無限可積分系メーリングリスト

Documents of past years : 2018 | 2017 | 2016 |
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 |
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

件名: [MugenML 1083] Re: Workshop "Classical and Quantum Integrable Systems" 日付: 2019年4月19日 21:28:32 JST 皆様、 すみません、研究会の日付を間違えました。 Workshop "Classical and Quantum Integrable Systems" の 日程は: 誤:「6月22日〜26日」 正:「7月22日〜26日」 です。 失礼致しました。 武部尚志
件名: [MugenML 1082] Kyoto Rep. Seminar (4/25) 日付: 2019年4月19日 14:28:54 JST 皆様 次のセミナーが開催されますのでお知らせします。 加藤周 ----------------- Speaker: Anatol Kirillov Date & Time: April 25 (Thurs) 10:30–12:00 Room: RIMS 006 Title: Deformed Hecke algebras and quantum cohomology of graph varieties Abstract: For any finite graph I define certain algebras, including deformed Hecke type ones. All these algebras contain commutative subalgebras generated by either additive or multiplicative, or elliptic Dunkl elements. I'm planing to explain why these commutative subalgebras can be identified with classical and (small) quantum cohomology (and that of K-theory) of certain graph varieties, includingpartial flag and Hessenberg varieties.
件名: [MugenML 1081] Workshop "Classical and Quantum Integrable Systems" 日付: 2019年4月17日 15:33:04 JST 皆様、 下記の通り、毎年行われている workshop "Classical and Quantum Integrable Systems" が、今年はサンクトペテルブルクのオイラー研究所で6月22日〜26日に開かれます。 ビザが必要な参加者は5月15日までに参加登録をして下さい、と のことです。 (すみません、2月に来ていた案内を転送するのを忘れていました。) 武部尚志 ロシア国立研究大学経済高等学校 数学学部及び表現論と数理物理ラボラトリー -------- Тема: Invitation to the workshop "Classical and Quantum Integrable Systems" Дата: Sun, 3 Feb 2019 22:02:56 +0300 Dear Colleague, we would like to inform you that the next workshop "Classical and Quantum Integrable Systems" will take place at the Euler Institute in Saint-Petersburg, Russia on July 22-26, 2019. The workshop will continue the series of workshops held in 2000-2018 in Protvino, Dubna, Chernogolovka, and Saint-Petersburg. For more details and registration, please visit the conference site: https://sites.google.com/view/cqis2019/ Please note that the participants who need to obtain a Russian visa should register at their earliest convenience, and in any case before May 15, 2019. For other participants, the registration deadline is May 31, 2019. Looking forward to seeing you at the conference, on behalf of the organizing committee, P. Pyatov, A. Bytsko, S. Derkachov, A. Trofimova
件名: [MugenML 1080] Reminder: ALTReT2019参加申し込み 日付: 2019年4月17日 15:21:26 JST 皆様 (本メールは複数のメーリングリストに投稿しております。 重複して受け取られた方は、ご容赦下さい。) ALTReT2019の参加申し込み締め切りが近づいて参りましたので、 お知らせいたします。参加申し込みは今週末4月21日(日)となります。 皆様のご参加をお待ちしております。 当研究集会のホームページ(https://sites.google.com/view/altret2019/) に暫定版プログラムがありますので、ご参照ください。 以下は、4/1にお回ししたご案内となります。 ---------------------------------------------------------- Algebraic Lie Theory and Representation Theory 2019 への 参加申し込みのご案内をさせて頂きます。 今年度の開催予定は以下の通りです。 日時: 2019年5月24日(金) 〜 5月27日(月) 場所: 山喜旅館(静岡県伊東市) http://www.ito-yamaki.jp/index.html 参加を希望される方は、以下の「参加申し込みフォーム」のリンク https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfR1yeeZ7dLOiW2HBKdoY6hEaygmguom0cgXA7pLvm2TXQAtw/viewform?usp=sf_link からお申込み下さい。また集会の詳細については、以下の研究集会 ウェブページをご参照ください(ページ内にも、参加申し込みフォーム へのリンクがあります)。 https://sites.google.com/view/altret2019/ 締め切りは、4 月 21 日(日) とさせて頂きます。 山喜旅館は、参加者の人数によって貸し切りにできる可能性があります。 貸し切りで使えるかの目算を得るためにも、 できる限り早めの登録をお願い申し上げます。 問い合わせ先: 直井克之 naoik あっと cc.tuat.ac.jp どうぞよろしくお願い致します。 世話人: 直井克之(東京農工大学), 榎本直也(電気通信大学) --------------------------------------------------------------------
件名: [MugenML 1079] RIMS共同利用(公開型)「超局所解析と漸近解析」(第1報) 日付: 2019年4月17日 14:54:36 JST 皆さま この秋にRIMS共同利用(公開型)として以下を開催いたしますのでご案内申し上げます。 研究題目:超局所解析と漸近解析 期間:2019年11月18日(月)PM〜11月22日(金)PM 場所:数理解析研究所1階111号室 秋の京都は観光シーズンのため、ホテルの予約がかなり難しいようですので早めの お知らせを行いました。参加を考えておられる皆様は早めのご準備をよろしく お願い申し上げます。 多数の皆様のご参加をお待ちしております。 -- 廣瀬三平 芝浦工業大学
件名: [MugenML 1078] Hokkaido Summer Institute 2019 追加情報 日付: 2019年4月17日 14:31:05 JST 皆様、 北海道大学の吉永です。4月2日に案内させていただきました Hokkaido Summer Institute Recent progress in matroids and Tutte polynomials 22-26, July 2019 Website: https://sites.google.com/view/hsi2019matroids の追加情報です。 ・残念ながら予算の都合で旅費・滞在費は出せない状況です。 ・25日~26日のWorkshop内で、short communication の 時間を設けてできるだけ多くの方に発表の機会を提供したいと 考えています。(講演時間等は締め切り後に決めます。) マトロイドやTutte多項式関連での講演希望をお持ちの方は 6月20日までに吉永へお知らせください。 吉永正彦 -- Masahiko Yoshinaga Department of Mathematics, Hokkaido University, North 10, West 8, Kita-ku, Sapporo, 060-0810, JAPAN
件名: [MugenML 1077] Kyoto Rep. Seminar (4/19) 日付: 2019年4月15日 16:21:16 JST 皆様 次のセミナーが開催されますのでお知らせします。 加藤周 ----------------- Speaker: Kazuya Kawasetsu (RIMS) Date & Time: April 19 (Fri) 14:30–16:00 Room: RIMS 402 Title: Relaxed highest-weight modules over affine VOAs Abstract: The (chiral) symmetry algebras of 2d conformal field theory are described as vertex operator algebras (VOAs). Among them, C_2-cofinite ones with semisimple module categories correspond to rational conformal field theory, whose characters span a SL_2(\Z)-invariant vector space and whose fusion rules in module categories satisfy the celebrated Verlinde formula. The affine VOAs are those construted by (and almost the same as) affine Kac-Moody algebras. Among them, non-integrable affine VOAs are important examples of non-C_2-cofinite VOAs. The Verlinde formula for non-integrable (admissible) affine VOAs proposed by T. Creutzig and D. Ridoutinvolves in relaxed highest-weight modules over affine Kac-Moody Lie algebras, which are modules parabolically induced from weight modules over the associated finite-dimensional simple Lie algebras. In this talk, we briefly review the Creutzig-Ridout theory and discuss recent progress on character formulas and classification of relaxed highest-weight modules. This talk is based on joint works with David Ridout.
件名: [MugenML 1076] Omar Kidwai 氏の講演 日付: 2019年4月15日 10:39:49 JST 皆様 以下のように, 名古屋大学 (4/22) と京都大学 (4/24) にて Omar Kidwai 氏 (トロント大学) によるセミナー講演を予定しています。 詳細については下記をご参照下さい。(講演内容は重複しております。) 皆様のご参加をお待ちしております。 名古屋大学多元数理科学研究科  岩木耕平 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% ・名古屋大学でのセミナー 日時:4月22日 (月) 15:30 — 17:00 場所:名古屋大学 理学部A館317号室 ・京都大学数理解析研究所でのセミナー 日時:4月24日 (水) 15:00 — 16:30 場所:京大数理研206号室 講演者:Omar Kidwai (トロント大学) タイトル:Higher length-twist coordinates for character varieties アブストラクト: We describe joint work with L. Hollands on a construction of special holomorphic Darboux coordinates on certain SL_N (particularly N=2,3) character varieties. We consider degenerate examples of "spectral networks" of Gaiotto-Moore-Neitzke (certain graphical objects on a Riemann surface), generalizing the so-called "Fenchel-Nielsen" networks of Hollands-Neitzke. We compute the associated "spectral coordinates" using the "abelianization map", taking connections on the Riemann surface to abelian holonomy data on a spectral cover, generalizing the "complexified Fenchel-Nielsen" coordinates of Kourouniotis-Tan for SL(2)-connections to higher rank. Time permitting, I will discuss some physical applications to computing superpotentials coming from 4d N=2 supersymmetric QFTs. (タイトルとアブストラクトは2つの講演で共通です。) %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
件名: [MugenML 1075] 南大阪代数セミナー(2019/4/23) 日付: 2019年4月12日 15:36:53 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複してお受け取り の際はご容赦ください。) 以下の要領にて、南大阪代数セミナーを行います。 sites.google.com/view/modseminar/2019 講演者: Bernard Leclerc氏 (Université Caen Normandie) 日時:2019年4月23日(火) 17:30~18:30, 18:45~19:45 場所: I-siteなんば 2F S1 (I-siteなんばへは,地下鉄御堂筋線大国町駅が 最寄りです.) タイトル: Cluster algebras and infinite-dimensional representations of Borel subalgebras of quantum affine algebras アブストラクト: Hernandez and Jimbo have introduced a category O of representations of a Borel subalgebra U_q(b) of a quantum affine algebra U_q(g). We consider some monoidal subcategories O^+ and O^- of O and show that they have a cluster structure with an initial seed given by the set of all prefundamental representations. (Joint work with David Hernandez.) 講演終了後に,講演者を囲んで懇親会を予定しています。 懇親会にご参加の方は4月21日(日)までに 木村 (ysykimura あっと las.osakafu-u.ac.jp) までお知らせください。 皆様のご参加をお待ちしております. -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1074] Kyoto Rep. Seminar (Apr/18) 日付: 2019年4月12日 13:23:18 JST 皆様 次のセミナーが開催されますのでお知らせします。 加藤周 ----------------- Speaker: Sota Asai (RIMS) Date & Time: April 18 (Thur) 10:30–12:00 Room: RIMS 006 Title: Semibricks in $\tau$-tilting theory Abstract: This talk is based on my paper "Semibricks" in IMRN. In representation theory of a finite-dimensional algebra $A$ over a field $K$, bricks and semibricks are fundamental and useful notions. Here, a brick means an $A$-module whose endomorphism ring is a division $K$-algebra, and a semibrick means a set of bricks which are pairwise Hom-orthogonal, so (semi)bricks are a generalization of (semi)simple modules. I study semibricks from the point of view of $\tau$-tilting theory. I proved that there is a one-to-one correspondence between the support $\tau$-tilting modules and the semibricks satisfying a certain condition called left finitess. Also, I introduced brick labels for the exchange quiver of the support $\tau$-tilting modules by using this bijection. I would like to explain these results and the new perspective of $\tau$-tilting theory given by them.
