representation theory, and geometry” https://sites.google.com/view/ia20cartg を開催しますので、奮ってご参加ください。 事前登録のお願い: 参加者の皆様には、準備の都合上、お手数ですが https://sites.google.com/view/ia20cartg/registration より事前登録をお願いいたします。(登録締め切り2月23日) 日時:2020年3月2日(月)ー3月6日(金) 場所: 大阪市立大学理学研究科E棟408 講演者:(プログラムはwebサイトをご参照ください) Takahide Adachi (Yamaguchi university) Sota Asai (RIMS, Kyoto university) Lara Bossinger (UNAM, Unidad Oaxaca) Peigen Cao (Université Paris Diderot) Aaron Chan (Nagoya university) Man-Wai Cheung (Harvard University) Ryo Fujita (Kyoto university) Shogo Fujiwara (Nagoya University) Christopher Fraser (The University of Minnesota) Yasuaki Gyoda (Nagoya university) Akishi Ikeda (Osaka university) Tsukasa Ishibashi (The University of Tokyo) Shunsuke Kano (Tokyo Institute of Technology) Hyun Kyu Kim (Ewha Womans University) Myungho Kim (Kyung Hee University) Ian Le (Northwestern University) Yuya Mizuno (Osaka prefecture university) Yuma Mizuno (Tokyo Institute of Technology) Yusuke Nakajima (Kavli IPMU, The University of Tokyo) Naoto Okubo (Aoyama Gakuin University) Hironori Oya (Shibaura Institute of Technology) Melissa Sherman-Bennett (Harvard University) Toshiya Yurikusa (Nagoya university) 世話人: Atsuo Kuniba (The university of Tokyo) Tomoki Nakanishi (Nagoya university) Masato Okado (Osaka city university) Hyohe Miyachi (Osaka city university) Yoshiyuki Kimura (Osaka prefecture university) -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1247] 神戸可積分系セミナー(3/9) 日付: 2020年2月7日 10:56:18 JST 神戸大学で以下のセミナーを行います. 小寺諒介 ========================================================================== SEMINAR INFORMATION ========================================================================== 神戸可積分系セミナーの案内 日時:2020年3月9日(月)17:00-18:30 場所:神戸大学理学部数学科B314 講演者:井上公人氏(九州大学) 題目:行列値Bratu方程式の指数行列解について 概要: Bratu方程式は一つの非線形な常微分方程式であり, 応用上はFrank-Kamenetskiiに よる内燃機関の理論に現れている. 可積分系からは, Liouville方程式の1次元簡約 として, また非周期的有限戸田格子の2格子点の場合として現れる. Bratu方程式は 初期値問題だけでなく境界値問題もLiouville-Bratu-Gelfand問題として詳しく研究 されている. 講演ではこの方程式の値を対称行列へ拡張した行列値Bratu方程式を 導入し, その初期値問題に対するある指数行列解を紹介する. さらにその指数行列 の対角化を与え,解のベキ級数解を導出する. 行列値Bratu方程式はある統計多様体 (実Siegel領域)の測地線の方程式と同値であり, 講演で述べる結果はこの研究を 拡張・改良したものである. ---------------------------------- 連絡先:藤 健太 HP:http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ ==========================================================================
件名: [MugenML 1246] From Lithuania 日付: 2020年2月7日 6:50:34 JST 複数のMLに投稿します。 Vidunas さんから、PhD position のご案内が来ているので、share します。 落合啓之 差出人:Raimundas Vidunas 送信日時:2020年2月7日 5:10 件名:From Lithuania Dear Ochiai san, Last week I was in Athens visiting the group of Ioannis Emiris. He leads again a group that won a large EU research grant, this time called GRAPES. The main topic is Computer Aided Geometric Design, and related algebraic geometry. This group has announced 15 PhD positions: http://grapes-network.eu/phd-positions/ PhD positions – GRAPES GRAPES offers 15 Early-Stage-Researcher (ESR) positions which allow the researcher to work towards a PhD. The ESRs will be recruited within 2020 for a duration of 36 months. grapes-network.eu My math department (and myself) are officially involved in this project group. We have announced a PhD position numbered ESR14: Circular meshes and cyclidic splines of arbitrary topology. If you may know interested candidates for the GRAPES position (especially for the Vilnius based position), the interest is surely appreciated. The opening conference for GRAPES will be organized in Rome at the end of April. If you would know an interested candidate by March 10, there will be a chance to invite him to the Rome conference for a convenient introduction and informal interviews. With best regards, Raimundas