件名: [MugenML 1073] 神戸可積分系セミナー(4/23) 日付: 2019年4月12日 9:02:48 JST 神戸大学で以下のセミナーを行います. 小寺諒介 ============================================================================ SEMINAR INFORMATION ============================================================================ 神戸可積分系セミナーの案内 日時:2019年4月23日(火)17:00-18:30 場所:神戸大学理学部数学科B314 講演者:長岡高広氏(京都大学) 題目:The geometry and combinatorics of hypertoric varieties 概要: Recently, (holomorphic) symplectic varieties are extensively studied in algebraic geometry and geometric representation theory. In this talk, I will focus on hypertoric varieties among symplectic varieties. A hypertoric variety is an analogue of toric variety, and we can study its geometry from the associated combinatorial object, hyperplane arrangements (like polytopes in toric geometry). Thus, one can consider hypertoric varieties as the first step to understand the geometry of general or other symplectic varieties (ex. Quiver varieties). In this seminar, I will introduce hypertoric varieties with examples and pictures, then I discuss how one can see geometric properties (signulrities, crepant resolutions, wall-crossing…) from the associated pictures. ---------------------------------- 連絡先:藤 健太 HP:http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ ============================================================================
件名: [MugenML 1072] Re: Kyoto Rep Seminar (4/11, Kazuya Kawasetsu and Ikuo Satake) 日付: 2019年4月11日 11:56:09 JST 皆様、 下記のセミナーですが、体調不良のため川節氏の講演がキャンセルになりました。 なお、16:30からの佐竹氏の講演は予定通り行われます。 荒川 知幸 http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~arakawa/ ========================================================================== 2019/04/03 12:02、Tomoyuki Arakawa のメール: 皆様 次のセミナーが開催されますのでお知らせします。 荒川 知幸 -------------------------------------------------------------------------- Date: April 11 (Thur) Room: RIMS 006 Program: 14:30-16:00 Kazuya Kawasetsu , Relaxed highest-weight modules over affine VOAs 16:30-18:00 Ikuo Satake, An approach to the invariant theory for the elliptic Weyl groups -------------------------------------------------------------------------- Kazuya Kawasetsu (RIMS), Relaxed highest-weight modules over affine VOAs Abstract: The (chiral) symmetry algebras of 2d conformal field theory are described as vertex operator algebras (VOAs). Among them, C_2-cofinite ones with semisimple module categories correspond to rational conformal field theory, whose characters span a SL_2(\Z)-invariant vector space and whose fusion rules in module categories satisfy the celebrated Verlinde formula. The affine VOAs are those construted by (and almost the same as) affine Kac-Moody algebras. Among them, non-integrable affine VOAs are important examples of non-C_2-cofinite VOAs. The Verlinde formula for non-integrable (admissible) affine VOAs proposed by T. Creutzig and D. Ridout involves in relaxed highest-weight modules over affine Kac-Moody Lie algebras, which are modules parabolically induced from weight modules over the associated finite-dimensional simple Lie algebras. In this talk, we briefly review the Creutzig-Ridout theory and discuss recent progress on character formulas and classification of relaxed highest-weight modules. This talk is based on joint works with David Ridout. --------------------------------------------------------------------------- Ikuo Satake (Kagawa University), An approach to the invariant theory for the elliptic Weyl groups Abstract: We have 3 kinds of generators of the invariant ring for the elliptic Weyl groups: (1) the fundamental characters of the affine Lie algebras, (2) the (generalized weak) Jacobi forms, (3) the flat invariants for the Frobenius structure. For the D4 case, we could construct (2) by (1) by a determinant of a matrix whose entries are fundamental characters. By these Jacobi forms, we could give the explicit description of the Frobenius structure, since the Frobenius structure has the modular invariance. Then we could construct (3) by (2). So we could construct (3) by (1) (arxiv:1708.03875). Afterwards we find a characterization of (3) by using the behavior on the fixed points of the modified Coxeter transformation for the elliptic root system. Combining these results, we give some new properties of the fundamental characters and the Weyl denominator for the affine Lie algebra of type D4. ---------------------------------------------------------------------------
件名: [MugenML 1071] Yuri Suris のセミナーのご案内 日付: 2019年4月11日 11:15:46 JST みなさま 東京大学・大学院数理科学研究科のセミナー案内をお送りします。 皆様お誘い合わせの上ご参加ください。 ウィロックス ラルフ --------------------------------------------------------------------------- 日時 : 2019年04月22日(月), 17:15~18:30 場所 : 東京大学・駒場第 I キャンパス・大学院数理科学研究科棟 118教室 講演者 : Yuri SURIS (Technische Universität Berlin) タイトル : Geometry of the Kahan-Hirota-Kimura discretization アブストラクト : We will report on some novel results concerning the bilinear discretization of quadratic vector fields. URL: http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/seminar/2019/sem19-070_e.html ---------------------------------------------------------------------------
件名: [MugenML 1070] 公募情報 日付: 2019年4月10日 15:40:24 JST 熊本の山田裕史です. このメイリングリストで公募のお知らせをさせて下さい. 熊本大学大学院先端科学研究部(理学部)では 教員の公募を行っております. 関係各位にご周知いただくと共に, 適任者をご存知の場合は, 応募をお勧めくださいますようにお願い申し上げます. ================================== 公募(熊本大学 准教授)卓越研究員事業 ================================== 所属:大学院先端科学研究部(理学部) 研究分野の内容:数学(分野は問わない) 職種:准教授(常勤,任期なし) 募集人数:1名 事前連絡締切:平成31年5月8日 着任時期:文部科学省における卓越研究員の決定後なるべく早い時期 このポストは卓越研究員事業の提示ポストです. 卓越研究員に応募し,その候補者として採択されることが必要となります. また事前連絡が必要となります. 事前連絡先:hfyamada あっと kumamoto-u.ac.jp(山田裕史 選考委員長) または 096−342−3331(数学事務室) 事前連絡のあと下記の応募書類をお送り下さい。 応募書類: (1) 履歴書(男女を問わず,出産、育児,介護に専念(あるいは従事)した 期間について考慮されることを希望する場合は,付記して下さい) (2) 研究業績リスト (3) 主要論文の別刷(コピー可) (4) これまでの研究業績と今後の研究計画 (5) 教育に対する抱負(1200字程度) (6) 外部資金獲得状況などその他の業績 (7) 応募者の業績について問い合わせることのできる方2〜3名の氏名と連絡先 連絡先及び書類提出先: 〒860-8555 熊本市中央区黒髪2丁目39番1号 熊本大学大学院先端科学研究部 基礎科学部門数学分野 山田裕史 電話番号:096-342-3331 e-mail:hfyamada あっと kumamoto-u.ac.jp
差出人: Atsuo Kuniba 件名: [MugenML 1069] 研究集会 "Workshop New Trends in Integrable Systems 2019" のお知らせ 日付: 2019年4月10日 11:07:43 JST 皆様、 研究会のご案内です. %%%%%%%%%%%%%%%%%% 国際研究集会 Workshop New Trends in Integrable Systems 2019 (大阪市立大学 2019.Sep.9-20)が開催されます. 詳しくは以下の URL を御覧ください. URL: https://indico2.riken.jp/event/3020/ 数学会,物理学会と重なり恐縮ですが, ご都合のつく日程でのご参加をお待ちしています. 組織委員一同
件名: [MugenML 1068] 【再送】公募:大阪市立大学 准教授または講師 (卓越研究員事業) 日付: 2019年4月8日 22:02:14 JST (重複してお受け取りの場合は、ご容赦ください。) 皆様 卓越研究員申請の期限(4月24日(水)17時:日本時間、期限厳守)が 近づいてきましたので、下記の公募案内を再送させて頂きます。 尾角正人 大阪市立大学 ================================================== 公募:大阪市立大学 准教授または講師(卓越研究員事業) ================================================== 大阪市立大学大学院理学研究科数学教室では 下記URLにある要領で教員の公募を行っております. 所属:理学研究院・理学研究科・数物系専攻 数理構造論講座 研究分野の内容:代数学,幾何学,基礎解析学,数理解析学のいずれか 職種:准教授または講師1名 着任予定時期:2020年1月1日 (※ 有期雇用として着任後,審査に合格することで早ければ2021年4月1日から 専任教員(無期雇用)に任用されます.) 締切:2019年5月9日(木)必着 卓越研究員事業の公募番号:B0101 募集要項 https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/jobs/jobs_faculty/takuetsu 備考:この公募は卓越研究員事業に申請するものを対象としています. 卓越研究員に応募し,その候補者として採択されることが必要となります. 卓越研究員事業については以下のページをご覧ください. <日本学術振興会 卓越研究員事業HP> https://www.jsps.go.jp/j-le/index.html <公開ポスト一覧> https://www.jsps.go.jp/j-le/post_list.html %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
件名: [MugenML 1067] Kyoto Rep Seminar (4/11, Kazuya Kawasetsu and Ikuo Satake) 日付: 2019年4月3日 12:02:14 JST 皆様 次のセミナーが開催されますのでお知らせします。 荒川 知幸 --------------------------------------------------------------------------- Date: April 11 (Thur) Room: RIMS 006 Program: 14:30-16:00 Kazuya Kawasetsu, Relaxed highest-weight modules over affine VOAs 16:30-18:00 Ikuo Satake, An approach to the invariant theory for the elliptic Weyl groups --------------------------------------------------------------------------- Kazuya Kawasetsu (RIMS), Relaxed highest-weight modules over affine VOAs Abstract: The (chiral) symmetry algebras of 2d conformal field theory are described as vertex operator algebras (VOAs). Among them, C_2-cofinite ones with semisimple module categories correspond to rational conformal field theory, whose characters span a SL_2(\Z)-invariant vector space and whose fusion rules in module categories satisfy the celebrated Verlinde formula. The affine VOAs are those construted by (and almost the same as) affine Kac-Moody algebras. Among them, non-integrable affine VOAs are important examples of non-C_2-cofinite VOAs. The Verlinde formula for non-integrable (admissible) affine VOAs proposed by T. Creutzig and D. Ridout involves in relaxed highest-weight modules over affine Kac-Moody Lie algebras, which are modules parabolically induced from weight modules over the associated finite-dimensional simple Lie algebras. In this talk, we briefly review the Creutzig-Ridout theory and discuss recent progress on character formulas and classification of relaxed highest-weight modules. This talk is based on joint works with David Ridout. --------------------------------------------------------------------------- Ikuo Satake (Kagawa University), An approach to the invariant theory for the elliptic Weyl groups Abstract: We have 3 kinds of generators of the invariant ring for the elliptic Weyl groups: (1) the fundamental characters of the affine Lie algebras, (2) the (generalized weak) Jacobi forms, (3) the flat invariants for the Frobenius structure. For the D4 case, we could construct (2) by (1) by a determinant of a matrix whose entries are fundamental characters. By these Jacobi forms, we could give the explicit description of the Frobenius structure, since the Frobenius structure has the modular invariance. Then we could construct (3) by (2). So we could construct (3) by (1) (arxiv:1708.03875). Afterwards we find a characterization of (3) by using the behavior on the fixed points of the modified Coxeter transformation for the elliptic root system. Combining these results, we give some new properties of the fundamental characters and the Weyl denominator for the affine Lie algebra of type D4. ----------------------------------------------------------------------------
件名: [MugenML 1066] 集中講義のお知らせ(名古屋大学,5月7日~10日,Prof. Roby) 日付: 2019年4月3日 11:55:41 JST 無限可積分系メーリングリストの皆様, 名古屋大学多元数理科学研究科で,5 月 7 日~ 10 日に,下記の ように集中講義が行われますので,ご案内申し上げます. 岡田 聡一 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 講師:Prof. T.W.Roby (Univ. Connecticut) タイトル:Dynamical Algebraic Combinatorics 講義内容:Understanding discrete dynamical systems that arise in algebraic combinatorics, including questions of periodicity and homomesy. Liftings of these systems to the piecewise-linear level (order polytopes) and to the birational level. 日時・場所: ・5 月 7 日(火)14:45~18:00,多元数理科学棟 452 セミナー室 ・5 月 8 日(水)16:30~18:00,多元数理科学棟 552 セミナー室 ・5 月 9 日(木)14:45~18:00,多元数理科学棟 552 セミナー室 ・5 月 10 日(金)16:30~18:00,多元数理科学棟 552 セミナー室 参考文献: Tom Roby, Dynamical algebraic combinatorics and the homomesy phenomenon, in "Recent Trends in Combinatorics", IMA Volumes in Math. and its Appl., 159 (2016), 619-652. http://www.math.uconn.edu/~troby/homomesyIMA2015Revised.pdf David Einstein and James Propp, Combinatorial, piecewise-linear, and birational homomesy for products of two chains, https://arxiv.org/abs/1310.5294v3 Darij Grinberg and Tom Roby, Iterative properties of birational rowmotion I: generalities and skeletal posets, Electron. J. of Combin. 23(1), #P1.33 (2016). http://www.combinatorics.org/ojs/index.php/eljc/article/view/v23i1p33 Darij Grinberg and Tom Roby, Iterative properties of birational rowmotion II: rectangles and triangles, Electron. J. of Combin. 22(3), #P3.40 (2015). http://www.combinatorics.org/ojs/index.php/eljc/article/view/v22i3p40 Gregg Musiker and Tom Roby, Paths to Understanding Birational Rowmotion on Products of Two Chains, To appear in Algebraic Combinatorics. https://arxiv.org/abs/1801.03877 James Propp and Tom Roby, Homomesy in products of two chains, Electron. J. Combin. 22(3) (2015), #P3.4. http://www.combinatorics.org/ojs/index.php/eljc/article/view/v22i3p4 Victor Reiner, Dennis Stanton, and Dennis White, What is . . . cyclic sieving?, AMS Notices 61, #2 (2014), 169-171. https://www.ams.org/notices/201402/rnoti-p169.pdf Jessica Striker and Nathan Williams, Promotion and Rowmotion, Europ. J. of Combin. 33 (2012), 1919--1942, http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0195669812000972 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
件名: [MugenML 1065] Hokkaido Summer Institute 日付: 2019年4月2日 12:14:26 JST 皆様、 北海道大学の吉永です。北海道大学主催の Hokkaido Summer Institute の一環で Recent progress in matroids and Tutte polynomials 22-26, July 2019 Lecturers: Luca Moci (Bologna), Graham Denham (Western Ontario), Masahiko Yoshinaga (Hokkaido) Website: https://sites.google.com/view/hsi2019matroids を企画しています。学生向けのマトロイドの入門講義に続いて、 G. Denham 氏にはマトロイドのChow環や log-concave 不等式への 応用などの連続講演、L. Moci 氏にはTutte多項式やその一般化の 連続講演をお願いしてあります。木曜~金曜はWorkshopの予定です。 多くの方の参加をお待ちしています。 吉永正彦 -- Masahiko Yoshinaga Department of Mathematics, Hokkaido University, North 10, West 8, Kita-ku, Sapporo, 060-0810, JAPAN
件名: [MugenML 1064] ALTReT2019参加申し込み 日付: 2019年4月1日 9:52:54 JST 皆様 (本メールは複数のメーリングリストに投稿しております。 重複して受け取られた方は、ご容赦下さい。) 東京農工大学の直井です。 Algebraic Lie Theory and Representation Theory 2019 への 参加申し込みのご案内をさせて頂きます。 今年度の開催予定は以下の通りです。 日時: 2019年5月24日(金) 〜 5月27日(月) 場所: 山喜旅館(静岡県伊東市) http://www.ito-yamaki.jp/index.html 参加を希望される方は、 以下の「参加申し込みフォーム」のリンク https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfR1yeeZ7dLOiW2HBKdoY6hEaygmguom0cgXA7pLvm2TXQAtw/viewform?usp=sf_link からお申込み下さい。 また集会の詳細については、以下の研究集会ウェブページを ご参照ください(ページ内にも、参加申し込みフォームへのリンクがあります)。 https://sites.google.com/view/altret2019/ 締め切りは、4 月 21 日(日) とさせて頂きます。 山喜旅館は、参加者の人数によって貸し切りにできる可能性があります。 貸し切りで使えるかの目算を得るためにも、 できる限り早めの登録をお願い申し上げます。 問い合わせ先: 直井克之 naoik あっと cc.tuat.ac.jp どうぞよろしくお願い致します。 世話人: 直井克之(東京農工大学), 榎本直也(電気通信大学)
件名: [MugenML 1063] 【再送】 公募情報(大阪市立大学) 日付: 2019年3月29日 17:37:51 JST (重複してお受け取りの場合は、ご容赦ください。) 皆様 締切(4月19日必着)が近づいてきたので、下記の公募案内を再送させて頂きます。 尾角正人 ------------------------------------------------------------ 2019年4月19日締め切り(必着)で下記の公募を実施しています。 関係各位にご周知いただくと共に, 適任者をご存知の場合は, 応募をお勧めくださいますようお願い申し上げます. 古澤昌秋 大阪市立大学大学院理学研究科 2018年度数学教室主任 ================================== 公募(大阪市立大学 教授) ================================== 大阪市立大学大学院理学研究科数学教室では 下記URLにある要領で教員の公募を行っております. 所属:理学研究科 数物系専攻 数理構造論講座 研究分野の内容:代数学、幾何学または解析学 募集人員:教授 1名 締切:2019年4月19日(必着) 着任予定時期:2019年10月1日(応相談) %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 大阪市立大学教員公募情報 https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/jobs/jobs_faculty/faculty %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
件名: [MugenML 1062] Kyoto Rep Seminar (4/4, Kari Vilonen , Ting Xue and Bernard Leclerc) 日付: 2019年3月22日 18:03:34 JST 皆様 次のセミナーが開催されますのでお知らせします。 荒川 知幸 --------------------------------------------------------------------------- Date: April 4 (Thur) Room: RIMS 006 Program: 14:00-15:00 Kari Vilonen, Character sheaves for graded Lie algebras, geometric theory 15:30-16:30 Ting Xue, Graded Lie algebras, character sheaves, and DAHA representations 17:00-18:00 Bernard Leclerc, A twofold generalization of Gabriel's theorem --------------------------------------------------------------------------- Kari Vilonen, Character sheaves for graded Lie algebras, geometric theory Abstract: In recent joint work with Grinberg and Xue we studied a nearby cycle construction which forms a basis for Springer theory in the symmetric space setting. In consequent work with Xue we applied this theory to classify character sheaves in the symmetric space setting. In this talk we extend the geometric theory to the more general case of graded Lie algebras. --------------------------------------------------------------------------- Ting Xue, Graded Lie algebras, character sheaves, and DAHA representations Abstract: In their recent work, Lusztig and Yun construct representations of certain graded double affine Hecke algebras (DAHA) using geometry of graded Lie algebras. In joint work (in progress) with Vilonen we study the geometry of graded Lie algebras from another point of view. More precisely, we classify character sheaves in the setting of graded Lie algberas, where representations of Hecke algebras associated with complex reflection groups enter the story. We will explain some conjectures arising from the connection between the above two works, which relate finite dimensional irreducible representations of graded DAHA to irreducible representations of Hecke algebras. If time permits, we will also explain a Schur-Weyl duality conjecture arising from the geometric construction of rational Cherednik algebra modules of Oblomkov and Yun using affine Springer fibres. --------------------------------------------------------------------------- Bernard Leclerc, A twofold generalization of Gabriel's theorem Abstract: (joint work with C. Geiss and J. Schröer) By a celebrated theorem of Gabriel, isomorphism classes of indecomposable representations of an A-D-E quiver are in one-to-one correspondence with positive roots of the corresponding root system. Let C be a Cartan matrix (of type A, B, C, ..., F4, G2), and let D be a symmetrizer for C (i.e. a diagonal matrix with positive integer entries such that DC is symmetric). Fix an orientation of the Dynkin diagram corresponding to C, and an arbitrary field F. To this datum, in joint work with Geiss and Schröer we have introduced an F-algebra H and studied its representation theory. When C is of A-D-E type and the symmetrizer is equal to k times the identity matrix, H is isomorphic to the path algebra over the truncated polynomial ring F[t]/(t^k) of the quiver corresponding to C and the fixed orientation. I will present a twofold generalization of Gabriel's theorem in this situation. Namely there are two bijections: (1) between isoclasses of indecomposable rigid locally free modules in rep(H) and positive roots of C; (2) between isoclasses of bricks in rep(H) and positive roots of the tranpose of C. I will also sketch how this generalizes to symmetrizable generalized Cartan matrices C.
件名:[MugenML 1061] ALTReT報告集の残部 日付: 2019年3月22日 14:45:46 JST 皆様 2018年度ALTReT報告集 「第4回 Algebraic Lie Theory and Representation Theory 報告集」 (目次を添付しています) に残部が出ました。 ご希望の方は京都大学数理解析研究所 研究部事務室 kenkyubuあっとkurims.kyoto-u.ac.jp へ郵便番号・住所・大学名・学科名・氏名を明記の上 ご連絡ください。先着順でお送りさせていただきます。 なお、残部がなくなった場合はご容赦ください 京都大学数理解析研究所 荒川 知幸
件名: [MugenML 1060] 訃報 Professor Dubrovin 日付: 2019年3月21日 18:49:58 JST 無限可積分系MLのみなさま 依頼により,昨日Professor Boris Dubrovin (SISSA)が 亡くなられたことをお伝えします. 立教大学理学部 さいとう よしひさ
件名: [MugenML 1059] Master in Mathematical Physics (Dijon) 日付: 2019年3月14日 21:53:10 JST MugenML の皆さま, 依頼によりフランス・ブルゴーニュ大での修士課程 (数理物理学分野) の 学生募集についての案内を転送させて頂きます. 全ての講義は英語で行われるとのことです. 慶應義塾大 木村太郎 -------- Forwarded Message -------- Subject: Master in Mathematical Physics (Dijon) Date: Wed, 6 Feb 2019 07:13:19 +0100 From: Giuseppe Dito Dear Friends, Dear Colleagues, I would be grateful if you could advertise the enclosed announcement of the Master program in Mathematical Physics in Dijon, and forward this mail to any student interested in studying in France. We expect to have several fellowships for good students. Moreover, students who will successfully complete the M.Sc. program will be encouraged to apply to one of the Ph.D. fellowships that will be available for pursuing their studies in Dijon at the doctorate level. Thank you and best wishes, Giuseppe ======================================================================= International Master in Mathematical Physics Institut de Mathematiques de Bourgogne Universite de Bourgogne Dijon, France Academic year: 2019-2020 Webpage: http://monge.u-bourgogne.fr/gdito/MP Poster: http://monge.u-bourgogne.fr/gdito/MP/images/master2019.pdf The Department of Mathematics of the Universite de Bourgogne offers in a one- or two-year master program in Mathematical Physics. Advanced students may be admitted to the 2nd year of the Master. Students who will successfully complete the M.Sc. program will be encouraged to apply to one of the Ph.D. fellowships that will be available for pursuing their studied in Dijon at the doctorate level. The student will be integrated from the very beginning into the mathematical physics group of the IMB (Institut de Mathematiques de Bourgogne) and will have to prepare by the end of their 2nd year a master dissertation under the supervision of a member of the Institute. All the lectures will be given in English. We will also provide several mini courses by the research visitors of the IMB as well as by invited professors in the framework of the Erasmus program. We expect to have up to 10 fellowships for students. The interested candidates are strongly advised to already get in touch with us, and send a cv to: For admission in M1: Giuseppe.Dito_AT_u-bourgogne.fr For admission in M2: Nikolai.Kitanine_AT_u-bourgogne.fr ====================================================================== Institut de Mathématiques de Bourgogne UMR CNRS 5584 Université de Bourgogne B.P. 47870 21078 Dijon Cedex, France URL: http://monge.u-bourgogne.fr/gdito Managing Editor /Letters in Mathematical Physics/ Impact Factor 2014: 1.939 URL: http://link.springer.com/journal/11005 -- Taro Kimura 木村太郎 Department of Physics, Keio University http://user.keio.ac.jp/~k_tar/
件名: [MugenML 1058] MS seminar at Kavli IPMU -- Ryo Fujita and Harold Williams -- Apr 11, 2019 日付: 2019年3月14日 9:38:21 JST Dear all, I would like to announce the following two Mathematics and String theory seminars at Kavli IPMU 1) Speaker: Harold Williams (UC Davis) Date: Thu, Apr 11, 2019, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room B Title and Abstract will be available soon on the seminar webpage https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2269 2) Speaker: Ryo Fujita (Kyoto University) Date: Thu, Apr 11, 2019, 15:30 - 17:00 Place: Seminar Room A Title: Coherent IC-sheaves on type $A_n$ affine Grassmannians and dual canonical basis of affine type $A_1$ Abstract: The convolution ring of the equivariant K-theory of the $GL_n$ affine Grassmannian is a simplest example of the quantized K-theoretic Coulomb branch of a quiver gauge theory (for $A_1$-quiver). It was identified with a quantum unipotent cell of the loop group $LSL_2$ as a quantum cluster algebra by Cautis-Williams via their monoidal categorification theorem. In this talk, we further identify the basis formed by the classes of irreducible equivariant perverse coherent sheaves (coherent IC-sheaves) with the dual canonical basis of the quantum unipotent cell. For a proof, we apply Bezrukavnikov's theory of equivariant perverse coherent sheaves on the nilpotent cones of type A. This is a joint work with Michael Finkelberg. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 1057] Fwd: PhD position in Mathematical Physics - University of Hertfordshire 日付: 2019年3月14日 9:23:41 JST 無限MLの皆様、 英国でのポスドク情報を転送します。 大阪市立大学 尾角正人 ---------- Forwarded message --------- Dear Colleagues, I would be glad if you could pass this information to suitable candidates: ------------------------------------------------------------------------- The Mathematical Physics group of the University of Hertfordshire invites applications for a PhD position starting in October 2019. The closing date for applications is 15th April 2019. The position is open to all candidates and is fully funded for 3 years, to start in October 2019. The successful candidate will join the Mathematical Physics group consisting of permanent staff members: Livia Ferro, Tomasz Lukowski, Vidas Regelskis, Charles Strickland-Constable and Charles Young. Subject areas covered by our group are quantum groups and representation theory, classical and quantum integrable models, supergravity and generalised geometry, scattering amplitudes in gauge theories, and related topics. To apply, a completed application form, along with two letters of reference, should be returned by e-mail to Emma Thorogood at the address doctoralcollegeadmissions_AT_herts.ac.uk, by the closing date. The application form can be downloaded from https://www.herts.ac.uk/__data/assets/word_doc/0016/25243/AppForm.doc. You should include (in section 11 of the form) a brief statement of interests and experience (up to 2 pages). You should arrange for your referees to write separately using the form provided, and to send their letters to the same e-mail address, by the closing date. For practical questions about applications, please contact Emma Thorogood (doctoralcollegeadmissions_AT_herts.ac.uk) All informal queries can be sent to Tomasz Lukowski (t.lukowski_AT_herts.ac.uk) or Charles Young (c.young8_AT_herts.ac.uk) -------------------------------------------------------------------- Thank you! With best regards, Tomasz Lukowski -------------------------------------------------------- Dr Tomasz Lukowski Lecturer Room 1E117, School of Physics, Astronomy and Mathematics, University of Hertfordshire, Hatfield, Hertfordshire AL10 9AB, United Kingdom.