件名: [MugenML 1245] ALTReT2020一般講演募集 日付: 2020年2月6日 23:27:42 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております. 重複してお受け取りの際はご容赦ください.) 名古屋大学の柳田です. Algebraic Lie Theory and Representation Theory (ALTReT) 2020 のアナウンスをさせて頂きます. ============================================================ 2020年度のALTReTを以下の要領で開催致します. 日時: 2020年5月29日 (金) - 6月1日 (月) 場所: 石川県青少年総合センター ユースパルいしかわ (石川県金沢市常磐町) 2020年度は 白石潤一氏 (東京大学) と 野海正俊氏 (神戸大学) に概説講演を お願い致しました. つきましては, 3月31日を締め切りとして, 一般講演を募集致します. 大学院生による講演も歓迎致します. 講演を申し込まれる方は, 下記ウェブページの一般講演申込フォームをご利用下さい. また, 他薦の場合は, 下記の世話人のいずれかまでお知らせ下さい. ウェブページ: https://sites.google.com/view/altret2020 問い合わせ先: 柳田伸太郎 yanagida _AT_ math.nagoya-u.ac.jp どうぞ宜しくお願い致します. 世話人: 柳田伸太郎 (名古屋大学), 名古屋創 (金沢大学)
件名: [MugenML 1244] SIGMA Special Issue 日付: 2020年2月4日 18:48:21 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様 神戸大学の野海です. ご存知の方も多いと思いますが,現在 SIGMA の Speicial Issue で 「楕円可積分系,特殊函数,場の量子論」に関連する投稿論文を募集して います. Special Issue on Elliptic Integrable Systems, Special Functions and Quantum Field Theory Guest Editors: M. Hallas, M. Noumi,. V.P. Spiridonov, S.O. Warnaars https://www.emis.de/journals/SIGMA/elliptic-integrable-systems.html 投稿の締め切り:2020年5月1日 このSpecial Issue の出版は,昨年 6 月の Nordita (Stokholm) での 楕円可積分系研究会の際に決定したものですが,関連するテーマの論文 であれば,この研究会の参加者とは無関係にどなたでも投稿可能です, また,締め切りは,当初の2月末から5月1日に変更されました. 編集委員一同,日本の可積分系グループの皆さんからの投稿を期待して います.締め切りまでまだ時間がありますので,奮ってご投稿下さるよ うお願いします. 野海 正俊 (神戸大・理) ---------------------------------------------------------- Masatoshi NOUMI (Professor) Department of Mathematics, Kobe University Rokko, Kobe 657-8501, Japan ----------------------------------------------------------
件名: [MugenML 1243] 名大多元数理助教公募(2020年3月8日締め切り) 日付: 2020年2月3日 16:07:49 JST 無限ML各位 他のメーリングリストで重複して受信される方にはご容赦願いします。 名古屋大学多元数理科学研究科におきまして、 以下の助教の公募が開始されましたのでおしらせします。 適任者をご存知の場合は応募をお勧めください。 なお、応募先のwebページは現在整備中につき、数日中に 閲覧可能だそうです。 中西知樹 名大多元数理 -------- 2020 年1 月27 日 関係各位 名古屋大学大学院多元数理科学研究科教員の公募について 名古屋大学大学院多元数理科学研究科 助教選考委員会委員長森吉仁志 本学では,若手で優秀な研究者を採用し,一定期間経過後に審査を行って任期を 付さない身分に転換するテニュアトラック制の人材育成制度を実施しております. 加えて,女性教員比率を向上させるための積極的改善措置を行い,業績評価にお いて同等と認められた場合には,女性を積極的に採用しています.これらの意図 の下,このたび本研究科におきましては, 下記要領で教員公募を行います.つき ましては貴関係者にお知らせいただくとともに, 適任者を御存知の場合には, 応募をお勧め下さるようお願い申し上げます. 記 職名および人数:助教(テニュアトラック教員)2 名 研究分野:数学・数理科学 応募資格:原則博士の学位を有する(取得見込みを含む) 任期:原則5 年. 4年経過後にテニュア付与審査を受けることができ,合格した場合にはテニュアを 付与され任期の無い教員になります.またテニュアトラック任期中に出産・育児 のライフイベントがあった場合には,休業期間に応じてテニュアトラック任期を 一定期間延長することができます.テニュア付与が見送られた場合は,任期満了 の翌日から1 年の任期による特任助教として雇用されます. 給与:年俸制(名古屋大学年俸制適用職員給与規程による) 応募期限:2020 年3 月8 日(日) 23:59 採用予定日:2020 年10 月1 日以降できるだけ早く 応募書類: 以下の1~6 の書類をひとつのPDFファイル(10MB以下) にまとめて 所定のウェブサイトにて提出のこと. 1. 履歴書(学歴,職歴,研究目的の海外渡航歴,受賞歴など) 2. 研究業績リスト(論文, 著書, 学会発表,招待講演, 外部資金獲得状況など) 3. 主要業績解説(主要論文あるいはプレプリントのファイルを含める,容量不足 の場合はDOI あるいはダウンロード可能先を記入) 4. 研究計画書 5. 教育経験および教育についての考え方を述べた書類 6. 業績について照会できる方3名の氏名・所属・メールアドレス(照会先が海外の 場合は推薦書を依頼して下さい.推薦書は照会先から以下の問い合わせ先へ電子 メールで別送可能ですが, 締切に間に合うようにして下さい.) 応募書類提出先:以下のオンライン応募ページから, 必要事項を入力のうえ応募 書類のPDFファイルをアップロードしてください. 助教公募 https://www.math.nagoya-u.ac.jp/ja/job/2020/faculty-1.html 問い合わせ先:助教選考委員会委員長 森吉仁志 (astp-search-2020-query (at) math.nagoya-u.ac.jp) その他: 本公募では学位取得後5 年以内の方を積極的に採用します. 本学のテニュアトラック制について http://www.nagoya-u.ac.jp/extra/kisoku/act/frame/frame110001177.htm 本学では, 男女共同参画を積極的に推進しています. 女性比率向上のためのポジティブ・アクションについて http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/declaration/positive/ 応募書類は今回の選考のためにのみ用いられ, 選考終了後は適切な方法で破棄します. 以上
件名: [MugenML 1242] 研究集会「代数解析の諸問題」第2報 日付: 2020年2月3日 14:50:28 JST 皆様 先日ご案内いたしました研究集会の第2報です. 研究集会「代数解析の諸問題」 日時:2020年3月2日(月) ~ 2020年3月4日(水) 場所:近畿大学東大阪キャンパス(大阪府東大阪市小若江) 31号館506講義室 世話人:松井優(近畿大学),鈴木貴雄(近畿大学) プログラムができましたので,ご案内申し上げます. 3月3日(火)の夜に懇親会を兼ねて,近畿大学青木貴史先生のご退職慰労会を近大 東大阪キャンパス7号館にて開催いたします.会費は5000円を予定しています. ご参加希望の方は2月25日(火)までに matsui [at] math.kindai.ac.jp (世話人代表:松井)にご連絡ください. 研究集会の情報は下記ページにも掲載しております. https://www.math.kindai.ac.jp/seminar/2020_01_22_3811.html 皆様のご参加をお待ちしております. ========== プログラム 3月2日(月) 13:10 ~ 14:00 内田 匠風(近畿大学) 一般化超幾何微分方程式のVoros係数について 14:10 ~ 15:00 高橋 甫宗(近畿大学)・反田 美香(関西学院大学) Special functions related to Kummer functions and WKB solutions 15:20 ~ 16:10 廣瀬 三平(芝浦工業大学) 振動積分の満たす偏微分方程式系とそのWKB解 16:20 ~ 17:10 竹井 義次(同志社大学) Aoki's observation for elliptic functions and transformation theory for Painleve transcendents 3月3日(火) 10:00 ~ 10:50 田島 慎一(新潟大学) Gauss-Manin connection と generalized integral dependence relations 11:00 ~ 11:50 岡田 靖則(千葉大学) \v{C}ech-Dolbeault approach to bounded hyperfunctions 13:10 ~ 14:00 山崎 晋(日本大学) 増大度付き無限階擬微分作用素の可逆性定理 14:10 ~ 15:00 梅田 耕平(日本大学) An edge of the wedge theorem for Whitney functions with Gevrey conditions (joint work with N. Honda) 15:20 ~ 16:10 本多 尚文(北海道大学) Gevrey関数に対するWhitney tensor productの構成について 16:20 ~ 17:10 青木 貴史(近畿大学) A Kummer-WKB dictionary 3月4日(水) 10:00 ~ 10:50 髙﨑 金久(近畿大学) 超幾何型 \tau 函数の諸相 11:00 ~ 11:50 打越 敬祐(防衛大学校) 重力水面波のトロコイド型特異点 13:10 ~ 14:00 大野 泰生(東北大学) 多重ゼータ値の AOKI et al. 