件名: [MugenML 1056] Representation theory of reductive Lie groups and algebras 日付: 2019年3月13日 11:00:24 JST 皆様 東大数理の松本久義先生の還暦と関連して研究集会 “Representation theory of reductive Lie groups and algebras” を2019年3月27日〜29日の日程で東京大学駒場キャンパスに おいて開催することをお伝えしましたが、そのスケジュール が決まりました。以下のwebsiteにタイトル・アブストラク トを含む最新の情報が掲載されています。 http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~abenori/conf/20190327.html なお、講演者は以下の通りです: 有木進 (大阪大) 池田保 (京都大) Samuel Evens (Notre Dame大) 落合啓之 (九州大) 織田寛 (拓殖大) 大島芳樹 (大阪大) 大島利雄 (城西大) 小林俊行 (東京大) Peter Trapa (Utah大) Leticia Barchini (Oklahoma州立大) 平賀郁 (京都大) Jing-Song Huang (HKUST) David Vogan (MIT) 松本久義 (東京大) 多くの方のご参加をお待ちしています。 よろしくお願いいたします。 加藤周、阿部紀行、直井克之、八尋耕平、林拓磨
件名: [MugenML 1055] MSJ-SI 2021 日付: 2019年3月8日 23:26:08 JST 皆様
 高崎さんから、2021 年度日本数学会季期研究所(MSJ-SI 2021)のテーマ公募 の情報を得ましたので、転送します。 無限可積分系セッション世話人 今野 均 -------- Forwarded Message -------- 日時: 2019年3月8日 14:49:33 JST 件名: MSJ-SI 2021 分科会連絡責任評議員 各位 (CC:事務長 中川様,担当理事 高崎様) 学術委員長の杉本と申します.突然のメール失礼いたします. 数学通信などでもお知らせしておりますように,学術委員会 ではただいま2021 年度日本数学会季期研究所(MSJ-SI 2021) のテーマ公募を行っております(締切:2019 年 5 月 31 日). MSJ-SIの開催は,関連分野の研究者にとりまして大変有意義な 機会になるものと存じます.貴分科会におかれましても,年会 の折やメーリングリストなどにて,ぜひ分科会員に応募を呼び かけていただきますと幸いです: ーーーーーー 2021 年度日本数学会季期研究所(MSJ-SI 2021)テーマ公募 MSJ-SIは日本数学会主催の国際研究集会であり,若手研究者や 周辺分野の研究者向けのサーベイの充実,アジアの国々との 交流に特徴を持ちます.また,数学会から 500 万円の助成金が 提供されます. ただいま,2021年度開催MSJ-SIのテーマ公募中です.    締切:2019 年 5 月 31 日 応募される方は,締切までに,研究集会のテーマ,提案理由, 主要な講演者(事前承諾不必要)を学術委員長までお送り ください.また,下記メールアドレスへの事前の問い合わせも 歓迎いたします. 送付先:日本数学会学術委員会委員長 杉本 充 電子メール: sugimoto(at)math.nagoya-u.ac.jp 郵便: 〒464-8602 名古屋市千種区不老町    名古屋大学大学院多元数理科学研究科 詳細は以下をご覧下さい: http://mathsoc.jp/publication/tushin/2303/kaiho233-MSJ-SI2021.pdf ーーーーーー 必要ならば,新年度の連絡責任評議員にもお取り次ぎ頂けます と幸いです.以上,よろしくご協力のほどお願い申し上げます. 日本数学会 学術委員会 委員長 杉本 充
件名: [MugenML 1054] Tsymbaliuk氏の集中講義 第2報 補足 日付: 2019年3月6日 23:19:21 JST 皆様 開催場所は正しくは 東京海洋大学 越中島キャンパス 2号館 7階712 です。 また、土曜は正門のみ開いていて、建物は施錠されています。 土曜から参加される方は事前にご連絡ください。 今野
件名: [MugenML 1053] Tsymbaliuk氏の集中講義 第2報 日付: 2019年3月6日 17:45:35 JST 皆様 Tsymbaliuk氏の集中講義のabstractをお知らせします。 日程: Mar 8 (Fri) 14:00 - 16:00 Mar 9 (Sat) 14:00 - 16:00 Mar 11(Mon) 14:00 - 16:00 場所:東京海洋大学 越中島キャンパス 7階712 今野 均 東京海洋大 -------------------------------------------------------------------- Lecture 1 (Friday, March 8) Title: *"PBWD bases and the shuffle algebra realization of the quantum affine sl(n), its 2-parameter generalization and its superanalogue sl(m|n)"* Abstract: The main objectives of this talk are to establish the Poincare-Birkhoff- Witt-Drinfeld (PBWD) bases and the shuffle algebra realization of the quantum affine algebra of sl(n). The particular example of PBWD bases was proposed (without a proof) by Hu-Rosso-Zhang in 2008. We will see that this PBWD property is closely relatedto the shuffle algebra realization of the quantum affine sl(n), which in turn is motivated by the elliptic shuffle algebras introduced by Feigin-Odesskii in the late 90s. Motivated by the Drinfeld-Gavarini duality, we will introduce a particular integral form of the quantum affine algebra, describe it in the shuffle terms, identify it with the integral form arising from the RLL realization, and establish the PBWD bases (over Laurent polynomials in q) for it as well. Time permitted, we shall discuss the generalizations of the above results to the case of 2-parameter quantum affine algebra of sl(n) and quantum affine superalgebra of sl(m|n). Lecture 2 (Saturday, March 9) Title: *"Quantum toroidal algebra of gl(1), its commutative subalgebra and representations: shuffle perspective"* Abstract: The quantum toroidal algebra of gl(1) has been attracting a lot of interest during the last decade, primarily due to its many incarnations such as: the double of the shuffle algebra, the Hall algebra of an elliptic curve, the double-deformed $W_{1+\infty}$-algebra, and the spherical part of Cherednik's DAHA. In this talk, we will restrict our attention to the shuffle algebra realization, sketching out the proof due to Negut. We shall also discuss an important commutative subalgebra, due to Feigin-Hishizume- Hoshino-Shiraishi-Yanagida. In the second part of the talk, we will recall interesting combinatorial families of representations of these algebras due to Feigin-Feigin-Jimbo-Miwa-Mukhin: vector representations, Fock representations (also appearing naturally via the equivariant K-theory of Hilbert schemes of points on the plane), Macmahon representations, and establish their shuffle realizations. Time permitted, we shall discuss the shuffle approach towards the Bethe ansatz problem in the current setting, due to Feigin-Jimbo-Miwa-Mukhin. Lecture 3 (Monday, March 11) Title: *"Quantum toroidal algebra of sl(n), its commutative subalgebras and representations: shuffle perspective"* Abstract: In this final talk, we will discuss the quantum toroidal algebra of sl(n), introduced back in 90s by Ginzburg-Kapranov-Vasserot. Its representation theory is not fully developed at the moment, but seems to be quite similar to that of the quantum toroidal gl(1), while the algebra itself contains inside two distinguished copies of the quantum affine sl(n). We shall discuss the shuffle algebra realization of this algebra (which is a mixture of the shuffle algebras from Lectures 1 and 2) and mention the explicit formula for the universal R-matrix, due to Negut. Motivated by the commutative subalgebra from Lecture 2, we will construct a particular family of maximal commutative subalgebras of the corresponding shuffle algebra and discuss their Bethe interpretation (based on the joint work with Feigin). I will conclude with the description of Fock and Macmahon modules and their shuffle realization, similarly to the discussion in Lecture 2. Time permitted, we shall discuss Miki's automorphism of the quantum toroidal algebra with the help of which we may identify Fock representations with Saito's vertex-type representations. ------------------------------------------------------------------------
件名: [MugenML 1052] 早稲田大学数学若手異分野交流会の案内(2019年3月22日) 日付: 2019年3月6日 15:26:24 JST 無限可積分系の皆さま 芝浦工業大学 教育イノベーション推進センターの松本ディオゴけんじです. 研究集会「早稲田大学数学若手異分野交流会」を下記の要領で開催しますので, ご案内申し上げます. 日程:2019年3月22日(金) 会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス 61号館 1階104教室 交流会URL:https://sites.google.com/site/wasedawakateibunya 講演プログラム ・13:30〜14:10 金子 吉樹(早稲田大学) 「Local solutions of the tt*-Toda equations from flag manifolds」 ・14:30〜15:10 大土井 亮祐(早稲田大学) 「tt*戸田方程式と線型常微分方程式のモノドロミーデータ」 ・15:30〜18:00 山川 大亮(東京理科大学) 「リーマン・ヒルベルト・バーコフ対応と野性的指標多様体」 当研究集会では 「(純粋数学に限らず)若手の研究者にゆっくりと時間をかけて研究の動機や成果等を 初歩的なところから解説してもらう」 をコンセプトに,年一回春休み中に開催しております. 皆さまのご参加をお待ちしております. 世話人:松本 ディオゴけんじ,水澤 篤彦,永野 中行,中村 友哉
件名: [MugenML 1051] Graduate Mini Course on Resurgence in Mathematics and Physics 日付: 2019年3月3日 0:17:29 JST 皆様 (本メールは複数のメーリングリストに投稿しております。) 名古屋大学の岩木耕平です。 今年の5月上旬に北京で開催されるミニコース Graduate Mini Course on Resurgence in Mathematics and Physics @ School of Mathematics, Capital Normal University, May 5-11, 2019 http://math.cnu.edu.cn/xzhd1/150330.htm について、組織委員会に代わりアナウンスさせて頂きます。 若手研究者、大学院生の積極的な参加を歓迎する、とのコメントを 主催者から頂いております。参加には事前登録が必要で、今月末が 締め切りとなっております。 詳細に関しては上記ウェブページをご覧ください。 どうぞよろしくお願い致します。 岩木耕平 名古屋大学大学院多元数理科学研究科
件名: [MugenML 1050] 公募:大阪市立大学 准教授または講師(卓越研究員事業) 日付: 2019年3月1日 14:41:55 JST 皆様 大阪市立大学では下記の教員公募を行っております. 関係各位にご周知頂くと共に, 適任者をご存知の場合は応募をおすすめくださいますように、 お願い申し上げます. よろしくお願い致します. 尾角正人 ================================================== 公募:大阪市立大学 准教授または講師(卓越研究員事業) ================================================== 大阪市立大学大学院理学研究科数学教室では 下記URLにある要領で教員の公募を行っております. 所属:理学研究院・理学研究科・数物系専攻 数理構造論講座 研究分野の内容:代数学,幾何学,基礎解析学,数理解析学のいずれか 職種:准教授または講師1名 着任予定時期:2020年1月1日 (※ 有期雇用として着任後,審査に合格することで早ければ2021年4月1日から 専任教員(無期雇用)に任用されます.) 締切:2019年5月9日(木)必着 卓越研究員事業の公募番号:B0101 募集要項 https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/jobs/jobs_faculty/takuetsu 備考:この公募は卓越研究員事業に申請するものを対象としています. 卓越研究員に応募し,その候補者として採択されることが必要となります. 卓越研究員事業については以下のページをご覧ください. <日本学術振興会 卓越研究員事業HP> https://www.jsps.go.jp/j-le/index.html <公開ポスト一覧> https://www.jsps.go.jp/j-le/post_list.html %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
件名: [MugenML 1049] セミナーのお知らせ (筑波大学 3/27) 日付: 2019年2月28日 13:10:13 JST 無限可積分系ML 各位 筑波大学にて以下のセミナーを開催致します。 会場へのアクセスについては、 以下のウェブサイトをご参照ください。 https://nc.math.tsukuba.ac.jp/access/ よろしくお願い致します。 *************************** 数学特別セミナー 講演者:加藤 正輝 氏 (神戸大学大学院理学研究科数学専攻, 学術研究員) 題目:楕円ディガンマ関数の加法型公式 日時:2019年3月27日(水曜日) 15:30--17:00 場所:自然系学系 B棟 718 概要:楕円ガンマ関数はRuijsenaars によって導入された特殊関数であり、q-ガンマ 関数の1-パラメータ変形とみなすことができる。一方、楕円ガンマ関数は、Hölderや 新谷によって導入された二重正弦関数とも密接な関係があることが知られている。 二重正弦関数の対数微分で定義される二重余接関数は、ある加法型公式を満たすこと が講演者によって示されている。この講演では、この加法型公式を楕円ガンマ関数の 対数微分(楕円ディガンマ関数)に一般化できることを示す。得られる公式に現れる ある積分は、二重ゼータ値のq-類似の1-パラメータ変形とみなせる。そこで、講演の 後半では、一般の多重ゼータ値のq-類似の1-パラメータ変形とみなせる多重積分を導 入し、それが満たす調和積公式およびシャッフル積公式の類似について述べる。 ************************** 問い合わせ先:竹山美宏 (筑波大学数理物質系数学域) -- Yoshihiro TAKEYAMA Department of Mathematics, Faculty of Pure and Applied Sciences, University of Tsukuba, Tsukuba, Ibaraki 305-8571, Japan http://researchmap.jp/takeyama/