関係式 14:10 ~ 15:00 神本 晋吾(広島大学) arborescent mould を用いた Stokes 現象の解析 ========== 近畿大学理工学部理学科数学コース 松井優 鈴木貴雄
件名: [MugenML 1241] Tohru Eguchi Memorial Symposium (IPMU, March 12-13, 2020) 日付: 2020年2月3日 14:47:17 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様 東大数理の加藤晃史です。 カブリIPMUの立川裕二氏の依頼により、下記の案内をお送りします。 どうぞよろしくお願いいたします。 ====================== 皆様、 来たる3月12日、13日に東京大学カブリIPMUにおきまして、 昨年一月に急逝された江口徹先生の数理物理への貢献を記念する研究会 Tohru Eguchi Memorial Symposium https://indico.ipmu.jp/event/303/ を開催いたします。講演者は Miranda Cheng, Kimyeong Lee, Shiraz Minwalla, Nikita Nekrasov, Rahul Pandharipande, Yuji Sugawara, Tadashi Takayanagi, Anne Taormina, Spenta Wadia です。参加費は無料ですが、参加人数の見積もりのため研究会参加登録ページ https://indico.ipmu.jp/event/303/registrations/ より登録をお願いいたします。ご参加ご予定のかたは、このメールをご覧になり ましたら、お忘れになりません前にご登録をいただけると助かります。 また、3月12日の夕方に夕食会を予定しております。予算は6000円程度を予定して おります。こちらに御参加予定のかたは、上記登録ページにチェックボックスが ありますのでそちらでお知らせください。 また、この機会に江口先生に関しての思い出話をあつめた小冊子を準備しようと 考えております。なにか思い出を共有したいという方は、どのような形式でも、 また、短いものでも構いませんので、立川 ( yuji.tachikawa あっと ipmu.jp ) までメールでご連絡ください。既に六人ほどから思い出話をいただいております が、さらなるご寄稿をお願いいたします。言語は日本語でも英語でも結構です。 写真も歓迎します。内輪に留めておくか、研究会ページで公開しても構わないか のご指定をお願いいたします。 世話人: 中山優、立川裕二 共催: 立教数理物理学研究センター、東京大学理学部物理学科素粒子論研究室、Kavli IPMU =============================
件名: [MugenML 1240] 東京無限可積分系セミナー 2020/02/18 Vincent Pasquier 日付: 2020年1月30日 11:02:01 JST 皆様 下記セミナーを開催いたします.ご関心のある方はぜひご参加ください. 東京大学数理科学研究科 白石潤一 ------------------------------------ 東京無限可積分系セミナー 講師:Vincent Pasquier 氏 (IPhT Saclay) 題目:Hydrodynamics of a one dimensional lattice gas. 日時:2020年2月18日(火) 15:00-16:00 場所:数理科学研究科棟(駒場) 002号室 概要: The simplest boxball model is a one dimensional lattice gas obtained as a certain (cristal) limit of the six vertex model where the evolution determined by the transfer matrix becomes deterministic. One can study its thermodynamics in and out of equilibrium and we shall present preliminary results in this direction. Collaboration with Atsuo Kuniba and Grégoire Misguich. 世話人:神保道夫,国場敦夫,山田裕二,武部尚志,高木太一郎,白石潤一,松 井千尋 ------------------------------------
件名: [MugenML 1239] 「第2回多重三角関数とその一般化」の懇親会のリマインダー 日付: 2020年1月29日 15:34:10 JST 無限可積分系メーリングリスト の皆様 研究集会「第2回多重三角関数とその一般化」 (ウェブサイト:https://sites.google.com/site/multiplesine/) の懇親会の申し込みの締め切りが迫っておりますので再度ご案内 いたします。懇親会の開催日時と申し込み締め切り日は以下の通りです。 日時:2020年 2月6日(木) 18:00-20:00 締め切り: 2020年1月31日(金) 参加をご希望の方は以下のページから申し込みいただきますよう、 お願い申し上げます。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSezrEN2LMqwVF8WMWLPJU76mPabsnc7QOZxKW8c2BWM-ADo8A/viewform 加藤正輝
件名: [MugenML 1238] MS seminar at Kavli IPMU in February 日付: 2020年1月28日 9:34:11 JST Dear all, I would like to announce the following 4 MS seminars in February in Kavli IPMU: 1) Speaker: Kari Vilonen (University of Melbourne) Date: Thu, Feb 13, 2020, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room B Title: Character sheaves of graded Lie algebras, geometric theory https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2500 2)Speaker: Ting Xue (University of Melbourne) Date: Fri, Feb 14, 2020, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room B Title: Graded Lie algebras, character sheaves, and representations of DAHAs https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2501 3)Speaker: Adeel Khan (University of Regensburg, Germany) Date: Tue, Feb 18, 2020, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room A Title: Intersection theory of derived stacks https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2470 4) Speaker: Young-Hoon Kiem (Seoul National University) Date: Tue, Feb 18, 2020, 15:30 - 17:00 Place: Seminar Room A Title: K-theoretic generalized Donaldson-Thomas invariants https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2484 ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 1237] OCAMI共同利用・共同研究提案募集2020 日付: 2020年1月24日 12:07:05 JST 皆様 大阪市立大学数学研究所所長の依頼によりお送りします。 よい研究提案がありましたら、ぜひご応募ください。 大阪市立大学 尾角正人 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 関係各位皆様  大阪市立大学数学研究所は、2019年4月に文部科学省から共同利用・共同研究拠点 に認定されました。 拠点名:「数学・理論物理の協働・共創による新たな国際的研究・教育拠点」 研究分野:数学(代数学,幾何学,解析学),理論物理(数理物理,宇宙物理) 本拠点の事業の一環として,先の7月の2019年度共同利用・共同研究提案募集では皆 さまのご協力に大変感謝申し上げます。来年度に向けて,現在,2020年度の共同利用 ・共同研究提案の募集を開始しております。本研究提案募集の要項および関係様式等 一式は,下記URLにてダウンロードできます。 http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/OCAMI/joint/jurindex.html http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/OCAMI/joint/apply.html 応募締切は,2020年2月12日(水)です。 善い研究提案の応募を期待しております。拠点運営等まだまだ未熟な点もありますが, 今後も一層改善努力を続けて参ります。どうか,よろしくご協力をお願い致します。 大仁田 義裕 大阪市立大学数学研究所(OCAMI)所長 http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/OCAMI/index.html
件名: [MugenML 1236] Job information (Tenure-track and Postdoctral positions) 日付: 2020年1月21日 22:03:53 JST 皆様、 以下の通り、HSE (ロシア国立研究大学経済高等学校) 数学学部で 1. 教員(tenure-track);締切2月15日 2. ポスドク(Steklov 研究所と共同);締切2月9日 の公募があります。興味のある方に情報をまわして頂けますようお願い致します。 情報が遅くなって申し訳ありません。それぞれ、MathJobs.Org にある https://www.mathjobs.org/jobs/jobs/15399 https://www.mathjobs.org/jobs/jobs/15424 と同じ公募です。 National Research University Higher School of Economics Faculty of Mathematics 武部尚志 ----------------------------------------------------------- 公募 1: tenure-track (ポスドク募集は下の方をご覧下さい。) National Research University Higher School of Economics (HSE; ロシア、モスクワ) の数学学部 (http://math.hse.ru/en/ ) では tenure-tack position の公募をしています。 以下は、学部のページ https://math.hse.ru/en/ からの抜粋の非公式和訳です。応募時には必ず上記ページもしくはMathjobs.org: https://www.mathjobs.org/jobs/jobs/15399 をご覧下さい。 ・ロシア語の知識があれば考慮しますが、授業は英語で出来ます。 ・純粋数学のすべての分野及び大学数学教育が対象です。 ・数学もしくは関連分野で最近 Ph.D を取得したか、着任時まで に取得している方が対象です。 ・応募締切は 2020年2月15日。 ・必要書類は以下の通り: --- 履歴書 --- statement of research interest --- 最近の研究論文 及び申請書 https://math.hse.ru/mirror/pubs/share/321777933 送付先は math@hse.ru また、推薦書二通以上を直接 math@hse.ru へ送ってもらうよう手配して下さい。 (メールアドレスの「@」は半角英数の @ に直して下さい。) ----------------------------------------------------------- 公募 2: Postdoctoral position National Research University Higher School of Economics (HSE; ロシア、モスクワ) の数学学部 (http://math.hse.ru/en/ )及び モスクワの Steklov 数学研究所 (Steklov International Mathematical Center, SIMC; http://www.mi-ras.ru/index.php?c=main&l=1 ) では、 共同で数学及び数理物理学のポスドクを募集しています。 以下、HSE 数学学部のページ https://math.hse.ru/ からコピーします(英語版 のページには何故か載っていません)。必ず詳細をこのページか、Mathjobs.org https://www.mathjobs.org/jobs/jobs/15424 でご確認下さい。 The job involves: joining one of our research groups within the FM or the SIMC (see below) in performing high-quality research – every successful candidate will be offered a position either in the FM or in the SIMC; pursuing independent research in Mathematics or Mathematical Physics in parallel with working on joint projects of the FM and SIMC; writing research papers for international peer-reviewed journals; participation in organization of the events and other contribution to the development of Moscow mathematics; public presentations of candidate’s own research to the researchers in the field and the broader academic community; some teaching is encouraged, though not required. The FM or the SIMC provides a working place and offers access to all research facilities and services available to its faculty members and researchers, including computational software and library resources. Requirements: a PhD (or equivalent, including Russian Candidate of Science degree) from a research university in such fields as: Mathematics, Physics, Computer Science a strong background and an established research record in Mathematics or Mathematical Physics ability to work in a team fluent English applicants are requested to indicate a preferred research unit (FM or SIMC) Appointments will be normally made for one year with possibility of extension for at most 2 years. A CV and research statement should be submitted via online application form (https://iri.hse.ru/polls/323647081.html), two letters of recommendation should be submitted by the referees directly fellowship _AT_ hse.ru by February 9, 2020. ----------------------------------------------------------- 以上。