件名: [MugenML 1048] Tsymbaliuk 氏による集中講義の開催 日付: 2019年2月26日 13:15:06 JST 皆様 3月5ー7日に東大駒場でInfinite Analysis 2019 が開催されますが、 これに続いて基調講演者の1人であるTsymbaliuk 氏に集中講義をお願いしました。 題目:Shuffle algebras and representations of quantum toroidal algebras 日程: Mar 8 (Fri) 14:00 - 16:00 Mar 9 (Sat) 14:00 - 16:00 Mar 11(Mon) 14:00 - 16:00 場所:東京海洋大学 越中島キャンパス 2号館7階712 興味のある方の参加を歓迎いたします。 今野 均 東京海洋大
件名: [MugenML 1047] 【リマインダ】第5回応用可積分系若手セミナーのご案内 (3/3) 日付: 2019年2月22日 17:28:00 JST 標記のセミナーの開催が近付いてまいりましたので,リマインダをお送りします. 案内にも記載しておりますが,参加希望ならびに懇親会に参加希望の方はいずれも 「2月27日(水)まで」に三木 (hmiki あっと mc-jma.go.jp) までご連絡をお願いいたします。(案内では24日〆切としていますが延長いたします) -- 第5回応用可積分系若手セミナーを下記の要領で開催いたします。応用可積分系分野の 若手研究者が集い、最先端の話題に触れながら交流を深められればと思います。 興味のある方は(若手に限らず)お気軽にご参加ください。 日時:2019年3月3日(日)13:30-16:40 会場:気象大学校313教室 プログラム: 13:30-15:00 長谷部高広(北海道大学大学院理学研究院) 非可換確率論入門 15:10-16:40 瀬川悦生(横浜国立大学大学院教育強化推進センター) 量子ウォークから誘導されるセルオートマトン“もどき” 講演概要、会場アクセス等の詳細はセミナーHPをご覧ください。 https://sites.google.com/site/seminarsyrais/home/seminar05 *参加希望者へのお願い: 施設利用の都合上「参加者リスト」が必要のため、お手数ですが2月24日(日)までに 三木(hmiki あっと mc-jma.go.jp) まで参加のメール連絡をお願いいたします。  *セミナー終了後に講演者を交えて懇親会を開催予定です。参加を希望される方は こちらも2月24日(日)までに三木 (hmiki あっと mc-jma.go.jp)までご連絡を お願いいたします。 世話人: 三木啓司(気象大学校)
件名: [MugenML 1046] String: T-duality, Integrability and Geometry (Follow up workshop of String-Math 2018) 日付: 2019年2月21日 13:48:58 JST 皆様 下記研究会が行われますので、お知らせします。 ******************************************************** Title: String: T-duality, Integrability and Geometry, (Follow up workshop of String-Math 2018) Date: 2019 March 4-8 Venue: Tokyo Electron House of Creativity 3F, Lecture Theater, Katahira Campus, Tohoku University The aim of this workshop is to discuss recent developments in the fields connected with T-duality and integrability, and to study their geometrical aspects. We have asked several speakers to give a pedagogical introduction to their approaches from the viewpoints of stringy geometries, non-geometric backgrounds, and the meaning as effective theories. The list of invited speakers includes Pierre Bieliavsky (Louvain) Eoin O. Colgain (APCTP) Falk Hassler (University of Oviedo) Ctirad Klimcik (CNRS, Marseille) Yolanda Lozano (University of Oviedo) Jeong-Hyuck Park (Sogang University) Junichi Sakamoto (Kyoto University) Yuho Sakatani (Kyoto Pref. University Medicine) Yuji Satoh (Tsukuba University) Benoît Vicedo (University of York) We are looking forward to your participation. Organizers: Satoshi Watamura, Kentaroh Yoshida, Noriaki Ikeda Homepage: http://www.tfc.tohoku.ac.jp/program/2151.html および http://www.tfc.tohoku.ac.jp/event/4228.html Contact: watamura_at_tuhep.phys.tohoku.ac.jp ---- 長谷川浩司@東北大学大学院理学研究科数学専攻 Koji Hasegawa at Mathematical Institute, Tohoku University, Sendai JAPAN
差出人: MARUNO Kenichi 件名: [MugenML 1045] セミナーのご案内 日付: 2019年2月20日 14:11:10 JST 皆様 下記のセミナーを開催しますので, 皆様お誘い合わせの上ご参加ください。 丸野 ------------- 第18回早稲田可積分系セミナー 日時:2019年3月7日(木) 午後4時 − 午後5時30分 場所:早稲田大学西早稲田キャンパス52号館103号室 題目:On the inverse spectral transform for the conservative Camassa-Holm flow 講演者:Prof. Jonathan Eckhardt (Loughborough University) 概要:The Camassa-Holm equation is a nonlinear partial differential equation that models unidirectional wave propagation on shallow water. I will show how this equation can be integrated by means of the inverse spectral transform method. The global conservative solutions obtained in this way form into a train of solitons (peakons) in the long-time limit. http://www.f.waseda.jp/kmaruno/kouenkai.html http://www.f.waseda.jp/kmaruno/isseminar.html
件名: [MugenML 1044] Les Houches programme, "New Developments in Topological Condensed Matter Physics", 2-13 September 2019. 日付: 2019年2月20日 11:28:00 JST 皆様
 the Les Houches Programme on "New Developments in Topological Condensed Matter" の情報を転送します。 東京海洋大 今野 均 -------- Forwarded Message -------- Subject: Les Houches programme, "New Developments in Topological Condensed Matter Physics", 2-13 September 2019. Date: Tue, 19 Feb 2019 15:11:26 +0100 Dear Colleagues, We would like to announce the Les Houches Programme on "New Developments in Topological Condensed Matter": http://topo-houches-2019.pks.mpg.de/ We would be grateful if you could disseminate the attached poster and pass on this information to suitable potential participants. With best regards Claudio Chamon, Roderich Moessner, Nicolas Regnault -------------------------------------------------------- Topological condensed matter is currently one of the most active research fields in physics. The field has matured and broadened considerably in the past 5 years. There have been many exciting developments, in particular in the areas of classification of topological systems, topological quantum chemistry, non-equilibrium dynamics, new types of topological phases (e.g. fractons), higher dimensional topological order, and engineering of non-Abelian excitations. In addition, a huge push for creating quantum computers is underway, part of which involves topologically-based architectures. This two-week event at Les Houches provides a survey of these developments. It follows on from our four-week programme held in 2014. It takes a hybrid form, with longer lectures interspersed with shorter presentations of recent developments. It is aimed at junior researchers, as well as interested newcomers at all levels. Speakers: E. Berg (Weizmann) A. Grushin (Grenoble) D. Poilblanc (Toulouse) E. Bergholtz (Stockholm) G. Halasz (Oak Ridge) M. Pretko (Boulder) S. Bhattacharjee (Bengaluru) G. Jackeli (Stuttgart) R. Ribeiro-Palau (Orsay) J. Cano (Stony Brook) C. Laumann (Boston) S. Simon (Oxford) C. Castelnovo (Cambridge) V. Khemani (Harvard) D.T. Son (Chicago) A. Chandran (Boston) A. Nahum (Oxford) R. Thomale (Wurzburg, tbc) P. Delplace (Lyon) T. Neupert (Zurich) S. Viola-Kusminskiy (Erlangen) C. Felser (Dresden) A. Nielsen (Dresden) V. Vitelli (Chicago) M. Goerbig (Orsay) S. Parameswaran (Oxford) J. Yeomans (Oxford)
件名: [MugenML 1043] Hamilton School on Mathematical Physics 日付: 2019年2月20日 11:27:01 JST 皆様
 the Hamilton School on Mathematical Physics の情報を転送します。 東京海洋大 今野 均 -------- Forwarded Message -------- Subject: Hamilton School on Mathematical Physics Date: Tue, 19 Feb 2019 12:21:51 +0000 Dear Colleagues, We would like to draw your attention to the Hamilton School on Mathematical Physics, that will be hosted by the School of Mathematics of Trinity College Dublin from 20 May - 22 May 2019. The school will focus on modern developments in gauge theory and conformal field theory. There will be lectures by the following speakers: 1. Nima Arkani-Hamed (Institute for Advanced Study) 2. Amihay Hanany (Imperial College London) 3. Elisabetta Pallante (University of Groningen) 4. Volker Schomerus (DESY Hamburg) Registration for the school has just opened. We welcome all interested PhD students and early-career postdocs to apply. Participants have the option to present their work during a poster session. There is no conference fee, and financial support will be available for a limited number of participants, however, please be aware that financial support will be limited to approximately 250EUR per successful applicant. We would be grateful if you could share this announcement with young researchers in your department who might be interested. For more information, please see the links below: Registration: www.maths.tcd.ie/hmischool School poster: www.maths.tcd.ie/hmischool/#/poster Best wishes, Martijn Hidding Georgios Korpas Andrea Orta Paul Ryan Anne Spiering
件名: [MugenML 1042] 大阪市立大学 代数セミナーのお知らせ 2019年3月5日 日付: 2019年2月19日 12:27:03 JST 大阪市立大学 代数セミナーのお知らせ ------------- 日時: 2019年3月5日(火)16:00〜17:30 場所: 理学部 E棟4階 講究室(E408号室) 講演者(所属): 吉脇 理雄 (理化学研究所/大阪市立大学/京都大学高等研究院高等研究センター) タイトル: On interval decomposability of 2D persistence modules アブストラクト: 近年データの「形」を理解するためにパーシステントホモロジーを 用いた位相的データ解析がポピュラーになってきた。パーシステントホモロジーは空 間の1パラメータ族に対して、連結成分や穴といった、位相的な特徴の「持続性」を 調べることに用いられる。 そのパーシステンスの考え方を多重パラメータデータに適用したいが、多次元パーシ ステンス加群は実践的に取り扱いが難しい。この困難を避ける一つの方法は区間表現 だけに分解されるパーシステンス加群を考えることである。 この講演では区間表現とその関連する概念を導入し、特に向きが一定の可換2次元格子 上でそれらの概念が同値になることを述べたい。さらに、一般の多次元パーシステン ス加群に対して区間分解可能性を決定するアルゴリズムについて述べたい。これらは 浅芝、Buchet、Escolar、中島との共同研究に基づく。 http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/OCAMI/activities/algebra_seminar/algebra_seminar.html ------------- 奮ってご参加ください。 〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学理学部数学教室 宮地 兵衛