件名: [MugenML 1235] 研究集会(2020,2,15-18, TOYAMA)のお知らせ 日付: 2020年1月21日 10:14:40 JST 皆様、 富山大学理学部の山根宏之です。 この度、以下の研究集会を行います。 The 2nd Meeting for Study of Number theory, Hopf algebras and related topics Date:2020年2月15日(土)〜2020年2月18日(火) Venue:富山大学理学部多目的ホール・共通教育棟D11教室 Organizers:木村巌(富山大),古閑義之(福井大),小木曽岳義(城西大), 山根宏之(富山大) プログラムなどは、以下のホームぺージにあります。 http://ntw.sci.u-toyama.ac.jp/ntha2020/ 筑波大学の森田純先生の退官のお祝いを兼ねています。 懇親会は、「しゅん屋」 Address: 〒930-0002 富山県富山市新富町2-2-15 Tel:076-433-5266 https://goo.gl/maps/gtqgCY1bw3anMjsU6 で2月17日(月) 19時から を予定しています。 よろしくお願いいたします。  山根宏之
差出人: Takao Suzuki 件名: [MugenML 1234] 研究集会「q, q and q」第二報 日付: 2020年1月20日 16:36:57 JST 皆様 近畿大学の鈴木です。 来年2月に開催予定の以下の研究集会について,ご案内申し上げます。 ---------------------------------------------------------------------- 研究集会「q, q and q」 日程:2020年2月19日(水)午前 〜 21日(金)午後 場所:神戸大学理学部B301教室 ---------------------------------------------------------------------- プログラム等の詳細につきましては, https://sites.google.com/view/202002kobe/ をご覧ください。 連続講演のタイトル,及び全ての講演のアブストラクトは2月上旬に公開する予定です。 ---------------------------------------------------------------------- 懇親会 日時:2020年2月20日(木)18:00~ 会場:レストランさくら(神戸大学六甲台キャンパス内) 会費:6000円程度を予定 ---------------------------------------------------------------------- 2月20日(木)の講演終了後に,野海正俊先生のご退職を記念して懇親会を行う予定です。 参加を希望される方は,2月10日(月)までに https://sites.google.com/view/202002kobe/index/banquet からお申し込みください。 既にメールにてお申込み頂いた方につきましては,再度申込みの必要はございません。 なお,会場準備の都合により直前の申込みには対応出来ない可能性がございます。 研究会の予算から旅費を補助することが可能です。 ご希望の方は世話人代表(suzuki あっと math.kindai.ac.jp)までご連絡下さい。 なお,希望者多数の場合は大学院生,若手の方を優先させていただく場合があります。 皆さまのご参加を心よりお待ちしております。 どうぞよろしくお願いいたします。 伊藤雅彦 鈴木貴雄 山田泰彦
差出人: Kenji Kajiwara 件名: [MugenML 1233] 九大IMI助教公募 日付: 2020年1月16日 19:19:56 JST                            令和2年 1月14日 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所助教公募               九州大学マス・フォア・インダストリ研究所                         所長 佐伯 修 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所では, 下記の要領で助教を 公募します. 関係各位にお知らせいただくとともに, 適任者の応募について お取り計らいいただきますようお願いいたします.           記 1. 所属: 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 2. 専門分野: 数学・数理科学, および, その周辺分野 3. 公募人員: 助教(有期教員) 1名 4. 応募資格:   (1) 博士の学位を取得していること, または採用時までに取得見込みで     あること   (2) 数学における産学連携活動に理解と意欲があること 5. 職務内容:   以下の活動に, ご自身の専門性を活かして情熱を持って貢献できる方を   募集します.   (1) 文部科学省科学技術試験研究委託事業「数学アドバンストイノベー ションプラットフォーム(AIMaP)」(詳細は以下の13.を参照のこと)の 管理運営補助, 特に, 共同研究マッチング支援補助, ホームページ, ニーズ・シーズ等の情報発信の管理.   (2) 大学院数理学府学生の研究指導補佐,および, 数学関連専門科目の 講義・演習指導.   (3) マス・フォア・インダストリ研究所が行う事業運営の補助. 6. 採用日: 令和2年4月1日以降できるだけ早い時期 7. 任期: 2年, ただし, 一回に限り再任可(再任は最長令和5年3月31日まで). 8. 応募期限: 令和2年 2月 28日(金) 必着 9. 提出書類:   (1) 履歴書(写真を貼付し,署名捺印のこと.電話番号・電子メール等の連     絡先を明記のこと)   (2) 研究業績リスト(論文,著書,講演リストを含む), 論文別刷(プレプリント     を含む), その他, 研究活動の実績を反映する資料など.   (3) 研究業績の説明, 将来の研究計画.   (4) 数学アドバンストイノベーションプラットフォーム事業への抱負      (A4用紙1枚程度).   (5) ご本人について問い合わせることができる方3名の氏名と連絡先. 10. 給与: 国立大学法人九州大学職員給与規程等の学内規定による. 11. 書類提出先:    〒819-0395 福岡市西区元岡744    九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 助教人事委員会 宛    書類は封筒に「IMI助教応募」と朱書の上,簡易書留にて郵送して    下さい.応募書類は原則として返却致しません. 返却を希望される方は    返送先住所を記して切手を貼った返却用封筒を同封して下さい. 12. 問い合せ先:    溝口 佳寛 (Email: ym _AT_ imi.kyushu-u.ac.jp ) 13. 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所については下記を参照下さい    http://www.imi.kyushu-u.ac.jp/    数学アドバンストイノベーションプラットフォーム事業については    下記を参照下さい.    https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/ 14. その他: (1) 応募書類により取得する個人情報は,本人事案件にのみ利用いたします. (2) 九州大学では, 国際化を推進する観点から, 採用後に英語による授業 実施に積極的に取り組むことを求めています. (3) 九州大学では, 男女共同参画社会基本法の精神に則り, 教員の選考を 行っています. (4) 九州大学では, 「障害者基本法」, 「障害者の雇用の促進等に関する法律」 および「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の趣旨に則り, 教員の選考を行っています.
件名: [MugenML 1232] Lecture series on tropical vertex by Arguz and Bousseau at Kyoto (29 Jan, 31 Jan, 1-2 Feb 2020) 日付: 2020年1月16日 0:08:39 JST 皆様, Hülya Argüz氏とPierrick Bousseau氏による,tropical vertex に関する連続講演会を京都大学で開催します. https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/conference/4253 1月29日(水)と31日(金)に1時間づつ講演があり,週末の2月1日―2日に ゆったりと時間をとって話をしていただく予定です. また同じ週には桑垣樹氏の集中講義もあります(時間は重ならない ようにしています).皆様のご参加をお待ちしています. 場所:京都大学理学部3号館110号室 Speaker: Hülya Argüz (Versailles-Paris Saclay) Title: 1) The tropical vertex and canonical scattering 2) Higher dimensional tropical vertex 3) Mirrors to Fano varieties in higher dimensions Speaker: Pierrick Bousseau (ETH Zurich) Title: 1) Refined tropical curve counting and Gromov-Witten invariants 2) The quantum tropical vertex 3) Stability conditions and moduli spaces of coherent sheaves on P^2 スケジュール 1月29日(水) 13:20 -- 14:20 Argüz 1 1月31日(金) 13:30 -- 14:30 Bousseau 1 2月1日(土) 10:30-- 12:00 Argüz 2 2月1日(土) 13:30 -- 15:00 Bousseau 2 2月2日(日) 10:30 -- 12:00 Argüz 3 2月2日(日) 13:30 -- 15:00 Bousseau 3 *さらにこれとは別に,2月6日のKTGU workshop でもお二人の講演があります. https://www.math.kyoto-u.ac.jp/~k.takao/KTGU/5thWorkshop/program.html 入谷
件名: [MugenML 1231] Kyoto Rep. Seminar (1/23) 日付: 2020年1月14日 11:31:31 JST 皆様 以下のセミナーのアナウンスをさせて頂きます(普段と開始時間が異なります)。 よろしくお願いいたします。 疋田辰之 --------------------------------------------------------------------- Speaker: Yota Shamoto (IPMU) Date & Time: January 23th (Thur) 14:00--15:30 Room: RIMS 006 Title: Irregular vertex algebras Abstract: Mainly motivated by Alday-Gaiotto-Tachikawa correspondence and their applications, irregular singularities in conformal field theory are investigated in mathematical physics. We shall initiate an attempt to give a mathematical language of such theory by introducing the notions of coherent state modules and irregular vertex algebras. In this talk, we shall explain the definitions, examples and some fundamental properties. This talk is based on a joint work with Akishi Ikeda at Osaka university.
差出人: Saburo KAKEI 件名: [MugenML 1230] 研究集会のご案内 [Jan 11-12, 2020] 日付: 2020年1月10日 17:53:28 JST 皆様, (重複して受け取られた場合はご容赦下さい。) 立教大学数理物理学研究センターでは,明日(1/11)より研究集会を開催致します。 Workshop Rikkyo MathPhys 2020 日程:2020年1月11日(土)--12日(日) 場所:立教大学 池袋キャンパス 4号館 4342教室 また,1月11日(土) 18:30 より,banquet を開催予定です (参加費 3000円)。 講演者,タイムテーブル,講演タイトル,概要等はWebページからご覧いただけます。 https://sites.google.com/a/rikkyo.ac.jp/rikkyo-mathphys-2020/ 皆様のご参加をお待ちしております。 世話人一同
件名: [MugenML 1229] 准教授公募(名大多元数理、締切2020年2月9日) 締め切り延長されました 日付: 2020年1月9日 17:45:11 JST MugenMLの皆様 先にお知らせした公募の応募期限が2020年2月9日(日)23:59に延長となりました。 すでに応募された方の再応募は不要です。 中西知樹 2019/11/22 11:29、Tomoki Nakanishi のメール: MugenMLの皆様 メーリングリストで重複して受け取られる場合にはご容赦ください。 このたび名古屋大学大学院多元数理科学研究科におきましては、下記要領で教員公募を 行うことになりました。つきましては貴関係者にお知らせいただくともに、適任者を ご存じの場合には、応募をお勧め下さるようお願い申し上げます。 記 職名及び人数:准教授 若干名 研究分野:数学および数理科学 応募期限:2020年1月12日(日)23:59 採用予定日:2020年10月1日以降できるだけ早く 応募書類:以下の1〜6の書類をひとつのPDFファイル(10MB以下)にまとめて所定の ウェブサイトにて提出のこと。  1. 履歴書(写真・捺印は不要)  2. 研究業績リスト(論文, 著書, 主要な講演, 外部資金獲得状況など)  3. 主要論文解説(論文の添付は不要)  4. 研究計画書  5. 教育経験及び教育についての考え方を述べた書類  6. 業績について照会できる方3名の氏名・所属・メールアドレス 応募書類提出先:以下のウェブサイトを参照のこと https://www.math.nagoya-u.ac.jp/ja/job/2019/faculty-1.html 問い合わせ先:准教授選考委員会委員長 中西 知樹 (ap-search-2019-query (at) math.nagoya-u.ac.jp) その他: 1. 本学では、男女共同参画を積極的に推進しています。(女性比率向上のための ポジティブ・アクションについて http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/declaration/positive/) 2. 本公募では学位取得後10年以内の方を積極的に採用します。 3. 応募書類は今回の選考のためにのみ用いられ, 選考終了後は適切な方法で破棄 します。 以上 
件名: [MugenML 1228] Kyoto Rep. Seminar (Jan/16) 日付: 2020年1月9日 1:17:21 JST 皆様 以下のセミナーが行われます。奮ってご参加ください。 よろしくお願いします。 加藤周 ——— Speaker: Husileng Xiao (Harbin Engineering University) Date & Time: January 16th (Thur) 10:30–12:00 Room: RIMS 006 Title: On representation of the finite W-superalgebras Abstract: In the last decade, Losev found a Poisson geometric realization of the finite W-algebras . This provides him a powerful tool to study the representations of the finite W-algebras. In this talk, I will first introduce my joint work with Bin Shu, which generalize the above realization to the finite W-superalgebra case. Then I will discuss its application to the representations of the finite W-superalgebras.
差出人: 松木平 淳太 件名: [MugenML 1227] セミナーの案内 日付: 2020年1月8日 11:01:14 JST 皆様 下記のセミナーを開催いたしますので、 ご案内させていただきます。 皆様、奮ってご参加ください。 松木平 ---- 題目 :可積分系と美的形状の幾何 講演者:梶原 健司(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所) 日時 :2020年1月18日(土)10:00 – 11:30 会場 :龍谷大学瀬田学舎1号館5階534号室 概要: この講演では,工業意匠設計分野で研究されてきた対数型美的曲線(LAC)と呼ばれる 平面曲線の族を取り上げ,その1つの数学的な意義付けと,それを用いた空間曲線や 曲面への拡張の試みについてお話したいと思います.ユークリッド幾何において, オイラーの弾性曲線と呼ばれる平面曲線の族があります.曲率の2乗で与えられる弾性 エネルギーによる変分原理で特徴付けられ,また,曲線の弧長を保つ変形のもっとも 簡単なものである,変形KdV方程式による変形の進行波解に対応する曲線族として得ら れます.一方,LACは工業意匠設計の研究者が車のデザイナーが美しいと感じる数千の 曲線から共通の性質を抽出して得られた概念で,曲率半径のベキが弧長の一次式で与 えられる曲線族と定義されます.最近,講演者らの研究グループは,LACをユークリッ ド幾何ではなくクライン幾何の1つである相似幾何の枠組みで定式化を試みたところ, オイラーの弾性曲線の類似物というべき性質をもつことがわかりました.すなわち, LACは相似幾何においてBurgers方程式で記述される,平面曲線の可積分変形の進行波 解で特徴付けられ,「フェアリングエネルギー」と呼ぶエネルギー汎函数による変分 原理による定式化が可能です.我々は,この定式化に注目してLACの空間曲線の拡張を 行い,現在「美的曲面」ともいうべき曲面への拡張と,その設計分野への展開を研究 中です.この講演ではこのような,可積分系による「美的形状」の幾何について議論 をしたいと思います.