件名:[MugenML 1041] 再送:富山高専(本郷)での研究集会(2/22-23)のご案内 日付: 2019年2月18日 19:01:15 JST mugenMLの皆様,富山大の山根宏之です。以下の研究集会の案内をします。 交通手段プログラムおよびMuchdati先生の(拡張された)アブストラクト は添付ファイルで書いています。 2018年12月28日(金) の「富山高専(本郷)での研究集会(2/22-23)のご案内 」 の再送です。 諸事情から(金曜日は高専の授業日です)、 ご参加される方は山根まで前もってご連絡をして下さい。 (既に連絡をいただいている方は、結構です) (講演者は必要ありません) 代数学に関する国際研究集会 “Meeting of number theory, ring theory, Hopf algebra theory and related topics” 日時:2019年2月22日(金)11:00−16:40、2月23日(土)9:40−12:00 場所:富山高等専門学校 本郷キャンパス 大会議室(管理棟2階) 標記の研究集会につきまして、下記のとおり開催いたしますので、ご参加頂き ますようご案内申し上げます。 世話人:笠谷 昌弘(富山高専),山根 宏之(富山大),木村 巌(富山大), 古閑 義之(福井大) よろしくお願いします。 山根宏之 http://www3.u-toyama.ac.jp/hiroyuki/
件名: [MugenML 1040] Cluster Algebras 2019 (CA19)のご案内(2019年6月3日-21日RIMS) 日付: 2019年2月15日 15:29:36 JST 各位 名大多元数理の中西です。 2019年度RIMSプロジェクト研究「団代数」の一環として、以下の研究集会を3週間に わたって開催します。 Cluster Algebras 2019 (CA19) Date: June 3 - June 21, 2019 Place: RIMS, Kyoto Univ., Kyoto, Japan. Schedule: Week 1. School on cluster algebras: theory and applications (June 3 - June 7) Week 2. Cluster algebras and representation theory (June 10 - June 14) Week 3. Cluster algebras, geometry, and mathematical physics (June 17 - June 21) 詳細は以下のWSホームページをご参照ください。 https://sites.google.com/view/clusteralg19/ 事前の参加登録は不要です。多数のみなさまのご参加をお待ちします。 また、本日よりボスター展示(Poster of the Day)の応募を開始しました。大学院生・ 若手研究者を優先し、条件を満たした場合には若干ですが旅費の補助もありますので、 積極的にご応募ください。詳細はWSホームページをご参照ください。締め切りは 3月31日です。 今後の研究会の情報は、WSホームページで更新をいたします。 問い合わせ先:中西知樹 (clusteralgebras2019 あっと gmail.com)
件名: [MugenML 1039] 公募のご案内(防衛大学校) 日付: 2019年2月14日 12:34:28 JST 皆様, 防衛大学校では下記の公募を開始しました. なお,本メールは複数のMLに同時に投稿しておりますこと,ご容赦ください. 防衛大学校 総合教育学群 水川裕司 ———————————————————————————————————————— 防衛大学校では 2019年10月1日採用の数学教官(教授または准教授、分野は問わない) の公募を開始しました。詳細は以下のページをご覧ください。 http://www.mod.go.jp/nda/ ご関心のある方におかれましては、よろしくお願い申し上げます。 尚、応募書類の〆切が、「2019年4月10日(水)必着」となっておりますので、 ご注意ください。 問い合わせ先:数学教育室長 後藤 亨  tel:046-841-3810(内線 3231) ————————————————————————————————————————
件名: [MugenML 1038] ALTReT2019講演者募集 日付: 2019年2月13日 11:30:20 JST 皆様 (本メールは複数のメーリングリストに投稿しております。 重複して受け取られた方は、ご容赦下さい。) 東京農工大学の直井です。 Algebraic Lie Theory and Representation Theory 2019 について、アナウンス させて頂きます。 2019年度の開催予定は以下の通りです。 日時: 2019年5月24日(金) 〜 5月27日(月) 場所: 山喜旅館(静岡県伊東市)http://www.ito-yamaki.jp/index.html 今年度は、 ・庄司俊明氏(同済大学) ・尾高悠志氏(京都大学), 大島芳樹氏(大阪大学) に概説講演をお願いしました。 つきましては、3 月末を締切として、一般講演を募集致します。もちろん、 大学院生による一般講演も歓迎致します。講演を申し込まれる方は、 下記ウェブページの講演申し込みフォームをご利用下さい。 また、他薦の場合は、下記の世話人のいずれかまで直接お知らせ下さい。 研究集会のウェブページ https://sites.google.com/view/altret2019/ 問い合わせ先: 直井克之 naoikあっとcc.tuat.ac.jp どうぞよろしくお願い致します。 世話人: 直井克之(東京農工大学), 榎本直也(電気通信大学)
件名: [MugenML 1037] 南大阪代数セミナー(2019/3/1) 日付: 2019年2月8日 17:03:23 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。 重複してお受け取りの際はご容赦ください。) 以下の要領にて、南大阪代数セミナーを行います。 https://sites.google.com/view/modseminar/2018 講演者: 榎園誠氏(大阪大学) 日時:2019年3月1日(金) 17:30~18:30, 18:45~19:45 場所: I-siteなんば 2F S1 (I-siteなんばへは,地下鉄御堂筋線大国町駅が最寄りです.) タイトル: The cohomology rings of regular nilpotent Hessenberg varieties アブストラクト: Hessenberg varieties are subvarieties of the full flag variety, which were introduced by De Mari-Procesi-Shayman around 1990. They has been studied in many areas of mathematics: algebraic geometry, representation theory, combinatorics and so on. In this talk, I will discuss the cohomology rings of regular nilpotent Hessenberg varieties in all Lie types. In particular, I want to explain generators of the defining ideals and an additive basis of their cohomology rings in terms of the root system. This is joint work with Takahiro Nagaoka, Tatsuya Horiguchi and Akiyoshi Tsuchiya. 皆様のご参加をお待ちしております。 -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1036] ワークショップのご案内(2019年3月8日-9日, 金沢大) 日付: 2019年2月8日 8:11:59 JST みなさま (重複して受け取られた方はご容赦お願い申し上げます) 平素より大変お世話になっております。 金沢大学の永野と申します。 3月に「トロピカル幾何学」をテーマに、金沢大学において以下のような ワークショップの開催を予定しております。 ◇日程: 2019年3月8日(金) - 3月9日(土) ◇場所: 交通事情やイベントの都合上、日時によって場所が変わるので ご注意ください。 ------------------------------------------------------------ 3月8日 金沢大学 角間キャンパス 自然科学5号館(C4) 2階 209 室 3月9日 午前 金沢大学サテライトプラザ 1階会議室 3月9日 午後 金沢大学サテライトプラザ 2階講義室 ------------------------------------------------------------ ◇講演者と時間割: 3月8日(金) 14:00-16:00 山本 悠登 氏 (東京数理) 16:15-17:15 景山 友樹 氏 (首都大理) 3月9日(土) 午前 10:00-11:00 中島 康仁 氏 (首都大理) 11:15-12:15 筒井 勇樹 氏 (東京数理) 午後 14:00-15:00 宋 珠愛 氏 (首都大理) 15:15-16:45 西納 武男 氏 (立教大理) ◇講演タイトル等の詳細は次のホームページのリンク先からご覧ください。 https://sites.google.com/view/workshopinkanazawa/ 【概要と目的】 幾何学における代数的・組み合わせ論的な視点からの研究をテーマに、2019年を 中心にして、不定期・数回のワークショップの開催を検討しております。 本ワークショップの特徴としては、以下の2点があります。 ・比較的長時間の講演を含みます。 ・入門的な解説や、魅力的な例の紹介など、専門家以外でもわかりやすいような  話を一部盛り込んでもらえるよう、講演者にお願いしてあります。 当該テーマに興味をお持ちの若い研究者の方や、学生の方など、お気軽にご参加 いただけますと幸いです。 年度末でお忙しい中での開催連絡となり恐れ入ります。 トロピカル幾何学は特に日本ではまだ若い分野かとも思いますので、少しでも 興味をお持ちの方はお気軽にご参加いただけますとありがたいです。 永野中行
件名: [MugenML 1035] MS seminar at Kavli IPMU -- Michal Kapustka -- Mar 5, 2019 日付: 2019年2月7日 10:39:15 JST Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminar at Kavli IPMU. Speaker: Michal Kapustka (Institute of Mathematics, Warsaw) Date: Tue, Mar 05, 2019, 13:15 - 14:45 Place: Seminar Room A Title: Equivalent Calabi-Yau manifolds via GLSM Abstract: The existence of derived equivalent but non-birational Calabi-Yau manifolds, so-called Fourier-Mukai partners, is an intriguing and widely investigated phenomenon with important consequences both in algebraic geometry and in string theory. We will work out some new constructions of Fourier-Mukai partner Calabi-Yau manifolds and investigate the geometry behind their relation. In particular, we will investigate the so-called L-equivalence of such pairs giving evidence for a conjecture of Ito-Miura-Okawa-Ueda and Kuznetsov-Shinder relating these two notions. Finally, we shall interpret the constructions in terms of phase transition in some gauged linear sigma models. This is joint work with Marco Rampazzo. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 1033] Mini-workshop on representation theory (Feb 14th/15th) 日付: 2019年2月4日 9:58:44 JST 皆様 以下のworkshopを開催することになりました。参加のご検討をお願いいただけると 幸いです。なお、dinnerに参加する場合は締め切りまでの日数が少ないことに ご留意ください。 https://www.math.kyoto-u.ac.jp/~syuchan/workshop1902.html よろしくお願いします。 加藤周
件名: [MugenML 1032] 訃報 江口徹先生 日付: 2019年2月1日 18:20:27 JST 無限可積分系の皆様 残念なお知らせです。 (メーリングリストに流すのが適当かどうか迷いましたが、 関係者も大勢いらっしゃると判断し、転送いたします。) ------- 加藤晃史 (Akishi Kato) 東京大学大学院数理科学研究科 〒153-8914 東京都目黒区駒場3-8-1 Phone 03-5465-7049(直通) FAX 03-5465-7011 (主任室) ----- Original Message ----- 件名: [Sg-l:4012] 訃報 江口徹先生 送信日時: 2019年02月01日(金) 15:49:53 素粒子論グループの皆さま 基礎物理学研究所元所長で、物理学会理事の江口徹 先生が1/30に 亡くなられました。 通夜並びに葬儀は(物理学会からの情報)、  通夜:     2月8日(金) 午後6時〜午後7時  葬儀、告別式: 2月9日(土) 近親者のみで執り行われます  場所:     愛染院会館  東京都練馬区春日町 4-17-1                 Tel 03-5241-1567  喪主      (御令兄)  江口 寛 謹んでご冥福をお祈りいたします。 基礎物理学研究所 所長 青木愼也
件名: [MugenML 1031] Re: 京都表現論セミナー(2/1, Jethro van Ekeren) 日付: 2019年1月31日 10:28:17 JST 皆様 van Ekeren氏の講演は本日以下の日時に変更になりました。 Date:January 31, 15:30--17:00, 2019 Room: RIMS 006 直前の変更でご迷惑をおかけして申し訳ありません。 どうぞよろしくお願いいたします。 荒川
件名: [MugenML 1029] Representation theory of reductive Lie groups and algebras (Matumoto 60, second announcment) 日付: 2019年1月28日 7:29:37 JST 皆様 東大数理の松本久義先生の還暦と関連して研究集会 “Representation theory of reductive Lie groups and algebras” を2019年3月27日〜29日の日程で東京大学駒場キャンパスに おいて開催することをお伝えしましたが、その講演者は概ね 以下の通りに決まりました: 有木進 (大阪大) 池田保 (京都大) Samuel Evens (Notre Dame大) 落合啓之 (九州大) 織田寛 (拓殖大) 大島芳樹 (大阪大) 大島利雄 (城西大) 小林俊行 (東京大) Peter Trapa (Utah大) Leticia Barchini (Oklahoma州立大) 平賀郁 (京都大) Jing-Song Huang (HKUST) David Vogan (MIT) 松本久義 (東京大) なお、以下のwebsiteにタイトル・アブストラクトを含む 最新の情報を掲載して行く予定です。 http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~abenori/conf/20190327.html また、3月28日夜にbanquetを兼ねまして松本先生の還暦 記念パーティを行います。参加される方は2月27日までに 以下のフォームからご登録いただけると幸いです。 https://goo.gl/forms/9xy3kvZjQKfcGKA82 よろしくお願いいたします。 加藤周、阿部紀行、直井克之、八尋耕平、林拓磨
件名: [MugenML 1028] Kyoto Rep. Seminar (Jan/31) 日付: 2019年1月25日 14:20:08 JST 皆様 以下のセミナーをアナウンスさせていただきます。 よろしくお願いします。 加藤周 ————————— Date: Jan 31 (Thurs), 10:30–12:00, 2018 Room: Room 006 RIMS Speaker: Euiyong Park (University of Seoul) Title: Localization for quiver Hecke algebras Abstract: In this talk, I explain my recent work with Masaki Kashiwara, Myungho Kim and Se-jin Oh on a generalization of the localization procedure for monoidal categories developed in [S.-J. Kang, M. Kashiwara and M. Kim, Symmetric quiver Hecke algebras and R-matrices of quantum affine algebras, Invent. Math. 211 (2018), no. 2, 591–685]. Let $R$ be a quiver Hecke algebra of arbitrary symmetrizable type and $R$-gmod the category of finite-dimensional graded $R$-modules.  For an element w of the Weyl group, $C_w$ is the subcategory of $R$-gmod which categorifies the quantum unipotent coordinate algebra $A_q(n(w))$. We introduce the notions of braiders and a real commuting family of braiders, and produce a localization procedure which is applicable more general cases. We then construct the localization $\tilde{C}_w$ of $C_w$ by adding the inverses of simple modules which correspond to the frozen variables in the quantum cluster algebra $A_q(n(w))$. The localization $\tilde{C}_w$ is left rigid and it is conjectured that $\tilde{C}_w$ is rigid.
件名: [MugenML 1027] 近畿大学数学教室講演会 (2/25) 日付: 2019年1月24日 13:23:31 JST 皆様 下記のように、講演会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 ================================================ 日時: 2019年2月25日(金)16:45〜17:45 場所: 近畿大学東大阪キャンパス 31号館401教室 講演者: 蛭子彰仁氏(千葉工業大学) タイトル: 差分方程式の不変量とその応用 アブストラクト: 線型差分方程式の不変量とは何だろう。 幾つもあるだろうけれど、本講演では、そのうちの一つを定めることから 始めたい。これは単純であるが故、現在まで様々な応用が生まれている。 例えば、超幾何函数の変換公式が新規・既知に関わらず系統的に導出出来る ようになる。例えば、Dotsenko-fateev 微分方程式(スペクトル型が 111,111,111の三階線型微分方程式)の級数解を探し出すことが出来る。 例えば、線型差分方程式を不変量の立場から分類出来るようになる。 これら、不変量から得られつつある結果を見て行くのが本講演の目標である。 ================================================ 連絡先:鈴木貴雄(近畿大学理工学部)
差出人: Tomoyuki Arakawa 件名: [MugenML 1026] 京都表現論セミナー(2/1, Jethro van Ekeren) 日付: 2019年1月23日 13:04:11 JST 皆様 以下のセミナーが開催されますのでお知らせ致します。 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% Date: February 1, 16:30--18:00, 2019 Room: RIMS 402 Title: Minimal Models, Arc spaces, and Rogers-Ramanujan Identities Speaker: Jethro van Ekeren (Universidade Federal Fluminense - Brazil) Abstract: (Joint work with Reimundo Heluani.) With each vertex algebra one may canonically associate two affine schemes: its 'singular support' and its 'associated scheme'. Let us call a vertex algebra 'classically free' if its singular support coincides with the arc space of its associated scheme. Motivated by questions from the theory of chiral algebras and the geometric Langlands program, we study classical freeness of Virasoro minimal models and simple affine vertex algebras. We show that the minimal models of type (2, 2k+1), the so called 'boundary minimal models', are classically free and all others are not. The coordinate rings of the two schemes in question are naturally graded and the isomorphism yields an equality of graded dimensions which recovers the celebrated Rogers-Ramanujan identity. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 荒川 知幸 http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~arakawa/
件名: [MugenML 1025] Workshop on crystals and their generalizations (March 25–29, 2019@OCAMI) 日付: 2019年1月22日 19:08:23 JST 皆様 以下の研究会を開催いたします。 興味のある方の参加を歓迎いたします。 詳細はHPをご覧ください。(情報は随時アップデートします) Crystals and Their Generalizations Date: March 25–29, 2019 Place: OCAMI at Osaka City University https://people.smp.uq.edu.au/TravisScrimshaw/crystal_generalizations.html 尾角正人 大阪市立大学
件名: [MugenML 1024] Infinite Analysis 19 (March 5-7, 2019@Komaba) 日付: 2019年1月22日 19:07:24 JST 皆様 以下の研究会を開催いたします。 興味のある方の参加を歓迎いたします。 詳細はHPをご覧ください。(情報は随時アップデートします) Infinite Analysis 19: QUANTUM SYMMETRIES AND INTEGRABLE SYSTEMS Date: March 5 - 7, 2019 Place: University of Tokyo, Komaba Campus https://sites.google.com/view/ia19/home 尾角正人 大阪市立大学
件名: [MugenML 1023] MS seminar at Kavli IPMU-- Agnieszka Bodzenta (U of Warsaw) -- Feb 1, 2019 日付: 2019年1月22日 13:13:34 JST Dear all, we had to reschedule one of the MS seminars that I announced yesterday. Namely, the talk of Agnieszka Bodzenta will be on Feb 1, 2019, 13:15--14:45, Balcony A. Please, refer to the seminar webpage for more details https://research.ipmu.jp/seminar/?seminar_id=2232 ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 1022] 講演のキャンセル(1/24佐竹郁夫氏) 日付: 2019年1月22日 0:09:33 JST 皆様、 1/24の午前中に予定されていました佐竹郁夫氏の京都表現論セミナーでの講演は、 講演者の事情によりキャンセルになりましたのでお知らせいたします。 なお、 1/24午後のSe-jin Oh氏の講演, 1/25夕方のAnatol Kirillov氏の講演は 予定通り行われます。 荒川 知幸 http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~arakawa/
件名: [MugenML 1021] MS seminars at Kavli IPMU in Feb, 2019 日付: 2019年1月21日 9:08:57 JST Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminars at Kavli IPMU. 1. Qingtao Chen, Th, Jan 31, 13:15--14:45, Balcony A 2. Agnieszka Bodzenta, Th, Jan 31, 15:30--17:00, Seminar Room A 3. Changjian Su, Tue, Feb 12, 10:30--12:00, Seminar Room B 4. Tamas Hausel, Tue Feb 12, 15:30--17:00, Seminar Room A 5. Hiro Tanaka, Th Feb 14, 15:30--17:00, Seminar Room A 6. Mark Gross, Mon, Feb 25, 13:15--14:45, Seminar Room B Please, refer to the IPMU webpage for more details https://research.ipmu.jp/seminar/?mode=seminar_coming ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 1020] Kyoto Rep. Seminar (Oh, Jan/24) 日付: 2019年1月19日 6:09:00 JST 皆様 Se-jin Ohさんの講演の再スケジュールが済みました。念の為もう一度タイトル/ アブストラクトを含めて送付させていただきます。 加藤周 ————————— Date: Jan 24 (Thurs), 14:00–15:30, 2018 Room: Room 006 RIMS Speaker: Se-jin Oh (Ewha Woman’s University) Title: Two families of commutation classes and categories attached to them Abstract: In this talk, I will introduce two families of commutation classes of the same simply-laced finite type and their combinatorial features. The one is called "adapted classes" and the another is called "twisted adapted classes". Surprisingly, they encode information of categries of finite dimensional modules over Langlads dual quantum affine algebras in an interesting way. Using the generalized Schur-Weyl daulity constructed by Kang-Kashiwara-Kim, we can construct simplicity-preserving correspondences between "heart" subcategories of finite dimensional modules over Langlads dual quantum affine algebras in various ways. The correspondece between Langlads dual quantum affine algebras was obervated by Frenkel-Hernandez and is not well-understood yet. This is joint work with Kashiwara, Kim, Suh and Scrimshaw.
件名: [MugenML 1019] Kyoto Rep. Seminar (Jan 25th) 日付: 2019年1月17日 19:15:16 JST 皆様 以下のセミナーが行われます。 なお、それとは別にOhさんのセミナーは1/24に変更される予定です。詳しくは 追ってまた連絡させていただきます。 加藤周 Se-jin Oh’s seminar will be hold on January 24th. Details will be announced later. ———————— Date: Jan 25 (Fri), 16:30–18:00, 2018 Room: Room 402 RIMS Speaker: Anatol Kirillov Title: Rigged Configurations and parabolic Kostka polynomials Abstract: I'm planning to explain several applications of a Fermionic Formula for parabolic Kostka polynomials discovered by the author of this talk in 1982/83, to give proofs of a number of conjectures (and their generalization) in Cpmbinatorics and Representation Theory (for type A) concerning q-Kostka polynomials, such as the Gupta--Brylinski, Generalized Saturation, Combinatorial Unimodality, Polynomiality Conjectures, and new interpretation of Littlewood--Richardson and Kronecker numbers.
件名: [MugenML 1018] 神戸可積分系セミナー (1/31 Sasamoto, 2/5 Zabrodin, 2/14 Nakamura) 日付: 2019年1月17日 17:38:14 JST 神戸大学で以下のセミナーを行います. (1/31 笹本智弘氏, 2/5 Anton Zabrodin氏, 2/14 中村あかね氏) 小寺諒介 ============================================================================ SEMINAR INFORMATION ============================================================================ 神戸可積分系セミナーの案内 日時:2019年1月31日(木)17:00-18:30 場所:神戸大学理学部数学科B314 講演者:笹本智弘氏(東京工業大学) 題目:Determinantal formulas for Kardar-Parisi-Zhang models 概要:The Kardar-Parisi-Zhang (KPZ) equation, is a stochastic partial differential equation, introduced in 1986 to explain behaviors of surface growth. Large scale behaviors of its solution are universal and shared by various systems, constituting the KPZ universality class. A class of models in the KPZ class have turned out to be integrable and admit determinantal formulas, from which one can establish the limiting universal laws of fluctuations, typically given by the Tracy-Widom distributions. In this presentation, after a brief review on the basics about the KPZ equation, we introduce several models in the KPZ class and explain how the determinantal formulas are obtained for these models. In particular we will see that our approach of using Ramanujan’s bilateral sum and Frobenius determinant proposed in [1,2] can be applied to many models in a unified fashion. The talk is based on joint works with M. Mucciconi and T. Imamura. The talk will be in Japanese (slides will be prepared in English). References: [1]T. Imamura and T. Sasamoto, Fluctuations for stationary q-TASEP, arXiv:1701.05991, to appear in Prob. Th. Rel. Fields. [2]M. Mucciconi, T. Imamura and T. Sasamoto, Stationary Stochastic Higher Spin Six Vertex Model and q-Whittaker measure, in preparation. 日時:2019年2月5日(火)17:00-18:30 場所:神戸大学理学部数学科B314 講演者:Anton Zabrodin氏(National Research University Higher School of Economics) 題目:Elliptic solutions to BKP equation and many-body systems 概要:We derive equations of motion for poles of double-periodic (elliptic) solutions to the BKP equation. The basic tool is the auxiliary linear problem for the wave function. The result is a new many-body dynamical system with three-body interaction expressed through the Weierstrass elliptic function. This system does not admit Lax representation but, instead, it is equivalent to a sort of Manakov's triple equation with a spectral parameter. We also discuss integrals of motion which follow from the equation of the spectral curve and analyze analytic properties of the wave function on the spectral curve. 日時:2019年2月14日(木)17:00-18:30 場所:神戸大学理学部数学科B301 講演者:中村あかね氏(城西大学) 題目:Recovering linear from nonlinear 概要:One of the important aspects of the integrable systems is that these nonlinear systems possess linear problems. However, it is not easy to find a linear problem (Lax equation) just by looking at the nonlinear equations. In this talk, we will explain a way to recover a linear problem from the nonlinear autonomous 4-dimensional Painlevé-type systems (the Hitchin systems). Our way is to compare generic degenerations of the families of curves arising from the nonlinear problem (i.e., the boundary divisors adjoined in the compactification of the Liouville tori) and curves appearing in the linear side (the spectral curves). We have proved that the Jacobian of generic curve of these systems has unique principal polarization, so that we can recover curves. This talk is based on joint work with Eric Rains. ---------------------------------- 連絡先:藤 健太 HP:http://www.math.kobe-u.ac.jp/HOME/n-proj/HP-integrable/ ============================================================================
件名: [MugenML 1017] 公募情報(大阪市立大学) 日付: 2019年1月17日 15:55:10 JST 皆様 大阪市立大学での公募情報をお送りいたします。 尾角正人 ------------------------------------------------------------- 2019年4月19日締め切り(必着)で下記の公募を実施しています。 関係各位にご周知いただくと共に, 適任者をご存知の場合は, 応募をお勧めくださいますようお願い申し上げます. 古澤昌秋 大阪市立大学大学院理学研究科 2018年度数学教室主任 ================================== 公募(大阪市立大学 教授) ================================== 大阪市立大学大学院理学研究科数学教室では 下記URLにある要領で教員の公募を行っております. 所属:理学研究科 数物系専攻 数理構造論講座 研究分野の内容:代数学、幾何学または解析学 募集人員:教授 1名 締切:2019年4月19日(必着) 着任予定時期:2019年10月1日(応相談) %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% 大阪市立大学教員公募情報 https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/jobs/jobs_faculty/faculty %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
件名: [MugenML 1016] Potential schedule change of representation theory seminar at Kyoto on Jan 18th 日付: 2019年1月17日 11:37:06 JST 皆様 1月18日に予定されていましたOhさんの表現論セミナーですが都合により日程を 再調整しています。そのまま当日行われる可能性もありますが、順延の可能性も あります。 今夜またフォローアップしますので、参加を予定されている方に置かれましては ご留意ください。 加藤周 ———————— Dear All, The plan of our representation theory seminar by Se-Jin Oh is under rearranging (the time might change or might not change). We will follow-up about this issue tonight. In case you are planning to participate, please stay tuned.