件名: [MugenML 1226] 南大阪代数セミナー(1/24) 日付: 2020年1月7日 22:25:48 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複してお受け取り の際はご容赦ください。) 以下の要領にて、南大阪代数セミナーを行います。 https://sites.google.com/view/modseminar/2019 日時:2020年1月24日(金) 17:30~18:30, 18:45~19:45 場所:I-siteなんば 2F S1 (I-siteなんばへは,地下鉄御堂筋線大国町駅が最寄りです.) 講演者:長岡高広氏(京都大学理学研究科) タイトル:トーリック超ケーラー多様体の普遍被覆とBogomolov分解 アブストラクト:トーリック超ケーラー多様体とは錘的シンプレクティック多様体の 具体例であり, 各トーリック超ケーラー多様体に対してある超平面配置を対応させる ことができ, 幾何学的な性質を対応する組合せ論的な性質から読み取ることができる という特徴を持つ. 一般に錘的シンプレクティック多様体は特異点を持っているが, その(特異点を持つ)普遍被覆を考えることができ, これも再び錘的シンプレクティック 多様体になることが分かり, そのような普遍被覆を決定することは重要な問題である. 今回, トーリック超ケーラー多様体に対して, その非特異点集合の基本群及び普遍被覆 を決定し, その応用としてトーリック超ケーラー多様体のBogomolov分解を与えたので その結果について紹介したい. 木村 嘉之 大阪府立大学 高等教育推進機構 〒599-8531 堺市中区学園町1-1 電話 (072)254-8359 (内線 3856)
件名: [MugenML 1225] 修士課程のご案内@ブルゴーニュ大・数理物理分野 日付: 2020年1月7日 18:11:57 JST Mugen ML の皆様, ブルゴーニュ大の木村と申します.本案内を複数回受け取られた方はご容赦ください. ブルゴーニュ大・数学研究科 (Institut de Mathématiques de Bourgogne, Université de Bourgogne) では下記要領にて 2020 年 9 月スタートの数理物理学 分野での修士課程学生を募集予定です. 詳細については下記案内,および web page (http://monge.u-bourgogne.fr/gdito/MP) をご覧頂ければと思いますが,要点をまとめますと - 応募は web 経由で 2 月中旬から 6 月中旬まで - 10 名程度に給付型奨学金が支給 (全体の募集人数は 15 - 20 名程度) - 授業は全て英語 です. 例年の状況を鑑みますと日本から応募される方のレベルであれば給付型奨学金を 取得できる可能性が高いと思われます. こちらの修士課程のシステムは基本的に 2 学期制で,M1 の最初の学期は主に講義, M1 の後半から M2 にかけては講義もありますが,指導教員の下でのセミナー形式 の指導がメインとなります. 本科の数理物理分野には 10 名程度のスタッフが在籍しており,分野としては 一般相対論・統計力学・可積分系・変形量子化問題・偏微分方程式論・場の量子論・ 弦理論 などがカバーされています.他にも指導教員として数理物理分野以外の スタッフを選択することも可能です.詳しくは web page https://math.u-bourgogne.fr/ https://math.u-bourgogne.fr/membres-de-linstitut をご参照下さい. 本件について質問のある方は 木村 (taro.kimura あっと u-bourgogne.fr) まで お問い合わせください.こちらでの生活についてなども含めて何でも気軽に お尋ねくださればと存じます. またこちらの案内を興味を持たれそうな方へ周知して頂けますと幸いです. よろしくお願い申し上げます. 木村太郎 ======================================================================= International Master in Mathematical Physics Institut de Mathematiques de Bourgogne Universite de Bourgogne Dijon, France Academic year: 2020-2021 Webpage: http://monge.u-bourgogne.fr/gdito/MP The Department of Mathematics of the Universite de Bourgogne offers in a one- or two-year master program in Mathematical Physics. Advanced students may be admitted to the 2nd year of the Master. Students who will successfully complete the M.Sc. program will be encouraged to apply to one of the Ph.D. fellowships that will be available for pursuing their studied in Dijon at the doctorate level. The student will be integrated from the very beginning into the mathematical physics group of the IMB (Institut de Mathematiques de Bourgogne) and will have to prepare by the end of their 2nd year a master dissertation under the supervision of a member of the Institute. All the lectures will be given in English. We will also provide several mini courses by the research visitors of the IMB as well as by invited professors in the framework of the Erasmus program. We expect to have up to 10 fellowships for students. The interested candidates are strongly advised to already get in touch with us, and send a cv to: For admission in M1: Giuseppe.Dito _AT_ u-bourgogne.fr For admission in M2: Nikolai.Kitanine _AT_ u-bourgogne.fr ====================================================================== Taro Kimura 木村太郎 Institut de Mathématiques de Bourgogne Université de Bourgogne, UBFC https://kimura.perso.math.cnrs.fr/