件名: [MugenML 1015] Job information 日付: 2019年1月11日 13:01:10 JST 皆様、 National Research University Higher School of Economics (HSE; ロシア、モスクワ) の数学学部 (http://math.hse.ru/en/ )では assistant professor の tenure-tack position の公募をしています。 詳しくは公募情報のページ https://iri.hse.ru/Math_2019 をご覧下さい。 MathJobs.Org にある https://www.mathjobs.org/jobs/jobs/13456 と同じ公募です。 抜粋して非公式に簡単に和訳しますが、応募時には必ず上記ページをご覧下さい。 ・ロシア語の知識があれば考慮しますが、授業は英語で出来ます。 ・純粋数学のすべての分野が対象です。 ・数学もしくは関連分野で最近 Ph.D を取ったか、着任時までに取得している 必要があります。 ・採用された場合、最初は2019年9月から三年間の契約で、 三年目に教育と研究についての審査があります。 ・「 Position is open until filled.」とありますが、mathjobs.org には 「Application Deadline: 2019/02/15」とありますのでご注意下さい。 ・必要書類は以下の通り: --- 履歴書 --- 研究計画 --- 最近の研究論文 --- 推薦書二通以上(直接 iri@hse.ru へ) ・応募は オンラインで https://www.hse.ru/expresspolls/poll/218314872.html からです。全学共通のフォームですので、 "10. City you're applying to" は Moscow, "11. Faculty / Disipline you're applying to" は Faculty of Mathmaticsを 選択して下さい。Letter of recommendation をアップロードするようになって いるかもしれませんが、公募情報のページには「推薦者から直接 iri@hse.ru へ送付」とあるので、応募される方は念の為 iri@hse.ru に推薦状送付先を 確認して下さい。 (メールアドレスの「@」は半角英数の @ に直して下さい。) 興味のある方に情報をまわして頂けますようお願い致します。 以上。 National Research University Higher School of Economics Faculty of Mathematics 武部尚志
件名: [MugenML 1014] 南大阪代数セミナー(2019/1/25) 日付: 2019年1月11日 12:16:04 JST 皆様 (このメールは複数のメーリングリストに投稿しております。重複してお受け取り の際はご容赦ください。) 以下の要領にて、南大阪代数セミナーを行います。 https://sites.google.com/view/modseminar/2018 講演者:川谷康太郎氏(大阪大学) 日時:2019年1月25日(金) 17:30~18:30, 18:45~19:45 場所: I-siteなんば 2F S1 (I-siteなんばへは,地下鉄御堂筋線大国町駅が 最寄りです.) タイトル: Stability conditions on morphisms on a category アブストラクト: Let D be a triangulated category. If the space Stab(D) of stability conditions on D is not empty, each connected component of Stab(D) is a complex manifold due to Bridgeland. Let M be the category of morphisms in the category D. If D has an appropriate enhancement then M is also triangulated. In particular the space Stab(M) of stability conditions on M is well defined. Basic motivation is the comparison of Stab(D) and Stab(M). In this talk, I will explain some fundamental results for the comparison after a brief introduction of the backgrounds. 皆様のご参加をお待ちしております。 -- Yoshiyuki Kimura Faculty of Liberal Arts and Sciences Osaka Prefecture University 1-1 Gakuen-cho, Nakaku, Sakai, Osaka 599-8531, Japan Research map: http://researchmap.jp/ysykmr/
件名: [MugenML 1013] MS seminar at Kavli IPMU -- Mauro Porta (U of Strasbourg) -- Jan 22, 2019 日付: 2019年1月11日 9:03:59 JST Dear all, I would like to announce the following Mathematics and String theory seminar at Kavli IPMU Speaker: Mauro Porta (University of Strasbourg) Date: Tue, Jan 22, 2019, 15:30 - 17:00 Place: Seminar Room A Title: The derived Riemann-Hilbert correspondence Abstract: In the first part of this talk I will present one possible point of view on Simpson's nonabelian Hodge theory and present a series of conjectures formulated by Katzarkov, Pantev, Simpson and Toën loosely aiming at the study of the homotopy type of algebraic varieites. Next, I will explain how to use ideas from derived analytic geometry to solve the first of these conjectures, extending Deligne's version of the Riemann-Hilbert correspondence over derived bases and with coefficients in perfect complexes. Finally, I'll explain how to obtain more general coefficients by using an analytic version of Tannaka duality. This talk is based on the preprints arXiv 1703.03907 and 1812.09300. ----------------------------- Todor Eliseev Milanov Associate Professor Kavli IPMU, Japan
件名: [MugenML 1012] 表現論セミナー(1/24, 佐竹郁夫氏) 日付: 2019年1月10日 11:17:34 JST 皆さま、 以下のセミナーが開催されますのでお知らせいたします。 荒川 知幸 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% Date Jan 24 (Thu), 10:30–12:00 Room: RIMS 006 Speaker; 佐竹郁夫 (香川大学) Title: 楕円ワイル群の不変式論へのアプローチ Abstract: 楕円ワイル群の不変式環の生成元として、 (1) アフィンリー環の指標、 (2) (一般化された)ヤコビ形式、 (3) フロベニウス構造に付随する平坦不変式、 がある。 (1) を用いて (2) を構成することができ、 (2) を用いて、フロベニウス構造を記述することで (3) を構成でき、 従って (1) と (3) の関係を記述できる (arXiv:1708.03875)。 その後、楕円ルート系のコクセター変換を用いた (3) の特徴づけを見出した。 この特徴づけの立場から (1) のアフィンリー環の指標、ワイル分母が どのような性質、特徴づけをもつのかを述べる。 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
件名: [MugenML 1011] Kyoto Rep. Seminar (Jan 18) 日付: 2019年1月9日 18:21:44 JST 皆様 以下のセミナーが行われることを告知させていただきます。 加藤周 ———————— Date: Jan 18 (Fri), 16:30–18:00, 2018 Room: Room 402 RIMS Speaker: Se-jin Oh (Ewha Woman’s University) Title: Two families if commutation classes and categories attached to them Abstract: In this talk, I will introduce two families of commutation classes of the same simply-laced finite type and their combinatorial features. The one is called "adapted classes" and the another is called "twisted adapted classes". Surprisingly, they encode information of categries of finite dimensional modules over Langlads dual quantum affine algebras in an interesting way. Using the generalized Schur-Weyl daulity constructed by Kang-Kashiwara-Kim, we can construct simplicity-preserving correspondences between "heart" subcategories of finite dimensional modules over Langlads dual quantum affine algebras in various ways. The correspondece between Langlads dual quantum affine algebras was obervated by Frenkel-Hernandez and is not well-understood yet. This is joint work with Kashiwara, Kim, Suh and Scrimshaw.
件名: [MugenML 1010] 第5回応用可積分系若手セミナーのご案内 (3/3) 日付: 2019年1月9日 11:40:51 JST 皆様 セミナーの案内をお送りいたします.興味のある方は是非参加をご検討ください. *案内にも記載している通り,事前参加のメールをお願いしておりますので ご注意ください. -- 第5回応用可積分系若手セミナーを下記の要領で開催いたします。 応用可積分系分野の若手研究者が集い、 最先端の話題に触れながら交流を深められればと思います。 興味のある方は(若手に限らず)お気軽にご参加ください。 日時:2019年3月3日(日)13:30-16:40 会場:気象大学校313教室 プログラム: 13:30-15:00 長谷部高広(北海道大学大学院理学研究院) 非可換確率論入門 15:10-16:40 瀬川悦生(横浜国立大学大学院教育強化推進センター) 量子ウォークから誘導されるセルオートマトン“もどき” 講演概要、会場アクセス等の詳細はセミナーHPをご覧ください。 https://sites.google.com/site/seminarsyrais/home/seminar05 *参加希望者へのお願い: 施設利用の都合上「参加者リスト」が必要のため、お手数ですが2月24日(日)までに 三木(hmikiあっとmc-jma.go.jp) まで参加のメール連絡をお願いいたします。  *セミナー終了後に講演者を交えて懇親会を開催予定です。 参加を希望される方はこちらも2月24日(日)までに三木 (hmikiあっとmc-jma.go.jp) までご連絡をお願いいたします。 世話人: 三木啓司(気象大学校)
件名: [MugenML 1009] 紀尾井町数理セミナーのお知らせ 2/9 日付: 2019年1月4日 18:15:48 JST 皆様 下記の要領で城西大学紀尾井町キャンパスにてセミナーを行いますのでお知らせ いたします。 比較的長く時間をとって講師の方にゆっくりと研究内容を解説していただきます. 専門家から非専門家,大学院生まで幅広い方々ご来聴をお待ちしております. 紀尾井町数理セミナー 日時:2019 年 2 月 9 日(土)  10:00 〜 17:00 会場: 城西大学紀尾井町キャンパス3号棟2階3205教室   (http://www.josai.ac.jp/about/access/kioicho.html をご参照ください) 講師: 坂井 秀隆氏(東京大学) 題目: 有理曲面と Painlevé方程式の幾何 概要: Painlevé方程式については,楕円函数の非自励化と捉える見方と,超幾何微分 方程式の特異点を1つ増やした線型方程式の変形理論からくる非線型方程式と見る 見方の2つが重要である.このセミナーでは,前者について解説したい.楕円函数は, 1次元代数曲線の上の有理型函数と思うのが普通だが,Painlevé方程式は2階の方程式 で,楕円函数も2階の方程式で見たい.すると,楕円曲面が自然に現れる.有理楕円 曲面を一般化して,その上の非自励微分方程式を考える.曲面の Picard 群を考え, Cremona 等長変換のなす群を計算すると,アフィン型のWeyl群が現れ,その言葉で Painlevé方程式の対称性が記述できる.また,Painlevé方程式に現れるパラメーター は,周期写像の値として捉えることができて,ルート系の言葉で記述できる. どうぞよろしくお願いいたします。 過去のセミナー情報、ノートなど https://sites.google.com/site/kioichosuriseminar/ 中村あかね 城西大学理学部数学科 廣惠一希 城西大学理学部数学科