差出人: Hiroshi Iritani 件名: [MugenML 1224] 桑垣樹氏の集中講義(京大,1月27日-31日) 日付: 2020年1月7日 11:32:31 JST 皆様, 今月末,京都大学で桑垣樹さんの集中講義が行われます. 興味のあるかたは是非ご参加ください. https://www.math.kyoto-u.ac.jp/ja/event/seminar/4223 タイトル:超局所層理論と深谷圏 場所:京都大学理学部3号館110号室 スケジュール:2020年1月27日--31日 月:14:00 -- 16:00 火:14:00 -- 16:00 水:10:00 -- 12:00 *談話会 15:00--16:00 木:14:00 -- 16:00 金:10:00 -- 12:00 概要: 超局所層理論とは、多様体上の層をあたかもその余接束に住んでいるかの ように扱い調べる理論である。もともとは微分方程式論的動機から生まれた理論 であるが、表現論・特異点論などに多くの応用がなされてきた。近年、超局所層 理論をその余接束(もしくはその一般化)のシンプレクティック幾何学を調べる ために用いる研究が活発に行われている。特に、Floer理論や深谷圏との類似性・ 同値性を確かめる仕事により、理論の応用範囲も広がりつつある。たとえば、 数理物理学における代数幾何とシンプレクティック幾何の双対性であるミラー 対称性の証明に用いることもできる。本講義では、これらの発展を層理論の基本 的なところから始めて、解説していく予定である。 入谷
件名: [MugenML 1223] 紀尾井町数理セミナーのお知らせ1/25(土) 日付: 2020年1月6日 22:12:39 JST 皆様 下記の要領で城西大学紀尾井町キャンパスにてセミナーを行いますのでお知らせ いたします. 比較的長く時間をとって講師の方にゆっくりと研究内容を解説して いただきます. 専門家から非専門家,大学院生まで幅広い方々ご来聴をお待ちして おります. 複数の ML に投稿しておりますこと, ご容赦ください. 日時: 2020 年1月25日(土) 10:30 〜 17:00 会場:  城西大学紀尾井町キャンパス(教室未定) (http://www.josai.ac.jp/about/access/kioicho.html をご参照ください) 講師:鈴木貴雄氏(近畿大学) 題目:クラスター代数とq-パンルヴェ方程式:高階化と退化構造 概要:Fomin-Zelevinskyにより導入された(係数付き)クラスター代数は, クラスター変数と係数によって記述される可換環の一種であり,その生成系は 変異という操作によって定義される.変異とは,クラスター変数・係数・箙の 組からなる種に対して新しい種を得る操作である.変異によって新たに得られる クラスター変数は元のクラスター変数と係数の有理式となり,新たに得られる 係数は元の係数の有理式となる.従って,初期種を上手く選ぶことで変異から 良い差分方程式を導く,というのはごく自然な動機であろう.実際に,離散 パンルヴェ方程式の幾つかがこのようにして既に導かれている.ただし,その 際には箙をどのようにして適切に選ぶかが常に問題となる.最近, 箙の変異を 用いたアフィン・ワイル群の双有理表現の構成が,Bershtein-Gavrylenko- Marshakov,Inoue-Ishibashi-Oya,Masuda-Okubo-Tsudaらによって次々に行われた. これにより,q-パンルヴェ方程式などのアフィン・ワイル群に関連する離散 可積分系を箙の変異から系統的に導出することが可能となった.本講演では, 神保・坂井によって導入されたq-パンルヴェVI方程式の一般化を,あるトーラス 上の箙の変異から導出する.更に,坂井によって得られたq-パンルヴェ方程式の 退化に対応する操作として箙の頂点の合流を考察し,それにより方程式(または 関連するアフィン・ワイル群)の退化がどのように引き起こされるのかを具体的 に調べる.なお,本講演で紹介する結果は全て大久保直人氏(青山学院大)との 共同研究によるものである.どうぞよろしくお願いいたします. 過去のセミナー情報, ノートなど https://sites.google.com/site/kioichosuriseminar/ 廣惠一希 千葉大学理学部 数学・情報数理学科 中村あかね 城西大学理学部数学科
件名: [MugenML 1222] MS seminar at Kavli IPMU in January, 2020 日付: 2020年1月6日 16:02:31 JST Dear all, I would like to announce the following 3 MS seminars at Kavli IPMU: 1) Speaker: Gufang Zhao (University of Melbourne) Date: Fri, Jan 10, 2020, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room B Title and abstract will be available soon on http://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2485 2) Speaker: Hiroyasu Miyazaki (Riken (iTHEMS)) Date: Tue, Jan 21, 2020, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room A Title: On motives with modulus Abstract available at https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2472 3) Speaker: Ryomei Iwasa (University of Copenhagen) Date: Tue, Jan 28, 2020, 15:30 - 17:00 Place: Seminar Room A Title: Motivic filtration on K-theory Abstract available at https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2482 ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 1221] 【リマインダ】第6回応用可積分系若手セミナーのご案内 (1/13) 日付: 2020年1月6日 12:16:14 JST 皆様 武蔵野大学の松家敬介です。 標記のセミナーの開催が近付いてまいりましたので、リマインダをお送りします。 *案内にも記載している通り、事前参加のメールをお願いしておりますので ご注意ください。 -- 第6回応用可積分系若手セミナーを下記の要領で開催いたします。 応用可積分系分野の若手研究者が集い、最先端の話題に触れながら交流を深め られればと思います。興味のある方は(若手に限らず)お気軽にご参加ください。 日時:2019年1月13日(月) 13:30-19:00 会場:東京大学 駒場キャンパス 数理科学研究科棟128号室 13:30~15:00 延東和茂(早稲田大学) 題目:GKZ超幾何関数による確率セルオートマトンの熱力学的極限の計算 15:30~17:00 新庄雅斗(同志社大学) 題目:可積分系理論に基づく固有値計算法 講演概要、会場アクセス等の詳細はセミナーHPをご覧ください。 https://sites.google.com/site/seminarsyrais/home/seminar06 *参加希望の皆さまへのお願い: 祝日で建物が施錠されているため,お手数ですが1月12日(日)までに松家 (keimatsu あっと musashino-u.ac.jp) に参加のメール連絡をお願いいたします。  *セミナー終了後に講演者を交えて懇親会を開催予定です。 参加を希望される方はこちらも1月12日(日)までに松家 (keimatsu あっと musashino-u.ac.jp) までご連絡をお願いいたします。 世話人: 三木啓司(気象大学校) 松家敬介(武蔵野大学工学部) 以上です。 よろしくお願い致します。 松家 敬介 -- 松家 敬介 武蔵野大学 工学部 数理工学科 〒135-8181 東京都江東区有明3丁目3番3号 Tel: 03-6865-8085